人気ブログランキング | 話題のタグを見る
アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
パピヨン様 shino..
by shinoshi at 12:07
Jさん,以前はいつだった..
by papillon9999 at 19:15
Jです。ご無沙汰しており..
by J at 10:10
あっと,「賛成です」とい..
by papillon9999 at 14:38
賛成です。 9月入学し..
by papillon9999 at 11:49
shinoshiです。 ..
by shinoshi at 17:23
これはこれはお懐かしい!..
by papillon9999 at 21:35
パピヨン様 愛知県の牧..
by shinoshi2013(牧野弘幸) at 17:58
>史書というのはどうでも..
by 特命希望 at 13:58
はじめまして。お言葉です..
by 特命希望 at 13:45
最新のトラックバック
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
共産党による浅野批判の悪意性(5)
 なんのためにこのシリーズ記事を書いているかわからなくなった人のために,再度書いておきます。神戸市長選における共産党の信じられない行為は,二年前に石原三選を阻止できなかった悪夢の都知事選の時の共産党の態度と同じかどうか,ということが議論になりました。



 同じだ!という証拠に,上の引用記事の中で共産党のいわれなき浅野批判とそれを逆批判する論文があった,と紹介された(たんぽぽさん)わけです。ところが,その逆批判はさらに反論されて,負けてしまった,もう終わっている,(つまり共産党の浅野批判は正当だった),という趣旨の発言をする人がコメント欄に現れました。それがさつきさんです。その根拠としてさつきさんが紹介したのが,「AML保存書庫」でした。それで,パピヨンが,ほんとにその「AML保存書庫」ではそうなっているのかを検証しているのがこのシリーズ記事なのです。
 これは,共産党の浅野批判は正当だったのか,それに対する反論(東本氏による)は正当だったのか,さらにその反・反論(msq氏による)は正当だったのか,ということの検証すべてを含みます。
 これが果たして意味のあることなのか,といえば,大いに意味があると考えます。今後,共産党と共産党の支配下に入らない市民との戦いは,民主対自民以上に深刻なことになるからです(パピヨンの予言)。パピヨンは,検証途中でさえ,そのような恐怖感に襲われています。共産党とは孤立を恐れず正しいことを言い続け,それゆえになかなか理解されない,といういわゆる”弱者”ではないのです(と思っています)。そういうイメージは共産党に対する間違った考え・評価に結びつきます。
 彼らが最も恐れるのは,共産党の影響力のない市民・民主勢力(民主党ではない)が大きな勢力を占めることではないかと思っています。共産党はそうなるくらいなら,保守・自民党の方がマシだと思っているフシがあります。状況を冷静に分析すると,そうとしか考えられないのです。共産党は,そういう市民・民主勢力の台頭を抑える,”強者”だと考えられます。(すでにこの浅野攻撃や神戸市長選における市民派攻撃はこの現われと見ることもできます。)
 このシリーズ記事はむしろそれへの抵抗・抗議であって,決して”弱者いじめ”ではありません(というつもりです)。期待はしていませんが,もし共産党が態度を改めれば,友愛の世に大いに喜ばしいことだと思っているのですが。
 以上,共産党批判の所為でパピヨンを嫌いになった人に捧げます。

 7.国保取り上げは県ではなく市町村
 
 ということで,次の議論は国保取り上げの権限の問題です。シリーズ(4)に書いた論点ツリーで言えば,A(2)の項目になります。共産党は浅野氏が福祉に冷たい宮城県政を行った証拠の一つとして,国保取り上げ数も持ち出したわけですが,実は国保取り上げの実施は市町村が行う権限らしいのです。共産党はそれを無視して,浅野県政のせいにして攻撃を加えたわけです。
 この論点を初めに衝いたのはシリーズ(3)に既出の宿六さんです。よく宿六さんの原論文を読んで,ニュアンスを感じ取って戴くと良いと思います。

 [AML12535] Re: 「赤旗」の浅野批判の誤謬について by 宿六
 そもそも国民健康保険料の1年以上滞納者について保険証の代わりに資格証明証を交付するのは県の業務ではなく、市町村業務です。(国民健康保険法9条)
それを県政、それも知事の責任にすりかえるひどい志位さんの言い方、書き方ですよねえ。


 これを受けたのでしょう,東本さんも初めの論文に無かったこの件に対しても言及が為されます。既出の訂正版です。

 [AML 12574] 「赤旗」の浅野批判の誤謬について(訂正版) by 東本
 そもそも、国民健康保険料の1年以上滞納者について保険証の代わりに資格証明証を交付するのは県の業務ではなく、市町村の業務です(国民健康保険法9条)。それを浅野前県政の責任のように言うのは、共産党らしからぬ三百代言の論法といわなければなりません。

 ”共産党らしからぬ三百代言”とは未だ共産党への信頼感がかすかに感じられます。だが,このようなかすかな信頼感も,共産党支持者の中の妄信者によって,ずたずたに切り裂かれるのです。妄信者たちは一生懸命に共産党を貶めているのです。
 msqさんは上の宿六さんと東本さんの反論に対し,宮城県議会議事録を探し出して,次のような反・反論を試みました。

