アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近の10記事
トップページ
・この選挙は安倍晋三には政権を担う資格があるかを問う選挙だ!
・安倍の応援がひどい,警察権力と直接的暴力の脅威
・小池が第二自民だと見抜いて大騒ぎした人へ
・もう遅いが投票時に!非自民の優勢な候補へ一票を投じよう!
・目標はただ一つ,安倍一狂政治の打倒だ!『希望』の逆利用を!
・安倍の方が小池の何十倍も恐いのだ!
・前原は希望との合意を撤回せよ
・枝野新党に欠けているもの
・野党共闘の新会派名は「生活と平和」が良い!
・リベラルは選挙用会派「生活と憲法」を起ち上げ,安倍政権を倒そう!
・小池と安倍の極右の違い(リベラルは動揺するな!)
・日本初の女性首相への野心!
・まずは日本国清掃内閣樹立を目指そう!
・国難突破解散とはよくぞ言った!
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
私の死刑廃止論
 これまで何度か「死刑問題」について考えてきた.その度に自分の手には負えない問題だとあきらめていたが,最近の4本の記事(とりあえずさんお玉おばさん華氏451度さん愚樵さん)を拝見しているうちに,自分なりの言葉を見つけることができたような気がする.私ごときが畏れ多いことではあるが,公開してご批判を賜りたい.



 ただし,お玉おばさんの記事で紹介されている,ロベール・バダンテールの「そして、死刑は廃止された」は読んでいない.これを読まずに書くことは意味がない,と怒られるかも知れないが,ご容赦願いたい.

 社会にはある確率で先天的な障害を持って生まれてくる方々がおられる.これは生物学的に言えば遺伝子の一部が何らかの理由で傷つくことが原因であるといわれている(正確ではない記述かも知れない).この遺伝子が傷つくことはある確率で生じ,完全にゼロとなることはないらしい.これは見方を換えると,先天的な障害を持って生まれる方は,ある種,気の毒な役目を負わされている,と考えることができる.例えば私には幸い生じなかったが,その分,それを背負って下さった人がいる,ということだ.こういう役目がやむを得ないものとすれば,これは可能な限り社会全体で受け持つべきことではないだろうか.こういう意味で,私はいくらコストがかかろうと,障害者の人も普通に生活していけるように社会システムを構築すべきだと信じている.
 別の例では交通事故も同じようなことが言える.無法運転は論外だが,いくら万全の注意をするといっても,例えば出会い頭の事故というのはある確率で生じるものだ.それを前提として社会システムを考えなければならない.
 その他,長生きする人もいれば夭死する人もいる.自動車のような工業製品だって長持ちしたりすぐ壊れたりする.ある確率で不良品が出る.まあ,数え上げればキリがないはずだ.
 もっと生命体を考えてみよう.生まれつき優しい性格の猫がいるかと思えば根性悪く生まれついたニワトリもいるだろう.群れから外れやすい魚がいるかと思えば(ニモ?)アリにだってよくサボりがちなアリがいるそうだ.しかし,これでも魚は魚,アリはアリだ.これは自然界の法則,ばらつきの発現であるといえる.これが多様性を持つ自然の本質であり,こういうのがシステムとしてはむしろ健全なのだと思う.

