アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の10記事
トップページ
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
蓮舫氏が突如,民進党代表辞任を発表した。それを承けて,代表選が始まったのだが,気の所為か立候補した前原,枝野両氏とも待ってましたとばかり,嬉々として名乗りを上げたように見える。何たることか。

More
[PR]
# by papillon9999 | 2017-07-31 10:22 | Trackback | Comments(0)
稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
稲田辞任で大喜びしたいところだが,その前に未だ大事な点が残されていることを忘れてはいけない。それは「戦闘」が行われている場所に自衛隊を派遣したことの真相と責任を明らかにすることである。

More
[PR]
# by papillon9999 | 2017-07-30 14:44 | Trackback | Comments(3)
国家戦略特区事業すべての検証を!!
 李下に冠を正すふりで本当に李を盗んでいた男・前代未聞の首相・安倍晋三,未だ表に引きずり出されていない男,竹中平蔵,いずれも加計孝太郎に勝る歴史的奸物たちだ!


More
[PR]
# by papillon9999 | 2017-07-26 21:57 | Trackback | Comments(0)
菅直人の姑息な生き残り策
 う~ん,これは早く書いておいた方が良いと思う。次のニュースを見つけた。これは菅直人得意の姑息なやり口である。今のままでは衆議院選挙での当選は覚束ないことは本人もよくわかっているので,起死回生の策に出たのである。彼の必死の思いはこうだ。

脱原発を掲げた新党起ち上げをぶち上げるので,みんな注目して!菅直人を思い出して!

だが,これが菅直人一流の姑息な生き残り策にすぎないことは以下の事でわかるのである。(引用リンク記事を読む限り)

(1)脱原発を唱える勢力はまるで自分一人であるかのようなぶち上げ方である。他の,大勢の脱原発勢力について,一切の言及がない。つまり,脱原発そのものを実現するための構想が皆無である一方,起ち上げること自体が最重要事というアピールにしかなっていない。

(2)百歩譲ってわずか5人程度の少数勢力を仮に得たとしても,それが何の力になり得るか。これは5人程度とはいうものの,実質は自分一人が当選すれば御の字というホンネの表れである。このようなことは,実は天木直人や以前の緑の党などと全く同じメンタリティであり,ある政策を実現するために一兵卒となることを嫌う体質の表れである。

(3)脱原発を実現したいのなら,他の勢力と選挙協力しなければ票が分散してマイナスになるだけ,という自明のことを完全に無視している。つまり(2)の別の表現であるが,このことからも脱原発というスローガンが便宜上のものだとわかるのである。脱原発は君が大将にならんでも良い,そういう気があるなら一兵卒となって応援しなさい!!!
以上の通り,脱原発を実現したい人たちは,菅直人のぶち上げに乗らないようにご注意あれ!


[PR]
# by papillon9999 | 2017-07-19 06:36 | Trackback | Comments(2)
安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
 なんとまあ,その後も次々と出てきますなあ。改憲国会のぶち上げ,獣医学部の全国展開のぶち上げ,その他,正気を失った言動多数。これらはわが身が本当に危なくなったので,目くらましで気を逸らそうという目的であることはバレバレたい。

More
[PR]
# by papillon9999 | 2017-06-26 22:28 | Trackback(1) | Comments(0)
加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
 なぜ加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったのか,その謎を解明しなければ,事の本質はわからないだろう。パピヨンの推測では,その最大の目的はバイオ研究施設の設置にある。

More
[PR]
# by papillon9999 | 2017-06-18 18:27 | Trackback(1) | Comments(1)
安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
 下記の記事を発見した。
【正論】民進・初鹿議員「共謀罪はバリケードを作ってでも止めなければならない!支持率がゼロになっても守らなければならないものある!」

More
[PR]
# by papillon9999 | 2017-06-14 22:19 | Trackback(2) | Comments(0)
安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
 安倍内閣の本質をようやく言語化できたような気がするので,公表したい。先日来,神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)2017年 05月 30日神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)2017年 05月 26日の記事を書いて,

More
[PR]
# by papillon9999 | 2017-06-13 19:19 | Trackback(2) | Comments(0)
前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
 最近こんなに感動したことはない。文部科学省の前事務次官・前川喜平の”出会い系バー通い”の話だ。週刊文春6月8日号(1日発売)の記事は永久保存しよう。史上最悪の安倍カルト政権下で,まるで大人のメルヘンのような話が実話であったことを。その主人公のことを。

More
[PR]
# by papillon9999 | 2017-06-02 10:22 | Trackback(2) | Comments(0)
神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
 本記事は副題を「保守とカルトの峻別」にしようと思った。同じタイトルの記事をはるか昔書いた覚えがあって,それとの比較をしながら考察を進めたかったからである。探してみたら,確かにあった。保守とカルトの峻別 2007年 08月 23日がそれである。

More
[PR]
# by papillon9999 | 2017-05-30 11:02 | Trackback(4) | Comments(0)