アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近の10記事
トップページ
・この選挙は安倍晋三には政権を担う資格があるかを問う選挙だ!
・安倍の応援がひどい,警察権力と直接的暴力の脅威
・小池が第二自民だと見抜いて大騒ぎした人へ
・もう遅いが投票時に!非自民の優勢な候補へ一票を投じよう!
・目標はただ一つ,安倍一狂政治の打倒だ!『希望』の逆利用を!
・安倍の方が小池の何十倍も恐いのだ!
・前原は希望との合意を撤回せよ
・枝野新党に欠けているもの
・野党共闘の新会派名は「生活と平和」が良い!
・リベラルは選挙用会派「生活と憲法」を起ち上げ,安倍政権を倒そう!
・小池と安倍の極右の違い(リベラルは動揺するな!)
・日本初の女性首相への野心!
・まずは日本国清掃内閣樹立を目指そう!
・国難突破解散とはよくぞ言った!
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
教育基本法への挽歌はまだ早い(2)
 2.前文

【現行基本法】 われらは,さきに,日本国憲法を確定し,民主的で文化的な国家を建設して,世界の平和と人類の福祉の向上に貢献しようとする決意を示した.この理想の実現は,根本において教育の力にまつべきものである
 われらは,個人の尊厳を重んじ,真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに,普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない.
 ここに,日本国憲法の精神に則り,教育の目標を明示して,新しい日本の教育の基本を確立するため,この法律を制定する.






【政府案】 我々日本国民は,たゆまぬ努力によって築いてきた民主的で文化的な国家をさらに発展させるとともに,世界の平和と人類の福祉の向上に貢献することを願うものである
 我々は,この理想を実現するため,個人の尊厳を重んじ,真理と正義を希求し,公共の精神を尊び,豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに,伝統を継承し新しい文化の創造をめざす教育を推進する
 ここに,我々は,日本国憲法の精神にのっとり,我が国の未来を切り拓く教育の基本を確立し,その振興を図るため,この法律を制定する.


 現行と政府案の基本法を並べてみた.一見,よく似ており,問題は無いように思える.しかし,下記のような点を指摘することができる.(以下,下線部を参照)

 1.政府案の「たゆまぬ努力によって築いてきた」という文言は素晴らしいものに感じさせる.しかし,これは裏返せば,「憲法のおかげ」と言うことをすっぽかしているのである.ここでは,「・・・日本国憲法の下で,たゆまぬ努力によって・・・」とすべきである.

 2.政府案の「願うものである」の主体は「日本国民は」である.何を願うのかといえば,「・・発展させること」と「・・貢献すること」である.一方,現行法では「日本国憲法により・・・貢献しようと決意した」のである.政府案の「願う」では他人事のようになってしまった.

 3.「この理想」とは「世界の平和と人類の福祉」であるが,政府案では「世界の平和と人類の福祉の向上」という,ややおかしな文になっている.それはまあいいとしても,その理想を実現するのは,現行法では「教育の力に待つべきもの」と簡潔に述べる.これにより,この理想を実現するのに憲法の重要な役割がくっきりと強調されている.
 これに対し,政府案では,この理想を実現するために,ということで段落を変えていくつも文言が並ぶ.あえて判りにくくした感じをうける.

 4.第2段落では文言の違いが顕わになる.現行法にある「普遍的にしてしかも個性ゆたかな」の文言が政府案では消え,その代わり,「公共の精神を尊び」,「豊かな人間性と創造性」,「伝統を継承し」などが現れる.それ単独ではとても麗句なのであるが,たとえば「豊かな人間性とは何か」という点が問題になる可能性だってあるのだ.疑えばキリがないのだけど,「真理と正義」だってそうだ.これは「真理と平和(を希求する)」の代わりだが,「正義には力の正義もある」なんて疑うこともできる.
 結局,どう考えればいいのだろう.やはり,どんな文言も恣意的になればどこまでも危険になる,という事かも知れない.例えば一本の釘が凶器になる場合だってある,というのと同じことなんだろう.ということは,現在の日本国憲法と一体となったものでなければ,国がどうにでも恣意的に決めることができる怖れがある,というべきであろうか.