 以上のような考察の下で,人間社会を考えてみる.そこにも実に多種多様なバラつきがある.遺伝子の多様性のみではなく,感性,知能,性癖,境遇,性格,人や物事との巡り合わせ,・・・・,多種多様なバラツキが相互に反応しあうだろう.このような状況も『自然の法則』なのだと思う.社会全体だけではなく1個の人間としてもばらつく(昨日は鬼,今日は仏).
 すると,どういうことが起きるか.そこでは殺人をやりたくてたまらない性癖を持った人も生まれるかも知れない.あるいはとてつもなく運の悪い巡り合せで殺人に至ってしまうかもしれない(小学校であいつと同じ学級になったばっかりに腐れ縁ができて・・・).
 私は冒頭に書いた4本の記事を読みながら,凶悪殺人犯もこの文脈で捉えるべきだと思うようになった.凶悪犯たちは社会システムの多様性を構成するために,特殊な役目,ある意味で気の毒な役目を負わされたのだと考えたい.すると,彼らを次々に排除するのはやはり重大な問題がある.これは気の毒な役目の人を切るという非常な仕打ちでもあり,システムの健全性を損なう恐れもある.こういう観点からすれば,社会は,国は,あるいは我々は,彼らをも包容するシステムを作らないといけないのではないか.その一つとして『死刑廃止』もあるべきではないだろうか.
 もちろん,我々は『どんなに社会が悪くても,どんな育て方をされても,人を殺すな』,というメッセージを発し続けなればならない.しかし,それでも不幸にしてそういう人も出てくることはゼロにはできない.それを社会全体が受け持つべきだということだ.死刑廃止をした方がむしろ凶悪犯罪が少ないという話をよく聞くが,それは国がそれだけ生命に対して大きな慈しみの心を持っているからだろうと思う.人々はそういう社会ではきっと優しくなれるのだ.(当然,国は『生は死よりも善である』という価値観を強制することになる.死刑願望など無論認められない.)
 ちなみに,よくキリスト教の心髄だと誤解されている『汝の敵を愛せよ』というのは,全く意味が違う.これはもちろん社会システム論から来たことではなく,神にしかできないことを人間に要求し,人間のちっぽけなことを実感させ,ひいては神への深い畏れを抱かせるためのものでしかない.
 
 私の死刑廃止論は今のところ以上のようなステージにたどり着いた.ここで抜けているのはやはり被害者遺族の救済だ.これには特効薬はないのだろうと思う.国は,凶悪犯を死刑廃止で包容するからには,遺族に対しては全力を挙げてその癒しに知恵とお金をかけるべきだ.情けないけど今はこれだけしか言えない.
10.9 補完:重大な文言がが抜けていることに気付いた.大きな抜け目であった.加害者が気の毒な役回りをさせられている,と書いたが,不条理さにおいては被害者とその遺族達こそが加害者よりも何倍も何倍も,数学的に言えば無限大の倍率の不条理な役回りをさせられているではないか.無論,暗にはそのことは認識しているが,何よりもまずそのことを明記すべきであった,だとすればどうなるか.それは,死刑廃止論を言うならば,それよりももっと熱意を以って被害者(とその遺族)救済を叫ぶべきである,ということだ.ただし,具体策として特効薬は思い浮かばないが,それこそ衆知とお金をかけるべきではないか!】

 これまでの私のスタンスは 『冤罪がゼロとなる可能性がなくならないとすれば,死刑廃止はやむを得ない』というものだった.つまり,凶悪犯を死刑にすることよりも無実の人を誤って殺すことがないようにする方が重要だ,という意味である.ここに,『冤罪』とは,文字通り無実というだけでなく,もっと広く,罪を犯したとしても『本当はそんな凶悪な人ではない』という場合も含めて考えてよい.上に書いたように,そんな人でも運の悪い巡り合わせで,本来の自分だったらできない犯罪を犯す場合も考えられるからだ.
 そういう消極的な立場から,『私の死刑廃止論』という題名で記事を書けるまでになるとは思っても見なかった.嬉しい.

