人気ブログランキング | 話題のタグを見る
アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
Jさん,以前はいつだった..
by papillon9999 at 19:15
Jです。ご無沙汰しており..
by J at 10:10
あっと,「賛成です」とい..
by papillon9999 at 14:38
賛成です。 9月入学し..
by papillon9999 at 11:49
shinoshiです。 ..
by shinoshi at 17:23
これはこれはお懐かしい!..
by papillon9999 at 21:35
パピヨン様 愛知県の牧..
by shinoshi2013(牧野弘幸) at 17:58
>史書というのはどうでも..
by 特命希望 at 13:58
はじめまして。お言葉です..
by 特命希望 at 13:45
鳩山政権は,さてこれから..
by papillon9999 at 14:23
最新のトラックバック
cialis
from Сialis
歴史的会談の日に恐怖国家..
from アルバイシンの丘
歴史的会談の日に恐怖国家..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
トランプ現象を考える・続
トランプ現象を考える 2016年 11月 09日 の続きというか,そこにおける議論を補強しておきたい。



米国タイム誌は,今年の人に,トランプ次期大統領を選び,「『アメリカ分断国』大統領」と表現したそうである。アメリカ分断国というのは,むろん合衆国に対比させた皮肉であるが,それだけではなく,アメリカという国を分断させた,という非難をも込めた表現だろう。

 しかし,その認識や評価は正しくない。正しくは,『分断していることに気付かせてくれた大統領』というべきである。
 それぐらい,新自由主義というのは,他国どころか自国でさえも破壊してしまうのである。これは誰かが言いそうな,誰かがアメリカを滅ぼそうとしている陰謀である,というたぐいのものではなく,単に結果的なものに過ぎないのであるが,それはしかし,新自由主義の持つ思想がもたらす必然的な結果である。
 その結果,大多数の人々が悲惨な境遇に陥り,一部の人間のみが王侯貴族の位置を占めるという社会が出来したのである。それは,中世の政治体制を民主主義的手続きによって実現させた社会ということができる。 この状態はもちろん,誰も容認しないだろう。しかし残念ながら,皆が気づかないだけである。正しい分析がなされないからだ。トランプ現象を単に世界的な右傾化の表れとみている限り,これを正すことはできない

 新自由主義というのは,トランプのような素朴な右翼にとっても敵なのだ,という認識が必要である。つまり,新自由主義という化け物を,リベラル側と右翼側からそれぞれ倒そうとしているのである。
 リベラル側からの反撃の試みは,残念ながら,犠牲になった人々の反抗(排他主義。自分の不遇はよそ者に職を奪われたから,など)からうまくいかなかった。いわば犠牲者同士の争いである。
 トランプ現象は排他的な好戦感情を刺激してしまったので,今後かなり危険な状況が続くかもしれない。
by papillon9999 | 2016-12-08 18:07 | Trackback(3) | Comments(7)
トラックバックURL : https://papillon99.exblog.jp/tb/27235238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from たんぽぽの礼拝堂 at 2016-12-13 22:34
タイトル : トランプと民進党は類似?
トランプと日本の民進党(民主党)を比較したがる人を 見かけたので、それについて思うことをコメントしてみました。 「トランプと日本の民進党(民主党)を比較する精神・思考構造」 こうした人たちは、トランプは日本の自民党や安倍政権と 似ているとは思わないみたい…... more
Tracked from たんぽぽの礼拝堂 at 2017-01-04 23:29
タイトル : 大衆迎合主義の精神構造
アメリカ合衆国の大統領選で、トランプが勝った原因として、 大衆迎合主義を挙げるエントリがあります。 「トランプ狂騒曲」 ここで指摘したいのは、このエントリを書いたかたは、 大衆迎合主義に問題を感じていないらしいことです。 ... more
Tracked from アルバイシンの丘 at 2017-01-12 10:35
タイトル : さようなら,オバマ
 昨日,ニュースでオバマ大統領の退任演説を聞いた。1時間近くの長さだったらしいが,ニュースだからせいぜい1~2分の断片的なものしか聴くことはできなかった。(ただし,違ったチャンネルで少しずつ違った部分を聴くことができたので,数分分にはなるかもしれない\(^o^)/) そういうことなので演説の中身そのものに感動したということではないが,歴史に残る政治家が今表舞台を去ろうとしている,その歴史的瞬間を目撃しているのだと思って胸が熱くなった。トランプ現象を考える 2016年 11月 09日の記事に,『オバマ...... more
Commented by たんぽぽ at 2017-01-02 15:19 x
新年あけましておめでとうございます。
先日は、わたしのブログにコメントと、
トラックバックをくださりありがとうございます。

小さな政府主義、大衆迎合主義は、かなりやっかいですね。
世界的に見ても収拾がつきかけたかと
わたしは思っていたのですが、
よりによって大国アメリカ合衆国で高揚する
という事態が起きてしまいました。

これらが頭をもたげてきたときどう対処するかが、
今後の国際レベルでの課題になりそうです。
Commented by papillon9999 at 2017-01-03 13:55
たんぽぽさん,あけましておめでとうございます!
ブログを始めてから11年目に入りました\(^o^)/
最近は書きたいことはたくさんあるけど,書く気力がなくなりました(=_=)
新しい手段であるSNSになじめなくて,ついていけなくて,どうもすみません(#^.^#)

わが国では民進党が自分たちの真の役割に気が付いてくれたら,少しはいい世の中になるのだと思いますが,何しろ連合の労働貴族たちが邪魔をするので・・・
労働貴族って死語じゃないですよね。
Commented by papillon9999 at 2017-01-03 13:57
ん??11年目じゃなく12年目というのかな?
2006年の1月から始めたので,正確に数えたら丸11年過ぎ去ったという状態です。
Commented by たんぽぽ at 2017-01-04 18:44 x
>何しろ連合の労働貴族たちが邪魔をするので・・・
>労働貴族って死語じゃないですよね。

そんなことはないですよ。
いまもって目の前の問題です。

「連合ってなに?」
http://sealdspost.com/archives/5046
Commented by papillon9999 at 2017-01-05 00:03
おお!中野晃一さん!初めて知りましたが,大変好感が持てる論文でした。
他の文章も調べてみます。お知らせありがとう!
Commented by たんぽぽ at 2017-01-05 22:59 x
>おお!中野晃一さん!

日本再建イニシアティブというシンクタンクのかたで、
『民主党政権 失敗の研究』という名著があります。
ぜひ覚えていただけたらと思います。
https://honto.jp/netstore/pd-book.html?prdid=25898390
http://tinyurl.com/pfajo85

ほかにもわたしは、何度か話題にしたことがあります。
http://tinyurl.com/z3zwawm
http://tinyurl.com/ht5ywa9
Commented by papillon9999 at 2017-01-08 22:18
たんぽぽさん,いろいろご紹介ありがとう。大変参考になりました。
『民主党政権失敗の研究』というのは優れたテーマです。
ただ,その失敗について合理的に説明できるものがあるのかなと思わんでもないですがね。
民主党政権が,既得権益集団が交代する歴史的転回点となるのを食い止めなければならないという危機感で,
現既得権益層はなりふり構わぬ非難キャンペーンを張り,国民がそれに乗せられた
という基本構図が私には見えるのですよね。
(例えば,鳩山政権当時,国家予算が90兆円を超えるということに大非難が起こりました)

確かに民主党政権は稚拙で,一方の既得権益集団は手慣れた安心感を持たれているという点が
決定的に違いますが,どこがどういう風に稚拙だったかという分析は重要です。