アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近の10記事
トップページ
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
教育基本法回生のために(4)
 タイトルを変えて継続する.これまでの正しい教育基本法は「旧」法,改悪された基本法は「新」法と呼ぶべきなのだろうが,「旧」という言葉で葬り去ってしまいたくないので,ここでは正しい方を47年法と呼ぶことにする.これに対し,改悪法の方は06年法と呼ぼう.

 4.教育の機会均等



 47年法では第三条,06年法では第一章の第四条にこの条項がある.47年法は二つの項目から成っており,これらはどちらも06年法にそっくりそのまま映されている.しかし,06年法はこれにさらに一項目付け加えられて,三つの項目から構成されている.したがって,ここでは,06年法だけを書いておく.下記の,1と(3)の項目が47年法そのものだと思ってよい.
【06年法】 第四条 教育の機会均等
 すべて国民は,ひとしく,その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず,人権,信条,性別,社会的身分,経済的地位又は門地によって,教育上差別されない.
(2) 国及び地方公共団体は,障害のある者が,その障害の状態に応じ,十分な教育が受けられるよう,教育上必要な支援を講じなければならない.
(3) 国及び地方公共団体は,能力があるにもかかわらず,経済的理由によって就学が困難な者に対して,奨学の措置を講じなければならない.
 ここにも大きな問題点が存在する.第(2)項の下線部は,「障害者の状態に応じた」十分な教育,ということであるから,これもその内容は国によって恣意的に決められることになるだろう.つまり,後続の法律によって,障害者切捨ての教育が法的根拠を持つことになる.

 5.義務教育
 これに関する条項も大きく変わり,将来は今と似ても似つかぬ教育実施体制となることが予想される.
【47年法】 第四条(義務教育)
 国民は,その保護する子女に,9年の普通教育を受けさせる義務を負う.
2. 国又は地方公共団体に設置する学校における義務教育については,授業料はこれを徴収しない.
 第五条 (男女共学)
 男女は,互いに尊重し,協力し合わなければならないものであって,教育上,男女の共学は,認められなければならない.

【06年法】 第二章 教育の実施に関する基本
 第五条 義務教育
 国民は,その保護する子に,別に法律で定めるところにより,普通教育を受けさせる義務を負う.
(2) 義務教育として行われる普通教育は,各個人の有する能力を伸ばしつつ社会において自立的に生きる基礎を培い,また,国家および社会の形成者として必要とされる基本的な資質を養うことを目的として行われるものとする.
(3) 国及び地方公共団体は,義務教育の機会を保障し,その水準を確保するため,適切な役割分担及び相互の協力の下,その実施に責任を負う.
(4) 国又は地方公共団体の設置する学校における義務教育については,授業料を徴収しない.
 1.まず,義務教育の期間が,9年から「法律で定める」期間に変えられた.軍隊や企業への人材供給に迫られれば,9年が6年になることだろう.また,また貧乏な地域も短縮される.一方,エリート教育とセットになってエリート達の促成栽培も盛んになることだろう.(47年法で使われている古臭い”子女”という言葉が”子”となっているのは,ほとんど唯一,(あるいはもうちょい)進歩した点であろうか)
2.第2項には,再び義務教育の目的として,「国家および社会の形成者として必要とされる基本的な資質を養うこと」が謳われる.
3.国と地方公共団体の「適切な役割分担」とは何か.私の想像はあまり及ばないが,何か重要な意図が隠れていそうな気がする.例えば,ある自治体だけ国の方針に沿わない教育をすることが無いように,国がすべての自治体における教育内容を縛る,といったことの根拠となるのかもしれない.
 そうか,わかった!国は教育内容を細かく決めて指導する役割,地方公共団体はそれを粛々と実行する役割,それが「適切な役割分担」なのだろう.
4.驚いたことに,男女共学の条項が06年法では消滅している.この条項など,今さら当たり前すぎて不要だ,とも思えるのだが,念には念を入れたほうが良くはないか?このことも軍事立国と通底しているような気がしてならない.
[PR]
by papillon9999 | 2006-12-18 20:58 | Trackback(13) | Comments(2)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/4086719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dr.stoneflyの.. at 2006-12-18 23:16
タイトル : 「捏造教基法に屈しない」(2)…親よ、自律決起せよ!! ..
