アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
太宰府行
 つい先日(2月18日),仕事のついでに九州国立博物館と太宰府を訪ねた.まだまだ冷たい空気と風の中,すでに多少の花を着けていた梅たち.期待したほど多くはなかったが,飛梅の周りは二輪とはいわず,結構な数を咲かせていた.



f0036720_141275.jpgf0036720_18313686.jpg
   「まだ遠き 春の情けや 梅二輪」

 木によって咲かせた花の数がずいぶん違う.写真以外ではおおむね数輪程度でしかなく,冷たい空気の中で蕾みたちがまだまだ遠い春をじっと待っていた.

f0036720_1832444.jpgf0036720_18451453.jpg
 朝,西鉄天神駅で往復電車代と博物館の入館料がセットになったチケットを買う.飲み友達のA氏と一緒である.1,650円で,かなりお得だと思う.ずいぶんと前に来たきりだったが,西鉄太宰府駅のあたりはちゃんと思い出すことができた.
 九州国立博物館は昨年できたばかりのはずで,当然初めてである.左の写真は博物館の外観で,壁はすべてガラス系の材質感で統一されている.圧倒される感じを起こさせるデザインではあり,携帯写真にも納まりきれないが,特に感動するほどのこともなかった.
 アプローチが長い.天満宮の横を抜けて行くと,大きな斜面の屋根が見える.ここがエスカレータと動く歩道の入り口なのだ.まるで空港に入っていく時のようだ.
 このように,ハコもの行政の一例だという噂を確認できたのだが,展示そのものはなかなか楽しめた.3階の特別展示室では,「中国 美の十字路」が展示されていた.中央アジアからモンゴルまでにまたがる地域から発掘されたものだったが,あの地域であのような物が発掘されていたとは正直知らなかった.とても興味深かった.
 4階は常設だと思うが,文化交流展示室.「海の道,アジアの路」というテーマで,多くの展示があった.じっくり観ていたらかなりの時間が必要なはずだ.疲れが出てきたこともあって,1時間ちょっとぐらいで出たが,見残した所がだいぶある.
 私はこの博物館ができる時に,九州だから「邪馬台国」をテーマにするのかと思った.邪馬台国は九州のはずだからだ.しかし,その雰囲気は全くない.今のアカデミズムの世界ではイデオロギー的に畿内説にしたい人が多いと思う.それで,邪馬台国九州説で確定してしまうのを防ぐために,むしろ相打ちを狙う意味で「結局,邪馬台国はわからない」という雰囲気にしようとしているように思う.ここの館長などが文部省に気兼ねしているのかもしれない.九州説の根拠は別稿で論じるつもりだ.
 偶然のトピックとして,ちょうど開館以来100万人目の入場者がこの日誕生した.しかし,私たちには何の関係もなかった.
 そのあと,天満宮そばの光明禅寺に入ってみた.建物の古さとコケの蒸した石庭があって,なかなかの風情があった.こちらを題材にした句はまだできない.
 この時期,合格祈願が多いはずだが,日曜というのにあまり混雑はしておらず,同行の友人とゆっくりと散策を楽しめたのは幸運であった.
[PR]
by papillon9999 | 2006-02-23 14:12 | 済み | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/919376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]