アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の10記事
トップページ
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
最新のトラックバック
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
前川メルヘンに胸が熱くな..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
森友学園・国有地売却のメモ
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
『唯物論と観念論』-二元論を考える
 水伝の道徳を考えているうちに,意外な誤解が広まっていることに気が付いた.科学は『非物質的なもの』を否定するものだ,という『誤解』である.もっと言えば,科学は個人の信仰の部分まで押しかけてきて,それを『科学的にありえない!』と否定・断罪する,という被害感情である.しかし,これは科学の本質を捉えそこなったとんでもない『誤解』である.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-25 21:04 | Trackback(11) | Comments(11)
『水伝の道徳』(3)宗教もどき
 このシリーズ記事は(2)で終わったつもりだったが,戴いたコメント(カギも含めて)をみて,改めて強調したほうが良いと考えて,至急,(3)を追加することにした.
 一部の人たちにとって,『水伝の道徳』というのは一種の信仰として受け入れられている.いや,さすがに水伝そのものは科学的におかしい,とは認めていても,それが持つ『素晴らしい物語』【注1】の部分がどうしても捨て切れずに,それが『信仰』と化してしまった,というのが正確だろう.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-24 11:55 | Comments(3)
『水伝の道徳』(2)-心地良さの裏に潜む悪魔
 2.道徳の権威付け

 ここでは,『道徳の基準の正当化』を根拠のないことで謀ることの危険性を指摘しておく(今さら気恥ずかしいが).いわば,『水伝の道徳』神授説ならぬ,科学の権威悪用説である.しかし,道徳をこのように何かの権威を以って正当化する,ということの危険性を拙記事:『科学と道徳』シリーズで考察した.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-22 13:34 | Trackback | Comments(35)
『水伝の道徳』(1)-問題の多層性
 『水からの伝言』,もう十二分に知れ渡ったこの『犯罪』,なぜ水伝は批判されなければならないのか,改めて書いておく必要があることを痛感している.
 私も水伝に関しては一度批判記事を書いたことがある.しかし,その時点では一つの問題点しか感じていなかった.私にとっては当然の理屈であって,その理屈一つあれば批判の根拠として他の何も不要であった.今でもそれは変わらない.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-21 23:35 | Trackback | Comments(0)
永遠の木枯らし紋次郎
 つい最近のある日の昼下がり,妻との会話が途絶えたのを潮にテレビをつけた.ケーブルテレビで普段見る囲碁・将棋チャンネルは妻が嫌がるし,ミステリーチャンネルはいいのがなかったのであちこちスキャンしてみた.すると時代劇チャンネルで懐かしいものに出逢った.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-18 23:33 | Trackback(4) | Comments(13)
科学と道徳(4)
 東西さんのコメントで改めて『正しい道徳』のはかなさを,もう少し違った観点からも表現できることに気が付いた.それは
 たとえ『正しい道徳』が先に与えられても,『あとはマニュアルどおり』とはいかない
ということである.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-15 00:02 | Trackback(4) | Comments(11)
科学と道徳(3)
 これまで見てきたのは,仮に『正しい道徳』というものを人類が手に入れたとしても,それは儚いものになるかも知れない,ということであった.そこで結局は右往左往しながら人類はああでもない,こうでもない,と揺れながら進んで行くのだろうか?とすれば,それを前提にした社会の制度設計が必要ということになるのではないだろうか.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-14 00:27 | Trackback(3) | Comments(1)
科学と道徳(2)
 東西さんは私の考察の不備な所を正当に指摘されてきた.それに対応するために新たに考え直して,前回の記事のようにまとめたのだが,まだ重大な点が残っている.人類がいつも陥るポピュリズム,全体主義の問題である.ある意味ではこれが最高の悪ではないか,と思えるのだが(と思ったが,新自由主義があった.しかしこれは民主的に偽装された緩やかな独裁,と言えるのだろう),要するに例えばナチズムの再来を,人類の無限曼荼羅図的な真理の捉え方で防ぐことができるのか,ということだ.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-13 07:18 | Trackback(1) | Comments(4)
科学と道徳(1)
 この記事はまたしても愚樵さんの記事のコメントに端を発している.その記事で愚樵さんが本来仰りたかったこととズレて行った可能性があるのだが,コメントしているうちに東西南北さんや愚樵さんとの話がかみ合って,こちらの方へ話がなびいてきた.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-12 00:57 | Trackback(5) | Comments(5)
最大の復讐とは
 一昨日だったか,朝のテレビ朝日の番組を見ていたら,韓国の大量殺人犯,柳(ユ)被告のことが流れていた.とても恥ずかしいことに,すっかり記憶から消え去っていたのだけど,なんとこの被告は30人ほどの殺人者であったそうだ!そしていずれも風俗嬢ばかりだったとか.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-10 14:59 | Trackback(1) | Comments(0)