 だけどこれはあくまでも私の頭の中だけで考えたもの.実際に私が被害者遺族の立場になったら,こんな観念論なんかクソクラエだ.復讐を果たすために生涯付け狙う.絶対!
 でも逆に,私がひょんな行きがかりで人を殺す巡り合わせになったとしたら,ぜひ皆様,助けてください.『私があの「アルバイシンの丘」です』と皆さんに訴えますから.私は決して悪い人間ではないでしょう?人を殺すような人間ではないのはよくご存知でしょう?何かが狂っただけなのです.ぜひ死刑免除を嘆願してください.お願いします・・・
[PR]
by papillon9999 | 2006-10-03 23:57 | Trackback(15) | Comments(13)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/3437720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-10-05 12:57
タイトル : 利潤に関する簡単な捕捉説明
 ”まとも”な「利潤なき経済社会」というものを提示するに至った背景を理解していただくための「利潤」に関する補足説明と近代に至る歴史認識の簡単なまとめです。 人気blogランキング 「近代」を越える手がかりを求めて、あっしらさんの投稿から、第5回は 「利潤なき経済社会」に生きる 「利潤なき経済社会」の“経済論理”  〈その3〉 投稿者 あっしら 日時 2002 年 9 月 10 日 00:09:44: の後半です。 まともな「利潤なき経済社会」というものを提示した背景をご理解いただくために...... more
Tracked from 関係性 at 2006-10-05 16:00
タイトル : 使い捨てられた政治感応度の低いおばさん
 結局、小泉政治の支持率を維持した要因は何であったのかを考えなければならない。これだけヒドイ政治をしておきながら、何故、支持率だけは高かったのだろうか、という疑問は普通持つ筈である。  「経済格差」の拡大、「地域間格差」の拡大、「大手・下請の格差」拡大、「医療費」改悪、「生活保護」の拒否・・。この現状と小泉支持率の高位安定は何だったのだろうか。ブログで扱ってきた「格差」は幻想だったのか。  みずほ総合研究所発行の『Fole』10月号で、杉浦哲郎チーフエコノミストは「メディア報道で増幅された“幻想”...... more
Tracked from とりあえず at 2006-10-06 22:26
タイトル : お嬢さま、玲奈と死刑廃止を考える----(1)
 さわやかな秋風が西園寺邸のイングリッシュガーデンを吹き抜ける。ローズの香りを感じながらも、麗子は人々の生活が苦しくなって行くことに心を痛めているのか、テラスで少し悲しげだ。  麗子 :ああ、希望の光はこの国にはないのかしら・・・ 玲奈 :お久しぶりね、麗子さん 麗子:まぁ、玲奈お姉さま、いつフランスから? ばあや:玲奈様、それにいちだんとおきれいに。麗子様も玲奈様のことをいつもあこがれのお姉さまと話しておいでです。 玲奈 :ばあやも変わらないわね。 この間フランスのことを気にしてたようだ...... more
Tracked from 華氏451度 at 2006-10-10 01:04
タイトル : 死刑存置の希望は本当に「多数意見」か
 luxemburgさんの「とりあえず」で始まった「死刑廃止問題リレーエントリ」が、「お玉おばさんでもわかる政治の話」→「とむ丸の夢」→「華氏451度」→「doll and peace」→「薫のハムニダ日記」の順に続き、ほかに「愚樵空論」「アルバイシンの丘」その他のブログでも同じ問題についてそれぞれの意見を書かれている。死刑の問題は、社会のあり方を考える時に、好むと好まざるとにかかわらず1度は考えさせられてしまう問題。多くの方と共に考えていきたい。   〈死刑存続は本当に「多数意見」か?...... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-10-10 13:34
タイトル : 韓国の死刑制度はどうなっているんだろう?
西園寺邸で再会し、お玉屋敷、とむ丸ちゃんち、華氏宅近所の公園、プラスチックドールハウスでそれぞれ死刑に関する見聞を広めた麗子と玲奈はふたたび西園寺邸のイングリッシュガーデンにもどり、ノートパソコンの画面やガイドブックを眺めながら楽しそうに話している。どうやら次の目的地、韓国へ行く予定をたてているらしい。 ・・・ん?韓国ということは・・・、へっ!?わっ、私か??? *************** 麗子:私は韓国のことをよく知らないのですけど、韓国にいらっしゃる梁山泊の女棟梁ハムニダ...... more
Tracked from 反骨心ブログ at 2006-10-12 23:09
タイトル : 死刑廃止論者達へ 助けてください
私は死刑廃止論者なのですが、その理由付けがどうもしっくりこなくて困ってます。 価値判断の背景には早く吊るせ的な風潮への違和感があるわけですが、それでは説得性皆無。 ちょっと一緒に考えてもらえません? 私は国家が国民の人権を制約することに懐疑的です。 ゆえに、戦争以外では国家が国民の人権を制約する最たる場面である刑罰権行使も、できるだけ抑制的に考えようとします。 しかし国家の人権制約に懐疑的な立場であっても、論理必然に死刑廃止が導かれるわけではない。 つまり国家に人の生命を奪うことまでは認めるべきでな...... more
Tracked from Tomorrow is .. at 2006-10-14 08:55
タイトル : 殺意なき殺人者。
ひっかかったのは、この記事だ。 長勢法相:「死刑執行は法の規定に沿って判断」  死刑執行命令書への署名を拒んだ杉浦正健前法相の後任になった長勢甚遠法相は26日夜、初閣議後の記者会見で「死刑執行は大変重い問題だが、法... more
