人気ブログランキング |
アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
これはこれはお懐かしい!..
by papillon9999 at 21:35
パピヨン様 愛知県の牧..
by shinoshi2013(牧野弘幸) at 17:58
>史書というのはどうでも..
by 特命希望 at 13:58
はじめまして。お言葉です..
by 特命希望 at 13:45
鳩山政権は,さてこれから..
by papillon9999 at 14:23
鳩山政権ができた時は政権..
by Runner at 01:45
山本太郎はパピヨンも期待..
by papillon9999 at 22:38
日本の不幸は確固たる民主..
by Runner at 12:51
いやはやってお方,どっか..
by papillon9999 at 08:54
ひょっとしたらご指摘とず..
by papillon9999 at 08:49
最新のトラックバック
歴史的会談の日に恐怖国家..
from アルバイシンの丘
歴史的会談の日に恐怖国家..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
いじめ自殺問題の本質(1)
 いじめを原因とする痛ましい自殺事件について,いろんな所で議論がなされているが,私ごときがここで少しぐらい考察しても何の役にも立たないことはわかっている.しかし,その議論の方向がどうも気に入らない.なんか本質からずれていくような気がしてならない.「本質」とはおこがましいが,議論の行方について私なりの疑問を問いかけたい.



 いじめ自殺事件はここんとこしばらく鳴りを潜めていたような印象を持っているのだが,一度生じると相次いで起きてしまう.どうも,この種の事件はそういう特質を持っているようだ.ひょっとしたらまだ数件は立て続けに生じるかも知れないという強い危惧を抱いている.
 
 こういう事件に対する方策として,大方の議論の方向は 『自殺の原因となったいじめをなぜ防げなかったのか』 に集中しているように思える.そこから教師と学校と校長と教育委員会への批判が出てくる.つまり,彼らへの批判は

  A 『なぜいじめを防げなかったのか』

なのである.私はこの批判の方向からは不毛の対策しか出てこないと思うのだ.私は

  B 『なぜ自殺を防げなかったのか』

でなければならないと思う.AとBは一見,とても似ているし,あるいは同じではないか,という人もいるかもしれない.しかし,実際は全く違う.なぜなら,いじめられても自殺はしない人が大部分であるからだ.そしていじめはなくならないのに対し,自殺は防げるのだ.

 教育をいくらいじっても,いじめはなくならない.よく考えよう.いじめは一種の犯罪といってもよい(いわなくてもいいが).とすれば犯罪は根絶できるか,を考えてみればいい.いじめがなくならないのは世の犯罪がなくならないのと同じだ(または似ている).いじめの根絶の方法はない.だって,大人の世界だって種々のいじめが満ちている.国鉄然り,会社のリストラ然り.そういう時の会社の冷たさ,残る社員達の意地悪さを私は知っている.いじめをなくす方法を考えるより,そういうことを前提として社会のシステムを設計することのほうが重要だし実効的なはずだ.
 こういう不毛な方向で批判を進めると,あるブログのように,『いじめをなくせるなら教育基本法を改正してもよい』とか,『道徳でいじめをなくすよう教育する』などのとても的外れなおかしな教育論が出てくる.さらには権力側からの教員攻撃という便乗を許してしまうことになる.
 繰り返すが,教育をいくらいじってもいじめはなくならないと思った方がよい.我々はBの立場に立って,如何に自殺を防ぐかを考えなくてはならない.この立場に立つと,教育現場での保身主義者達が必死で『いじめの存在』を隠す必要はなくなるのだ.そうするといかに保身主義教師でも,『自殺を防ぐため』に気を遣うようになるのではないだろうか.いじめの加害者は大抵多数であるのに対し,被害者は普通は一人だ.その一人の命をしっかり守ってやればよいのだ.