ついに「いつも」と違う朝 窓の外の電線で カラスが鳩を威嚇する 鎖に繋がれ飼い犬が苦しそうに吠える朝 どこが「いつも」と違うというのか? 何が「いつも」と違うというのだ いつもと何も変わらないじゃないか? じゃあ 耳を澄ますがいい ビルの向こうのどこかから 一糸乱れぬ行進の 子どもたちの足音が 「1.2.イッチ、ニ」ときこえやしないか? 評価を欲するお家から 子どもの歌声きこえやしないか 「チヨニヤチヨ」ときこえやしないか?... more
Tracked from 秘書課村野瀬玲奈です at 2006-12-19 03:22
タイトル : 教育と民主主義と子どもたちの未来のために (2006年版..
さて、参議院本会議の採決での「敗北」を抱きしめて、私たちは何をすべきでしょうか。まず私が思うのは、この間のリアルでのあるいはサイバー上での教育基本法改定反対運動を通じてつちかった連帯感と教育基本法への理解と関心は何があっても失うべきでないということ。 ..... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-12-24 00:15
タイトル : 保守化した日本は世界から孤立しつつあるのか
早いもので、2006年も残りわずか数日となりました。毎年この時期になると思うのですが、今年は特に時間が経つのが早かったような気がします。それだけいろいろとあったということなのでしょうけど。 んで、今年一年を振り返る報道の企画モノというのが今月に入ってからいろいろとありますね。下の記事は聯合ニュースが2006年の主要国の動きをまとめた記事の日本編です。それではどうぞ。 ≪2006国際≫⑧“強い国家”志向、保守化した日本 改憲推進など国家主義の深化-国際的孤立の憂慮も 【東京=聯合...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-12-24 17:31
タイトル : 『十字軍』と『魔女裁判』は今なお進行している現実のもので..
世界が「大宗教戦争」の渦中にあるということで、巷間言われているような「キリスト教とイスラムの衝突」を主張したいわけではない。 ブッシュ政権が推し進めている今回の「対テロ戦争」を、1096年に開始された十字軍遠征、そして、13世紀から17世紀にかけて西欧で吹き荒れた「魔女裁判(異端審問)」が、21世紀を迎えた現代においてもなお継続されている証だと見ているということである。(それらの再発ではなく継続である) ブッシュ政権が派遣しているのは『十字軍』であり、ブッシュ政権が“悪の極み”と非難している「テロ...... more
Tracked from 華氏451度 at 2006-12-24 23:22
タイトル : 仏教と基督教の宗派が教育基本法改定決議に抗議
 改定教育基本法の可決を受けて、各県の教職員組合や市民団体・法律家団体のほか、宗教界からも抗議声明が出されている。現在私が知っている限りでは、抗議声明を出した宗教団体は2団体。日本同盟基督教団と、浄土真宗本願寺派(いわゆる西本願寺)である。 ◇◇◇◇◇  日本同盟基督教団は「改正手続きと内容に大きな問題がある」とし、「『改正教育基本法』成立に関する抗議と意見」と題する文書を総理大臣・文部科学大臣・法務大臣宛に提出した。要旨は次の通り。 ○不正な世論誘導をおこない、国会では充分な審議を経ないま...... more
Tracked from 日本の教育は、これでよい.. at 2006-12-26 13:31
タイトル : 『塾は、禁止』の主張・教育再生会議・教育基本法の改訂
教育基本法が、改訂され、動きが活発になってきました。その一つとして、『塾は、禁止』のような討論が、教育再生会議の分科会され出したですね。このような事をきちんと追って、考え、意見を出していく事が、今、重要ですね。それは、国民の義務ですね。その為に、ここで...... more
Tracked from 再出発日記 at 2007-01-08 22:47
タイトル : 韓国一周貧乏旅行記(9)
9日目   9月6日(水)9月の22日間の韓国の旅レポートをまた少しずつ始めます。教育基本法の危機に少し熱くなってこっちのほうがおろそかになりました。前回までのは、左のCategoryの中の「韓国旅行記」をクリックしてください。儒城温泉の大浴場に入るモーテルの浴槽温泉...... more
Tracked from 華氏451度 at 2007-01-17 00:02
タイトル : 「ボランティア体験の義務づけ」??――教育再生会議中間報告
〈ああ、教育再生会議〉  昨年10月に発足した「教育再生会議」(座長・野依良治理化学研究所理事長)。安倍総理は、その初会合(だったと思う)の冒頭のスピーチで「『美しい国』を造る上での基盤は教育である」と述べたと聞く。美しい国、美しい国と、まったくもって耳にタコが出来そうだし、教育「再生」なる名称自体、背中がムズムズする。「革命」だの「改革」だの「維新」だの「再生」だのという言葉はそれだけ聞けば綺麗でワクワクするし、少なくとも何かいいことがありそうな期待を抱かせる。だが言葉は重宝なもので、なりふり...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2007-01-25 18:20
タイトル : 微温主義の反撃(前編)
アグレッシブなレスありがとうございます。 率直に言って、微温主義の先に過激主義を持っています。 しかし、現在において過激主義と受け止められる内容も、実施段階では、微温主義の積み重ね過程で微温主義の内容になっているものだと考えています。 過激主義が必要だと考えている基礎は、『【世界経済のゆくえ】 「定常状態」あるいは「歴史段階的動態均衡」という経済状況』( http://www.asyura.com/2002/hasan12/msg/1190.html )で簡単に触れた「国民経済が恒常的な均衡状態...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2007-02-19 17:27
タイトル : 憲法規定に違背して内閣(行政機構)優位の統治構造が維持さ..