Tracked from 喜八ログ at 2006-10-19 20:20
タイトル : バダンテールの死刑廃止演説
 「1981年9月17日、フランス国民議会、死刑廃止法案の審議における、法務大臣ロベール・バダンテールの演説全文訳」 ロベール・バダンテール(Robert Badinter)はフランスのミッテラン政権が1981年に死刑を廃止したときの法務大臣です。もともとは弁護士で、1970年代に多く...... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-10-24 13:57
タイトル : 死刑廃止に関する特別法案
さて、韓国の死刑制度はどうなっているんだろう?シリーズの最終回です。って、実はこのシリーズ、下記の通り他のブログからのリレーなんですけれどもね。 第1回「とりあえず」 第2回「お玉おばさんでもわかる政治のお話」 第3回「とむ丸の夢」 第4回「華氏451度」 第5回「doll and peace」 第6回「薫のハムニダ日記」 第7回「とりあえず」(村野瀬玲奈)――リレーエントリのまとめ 第8回「喜八ログ」――バダンテールの演説について こっちに話題を振られたときは正直、...... more
Tracked from 思い付くまま雑感文 at 2006-12-11 16:04
タイトル : 「被害者との和解」「生き直し」
「死刑を止めよう宗教者ネットワーク」という団体が長勢甚遠法務大臣宛に以下のような<死刑執行停止要請文>を発表しています(2006年11月25日)。 ー引用開始(太字は引用者)ー 法務大臣 長勢甚遠 殿 私たちは死刑執行停止を強く要請いたします。 「死刑を止めよう」宗教者ネットワークは、日本の宗教者、教団で構成するものです。私たちは、この世に同じ命は決して存在しないという生命の尊厳さを大切にする価値観に基づいて、死刑執行を停止することを広く世論に呼びかけています。 去る9月には、...... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-12-25 16:03
タイトル : クリスマスに死刑を執行する国、ニッポン
死刑執行:4人に 安倍政権で初 1年3カ月ぶり ◇死刑制度の維持したい法務省の強い意思  9月末に就任してからまだ日の浅い長勢甚遠法相が25日、一度に4人もの死刑執行を命じたことは、毎年執行の実績を積み重ねることで、死刑制度の維持を確かなものにしたい法務省の強い意向を反映している。杉浦正健前法相が死刑執行命令書への署名を拒否したまま退任したことから、同省としては今月の執行を逃せば14年ぶりに「死刑執行なし」になるという事情があった。 (毎日新聞 2006年12月25日) 今日、12月25日...... more
Tracked from 秘書課村野瀬玲奈です at 2006-12-26 01:40
タイトル : 私は死刑制度廃止を望み、今日の死刑執行に抗議します。
クリスマス、12月25日、世界の多くの地域では、平和の中で家族で静かに過ごす一日。この日、日本ではなんと4人もの死刑執行がありました。死刑執行がない年をつくらないようにという日本政府の意思が反映された政治的な死刑執行だと指摘されています。私はこの死刑執行 ..... more
Tracked from 秘書課村野瀬玲奈です at 2006-12-30 23:10
タイトル : フランス、「改憲」へ  (死刑廃止)
「壊れる前に...」のうにさんから、「死刑廃止と憲法改正」というエントリーのトラックバックをいただきました。ありがとうございます。さっそく、紹介されたリベラシオン紙を見に行きました。そこには予想以上のすごいことが書いてありました。********************** ..... more
Tracked from 未来を信じ、未来に生きる。 at 2008-01-16 15:06
タイトル : 犯罪抑止力論ー応報刑か、教育刑かー
まず、死刑で殺人が抑止できない・・ですか? あの・・抑止って完全に無くすってことではないですよ。 年間300件あった殺人が、299件になったら抑止効果ありでしょ(笑) 逆に聞きたいのですが、 終身刑や懲役刑に、殺人の抑止効果があると思われますか? あと、死刑に殺人以外の犯罪を抑止する効果がありますか? 次に、懲役刑や禁固刑は教育刑だから、恐怖による犯罪の抑止効果は無い・・ですか? あの・・いくら教育刑と言っても、懲役を受ける人は、失業しますよね? 家族や友人とも暮らせませんよね...... more
Tracked from 未来を信じ、未来に生きる。 at 2008-01-16 15:07
タイトル : 犯罪抑止力論ー人間の本能が犯罪原因?ーその2
共通? 死刑廃止論者と存置論者の争いは、本質的には人間観・宗教観に関わることで、宗教論争同様どうしようもないです。 でも、「冤罪防止」「被害者支援」「犯罪発生防止研究」「再犯防止研究」が必要だということは合意できないでしょうか? どれも死刑の存廃に関わらず必要なはずです。 死刑廃止・存続の議論に費やされるエネルギーを、なぜ上に使うことができないのでしょう。 あと、どちらも死刑議論の背景にある自分の人間観・宗教観を一歩引いて分析・反省し、それらの多様性を認めることはできないでしょうか。 [2...... more
Commented by triumphyy at 2006-10-05 08:59
ケビン・スペイシー主演の、『ライフ・オブ・デビッドゲイル』という
映画をご存知でしょうか。
この映画は、冤罪事件の究極の姿を表現しています。
もちろん、フィクションですが。
この映画を見た私は驚くとともに、現実社会でもあり得るのでは、
と思っています。
911をはじめ、何が起こってもおかしくない時代ですからね。
ちなみに、「タイタニック」のケイト・ウィンスレットが、製作に
ニコラス・ケイジが参加しています。
「死刑制度」に一石を投じる衝撃作です。