 [AML 12629] (続) 統計の "チラリズム" でトリック by msq
 宮城県議会の会議録の「平成17年(2005年)9月 定例会(第306回)-09月21日-07号」によれば、横田有史県議(共産)は質問(28番)の中で次のように述べています。
http://www.pref.miyagi.jp/kengikai/kensaku/index.htm
 「本間県政時代には、絶対発行しないとされていた国民健康保険料未納家族に対する資格証明、短期保険証の発行について、浅野県政になるや市町村への発行を強要し、〇四年には資格証明千八百七十九件、短期保険証、実に一万一千五百五十五件の家庭に発行されるに至ったことは、特筆されねばなりません。」
これに対して、浅野県知事は、
「国民健康保険の保険証についてでありますが、
・・・中略・・・
この資格証明書は、その交付によって、保険料の納付につなげていくということが制度の目的であります。」
「こういったことから、県といたしましては、市町村が資格証明書の交付を検討するに際しては、滞納者の実情を十分に調査し、納付相談、納付指導を行って、画一的な交付をすることのないように指導を徹底し、適切な制度の運用に努めてまいります。」・・・

少なくとも、「本間県政時代には、絶対発行しないとされていた国民健康保険料未納家族に対する資格証明、短期保険証の発行について、浅野県政になるや市町村への発行を強要し」という横田県議の指摘を、浅野知事は事実と異なるとは言っていません
つまり、志位氏の、「前県政では国保証取り上げがゼロだった」という見解については、浅野氏も否定はしていないということです。この点について志位氏の『誤謬』を指摘したいなら是非とも本間県政時代に資格証明、短期保険証の発行が『存在した』という資料を探し出して提示すべきでしょうね。出来るものなら。


 おわかりでしょうか?msq氏の反論は,国保取り上げの権限は市町村にあることは認めたものの,それは『県が強要した』,だから『浅野県政の責任だ』というように論理が組み立てられています。その『県の強要』があったことを共産党県議の質問から『証明』しようとします。
 すなわち,共産党県議が浅野知事に,『浅野県政になるや市町村への発行を強要し・・・』という質問をしたのですが,浅野知事は『それを否定しなかった』,ということを以ってその証明とするのです。そのため,答弁まで引用しています。
 しかし,よく見ましょう。浅野知事は『・・十分に調査し、納付相談、納付指導を行って、画一的な交付をすることのないように指導を徹底し、適切な制度の運用に努めてまいります』と答弁しています。
 この答弁はどう見るべきでしょうか?『強要の否定』ではないでしょうか?この答弁では,国保取上げの責任は直接に『県の強要』(のみ)にあったと認定するわけには行かないでしょう。少なくともこんな根拠で【注1】,共産党は都知事選候補者を攻撃しているのです。その異常さは驚くべきものと言えましょう。多かれ少なかれ,日本国中,すべてそうだったのではないでしょうか。

 msq氏の最後にある,『「前県政では国保証取り上げがゼロだった」という見解については・・・』云々は,ここでもまだ誤解しているのです。つまり,東本さんは「前県政では国保証取り上げがゼロではなかった」とひと言も言ってないのに,まだここでもそれにこだわっているのです。これが最後まで尾を引くので,改めて触れることにします。

【注1】 「こんな根拠」というのは,msqさんが考えた共産党擁護論理です。しかし,共産党にはこの程度の根拠すらあったのでしょうか?ただひたすら攻撃しています。都民はこのような攻撃を聞いても,「国保取上げは市町村の権限だ」などと気がつく人はほとんどいません。つまり,共産党はmsqさんのような論理さえ持ち合わせずに攻撃を加えていた可能性もあるのです(反論される怖れは無いから)。もちろん,共産党は市町村の権限は百も承知。都民にはそれを億尾にも出さず,浅野氏の悪印象を植えつけることに専念したと思います。
by papillon9999 | 2009-11-15 20:25 | Comments(15)
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-11-16 13:03 x
共産党による浅野批判の悪意性シリーズ、興味深く拝見しております。共産党がこれほどセコイ手を使っていたとは思いも寄りませんでした。これでは何も知らない有権者は浅野ってそんな酷い男なのか!!思いこんでしまい石原氏に投票するか、棄権するかの二択しか無い事になりますから、石原陣営にとっては将に天佑神助ですねえ…
Commented by papillon9999 at 2009-11-17 20:55
最後に書こうと思っていますが,共産党が真に石原打倒を願ったとすれば,早々と単独で候補を決めて,「一(いち)占めた!」,というような行動はしないはずです。吉田候補がいい人材であればあるほど,大事にじっくりと統一候補にすべく努力・調整に奔走しなければなりません。そういう姿勢が皆無だったところにすさまじい独善性を感じるわけです。

なあーんて,回答を利用して一番言いたいことを言ってしまいました。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-11-17 21:13 x
やはり万年野党、反対勢力と見せかけてその実、
体制に寄生する事でしか、存在理由を見つけられないのでしょうねえ。

「権力に反抗する我が党って孤高でカッコイイ!!」
って「尾崎豊」ですか?反抗期の中学生の群ですか?
夜の校舎窓ガラス壊して廻りますか?

