アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近の10記事
トップページ
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
震災瓦礫広域処理問題の本質(7)
震災瓦礫広域処理問題の本質(6) 2012年 05月 27日の続編
見識ある首長たち:がれき広域処理に関して 2012年 05月 28日と関連

 そろそろまとめに入る。環境省と細野大臣が躍起となっている震災がれき広域処理とは,以下のようなシロモノであることを指摘してきた。

More
[PR]
by papillon9999 | 2012-05-29 19:46 | Trackback(1) | Comments(13)
見識ある首長たち:がれき広域処理に関して
 震災がれきの広域処理に関して,いくつかの自治体の首長が素晴らしい見識を披露している。残念ながらメモをしてないので今は思い出せる分だけ記録するしかないが,以下の6自治体の首長が特筆すべき見識を示しておられる。(今後わかり次第追加予定)。まず順不同でリストアップしておく。

More
[PR]
by papillon9999 | 2012-05-28 00:30 | Trackback(2) | Comments(2)
震災瓦礫広域処理問題の本質(6)
震災瓦礫広域処理問題の本質(5) 2012年 05月 18日の続編

 上掲第5報では,放射性廃棄物に関する処理方法の矛盾を指摘した。従来の処理方法を改めて【注1】に概略をまとめておく。
 ところが,原発の爆発によって市民の領域に飛び散ったものは放射性廃棄物は安全神話に矛盾するため想定されておらず,何にも法的に規制するものがなかったのである。

More
[PR]
by papillon9999 | 2012-05-27 21:55 | Trackback(2) | Comments(0)
小沢裁判の不当性:危険な俗情(1)
 1.前書き

 小沢一郎の裁判が不当なことを,また改めてここに書く。その論拠はこれまで何度も書いたことの繰り返しになるが,ここではさらに,どうしてそのような不当なことがまかり通るのか,一体その責任(罷り通らせる責任)はどこにあるのかを改めて指摘しておきたい。そう,それは人権派,護憲派を自認するあなた自身の人権感覚が本物でないからだ,ということになるだろう,それに気がついてもらうことをささやかに願ってこれを書く。

More
[PR]
by papillon9999 | 2012-05-24 22:56 | Trackback(1) | Comments(4)
震災瓦礫広域処理問題の本質(5)
震災瓦礫広域処理問題の本質(4) 2012年 05月 11日の続編

 (5)-2 環境省による安全基準の専行

 前報で推断した,環境省の作戦とは,実質的な「放射性廃棄物」を「放射能がたまたまくっついた災害廃棄物(正確には,放射性物質に汚染された災害廃棄物)」と言い換えることであった。そのように言い換えた後,ではその放射能の安全問題をどのようにクリアしたつもりなのか,それを見るにはまず次のサイトがよいと思う。

More
[PR]
by papillon9999 | 2012-05-18 19:18 | Trackback(1) | Comments(5)
震災瓦礫広域処理問題の本質(4)
震災瓦礫広域処理問題の本質(3)2012年 05月 10日の続編

 (5)放射能汚染がれき処理と法的根拠

 前報までに,広域処理の緊急性・必要性に対する疑問以外にも,環境省の恣意的な宣伝,印象操作が存在する疑いも出てきた。だけども放射能問題さえ無ければ広域処理をしたって,ちっとも問題では無い。

More
[PR]
by papillon9999 | 2012-05-11 23:59 | Trackback(1) | Comments(1)
震災瓦礫広域処理問題の本質(3)
震災瓦礫広域処理問題の本質(2) 2012年 05月 06日の続編。

 (4)処理すべきがれき総量の疑問:岩手県の11年分か?

 放射能問題を考察する前に,前報では気がつかなかった疑問点が生じたので,それを書いておく。環境省の処理プログラムの資料http://www.env.go.jp/jishin/attach/waste_koiki_mat20120202.pdfの3ページには

More
[PR]
by papillon9999 | 2012-05-10 23:59 | Trackback(1) | Comments(1)
震災瓦礫広域処理問題の本質(2)
 震災瓦礫広域処理問題の本質(1)の続編。

 (2)処理能力について

 前報で環境省資料http://www.env.go.jp/jishin/attach/waste_koiki_mat20120202.pdfに基づいていろいろ検討したが,処理能力についても興味深い事実を発見したので追加しておく。

More
[PR]
by papillon9999 | 2012-05-06 10:21 | Trackback(1) | Comments(5)
震災瓦礫広域処理問題の本質(1)
 長いこと書きかけのままになっていた震災瓦礫の広域処理問題。大体のことが掴めたのでここにようやくアップする。ホントに,この問題はどう考えるのが正しいのか,私には難しく,長いこと考えていたのだが,一応の答えが出たので公表したい。(たんぽぽさんの記事震災がれきの受け入れ,およびそこでのkirikoさんとのコメントのやり取りが大いに参考になったことを記しておく。

More
[PR]
by papillon9999 | 2012-05-05 17:45 | Trackback(1) | Comments(6)