アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
ん??11年目じゃなく1..
by papillon9999 at 13:57
たんぽぽさん,あけまして..
by papillon9999 at 13:55
新年あけましておめでとう..
by たんぽぽ at 15:19
うーん,せっかく花道を用..
by papillon9999 at 06:59
最新のトラックバック
さようなら,オバマ
from アルバイシンの丘
大衆迎合主義の精神構造
from たんぽぽの礼拝堂
米大統領選の警告と教訓
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トランプと民進党は類似?
from たんぽぽの礼拝堂
トランプ現象を考える・続
from アルバイシンの丘
ユダヤ人とは何か(3)続..
from アルバイシンの丘
参院選・1人区で野党健闘
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
ああ,宇都宮さん!もうい..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
永遠の木枯らし紋次郎
 つい最近のある日の昼下がり,妻との会話が途絶えたのを潮にテレビをつけた.ケーブルテレビで普段見る囲碁・将棋チャンネルは妻が嫌がるし,ミステリーチャンネルはいいのがなかったのであちこちスキャンしてみた.すると時代劇チャンネルで懐かしいものに出逢った.



 そう,木枯らし紋次郎がまさに始まる所だった.
 おおっ!、紋次郎じゃん!
そう言いながら妻の傍から離れ,テレビのすぐ近くに陣取った.妻は斜め後ろに残った格好である.この位置関係がこのあとの私を救ったのであった.

 三十年をはるかに超える昔に出逢ったときは衝撃であった.そして,私の胸を熱い想いでいっぱいにしてくれた紋次郎だった.そのことが急に蘇えってきた.

 そうだ,思い出す,思い出す・・・”生まれは上州・新田ごおり・・・”のナレーション,三度笠の旅がっぱ,口にくわえた長楊子,決して笑わぬ紋次郎,殴り合いのような殺陣,それに上条恒彦による主題歌.

 ♪ どーこかで だーれかが きいっとまあって いてくれーる ・・・♪

 自分でもギターをかき鳴らしてしきりに挑戦したなぁ,でもちっともうまくいかなかったっけねぇ・・
 気がつけばそれから長い長い年月があっという間に経っているではないか! 物語の筋を憶えているのなんて一つもありゃしねぇ・・・
   ・・・
   ・・・

 その時の話は,紋次郎の回想から始まる.十年ほど前に出入りで深手を負い,ある隠遁暮らしの医者に助けられた.そこにはおしのという7歳の娘がいた.療養中に,娘には長楊子での口笛を教えたりして,淡い淡い心の交流が生じる.
(しかし紋次郎が7歳の娘と無邪気に戯れているシーンなどありゃしねぇ,見る方がそのように想像するだけである.心憎い演出.)

 紋次郎は旅の途中,おしのが達者かどうか気がかりで立ち寄る.或る旅籠で飯盛り女として元気でいて,しかももうすぐ有力者に身請けをしてもらう祝言を挙げることになっていることを知った.安堵してその町を立ち去ろうとする時,別の旅籠の飯盛り女から呼び止められる,そのおしのは別人で,探していたおしのは昨年不遇のうちに亡くなったというようなことを長話で聞かせる.

 その呼び止めた女は死んだおしのから長楊子の口笛を聞いたりしていて,自分でも吹いてみせる.女の口笛はきれいな澄んだ音だが,紋次郎の口笛は木枯らしの音がするのである.いろいろな長話のあと,女は例の身請け人が勢力争いで命を狙われているので人違いのおしののために助けてほしい,と懇願する.最初は断るが因縁の対決もあり,結局,出入りの現場へ行って激闘の末打ち破る.

 現場へ駆けつけた女の横を紋次郎が通り過ぎる.『おしのさん,どうぞお達者で』.その女こそがおしのだったのだ.
 そして,ギンギンに響くアコースティックギターの音に乗って紋次郎はまたどこかへ去って行った.マカロニウェスタンとまったく同じだった.

 ケーブルテレビなのでCMは無く,ドラマは45分弱で終わった.特別どうということもないお話だったのに私の眼は涙でくしゃくしゃになっていた。妻が斜め後ろにいてホントに良かったが,見終わると何と私の方に近づいてくるではないか!
 こっち来るな!と心で叫んで,必死に妻に顔を見られないようにしたのだけど.何とか成功したと思うのだが・・・でもなんかクスっと笑ったような気もする.とても気がかりだ。

 あれは何の涙だったのか.実は自分でもよくわかっている.私は若い紋次郎と可愛いおしの役の丘みつ子(違う!十朱幸代だったかも!区別がよくつかん!)を見ながら,自分を重ね合わせていたのだ.そして,その当時思っていたこと,青春の頃の自分,遠い昔に憧れた想い・・風来坊の旅に出たい,という想い,ずっと奥底に仕舞い込まれていたそういう想いが,湧き出てきたのだった.

