アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
これはこれはお懐かしい!..
by papillon9999 at 21:35
パピヨン様 愛知県の牧..
by shinoshi2013(牧野弘幸) at 17:58
>史書というのはどうでも..
by 特命希望 at 13:58
はじめまして。お言葉です..
by 特命希望 at 13:45
鳩山政権は,さてこれから..
by papillon9999 at 14:23
鳩山政権ができた時は政権..
by Runner at 01:45
山本太郎はパピヨンも期待..
by papillon9999 at 22:38
日本の不幸は確固たる民主..
by Runner at 12:51
いやはやってお方,どっか..
by papillon9999 at 08:54
ひょっとしたらご指摘とず..
by papillon9999 at 08:49
最新のトラックバック
歴史的会談の日に恐怖国家..
from アルバイシンの丘
歴史的会談の日に恐怖国家..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
目標はただ一つ,安倍一狂政治の打倒だ!『希望』の逆利用を!
立憲民主党に入れる?良いだろう。共産党に入れる?良いだろう。社民党に入れる?良いだろう。安倍一狂政治への反感でかなりの票数が集まることは確実と思う。だが,悲しいかな,人数がたらん!



ここでもこれまでと同じことを書く。小池希望の党からも非安倍議員を増やさなければならないのだ。非自民ではない,非安倍だ
安倍一狂打倒のためなら,自民党の非安倍と組んでもこの際,やむを得ない!
小池は言う,「安倍一強体制の打破」と。これが嘘でもなんでもよい。こういう名目の選挙に勝てば,安倍辞任は確実である。今はそれこそが大優先事でなければならん。たとえ,非安倍が石破首班,野田聖子首班に結びついても,安倍よりは何倍もマシなのだ。もちろん,彼らはその後の打倒の目標になる。しかし,今は,安倍なのだ!

前原が,『どんな手段を以ってしても安倍を倒す』,と言ったこと,『民進リベラルの切捨ても想定内だ』と言ったこと,それは,たとえ自民政治が続いたとしても,安倍だけは止める,という宣言である。このことは,たとえ前原が極右であっても正しい認識だ。前原の想定外とは,小池が安倍と組むことだけだ。小池が石破と組もうが,野田と組もうが,前原は恐らく想定内というだろう。

安倍は総理の椅子を喪ったら,国政私物化に伴う犯罪があったかどうかを追及される。それだけが怖くて,勝敗ラインを信じられないくらい低く設定した。自公で過半数!公明が30とすれば,自民党は200議席程度まで減っても勝利だというつもりだ。自民党内で政局になることもないだろう。それが警察国家の怖さだ。その怖さは,自民党議員にも及ぶのである。

以上のような意味で,パピヨンは小池に出馬してもらいたい。今は政治理念より政局が優先されるべきだ。そういう,国難,非常時,緊急時である。立候補締め切りまであと数時間!出馬の確率は未だ30%はある!

by papillon9999 | 2017-10-10 11:36 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://papillon99.exblog.jp/tb/28208675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。