人気ブログランキング | 話題のタグを見る
アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近の10記事
最新のコメント
パピヨン様 shino..
by shinoshi at 12:07
Jさん,以前はいつだった..
by papillon9999 at 19:15
Jです。ご無沙汰しており..
by J at 10:10
あっと,「賛成です」とい..
by papillon9999 at 14:38
賛成です。 9月入学し..
by papillon9999 at 11:49
shinoshiです。 ..
by shinoshi at 17:23
これはこれはお懐かしい!..
by papillon9999 at 21:35
パピヨン様 愛知県の牧..
by shinoshi2013(牧野弘幸) at 17:58
>史書というのはどうでも..
by 特命希望 at 13:58
はじめまして。お言葉です..
by 特命希望 at 13:45
最新のトラックバック
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
トヨタ社員の過労死
 つい先日,最高裁で過労死の認定判決が出された.対象はトヨタの正規社員.工場現場のある責任者となっていた人である.例によって会社側は「過労死するほど働かせてはいない」という主張で逃げようとしたが,最高裁はそれを許さなかった,ということになる.これについては最高裁に敬意を払いたい.



過労死に至る悲惨な実態はここでは書かない.この記事で言いたいことは,正規雇用者であっても,それも世界に冠たる天下の優秀会社・トヨタの社員であっても労働者は悲惨なものである,ということ.これをもう一度再認識しなければならないことだ.
 労働者と一くくりにしてもあまり意味はないだろう.確かに,勝ち組企業でも個々の社員はそれぞれ悲惨な事情に面している.しかし,一方において下請企業の社員に対して,威張ったり,立場上持てる権力を振りかざしたり,露骨な差別感情を平気でぶつける.このような分断構造はいつの世にもどの世界にもあった.支配者が最も喜ぶことなのだ.従って,ここでいろいろ奇麗事を言ってもどうしようもないことである.
 こういう事情は新自由主義が席巻してから特に顕著になったが,その前から過労死は存在した.ただし,過労死の質や意味は新自由主義とそれ以前とで微妙に異なっているような気がするのだが,専門家に分析してもらいたいものである.

 この記事の主題に入る.正規社員が極めて悲惨な目に遭っている話である.クローズアップ現代でも採り上げられたが,ここでは私の周囲にあるホントの話を紹介したい.私の周囲に若いM君が現れたのは今年になってからである.学生時代は大学当局と闘った,いまどき珍しい反体制の闘士であるが,ようやく就職できた.それは塾の講師である.それも正規社員として.ところが,この「正規社員」という身分はとんでもないシロモノであった.雇用者にとってはこの上なく都合のよいもの,被雇用者にとっては地獄の身分なのである.
 どうして雇用者にとって都合がよいのか,といえば,仕事を「裁量化」できるからである.つまり,これこれの仕事があり,それをやるのがあなたの仕事,として,「あなたの裁量でやって結構です」という形を取るのである.一見,とても有利なように見えるが,問題はその仕事を終えるまでどのぐらい時間がかかるのか,まったく考慮されてないことである.すると,どういうことになるか.深夜まで働いても仕事が終わらない!のである.賃金は仕事の裁量で支払われるので,深夜まで働こうが同じ賃金しか支払われない.つまり残業代無しで,連日深夜,明け方まで働かなくてはならないのである.これこそいわずと知れた,ホワイトカラーエグゼンプション??だったっけ??.何という英語だったか出てこない,けど読者の皆さんは先刻承知のことでしょう.これをつい何ヶ月か前に(安倍退陣前?)導入の必要性と意義をなんかの委員(ワタミの社長だったかな?)が得々としてしゃべっていた.ニコニコしながら.
 この実例がホントにM君を襲っているのだ.クローズアップ現代ではコンビニ店長の話だったかな?あれも悲惨だった.これだと,よほど非正規社員がマシ.非正規を掛け持ちしたら,同じ労働時間で対価はちゃんと得られるのだから.

 こういう非常識な実態の最大責任は,もちろん雇用者にあるのだが,労働基準法違反は明らかである.そうだとすれば,次なる責任はどこにあるか.それは労働基準監督署である.ここにも役所の不作為の実例が在る.

労働基準監督署の不作為の罪は大きい
by papillon9999 | 2007-12-03 00:22 | Comments(3)
Commented by 通りすがり at 2007-12-03 15:03 x
自分は非正規雇用を経て正社員になった者ですが、「非正規雇用の方がマシ」というのは言い過ぎです。今の自分の仕事も裁量制で仕事は辛いですが、派遣社員の頃のみじめな境遇は二度と繰り返したくないと思っています。労働時間や給料の問題ではありません。人間としての尊厳の問題なのです。

あと、前回の記事のコメント欄に「フリーターのくせに,ブログなんか書いてる暇があるのですか!」というセリフがありますが、非正規雇用を見下した極めて不快な表現です。このような言い方をするから、労働者の団結が損なわれるのです。撤回を希望します。
Commented by papillon9999 at 2007-12-03 15:24
通りすがりさん  コメントありがとうございます.
「非正規雇用の方がマシ」というのは,「よほど」ということです.それくらい正規雇用でもひどい実態がある,という(高度な)表現なのです.
それから,「フリーターのくせに」という表現.これは私の心の表現ではありません.赤木さんの「フリーターは考える時間もない.どうしてくれる!」という訴えに対する皮肉を込めたものです.フリ-ター一般に対する言辞ではありません.
以上二つご理解ください.労働者は団結しなくてはなりません.おっしゃるとおりです.
Commented by papillon9999 at 2007-12-03 15:41
少し説明を補充します.
赤木さんは「考える時間もないフリーター」だと自ら訴えておられます.それに対して,私は「赤木さん,あなたは(考える時間もない)フリーターのくせに,よくブログなんか書く時間がありますね」ということを言いたいのです.