アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近の10記事
トップページ
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2010年の記事
万邦無比の国家(5)皇国史観の改造 2010年 12月 25日
或る朝の小さな出来事 2010年 12月 23日

More
[PR]
by papillon9999 | 2010-12-31 23:59 | Trackback | Comments(0)
万邦無比の国家(5)皇国史観の改造
 「神武に還る!」 神武以来,この国の支配権は正統なる天皇家をいくたびも離れ,藤原だの徳川だの,臣民が我が物顔に手にしてきた。今,ようやく明治維新の大業を果たし,何度目かの正統なる治世を取り戻したのであった。
 明治政府はこうして清新の気迫を以って世界にデビューを果たそうとしたのである。そのデビューに際し,明治政府が重要と考えたのは普遍的な価値観であった。

More
[PR]
by papillon9999 | 2010-12-25 12:26 | Trackback | Comments(26)
或る朝の小さな出来事
 これは限りなく真実に近いフィクションである。
 話の流れというものは,ある種,交通事故に遭遇する際の出来事の流れに似た運命的なものがある。
 あそこで信号がもうちょっと赤のままだったら,あの車とあの地点で出遭うことはなかったろうに・・・・あそこであんな話題が出現しさえしなければ,あんな後味の悪い喧嘩という”事故”に出遭うことはなかったろうに・・
 或る夫の或る朝がそうであった。妻と二人,朝食を囲んでいたひと時のことであった。

More
[PR]
by papillon9999 | 2010-12-23 20:01 | Trackback(3) | Comments(0)
万邦無比の国家(4)明治初期の皇国史観
 これまで明治政府は最初っからがちがちの神話的皇国史観を作り上げ,一貫してそれのもとに世界に進出して行こうとしてたのかと思っていた。しかし,実は違っていたようなのである。初期の頃は世界に恥じない「客観的な歴史」を確立しようとしていたのである。見直した。どうぞ先を!

More
[PR]
by papillon9999 | 2010-12-22 00:19 | Trackback | Comments(3)
菅内閣の内堀:小沢
 菅内閣の支持率は底なしに低下してきたが,最近の”指導力発揮”でこの傾向はどうなっただろう?ひょっとしたら下げ止まりの兆候を見せるのかも知れないが,メディアはいったん,菅内閣を少し持ち上げにかかるだろうと見る。

More
[PR]
by papillon9999 | 2010-12-20 00:29 | Trackback(2) | Comments(27)
ああ,海老蔵さん
 あの海老蔵さんなどわざわざ記事に取り上げてはパピヨンがすたってしまうが,とても面白いブログ記事を発見したので謹んでご紹介いたしまする。

More
[PR]
by papillon9999 | 2010-12-19 15:24 | Trackback | Comments(0)
万邦無比の国家(3)邪馬台国は近代歴史学の道具
0。まえがき

 いやあ,何度も繰り返すけど,実に面白かった。なにしろ,邪馬台国問題などホントに小さな問題に思えてきたのだから。

More
[PR]
by papillon9999 | 2010-12-16 23:15 | Trackback(1) | Comments(9)
海老蔵事件:コロンボ式推論
 海老蔵事件で不思議なのは,海老蔵さんのけんか相手の素性と飲食店の詳細がイマイチ不明瞭なことである。元暴走族のリーダーとかいう肩書きの人は知られているが,その他,海老蔵さん事件の際に居合わせていたことが伝えられている何人かの人たちの素性はほとんど伝えられていない。

More
[PR]
by papillon9999 | 2010-12-15 23:01 | Trackback | Comments(2)
万邦無比の国家(2)読後感と謎の設定
 昨日は初の忘年会だったので今日は基本的にぼーっとして,あったかーい寝床で過ごした。そして,読みかけの小路田泰直著:『「邪馬台国」と日本人』を一気に最後まで読了した。
 読後感は,まさに「拾ってきた石ころにダイヤモンドが混じっていた」である。またまたとても素晴らしい本に出会ったのであった。300円でも買って良かったぁ!

More
[PR]
by papillon9999 | 2010-12-04 17:54 | Trackback | Comments(2)