恥ずかしながら私も選挙権を得てからは、馬鹿の一つ覚えのように共産党に投票してましたけど、もう今後は一切共産党には投票出来ませんねえ。

民主と共産しか候補が居なければ棄権するしかなさそうです。
Commented by papillon9999 at 2009-11-17 21:42
>馬鹿の一つ覚えのように共産党に投票してました・・

えー?ホントですか。いつからネトウヨになったんですか?(といってもあまり違いが無かったりして・・・(^o^)^^^^^^^^^^)

>体制に寄生する事でしか、存在理由を見つけられない・・

まあ,そうですね。最近特に感じることです。護憲とか政策とかはある種『商売道具』のような意味を持っていて,それを他の勢力が言うと,商売の邪魔になるというように考えているのではないかと疑いたくなるくらいです。
Commented by たんぽぽ at 2009-11-17 22:24 x
最初のパラグラフにある、「神戸市長選」と
「議論になりました」のリンクをまちがえてますよ。

これらはトラックバック用のURLですね。
Commented by papillon9999 at 2009-11-17 22:48
ありゃー,これは失礼しました。あとを良く見ていないことがばれてしまいましたねー。すみませんでした。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-11-17 23:13 x
「三十にしてイデオロギーに目覚め、四十にしてナショナリズムに目覚める」と、いった所です。

>『商売道具」のような意味 なのでしょうね…
「革新は俺たちの縄張りだから,他所者は引っ込んでろ!
俺たちのシマを荒すんじゃねえ!!」

こんな感じですか(嗤
Commented by papillon9999 at 2009-11-17 23:33
パピヨンよりはるかに表現がお上手で・・(^o^)

でもあまりネトウヨの方と意気投合するのも,複雑な心境ですなぁ・・・シミジミ・・・
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-11-17 23:41 x
共産党じゃないですから、何から何まで対立という事は
あり得ませんので(嗤

意見の一致を見る事があってもおかしく無いでしょう…
Commented by papillon9999 at 2009-11-17 23:48
いえいえ,本来革新であるはずの共産党が,ネトウヨの方と一緒に揶揄されるという点が複雑な心境という意味なんです。

お互いに自由人であれば,気心さえ通じれば話は合うはずですよね。だから仰るとおりですよ。
Commented by たんぽぽ at 2009-11-24 06:03 x
>以上,共産党批判の所為でパピヨンを嫌いになった人に捧げます。

これを見た限りでは、効果はないようです。
(「期待してない」とおっしゃっているので、
予想されたことだとは思いますが。)
ttp://b.hatena.ne.jp/entry/papillon99.exblog.jp/12289134/%2312289134
ttp://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/papillon99.exblog.jp/12289134/%2312289134
Commented by papillon9999 at 2009-11-24 19:19
ええっと,これらを拝見しました。思ったほどではないですね。ただ,次の方,
>o_ne_i さん:政治 まあ批判内容そのものはおかしくはないけど。

これだけで十分です(^o^)。

>o_ne_i さん:変な被害妄想やら他人の心情に対する悪意の解釈をしなくたって共産党批判はできるでしょうに。

これはちょっとね。パピヨンが「悪意の解釈」をしているのかどうかをご判断くださればよろしいのだけどね。

>o_ne_i さん:今この件で必死になる必然性も感じないけど(行きがかり上なのだろうが)
>今後,共産党と共産党の支配下に入らない市民との戦いは,民主対自民以上に深刻なことになるからです(パピヨンの予言)"…( ゚Д゚)ポカーン/ブログ主がこのままダークサイドに落ちないことを願うばかり

これまでの市民と共産党との確執をご存知ないのかな?昔っからこの種のいざこざは生じているのでして,傍目から見るとどっちもどっちに見えるのでしょうね。しかし,ホントはどうか,ということを知らなければなりません。今のままだとこれからも必ず生じるでしょう。
Commented by papillon9999 at 2009-11-24 20:11
↑ 一つ書き忘れです。別に「必死」ではないのですけどね。面白いんですよ。しかし,心苦しくはあります。たんぽぽさんへの応答に書いたとおりです。
Commented by たんぽぽ at 2009-11-25 22:36 x
>パピヨンが「悪意の解釈」をしているのかどうかを

具体的にどこがどう、「悪意の解釈」なのか、
おっしゃってほしいところですね。

はてなのブックマークコメントは、100字までという
字数制限があるから、書けないでしょうけれど。
もっとたくさん書ける場所は、ほかにいっぱいありますし。
Commented by papillon9999 at 2009-11-25 23:59
こちらが,共産党は「悪意の解釈をしている」と言ってるのに,
「変な被害妄想やら他人の心情に対する悪意の解釈をしなくたって」
というところが全然わからんですなぁ
そもそも,”被害妄想”って誰が誰にしているものなの?って感じで,ぜんぜんイミわからんね(^o^)^^^^^^^^^^