お暇があれば、是非見てください。
Commented by papillon9999 at 2006-10-05 09:29
triumphyyさま  早速のコメントありがとうございます.『ライフ・オブ・デビッドゲイル』ですか.残念ながら見ていません.『冤罪の恐ろしさ』を描いてあるのでしょうか.見てみたいものです.というか,見たらきっと心が重くなりそうですが,それでも想像力を磨くために見たいものです.ご紹介ありがとうございました.
もし当局が何かを取り違えて,私をテロの犯人だと思い込んだらどうしましょう!ありえる話ですね・・・
Commented by triumphyy at 2006-10-05 09:57
いやいや、私は911事件が冤罪だと言っている訳ではありませんw
あと、この映画はどんでん返しで有名な映画ですので、ネットで調べてしまうとネタばれしてしまうかもしれないので要注意、です。

なんの先入観もなく、いきなり見る、がいいようです。
どこのレンタルビデオ屋でも借りられますので、ノープロブレムです。
あとは、映画を見てのお楽しみ‥‥ですね。

では。
Commented by 布引洋 at 2006-10-05 10:37 x
『これが多様性を持つ自然の本質であり,こういうのがシステムとしてはむしろ健全』の言葉は、全く其のとおりで一番大事だと思います。

然し社会は、と言うよりも社会の上に立つ者は其の逆の場合が多い。
てんでばらばら不規則なものより、規則正しいモノに価値(美)を見出す。
朝礼の整列に拘る教師.(私は此れが苦手でした)
整然とした卒業式に拘る東京都教育委員会。
甲子園の高校野球の入場式に美を感じる人々。(私は神宮の学徒動員を連想)
整然とした規則正しいモノに多くの普通の人々も、美しさや正しさを見つける。

整然とした規則正しさは『単純』とも解釈できます。

単純で綺麗な結晶体の金属に比べアモルファス金属は数十倍の強度も持っています。
東欧のルーマニアは共産党員の比率が一番高い均質国家だったが、一番劇的に崩壊した。
整然とした規律正しいモノ、単純なモノはどんなに強く見えても内実は弱い。