 5.政府案には最後の部分に「その振興を図るため」とある.この法案には,「振興を図る」という文言が随所に現れる.そして,その振興とは「法律で定めるもの」なのだ.政府案の一番の問題は「愛国心」もさることながら,この「別途定める法律」にあると思う.この仕掛けによってとんでもないことが実現できるようになっているのだ.(第2段落にある「推進する」という文言もこの系統に属するような臭みを感じる.)

 ところで,両方とも第2段落には「個人の尊厳を重んじ」とある.この,「重んじる」主体は誰なんだろうか.現行法で例えば主体を「われらは」としてみよう.すると,現行法の文の構造は「われらは,・・・重んじつつ,・・・期するとともに,・・・普及徹底しなければならない」となる.もう一つは,「”個人の尊厳を重んじる人間の育成”と”真理と平和を希求する人間の育成”を期する」,という取り方も考えられる.どちらだろうか.
 一方,政府案の方は並列部分の並び方から,「・・重んじ」の主体は「我々は」とは考えにくい.つまり,「我々は,・・・期するとともに,・・・推進する」となる.初めはこの辺の事もなにやら怪しいものを感じていたのだが,結局はよく掴めなかった.
 このことはあまり意味がないかもしれないが,興味を惹かれたので書いておく.どなたか,何か気付かれたらご教示ください.
[PR]
by papillon9999 | 2006-12-13 00:13 | Trackback(4) | Comments(1)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/4034032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-12-14 18:11
タイトル : 「停止状態」を悲観せず「始まり」として待望した“平等私有..
自由主義の権化と受け止められているJ・S・ミルだが、産業資本主義の終焉を予測し、そこから自由主義を基礎とした共産制を始めることができると考え、終焉を悲観するではなく待望した共産主義者と言ったほうがいいようだ。 もちろん、ミルのそれは、ヘーゲル観念論を逆立ちさせたマルクス唯物史観的歴史決定論でもなければ、マルクス−レーニン主義的共産主義でもない。 ミルは、1806〜73年のあいだを生きた人で、『女性の解放』という著作も公刊している。 (ミルの父親は、ジェームス・ミルで、リカードの親友でありリカード...... more
Tracked from 関係性 at 2006-12-15 14:49
タイトル : マグロ消費と環境(中−2)
    (副題:新聞記事を超えたブロガーたち)  (つづき)  そこで、先ず各新聞記事を羅列する。マグロについての記事が急増したのは、日本人の消費量が非常に多く、話題性が大きいということである。しかし、根本の解決策が未だに大量生産化に期待しているものであり、環境破壊という多大な損失に目を瞑っている記事群である。  「魚求める世界の胃袋」(朝日新聞10月8日付け朝刊)で、BSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザによる食肉不安から魚介類に需要が広がり、それに加えて、欧米の健康志向や中国の所得水準上昇が魚...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-12-15 19:49
タイトル : 近代化は(強欲)価値観、つ,まり人類の退化を必要とする
引用 (マックス・ウェーバー−大塚久雄学徒を自称されている小室氏の論述ということで想像できるように、「プロテスタンティズムの倫理」が醸成される余地がないイスラムから資本主義の精神が生まれ出ることはないという説明になっています。) (宿命論を掲げるイスラム教からは、行動的禁欲(aktive Askese)は生まれっこない。 イスラム教の禁欲とは断食の類であるから、この点で日本の禁欲と同じである。 行動的禁欲がなければ、天職(ベルーフ)とそれが結びつき、「労働が救済である」という思想を生じることもありえな...... more
Tracked from 愚樵空論 at 2006-12-15 21:34
タイトル : 換骨奪胎のすすめ
先ほど、改正教育基本法が参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決・成立した、との報道があった。今頃多くのブロガーが、怒りを吐き出すべく、あるいは喝采の感情を乗せるべく、PCのキーボードを叩いているのだろうと... more
Commented at 2006-12-15 16:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。