アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
腹がよじれたミステリー(第一部)
 ある天才科学者は超優秀な頭脳と引き換えに,自分の妻の心や感情に対しては全く想いを馳せることのできないタイプの人だった。彼としては妻をこよなく愛すればこそのつもりだったのだが,素晴らしい研究成果を挙げる一方で,妻にはたくさんの要求をしていた。例えばこんなこと・・・



 ・テレビを見てはいけない
 ・お化粧をしてはいけない
 ・煙草を吸ってはいけない
 ・ダンスをしてはいけない
 ・ケーキを食べてはいけない
 ・・・・・・

妻は内心はどうかわからないが,表面的にはおとなしく長年その言いつけに従っていた。だけど知らず知らずのうちに表情には眉間のしわが寄るようになっていた。

 さて,年月を経て,いよいよその天才科学者も寿命の尽きる時がやって来た。そして,とうとうその超優秀な頭脳と共に,この世から去ってしまったのである。あとには愛する妻だけが残された。
 その残された妻の許へ程なくして弁護士がやって来た。その手には科学者の遺言状を携えている。弁護士はおもむろに妻の前で遺言状を読み上げた。
 そこにはいろいろな財産の贈り物や最後のメッセージが書かれていたが,その他に奇妙なものが一つあった。それは封をされた手紙である。弁護士は妻の目の前でその封を切り,妻に渡した。その手紙にはこれまた奇妙な伝言が書かれていた。それは・・・

 「・・・前略・・・ 妻よ,この手紙を読んでるということはもう私の肉体は滅びていることを意味する。だが,悲しむことは無い。超優秀な脳外科医のA博士の許を訪ねて行きなさい。・・・後略・・・」

というような趣旨の内容であった。妻は無言で弁護士を見つめ,無言で尋ねた。眉間には悲しみに倍加された皺が浮かんでいる。

 「行ってみるべきかしら・・・」

弁護士も無言でうなづいた。

 時間の都合上,以上までを第一部としていったん終わり。第二部につづく。
[PR]
by papillon9999 | 2010-02-03 23:38 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://papillon99.exblog.jp/tb/12770638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by たんぽぽ at 2010-02-04 22:55 x
トラックバックどうもです。

どんなSFがはじまるのかな?(わくわく)
Commented by hairafnp at 2013-04-24 23:12 x

<a href="http://lovemyhair.ru/prichiny-vozniknoveniya-perxoti/#dr6x">Причины возникновения перхоти</a>