『多様性』『複雑さ』『包容力』こそ強さなのです。
Commented by 華氏451度 at 2006-10-05 19:22 x
祝・アルバイシンの丘版・死刑廃止論!! とにもかくにも、嬉しく思います。「生まれつきの殺人者」というのは存在しないはず。しかし人間は状況の中で、(おっしゃるように多種多様なバラツキが相互作用して)凶悪になってしまうこともある。その殺人者を消しゴムで消すように消してしまうのは、「上策にみえて下策」だと私はいつも思っています。

親しい人間が殺されたら……はい、私も復讐に燃えるでしょう。しかし時間が経つにつれて、復讐の念だけに凝り固まって生きるのはむなしい、と思い始める気もします。

貴君が殺人を犯されたら……そうですね、「悪い人ではないと思っていましたけれど、人間はいつなんどき、どうなるかわかりませんからね~。きっといつのまにか凶悪になってたんでしょうね~。でもそういう奴でも、死刑にしちゃいけません」と言って、嘆願書を出すことにしましょう(笑)。
Commented by papillon9999 at 2006-10-05 22:46
triumphyyさま  私も911事件が冤罪だと言ってるわけではありませんよ.映画を見てみましょう.ご紹介ありがとうございました.
Commented by papillon9999 at 2006-10-05 22:53
布引洋さま  『多様性』『複雑さ』『包容力』をなくすものとしてここに挙げられた例はその通りと思います.ルーマニアの例はとても示唆的です.
Commented by papillon9999 at 2006-10-05 23:03
華氏451度さま  その節はぜひよろしくお願いいたします(笑)でも嘆願の時はもう少し褒めた方が効き目があるのではないか,と心配です(再び笑)
Commented by luxemburg at 2006-10-06 22:38
こんばんは。えらそうに麗子の一回目を担当させていただきましたが、このエントリーは、はるかな高みにありますね。
 交通事故とか予防接種の事故、たとえていえば炭坑のカナリアのように、時々しわ寄せが出てしまう、その際に我々自身が社会のあり方や、被害をみんなで支えていくきっかけにしないで、悪者探しだけに終始してまた満足してしまう、実は大事な機会を失っているのではないか、という気がしていたのですが、自分ではうまくまとまりませんでした。ホントにおっしゃるとおりだと思います。
Commented by Looper at 2006-10-07 00:17 x
初めてコメントさせていただきます。

お玉さん、華氏さんのところでも書いたんですが、私の死刑廃止論の理由は、アルバイシンの丘さんととてもよく似ているようです。

私は、「社会が生んだ犯罪者を社会が抹殺する権利はない。社会は、その罪を一緒に引き受け、彼らを生かし、教訓を学びとる必要がある。それなしに社会が犯罪者を再生産することを止められないし、社会が犯罪者を生んでしまった罪を償うことは出来ない。」という考えです。

奇しくも似たような考えに帰着されたのをみて嬉しくなり、一言それだけ伝えたくてコメントさせていただきました。
Commented by papillon9999 at 2006-10-07 07:09
luxemburgさん  実は今、保育園の孫の運動会で遠くの町に来ています。ちょっとだけネットを使う機会ができました。
ところで過分のコメントいただき、ありがとうございます。これも皆さん方の示唆に富む記事を拝見したからです。濃い中身にものすごく刺激されました。ありがとうございました。
Commented by papillon9999 at 2006-10-07 07:15
Looperさん  実は今、保育園の孫の運動会で遠くの町に来ています。ちょっとだけネットを使う機会ができました。
私はあちこちでお目にしているので、初めての気がしません。よろしくおねがいします。Looperさんもたくさんコメント寄せられていたのですよね。そういうものがきっと私にも影響を与えたのだと思います。相互に啓発しあってより高いステージに進めるといいですね。
孫の検討、祈ってください。そうだ、Luxemburgさんも!
Commented by papillon9999 at 2006-10-09 21:28
『保育園の運動会』の最後の方に書いたが,『私の死刑廃止論』においてとても重大なことを書き漏らしていたので追記しました.ぜひご覧戴きたく存じます.