人気ブログランキング | 話題のタグを見る
アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近の10記事
最新のコメント
パピヨン様 shino..
by shinoshi at 12:07
Jさん,以前はいつだった..
by papillon9999 at 19:15
Jです。ご無沙汰しており..
by J at 10:10
あっと,「賛成です」とい..
by papillon9999 at 14:38
賛成です。 9月入学し..
by papillon9999 at 11:49
shinoshiです。 ..
by shinoshi at 17:23
これはこれはお懐かしい!..
by papillon9999 at 21:35
パピヨン様 愛知県の牧..
by shinoshi2013(牧野弘幸) at 17:58
>史書というのはどうでも..
by 特命希望 at 13:58
はじめまして。お言葉です..
by 特命希望 at 13:45
最新のトラックバック
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
ホメオパシー きっとあんたも 詐欺科学(1)
 つい最近,TBで来た記事に,ホメオパシー治療(同種療法/類似療法/同毒療法)の効果というのがあった.初めて聞く言葉なので勇気を出してそこを覗いてみた.(これはどうも*oo***が勝手に送ってきたような気がするのだが,こんなことすんなよ!)
 すると,そこには今まで知らなかった世界が広がっていたのである!残念ながら豊かな世界とは言い難く,なんとも怪しげな生命体たちがそこにも蠢いていたのである.



 もうこの世は詐欺の科学の花ざかりと言った方がよい状況にあるようだ.
 これも似非科学的なことに妙に寛大だからなのだ!と私は言わせてもらおうかな.
 しかし,事は人の命に関わる医療だ.この手のイカサマだけは絶対に許せんぞ.それにしても,もしイカサマであっても,それが信仰であったなら,『信仰を壊してはいけない』と言うのだろうか.

 ホメオパシー治療・・・初めて聞く言葉であった.今のところ,googleした限りでの情報でしか判断できていないのであるが,私の第一印象による直感では,これらは限りなくクロに近い.その理由をこれから書いていく.

 まず,簡単な説明が必要だろう.ホメオパシーとは,『病気の原因となっている毒物と似たものを極々微量与えると,人体はそれを克服しようとする自然治癒力を生み出す』という趣旨の医療を指す.
 これに対し,現代医学は病気と反対方向へ導くための強制力を与える対処医療であり,『アロパシー医療』と呼ばれる(そうだ).
 (この意味で,ホメオパシー医療は『代替医療の一種』だと言われることがあるが,正当な代替医療,たとえば漢方や鍼灸などと一緒にしてはいけない.漢方や鍼灸の名誉にかかわる.多大な迷惑がかかるので,こういう言い方はやめよう!)

 ホメオパシー医療の最大の特徴は,『極々超微量の毒物を与える』ということである.つまり,ある物質(擬似か実際かの毒物)をものすごい割合に希釈するのである.(溶媒は水である.どんな水かは見た範囲では語られていないが,ごくフツーの水であると思う.)
 ところが,この希釈たるや,半端なものではないのだ!100倍に希釈するのを何回も繰り返すのである.たとえば10回繰り返すと10の20乗分の一まで希釈される.もし1滴の毒物を希釈したとすると,毒物の分子はどこに行ったかまったくわからない状態となる.すなわちほとんどの希釈液には元の毒物の分子が一欠けらでさえ存在しないのである.海の中に私の涙を一雫落として混ぜたようなものだ.

 ところが,そうやって作った希釈液を砂糖粒に混ぜたものがレメディと呼ばれる『丸薬』となるのだ.それを処方することが,『ホメオパシー医療』と呼ばれるのである.
 肝心の元の物質が一欠けらも含まれていないのになぜ『効くのか!』 ・・ そこにはなんと,かの『水伝』とも関係がある原理,

 『水の構造が変わる,水は元の物質の影響を受けて変化している』

こういう”原理”によって,効き目のあることが説明されるのである.もうこれだけでトンデモ医療と断定してよい.水のクラスター化というものがしつこく繰り返し主張される.否定されても否定されても・・・

 とまあ,たくさんトンデモ性を発見したので一つずつ紹介しようと思ったのだけど,さすがはブログ界.すでに正当に批判したサイトも結構存在している.だから,それらを参照してもらうとして,以下は簡単に羅列するだけにする.
 まともなサイトとしては次の二つが目に付いた.他にもおられるだろうが,スペースの関係でこれらだけにしておく.他の正当派の方にはお詫びしておく.

 ホメオパシー批判サイト   ホメオパシーとは,  関連リンク集,後から知ったがここもお勧め

==========以下,トンデモ性の検証===========

 ・治療で使うレメディは最終的に自分で決めさせる
  ホメオパシーは動物治療にも効果を発揮すると言う.ならばどうして動物が自分で決めることができるのか.このサイト主は『だからホメオパシーってとっても神秘!』だって.

 ・やたら体験談が出てくる.体験談がたくさん存在する,ということは一種の『暗示による販売活動』を意味するので,トンデモ性の傍証と考えてよいだろう.

 ・個人がレメディを通信販売で購入できる. 医療行為は医師免許が必要だ.そして,医師の協力でその人に最適なレメディを見つけることができる.それなのに個人が勝手に通信販売で手に入れることができるなんて!それに,いろんな派生商品が販売されている!飲むはずだったのが,クリームになったりして(^o^)/ どうなってるんじゃ???

 ・ここがクリームや軟膏の販売所 そもそも,水が現物質の構造を憶えているから効果があるんじゃなかったの???癒しのフラワー系もあるよ.

 ・ムード的な印象操作的文章 『レメディーは、通常、原物質の分子をひとつも含まない程薄められているものですから、赤ちゃんや妊婦さんを始め、どなたでも使うことができます。』という文章が見える.

 せっかくいろいろ集めたので,もったいないから次回に続けます.次回ではなんと,EAV研究所なるものも現れ出でます.
by papillon9999 | 2008-06-03 18:51 | Comments(0)