人気ブログランキング | 話題のタグを見る
アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
パピヨン様 shino..
by shinoshi at 12:07
Jさん,以前はいつだった..
by papillon9999 at 19:15
Jです。ご無沙汰しており..
by J at 10:10
あっと,「賛成です」とい..
by papillon9999 at 14:38
賛成です。 9月入学し..
by papillon9999 at 11:49
shinoshiです。 ..
by shinoshi at 17:23
これはこれはお懐かしい!..
by papillon9999 at 21:35
パピヨン様 愛知県の牧..
by shinoshi2013(牧野弘幸) at 17:58
>史書というのはどうでも..
by 特命希望 at 13:58
はじめまして。お言葉です..
by 特命希望 at 13:45
最新のトラックバック
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
厚生労働省薬剤行政の問題点(1)
 新シリーズの記事をお届けする。九州に住んでいる親友の薬剤師が義憤に駆られてパピヨンに訴えて来た。ぜひ記事にしてくれ,と。
 長い手紙を読んで,コトの重大性が理解できたが,電話でさらにいろんな情報を補充した。本シリーズはそのまとめである。



薬剤師の中でも,特定の“業者”が不当な利益を得ることのできるきわめて不合理なシステムが巧妙に出来上がっている。

 近年,薬剤師養成の大学課程は6年制になり,一般庶民の子供は学費的に非常に行きにくくなった。定員も減ったので,その分,相対的に私大の比重が高まる。私大にもいろいろあるが,学力が低い分をお金で補える処も多いそうで,親友の憤慨はそこにもぶつけられる。
(でもまあ,国家試験に合格すればいいんだろうけど,生涯で一回合格すればいいんだけんネ。パピヨンもすごく心配)

 さて,問題点を列記していくことにしよう。

1.多角経営の調剤薬局のみ消費税100%還付の問題
 会社組織となっている調剤薬局の売上高が,会社全体の売上高の5%未満であれば,薬品仕入に関する消費税が100%還付されるそうである。例えば会社全体の総売上が100億とすると,薬局部門の売上が5億(以下)であればこれに該当することになる。すなわち,決算年度末に,仕入の際に既に払っていた消費税,1000万円(以下)が還付されるのである。
 通常の調剤薬局はもちろん薬局経営が100%であるから,そのような恩恵を蒙る可能性はゼロである。こういうことから,日本薬剤師会は政府に毎年陳情しているという。
 『通常の薬局にも消費税還元を適用してくれ!!』
 親友は調剤薬局の仕事はどこでも同じなのに,こんな差別的なことがあって良いのか,と憤っている。パピヨンも,消費税増税が常に狙われているこのご時世に,なんでこんな優遇措置が罷り通っているのか不思議でならない。恐らくこのような消費税減免措置が,いろんな処に人知れず残っているのではないだろうか。まるで未発見のがん細胞のように。
 優遇措置を導入した理念をいくら想像しても出て来ない。大きな謎というしかない。親友の憤りは当然である。だが,その憤りは,日本薬剤師会の言う方向ではなくて,撤廃の方向へ向けて欲しいものだ。

 親友が早く記事にしてくれとせっつくので,取り急ぎ初回分をお送りした。まだまだたくさんある。
by papillon9999 | 2011-09-22 23:50 | Comments(2)
Commented by pulin at 2011-09-23 09:43 x
多角経営の薬局というか、薬局部門が5%未満の経営とは何が想定されているんでしょうね。
巨大な量販店で薬も売っているところでしょうか。
登録販売者制度が導入されたり薬品販売業界も規制緩和に向う中、他業種が参入しやすいよう、このような不思議な税制を残しているのでしょうか。
Commented by papillon9999 at 2011-09-23 10:28
そうなんですよ。一体何のためなのか?ということですね。

>規制緩和に向う中、他業種が参入しやすいよう

うん,これは大いに考えられることだ。ちゅうか,他に考えようがない。他に考えようがないものをよく考え付きましたね。