 もう子供達も自分の子供ではなくなった今、とてもとても旅に出たい.それもあての無い風来坊の旅・・・ まだ母親がいるので,母親だけは悲しませたくない.それにまだ仕事が残っているし・・・でも,もう子供達はよい.私の責任は終わったのだから.
 風来坊の旅・・・そうだなあ,どこをほっつき歩くかなぁ・・日本でない事は確かだ.アジアか?韓国もいい,中国もいい,中東へ行って仲裁をしようか.人質?大丈夫,私の顔はアラブ系に見えないことも無い.いつ死んでもいいのだから人質の意味はない.その強みで宗派対立をやめるように説得しようか.いや,ちょっと無理だ,言葉がわからん.
 東欧の森の中,ボヘミア,シベリア,うーん,どこもいいなぁ.あの頃は北海道がいいと思っていたかなぁ・・・そうだ!ウェールズもだった,なんで初めに出てこないんだろう・・・

 娘たちは心配するだろう.時々は無事の絵葉書を送ろう.でもそれを手がかりにしても私を捉えることはできない.また全然違う町へ行くのだから.
 そして体力が衰えた時に,どこかで静かに死を迎える.そこの人々には迷惑だろうけど,遺体の始末だけは何とかしてもらわねばならない.孫の姿を一目みたいと思うかもしれないなぁ・・でもあの世から見ればいいか・・・
 そうそう,娘たちには,”1年以上連絡が無かったらもう死んだと思ってくれ”,と言っておこう.これは忘れないようにしなければ.

 というような夢物語を浮かべていたら・・・涙でグシャグシャになっていた・・・

それにしても紋次郎はいつも急ぎ旅だった.一体,どこに何の用事があったのだろう??

永遠の紋次郎・・・ごめんなすって
[PR]
by papillon9999 | 2008-05-18 23:33 | Comments(13)
Commented at 2008-05-19 10:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Runner at 2008-05-20 00:53 x
そういえば、私も最近は昔の作品ばかり見ていますね。
紋次郎もそうですが、昔の作品はどれも個性があって変わっていた。
それに比べて最近はネタ切れなんでしょうか。映画なんかでも昔ヒットした作品のリメイクが多いですね。
文化的に貧しくなってきているのかも知れません。
Commented by 愚樵 at 2008-05-20 04:56 x
はは。紋次郎ですか。子供の頃見た記憶がありますが。でも、懐かしいとか思うほどは記憶にないんですよね。

昔のドラマや映画は、観てみると面白いです。最近、『網走番外地』や『とらっく野郎』なんてのを観てみたのですが、古いって感じは拭えないものの、ドラマのしてのベタな迫力があって面白く感じました。

今の日本が昔に比べて貧しいとはしばしば言われますが、私はそんなことはないと思っています。その場が移っただけです。今は漫画やアニメがその場になっているようです。
Commented at 2008-05-20 06:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by papillon9999 at 2008-05-20 11:40
Runnerさん,愚樵さん,コメントありがとうございます.
お返事に代えて少し書き加えたいことがあります.

外づらはニヒルで感情が無いように見えますが,その実は熱い熱い心を内面に持っていたと思います.

ニヒルであることをこう表現していましたね.
『女が襲われていても,「あっしにゃ関わりのねえことでござんす」といってそのまま通り過ぎる』
でもこれをそのままやったことってあったのでしょうか?よく覚えが無いのですけどね.なにかしら理由が付いて,結局は助ける”ハメ”になるのではなかったかしら.今の世は
『ちゃんと気持を伝えなきゃわからないし意味が無い!』
と怒られそうに思いますね.でも見かけと本質は全く違うのだ,と言いたいですよ.なんか『水伝』にも関係して来そうです.

感情を殺していたのはやはり育ちの過程でひどい経験をしたからだと思います.その詳細は明らかではありません.

