アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
「隠された十字架」をまだ読んだことのない人へ
(長くなったので,末尾から別稿としてここへ移動した. これの続きです.)
「隠された十字架」   ・・・簡単な紹介です.ぜひ原著を見て欲しい.
 法隆寺再建は聖徳太子の怨念を閉じ込めるため,藤原不比等が行った,ということを緻密な考究と物証により実証した本である.法隆寺は再建されたものである,ということが根幹の意味を持つ. なぜ聖徳太子が藤原一族に怨念を持たねばならないかだって? それはぜひ本を読んでください.下手な推理小説よりはるかに面白いから!
それから秘仏・救世観音.



千数百年もの間,秘仏として布でぐるぐる巻きにされ,寺の僧も誰一人眼にすることのできなかった.それを大正時代になって,フェノロサが初めて布を解いたのだった.その特徴は2点.まず,光背が直接後頭部に釘で打ち付けられていること.次に一見穏やかな微笑.ところがこの微笑の底には実は深い深い怨念が篭っている,と高村光太郎は見抜いたという.
 実は私が一度実物を見たかった理由はここにある.和辻哲朗はその表面の穏やかな微笑をそのまま受け取りモナリザに譬えた.亀井勝一郎はその奥に何か尋常でない気迫を感じたが,それは太子一族の悲願の現れと捕らえた.しかし光太郎は,もっとすごい,化け物のような不気味さを感じ取った.それは太子が亡くなったことを彫刻師が悲憤慷慨して彫った結果,と考えた(これは非再建設の立場を意味する).しかし,梅原は主張する.これは,太子の怨霊の鎮魂と封じ込めを目的とした呪いの人形であり,それを命じられた彫刻師の異常な恐れの現れであると.梅原はその傍証として,光背を釘で直接後頭部に打ち付けてあること,布でぐるぐる巻きにして開示不可の秘仏としたことを挙げる.その彫刻師は完成後、ほどなくして死んだという.
 こういう風にストーリーは流れていくので,当然思うことは一つ,果たして自分はどのように感じるのだろうか,ということだ.自分の感性をぜひ知りたいではないか. しかし,公開は確か10月の後半から1ヶ月間だけだったと思う.さすがに再度出かける気力まではなかった.それに,多分,暗い中を覗き込むぐらいだろうから,自分の感性を試せるほど十分に鑑賞することはとてもできないだろうと思ったのだ.それができた和辻や亀井や光太郎や梅原がとてもうらやましい.
 この本で主張された梅原説は,歴史学のアカデミズムには現在どのように評価されているのだろうか.法隆寺自体も太子教を立ち上げているくらいだから,太子が怨念を持ち,さらにそれを封じ込められているとなると,非常に都合が悪かろう.また学会も,歴史学の専門でない人(梅原は哲学者)がこのようなすごい説を建てたのでは面目が立たない,と思うはずだ.私は恐らく,アカデミズムは正当な評価を下してはいまい,と推察しているのだがどうだろう.(これはいい加減な推測であります.もし違っていたらひらにご容赦!)
[PR]
by papillon9999 | 2006-01-13 12:22 | 済み | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/359131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]