アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近の10記事
トップページ
・この選挙は安倍晋三には政権を担う資格があるかを問う選挙だ!
・安倍の応援がひどい,警察権力と直接的暴力の脅威
・小池が第二自民だと見抜いて大騒ぎした人へ
・もう遅いが投票時に!非自民の優勢な候補へ一票を投じよう!
・目標はただ一つ,安倍一狂政治の打倒だ!『希望』の逆利用を!
・安倍の方が小池の何十倍も恐いのだ!
・前原は希望との合意を撤回せよ
・枝野新党に欠けているもの
・野党共闘の新会派名は「生活と平和」が良い!
・リベラルは選挙用会派「生活と憲法」を起ち上げ,安倍政権を倒そう!
・小池と安倍の極右の違い(リベラルは動揺するな!)
・日本初の女性首相への野心!
・まずは日本国清掃内閣樹立を目指そう!
・国難突破解散とはよくぞ言った!
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
カテゴリ:済み( 66 )
JALの「沈まぬ太陽」的体質(続編)
 お好み焼きの女将さんから借りて読破中の,山崎豊子作,「沈まぬ太陽」全五巻,ようやく第四巻に入った.山崎豊子の作品はこれが初めてなので,これだけで判断するのは非常におこがましいが,ほんとにこの作家は,「男の美学」,「真のサムライ」といった,すでに日本人から失われてしまった価値観を格調高く描こうとしているようにみえる.それは同時に,その反対の「醜悪な男」,「にせのサムライ」を描くことにもつながる.筋を通す男のかっこよさの話で,女将さんとも話が盛り上がる.

つづき....
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-18 22:46 | 済み | Trackback(2) | Comments(1)
ピーターラビットに逢いに行く(3)
3. ウィンダミア湖をフェリーで渡る
 宿舎は駅のすぐそばのB&B(Bed&Breakfast)に取りました.これは一種の簡易ホテルですが,日本にはあまりピッタリ相当するものがありません.しいて言えば,民宿か簡易旅館でしょうか.でもここはホテルに限りなく近い感じがあって,ホテル宿泊にいつも憧れている息子は大喜びです.朝食付きで27ポンド,ちなみにロンドンで取っているB&Bは12ポンドの超格安です.だってとても狭くて汚いんですから.

つづき....
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-16 01:28 | 済み | Trackback | Comments(0)
靖国の英霊たちへの架空インタビュー
 首相の靖国参拝はなぜいけないか?こんなことは当たり前すぎて今さら改めて議論する気にもなれないが,「何で人を殺していけないの?」と真面目に質問するガキがいるくらいだから,それに対する対応を用意しておくのと同じように,「なぜ首相の靖国参拝はいけないか」についてもきちんと考えを整備しておく必要があるのだろう.

つづき....
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-14 22:22 | 済み | Trackback(7) | Comments(0)
ピーターラビットに逢いに行く(2)
2.車中のできごと
 車内は大変快適でした.向かい合った4人掛けの席の間にはちょうどいい高さと広さのテーブルがあるのです.そこでは食事やトランプなどいろいろできます.もちろんうつ伏して眠ることもできます.こういう点,かつての鉄道ファンだった私は非常に残念です.

つづき....
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-13 00:34 | 済み | Trackback(1) | Comments(0)
ピーターラビットに逢いに行く(1)
 2001年8月末.ニューヨークテロの2週間ほど前,仕事で来ていたロンドンから仲間にメールを出した.イングランド北部の湖水地方に,ピーターラビットに逢いに行ったことを報告したものだ.夏休みなので家族も来ており,そろっての大旅行となった.以下はそのメールである.

つづき....
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-12 15:05 | 済み | Trackback(1) | Comments(0)
韓国・鎮海にて
 韓国の山は鮮やかな緑ではなく,何となく 灰茶にくすんでいる.朝鮮動乱の際に焼けたからとか,オンドルのために枯れ木が必要だから,とか言われるが,本当の理由は知らない.その山々がきれいなピンクに染まる季節がある.

つづき....
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-11 13:20 | 済み | Trackback | Comments(4)
沖縄と「恨(ハン)」
 しばらく沖縄へ行っていた.着いた日は肌寒く小雨模様だったが,翌日から晴れてきて,沖縄らしい空気をおいしく味わってきた.例の那覇のカプセルホテルも見てきたが,何の変哲もないビルで,何事もなかったように立っていた.

つづき....
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-05 15:26 | 済み | Trackback(1) | Comments(0)
偽メール事件 初川柳
 武部幹事長の眼がおどおどしている.正直者なんだな.今日の毎日新聞の「万能川柳」欄に面白い句が載っていた.夜に書き加えるのでお楽しみに.私の記念すべき初川柳は下記になった.

More
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-05 15:22 | 済み | Trackback | Comments(0)
JALの「沈まぬ太陽」的体質
 ここ数日,ブログの記事は送金メール一色に塗りつぶされていたが,私はさほど関心がなかった.話としては当然ありうるので,「武部もやっとこれでおしまいか!」,と喜んだのだが,ぬか喜びだったのは大いに残念だったが.より悪質な竹中を延命させるために武部を切るか!なんてね.そう,竹中を何とかしようよ・・・

つづき....
[PR]
by papillon9999 | 2006-02-28 20:45 | 済み | Trackback(1) | Comments(0)
宗教と人間の脳との関係(3) 一神教の起源
 前回の話では,「内在する神」と「外来の神」,およびそれらの葛藤,という点まで進んだが,まとめの都合で実は少し話が飛んでいる.「神の神経学」はもう少しキメの細かい議論を展開している.一神教の起源を探る意味でも非常に面白い部分なので,少し詳しく見よう.

つづき....
[PR]
by papillon9999 | 2006-02-27 01:15 | 済み | Trackback(2) | Comments(5)