アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
最近の10記事
トップページ
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
人権擁護法案(6)積極的自由と消極的自由
 さてそろそろ区切りをつけたいが,重大な問題が残っている.それは「消極的自由」と「積極的自由」なる概念である.この概念はとりあえず次のように言えようか.(下記の言い方で良いかどうか,ウィキでも参照してください.)

 消極的自由:自己の意志に反する強制を受けない自由
 積極的自由:自己の意志を実現しうる自由


More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-29 00:06 | Trackback | Comments(24)
人権擁護法案(5)委員選定と仕事
 当該サイトではFAQの形式で,人権委員と人権擁護委員の選定基準と権限(仕事の中身)に関して説明している.その多くは当たり前のことで,一見,何の問題もなさそうである.しかし,私はこのあたりに,同和利権の継承がこっそり紛れ込んでいる,と睨んでいる.ともかく,まず条文から見てみよう.(下線部パピヨン)

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-28 00:03 | Trackback(1) | Comments(4)
人権擁護法案(4) 救われる人と人権裁判所
 (3) 法案を単純化し、あたかもこの法案が廃案になればみんなが幸せになるように仮想している
 この項目は意味がよくわからないのだが,情緒的な批判だと思われる.だけどこのサイト主も『人権擁護法案』は『悪法』だと思っているようである.(下線部パピヨン)

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-27 00:11 | Trackback | Comments(0)
やはりくたばれ!人権擁護法案(3)
 ここで採り上げている人権擁護法案はすでに死んだ(つまり,もう上程されない)というご指摘を受けたが(仲さんによるコメント),法務省にはまだサイトが残っているし,法務省側は千載一遇のチャンスとばかりに,同和利権と切り離しても推進してくる可能性はゼロとはいえないと思う.なぜなら,共謀罪や治安維持法並みに『使える』法律となる可能性もあるのだ.この機会をみすみす見逃すのも考えにくいので,万一のためもう少し続ける.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-26 00:04 | Trackback(3) | Comments(0)
やはりくたばれ!人権擁護法案(2)
 前回の記事に付け加えておくことがある.『これの何処に欠陥があるのか』とサイト主がいう人権擁護委員の選定基準であるが,いかに『この委員はおかしい』と訴える機会があっても,それが(解嘱が)実現することはほとんどないはずである.すでに格好の実例があって,それは各地の教育委員会委員である.『作る会の教科書選定』というトンデモぶりを発揮しても,その委員会が解散させられることは未だかつて見たことがない.(犬山市の教育委員会は素晴らしい見識を発揮している唯一の例であろう).

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-23 18:26 | Trackback(2) | Comments(8)
やはりくたばれ!人権擁護法案(1)
 ひょんなことから人権擁護法案を調べることになった.人権擁護法案は同和利権の継承のためである,という逝きし世さんのご指摘があったからだ.全然知らなかったものの,”人権擁護”と”利権”という意外な組合せに興味があった.
 にわか勉強で記事を書くのはおこがましいとが,とりあえずその結果を発表したい.それというのも,書かざるをえない内容を含む,とても危険な法案と言えるからだ.今の気分は
 『やはりくたばれ!人権擁護法案』

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-22 00:26 | Trackback(2) | Comments(4)
私の猫遍歴5
7.ミーちゃんの時代2--第二次出産と避妊手術事件
 二匹の子猫たちはあっという間にいなくなり,またミーちゃんだけが家にいることになった.ところが,長女がアトピーで,アレルギーを起こしやすい,ということで,家の中で飼うことが許されなくなった.こうして,ミーちゃんは家の外が生活の本拠となった.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-18 01:30 | Trackback(3) | Comments(4)
私の猫遍歴4
5.独身時代
 チャコの時代と少しは重複するのであるが,高校卒業後は都会の大学へ進学し,そこで独身生活をしていた.折りしも全共闘華やかなりし時代,デモには出るけど授業には出ない生活が続いていた.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-17 22:53 | Trackback | Comments(0)
くたばれ!ビルゲイツ!
 沖縄の海兵隊員による少女暴行事件について,書きかけたものがあるのだが,すでにたくさん書かれているので私ごときが敢えて付け加えるべきものはない.たとえば眠り猫さんのここから始まる一連の記事)以上のことは書けない.
 せめて,被害者の精神的な回復が一日も早いことを祈るのみである.
 したがって,記事は『くたばれ!ビルゲイツ!』

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-16 10:18 | Trackback(5) | Comments(8)
税金収奪システムの表現(国民負担率のまやかし)
 スウェーデンを代表とする北欧型モデルが,現在における福祉国家の最も理想的な姿だとしてイメージされている.ただし,その場合,必ず『付帯条件』がセットとなる.
 それは,『国民の負担率は非常に高い』ということである.つまり,『あのような理想的な福祉国家を造り上げるには,国民も非常に高い負担が必要なのだ』という意味になって,我々国民の間に出回るのである.

More
[PR]
by papillon9999 | 2008-02-10 22:45 | Trackback(11) | Comments(21)