Q1:「衆議院が内閣を信任しないという意思表示をしてもいないのに、天皇の国事行為に関する条項(第7条)をダイレクトに使って衆議院を解散できるという“荒業”が通用してきたのが戦後日本の政治実態である。」において、あっしらさんは“荒業”が通用してきた原因を何に求めることができると思量されるでしょうか。 A1:まずは、日本国憲法が国民的議論を通じて成立したものではなく、原案が米国政権が主導したGHQによって提示され、大日本帝国憲法の統治構造のなかで政治経験を積んだ行政機構がGHQと交渉しながら成案をつく...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2007-03-20 19:54
タイトル : 「右翼」や「左翼」について
■ 「右翼」や「左翼」について 「右翼」や「左翼」という概念が一人歩きしている状況は、物事をわかりにくくするまずいことだ思っています。 前回の内容も、概念規定を怠ったまま「右翼的動き」と断罪すればいいという左翼的雰囲気を問題にしたもので、右翼思想がいいとか右翼思想を復興すべきという話ではありません。 端的には、ファシズム・ナチズム・戦前日本的思想(陸軍&革新官僚)が悪魔視されたり無効化され、先進国支配層の価値観や政策から廃棄されていながら、支配手段としては国家(国益)が持ち出されている現実のほ...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2007-04-13 18:43
タイトル : なぜ「敗戦責任」にこだわるのか 上
● 大陸政策について 戦前の日本は英国流の対外政策を範としながら国策を進め、戦後の日本は米国の世界戦略に乗っかりながら国策を進めてきたと大枠的に捉えています。 戦前の日本は、アジアで唯一の「近代国家」となる一方で、英仏などがドイツやロシアなどとの対抗関係のためにアジアに力を注げなくなるという状況のなかで大陸での権益を拡大していきました。 1902年の日英同盟は、手薄になったアジアでの利権確保と極東ロシアの南下牽制を日本の手を借りて実現するという英国の思惑から締結されたものです。 1900年の北...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2007-05-04 17:03
タイトル : ネオコンでも左翼でも「世界革命」が生み出す世界は同じ
宇佐大神宮さんが書かれていることは、通説であることを私も知っているつもりです。 美辞麗句や空虚なスローガンで多数の人を騙しながら目的を達成しようとしている勢力を考えるときには、それが生み出す現実世界をできるだけ具体的にイメージして理非を判断すべきだと思っています。 >私は、マルクスやトロツキーは労働者階級による世界革命を通じて、階級支配を廃絶し共産主義社会を建設することを究極的目的としていたと理解しています。 「労働者階級による世界革命」とは、これまでの共産主義革命を顧みればわかるように、左翼...... more
Commented by dr.stonefly at 2006-12-18 23:15 x
こんばんは、4条の(2)につき、近々エントリーしよう思っているのですが、白石正久さんの話です。
1975年頃まで(知的)障害者は、教育を受ける権利(受けさせる義務)を「肩たたき」され、在宅だったようです。「学校免除」という書類に泣く泣くはんこを押させられた。運動により本来ある「権利」を獲得してきたということでした。これが06年法をたてに、法的根拠をもって、後退させようということでしょうか? 許せませんね。
Commented by papillon9999 at 2006-12-18 23:51
こんばんわ,TB,コメント,有難うございます.そうそう,そういう事情があったんでしたね.「自発的分離教育」.障害者に効率的な教育を施す,ということで,心ある人々でも賛成する人が多かったような.
今度はそれに法的根拠が与えられると思います.