アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近の10記事
最新のコメント
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
ん??11年目じゃなく1..
by papillon9999 at 13:57
たんぽぽさん,あけまして..
by papillon9999 at 13:55
新年あけましておめでとう..
by たんぽぽ at 15:19
うーん,せっかく花道を用..
by papillon9999 at 06:59
最新のトラックバック
さようなら,オバマ
from アルバイシンの丘
大衆迎合主義の精神構造
from たんぽぽの礼拝堂
米大統領選の警告と教訓
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トランプと民進党は類似?
from たんぽぽの礼拝堂
トランプ現象を考える・続
from アルバイシンの丘
ユダヤ人とは何か(3)続..
from アルバイシンの丘
参院選・1人区で野党健闘
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
ああ,宇都宮さん!もうい..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
教育基本法への挽歌はまだ早い(2)
 2.前文

【現行基本法】 われらは,さきに,日本国憲法を確定し,民主的で文化的な国家を建設して,世界の平和と人類の福祉の向上に貢献しようとする決意を示した.この理想の実現は,根本において教育の力にまつべきものである
 われらは,個人の尊厳を重んじ,真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに,普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない.
 ここに,日本国憲法の精神に則り,教育の目標を明示して,新しい日本の教育の基本を確立するため,この法律を制定する.






【政府案】 我々日本国民は,たゆまぬ努力によって築いてきた民主的で文化的な国家をさらに発展させるとともに,世界の平和と人類の福祉の向上に貢献することを願うものである
 我々は,この理想を実現するため,個人の尊厳を重んじ,真理と正義を希求し,公共の精神を尊び,豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに,伝統を継承し新しい文化の創造をめざす教育を推進する
 ここに,我々は,日本国憲法の精神にのっとり,我が国の未来を切り拓く教育の基本を確立し,その振興を図るため,この法律を制定する.


 現行と政府案の基本法を並べてみた.一見,よく似ており,問題は無いように思える.しかし,下記のような点を指摘することができる.(以下,下線部を参照)

 1.政府案の「たゆまぬ努力によって築いてきた」という文言は素晴らしいものに感じさせる.しかし,これは裏返せば,「憲法のおかげ」と言うことをすっぽかしているのである.ここでは,「・・・日本国憲法の下で,たゆまぬ努力によって・・・」とすべきである.

 2.政府案の「願うものである」の主体は「日本国民は」である.何を願うのかといえば,「・・発展させること」と「・・貢献すること」である.一方,現行法では「日本国憲法により・・・貢献しようと決意した」のである.政府案の「願う」では他人事のようになってしまった.

 3.「この理想」とは「世界の平和と人類の福祉」であるが,政府案では「世界の平和と人類の福祉の向上」という,ややおかしな文になっている.それはまあいいとしても,その理想を実現するのは,現行法では「教育の力に待つべきもの」と簡潔に述べる.これにより,この理想を実現するのに憲法の重要な役割がくっきりと強調されている.
 これに対し,政府案では,この理想を実現するために,ということで段落を変えていくつも文言が並ぶ.あえて判りにくくした感じをうける.

 4.第2段落では文言の違いが顕わになる.現行法にある「普遍的にしてしかも個性ゆたかな」の文言が政府案では消え,その代わり,「公共の精神を尊び」,「豊かな人間性と創造性」,「伝統を継承し」などが現れる.それ単独ではとても麗句なのであるが,たとえば「豊かな人間性とは何か」という点が問題になる可能性だってあるのだ.疑えばキリがないのだけど,「真理と正義」だってそうだ.これは「真理と平和(を希求する)」の代わりだが,「正義には力の正義もある」なんて疑うこともできる.
 結局,どう考えればいいのだろう.やはり,どんな文言も恣意的になればどこまでも危険になる,という事かも知れない.例えば一本の釘が凶器になる場合だってある,というのと同じことなんだろう.ということは,現在の日本国憲法と一体となったものでなければ,国がどうにでも恣意的に決めることができる怖れがある,というべきであろうか.

 5.政府案には最後の部分に「その振興を図るため」とある.この法案には,「振興を図る」という文言が随所に現れる.そして,その振興とは「法律で定めるもの」なのだ.政府案の一番の問題は「愛国心」もさることながら,この「別途定める法律」にあると思う.この仕掛けによってとんでもないことが実現できるようになっているのだ.(第2段落にある「推進する」という文言もこの系統に属するような臭みを感じる.)

 ところで,両方とも第2段落には「個人の尊厳を重んじ」とある.この,「重んじる」主体は誰なんだろうか.現行法で例えば主体を「われらは」としてみよう.すると,現行法の文の構造は「われらは,・・・重んじつつ,・・・期するとともに,・・・普及徹底しなければならない」となる.もう一つは,「”個人の尊厳を重んじる人間の育成”と”真理と平和を希求する人間の育成”を期する」,という取り方も考えられる.どちらだろうか.
 一方,政府案の方は並列部分の並び方から,「・・重んじ」の主体は「我々は」とは考えにくい.つまり,「我々は,・・・期するとともに,・・・推進する」となる.初めはこの辺の事もなにやら怪しいものを感じていたのだが,結局はよく掴めなかった.
 このことはあまり意味がないかもしれないが,興味を惹かれたので書いておく.どなたか,何か気付かれたらご教示ください.
[PR]
by papillon9999 | 2006-12-13 00:13 | Comments(1)
Commented at 2006-12-15 16:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。