人気ブログランキング | 話題のタグを見る
アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近の10記事
最新のコメント
パピヨン様 shino..
by shinoshi at 12:07
Jさん,以前はいつだった..
by papillon9999 at 19:15
Jです。ご無沙汰しており..
by J at 10:10
あっと,「賛成です」とい..
by papillon9999 at 14:38
賛成です。 9月入学し..
by papillon9999 at 11:49
shinoshiです。 ..
by shinoshi at 17:23
これはこれはお懐かしい!..
by papillon9999 at 21:35
パピヨン様 愛知県の牧..
by shinoshi2013(牧野弘幸) at 17:58
>史書というのはどうでも..
by 特命希望 at 13:58
はじめまして。お言葉です..
by 特命希望 at 13:45
最新のトラックバック
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
丸山議員の矛盾
 自民党丸山参議院議員が舌禍事件を引き起こした。引用は面倒なので概略を記憶に従って書くことにするが,日本はアメリカの51番目の州と考えてもいいじゃん,アメリカは黒人奴隷の子孫が大統領になるくらいダイナミックな国で,尊敬できる国なんだからぁ!



ということだったみたい。
 ただし,言い方が回りくどかった所為で,黒人!奴隷!子孫!大統領!などの文字列が文脈とは関係なしに世界中を駆け巡った。
 彼自身の主観からすれば,ちっとも人種差別する意図ではなく,ただ客観的な事実を述べただけだったのである(ただし,一人の黒人についていえば,その人のご先祖の出身国によってはアメリカの奴隷にはなっていない可能性もあるのだが)。パピヨンもこの点では丸山議員に同情する。

 しかし,問題はここからである。彼は一体何を言いたくてこのような誤解されやすい,デリケートな例を引いたのだろうか,そこに興味ががぜん湧いた。舞台は参議院の憲法問題審査会だというではないか。
 するとどうやら,次のようなことを言いたかったようなのである。

 集団的自衛権だとか拉致問題(何ができないか未解明)などで憲法上の制約でできないことがたくさんある!だけど日本をアメリカの51番目の州と考えれば,集団的自衛権なんてそもそも問題にもならない。

ということである。さらに言えば

ダイナミックなアメリカ,尊敬できるアメリカ,そのアメリカの51番目の州と考えてもいいじゃんか!それを意地悪く制約する憲法なんて捨ててしまえ!

ということなんである。
 ところが,この丸山議員,一つ重大なことを忘れていなさる!その捨ててしまいたい憲法は,その尊敬できるアメリカ様に押し付けられたものじゃなかったっけ?

 そうであるなら,後生,大事にせんかい!!丸山議員!!

参考:憲法問題
by papillon9999 | 2016-02-19 23:30 | 憲法問題 | Comments(0)