アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
懐古談-青春ドラマ
 あのさわやか青春派の元祖のような健作知事が,長らく剣道二段と思われていたが,どうやらそれは自分で自分に与えた免状だったようだ。さすがはさわやか青春派!ばれてもあっけらかんとしておられる。でも自分のイメージ作りに,ニセの『剣道二段』は必要不可欠だったと見える。つまり,実質で勝負するのではなく,イメージ戦略に走らざるを得なかった=中身がなかった,ということをはからずも露呈してしまった,ということだろう。

More
[PR]
by papillon9999 | 2009-05-31 16:54 | Trackback(4) | Comments(0)
国民の幸せを奪うもの(民活)
 戦後しばらくしてから80年ごろまでの階級対立時代に,日本は経済的に豊かになってきた.すると,労働者階級の方にもそこそこおこぼれが廻ってくるようになった.パピヨン史観では,このことを階級対立は少しずつ緩和していったと捉える.

More
[PR]
by papillon9999 | 2009-05-29 21:58 | Trackback(3) | Comments(16)
『ご遠慮下さい』はむかつくなぁ
 よく見かけるお願いの文に,『・・・はご遠慮ください』というのがある。たとえば,以下のようなものを思い出すことができる。

 『夜間の電話はご遠慮ください』
 『ここから先の立ち入りはご遠慮ください』
 『拍手はご遠慮ください』
 『タバコの投げ捨てはご遠慮ください』
 『・・・・』

More
[PR]
by papillon9999 | 2009-05-24 13:35 | Trackback(4) | Comments(10)
良いではないか!『友愛社会』
 「友愛社会」だって!下手すると鼻をつまみたくなるようないやらしい臭いのする言葉だが【注】,鳩山さんが掲げたこの合言葉はどことなく懐かしい,ほのかに胸にジンと来るような匂いがする。果たしてパピヨンだけだろうか?

 今,いや今後,21世紀の社会は,どういう哲学で臨むべきなのか,

More
[PR]
by papillon9999 | 2009-05-17 12:05 | Trackback(8) | Comments(2)
国民の幸せを奪うもの(官僚)
 時間がずいぶん経ってしまったが,前記事の続きをお楽しみください。
 ところで,その前に,官僚批判,霞ヶ関主犯説に躊躇する読者も多いことだろうから,その種の動揺を鎮める意味で整理しておきたい。

More
[PR]
by papillon9999 | 2009-05-15 01:47 | Trackback(5) | Comments(16)
霞ヶ関の高笑い
 とうとう小沢党首が辞任を表明した。辞任すればしたで,「何で今頃になって!」とか「もっと早く決断すべき」とか「説明責任を果たさないで逃げるのか」などといった『非難』が来るのは当然予想されたことである。だから辞任したとて,現状と大差ないだろうと見る。でもまあ,それはもうどうでもよい。
 馬鹿な国民どもは,目の前の安っぽい正義感【追注】で,クリーンな政治を確保できたつもりになっているのだろうか。しかし!あなたには聞こえないのだろうか?あの霞ヶ関から発して来る高笑いが。

More
[PR]
by papillon9999 | 2009-05-13 00:01 | Trackback(5) | Comments(36)