ドラマでおしのが持っていた長楊枝は,当時紋次郎からもらったものでした.それを大事に取っておいたのです.
Commented by papillon9999 at 2008-05-20 12:11
匿名さま,どうもありがとうございます.そのように思っていただいて大変光栄に存じます.
Commented at 2008-05-21 08:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by papillon9999 at 2008-05-21 09:37
匿名さま,どうもありがとうございます.
いいえ,個人的にそのように感じたということは全くないのですよ.もっと社会的なものなんです.おこがましいですね,すみません.(^o^)
Commented at 2008-05-21 15:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Runner at 2008-05-21 19:53 x
えらく紋次郎にこだわりがあるようですね(^^;。
ちなみに、私は時代劇では錦之介作品が好きです。特に、「破れ傘刀舟」。
あれもよく考えたらヘンでした。
医者なので、毎回、一人くらいの命を救うのですが、その一方で10人くらい斬り殺していました(^^;。
そういえば、宇多田ヒカルちゃんも、昔の時代劇のファンだと言ってました。
若い人でもそういうことですから、やっぱり、最近は作品的に貧しくなってきているんじゃないですか。

>今は漫画やアニメがその場になっているようです。

その漫画やアニメでも、最近はリメイクや無理な続編が増えているのです。
「地球へ…」ではなんとストーリーが変えられているし、「北斗の拳」も無理矢理続編を書かせるから、前作との辻褄が合わなくなっていました(^^;。
「ゲゲゲの鬼太郎」「どろろ」「キューティーハニー」など次々とミスキャストで実写映画化されちゃうし。
鬼太郎やらせるならウエンツ君よりも小池徹平君でしょ。百鬼丸ができるのはGacktしかいないし、だいたい、どろろは児童でしょ。ハニーちゃんならサトエリじゃなくてフェンシング部出身で「永井豪顔」の優香ちゃんでしょ。勘弁してくれ~。
Commented by papillon9999 at 2008-05-21 21:17
紋次郎は孤独な一人旅,その紋次郎は若きパピヨンの幻だからです.
子連れ狼も似ていますが,怨念を秘めての旅なので少し違いますね.東映時代,親父は東千代ノ介ファンで,中村錦之助は憎いライバルでした.親父もホントに子供だったんですよ.
やはり黒澤ー三船コンビのものがいいですね.
最近は漫画もアニメも見るに堪えません.こちらが時代に取り残されたのは確かですが,漫画家自体,書くべきものを何も持っていないような気がしてなりません.偏見かな?大体,与党政治家を志すのが主人公なんて漫画ではありません.
好きだったものを順不同で挙げてみましょう,手塚漫画全部,永島慎二,白土漫画,めぞん一刻,愛と誠,ジョー,伊賀の影丸,夏子の酒,ゴルゴ13,レモンハート,ちかいの魔球,巨人の星,進めパイレーツ,チッチとサリーの物語,三丁目の夕日,うーん,大事なものが抜けてるような気がする・・・テレビアニメで,狼少年ケン
あられちゃんというのが大嫌いで,何の意味もない,だーっと行ってだーっと壊す,あの辺からついていけなくなりました.烏山明?あんなものが当たるなんて本人のためにもならなかったでしょう.
Commented by Runner at 2008-05-23 19:19 x
>こちらが時代に取り残されたのは確かですが,

いや、そうではないと思います。
業界の人たち自身も作品の不作ぶりを認めています。
結局、「めぞん一刻」の頃が頂上で、以後、凋落傾向ということです。
もっとも、ネタ切れは日本だけでなくハリウッドでも問題となっています。
批評家たちからは「リメイクがオリジナルを超えたことは一度もない」と酷評されています。

>漫画家自体,書くべきものを何も持っていないような気がしてなりません.

本宮ひろ志さんだったと思うんですが、「大卒のマンガ家がマンガ文化をダメにする」とか言っていましたね。

ところで、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」が中東で「イスラムを冒涜した」として騒ぎになっているそうです。
漫画原作ではなかった「コーラン」をアニメ作者側が入れたらしいので、ここでもプロデューサーらの問題性が発覚しました。
Commented by papillon9999 at 2008-05-23 19:33
あーっ!!大事なものが抜けていました!!男一匹ガキ大将!脇役の銀次、綱村,菊村,山崎,・・各地代表がいましたね.それと軍師の佐々木.ところで主役の名前が出て来ん,ウィキでみたら戸川万吉!ヤバイ 記憶が・・・・(^o^)
「ジョジョの奇妙な冒険」って孫(年長さん)が見てるのかな??孫はお姉さん三人組に心酔しています.なんというアニメだったかな??やたら強いの!
うーん,やはり漫画家の表現への渇望が希薄なのですかね.絵だけはうまいけど.
大学に漫画学科なんてできてますね.文学部と同じで作者になるとは限らないだろうけど.