アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
最近の10記事
トップページ
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
国会議員基本法と愛民心
 『愛国心』について,自分がいかに金儲けするかということしか考えていない議員諸侯に言われるのは片腹痛いが,結局,愛国心問題とは,これから我が国が世界へ軍事デビューするための精神的な準備であることは明らかである.つまり,国民を海外へ飛ばし,そこで命を懸けて戦わせるための準備なのだ.

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-31 00:59 | Trackback(5) | Comments(5)
川柳 愛民心
 『愛国心』について,自分がいかに金儲けするかということしか考えていない議員諸侯に言われるのは片腹痛いが,結局,愛国心問題とは,これから我が国が世界へ軍事デビューするための精神的な準備であることは明らかである.つまり,国民を海外へ飛ばし,そこで命を懸けて戦わせるための準備なのだ.

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-30 23:44 | Trackback | Comments(0)
迷走する個人情報保護
 このところ,仕事の方で忙しく,ブログを覘くヒマもなかった.今も時間はないが,長いこと書かないと淋しいものだ.今日はせめて簡単な記事でも書こうっと.
 たとえば学生が酔っ払い運転,ひき逃げ,して捕まったとする.昔だったら,警察からすぐ学校へ連絡があったはずだ.ところが,今はどうかご存知だろうか? 

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-29 23:59 | Trackback(3) | Comments(0)
慎太郎さんの『あさましい世の中』
================
 『なんともこれは,あさましい世の中である.一群の特定の若い男たちと若い女たちとが,まるで盛りのついた牡犬および牝犬の群れのように,行き当たりばったりつるんでふざける,という類の小説を,ある男が書く.すると老若大ぜいが,「新しいモラル」だの「新人の季節」だのと誉めそやして騒ぎまわる.この畜生同然の交接風景を手放し肯定で描いたご本人が,また,「大人への不信」云々などと甘ったれ切ったことを,恥ずかしがりもせずにがなりたてる.

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-22 00:17 | Trackback(11) | Comments(14)
日本国憲法攻防アナロジー
 日本国憲法は過去の取り返しのつかない失敗から教訓を得て,ようやく日本国民が手にすることができた歴史的な珠玉の宝石だ,・・・と多くの国民が思っていたのは何十年前のことなんだろうか.「勝ち取った」ではなくて「手にすることができた」としか書けないのが情けないが,どんな出自であろうとその中身で判断すればよい.いかなる産まれであろうと,偉人は偉人ではないか.この中身は多くの国民から確かに支持されていたのだ,何十年か前は・・・

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-21 01:03 | 済み | Trackback(5) | Comments(3)
盆の水 忘れた頃に 覆る
 ある年,私は高校の同窓会の幹事をやった.同じクラスで初めて出席する女子に出席回答へのお礼をメールで送った.
 『・・・卒業以来,初めてお会いできることになり,大変感激しております.・・・実は今でこそ笑って言えますが,当時,僕はあなたのことを密かに思い焦がれていたのです.

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-17 22:36 | 済み | Trackback(3) | Comments(4)
憲法改正と共謀罪
 憲法第99条には,【憲法尊重擁護の義務】があって,以下のごとくである.

  天皇又は摂政及び国務大臣,国会議員,裁判官,その他の公務員は,
  この憲法を尊重し擁護する義務を負う.

 憲法改正という改悪の動きは,明らかにこの憲法99条違反の共同謀議に当て嵌まるはずだ.従って,共謀罪ができたら彼らを共謀罪で逮捕してもらおう.この場合,反対議員は共同謀議に認定されるのだろうか?不思議な法律だ.でも共謀罪唯一の「善行」だ.

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-14 18:31 | 済み | Trackback(15) | Comments(4)
二作目の 川柳できた 共謀罪
 二作目の川柳ができました.どんなものでしょう.

   「逮捕せよ 憲法改悪の 共謀罪」

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-14 15:53 | 済み | Trackback(1) | Comments(0)
想像力についてⅡ いい想像力と悪い想像力  
 体験が大事とよく言われる.しかし,実際には体験できないことがたくさんある.また体験したとしても,戦争に行った人が皆「もういやだ!」と言うわけではなく,望ましい方へ向くとは限らない.(小さい頃,山にしょっちゅう連れて行くと,その子は山が嫌いになる,と私は信じる).大事なことは,『体験しないでも』どのようになるのか想像できることである.

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-13 20:10 | 済み | Trackback(2) | Comments(4)
想像力について
 布引さんのコメントに反応しようとしたが,どうしても長くなりそうだった.『想像力』というものをもう少し考えてみたくなり改めて記事にすることにした.布引さんの次の言葉に反応したくなったのだ.
 『国鉄民営化の時、将来の大事故を想像した国民はどれ程いたでしょうか』 

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-12 23:01 | 済み | Trackback(2) | Comments(4)