ここでいったん切って,次にBの立場で考察を進めたい.念のため書いておくが,以上の議論は,教師や生徒や校長や教育委員会などへの批判はしなくてよい,と言ってるのではない.
こういういじめ自殺事件の出演者達は大いに批判されるべきであるが,その批判の方向がおかしいという意味である.
by papillon9999 | 2006-10-18 19:19 | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : https://papillon99.exblog.jp/tb/3582973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from BLOG BLUES at 2006-10-19 12:20
タイトル : オタク考・三浦しをんを巡って
「三四郎はそれから門を出た」。うぷっ。 この空っとぼけたエッセイ集の題名からして、著者三浦しをんの 並々ならぬパロディ精神、若き高等遊民ぶりが伺い知れるでしょう。 直木賞受賞の報に接するまで、その名を知らなんだ。当然、著書の一冊も 読んでなかった。にわかしをんファンの僕である。古参ファンの憮然は容易に想像 できます。申し訳ない。ただ即座にピンを来るものがあった。それでソッコー 図書館に走り、ありったけのしをん本を予約したのです。 新本購入が困難な経済状態なのね。ナサケな。 大当...... more
Tracked from 未来を信じ、未来に生きる。 at 2006-10-21 02:21
タイトル : 「愛国心」と安部・自公内閣の教育改革の最悪性ー教育基本法..
 指導・助言の名目で「学習指導要領」に基づく校則、「日の丸・君が代」、検定教科書、受験競争制度、生活指導管理マニュアル、成果主義賃金制度を各学校所属の教職員と子供たちに実現し、「管理と競争」で統制している自民党と公明党が出してきた教育免許更新制、教育基本法改定だという所が味噌である。  教育免許更新制、教育基本法改定、教育バウチャー、学校選択制の拡大、学校査察機関による外部評価制などもすべて「管理と競争」を推進する自民党・公明党の提起である  もし、導入されれば「管理と競争」がよりきつく、激しくな...... more
Tracked from 偽善者キツィこのブログ at 2006-10-22 00:30
タイトル : イジメは現代のルサンチマン?!!〜福岡中2いじめ自殺は教..
教師によるイジメ?!!が問題になぅているようだが、報道されている教師による言動がいじめ?ならば!それらは昔からあったように思う。 その場を繕うためにイジメられる側もニタニタと笑ったり、明るく装い精一杯のノリでボケたり、一緒になって自分も笑ったりして、誤魔化すことはよくあり、そうしたことから深刻に感じとらないことが多々ある。 そういうことは昔からよくあった。 だいたい学校の陰湿なイジメ程度で挫けるようでは、公務員以外、勤められる会社などないように思われる。 現実に格差は開き、毎年3万人...... more
Tracked from Muse on Music. at 2006-11-22 18:58
タイトル : いじめによる自殺予告
いじめによる自殺を予告する封書が文部科学相のもとに届いたことが話題になっている。文部科学大臣・伊吹文明氏は封書の内容・全文を公開し、「誰かに気持ちを正確に伝えて。世の中が君を放っているわけではないことを理解してほしい」と呼びかけている。妙に悠長で気の抜け..... more
Commented by 布引洋 at 2006-10-19 12:12 x
マスコミが変な方向に向かっている時にこの様なグログ記事は貴重です。
子供の自殺は悲惨ですが教師や学校の責任を追及すれば良いでは済まされません。
マスコミはこの方向で世論を誘導しようとしています。たぶん担任教師や学校の責任追及と厳罰化です。
世に倦む日々では担任教師の業務上過失致死罪適用をアジっています。このブログは日本のB層とマスコミ傾向を知る上では貴重ですね。
Commented by papillon9999 at 2006-10-19 14:07
布引洋さま  世に倦む・・・さんは結局は『俗情』だけで物を言っているのでしょうね.それを見事な論理構成で纏め上げる.しかし,往々にしてその論理がとんでもない結論に導くことがあります.それで,このタイプの人は(この人自身がという意味ではなく)本人の自覚無しに?転向することがよくあるような気がします.(田原何某もそうかな?)