アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近の10記事
最新のコメント
Runnerさん,たんぽ..
by papillon9999 at 00:11
ツイッターでブログの宣伝..
by たんぽぽ at 22:57
ツイッターはブログの宣伝..
by Runner at 21:35
>ブログの宣伝 ああ、..
by papillon9999 at 18:19
パピヨンさん、ツイッター..
by Runner at 01:26
ヘンリーオーツさんが亡く..
by papillon9999 at 20:05
喜八氏はツイッターでわた..
by たんぽぽ at 07:42
懐かしいお名前がずらりと..
by papillon9999 at 00:00
あの頃の面々がどうなった..
by Runner at 22:38
>ツイッターというのは発..
by papillon9999 at 18:40
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
波濤険しき朝鮮海峡を渡る(3)
 『我らは東方礼儀の国に生まれ,紅塵を捨てて農事を生業とし,終身斉家のため山間僻地に隠棲せしところ,折りしも人類社会は日を逐うて複雑化し,また生存競争はその激しさを増すかたわら,植民地政策はさらに脅威を加えたり.
 倭奴は他国を盗み取り,三千里の彊土をアジア大陸侵略の足場となしたる故,三千万民族は倭奴の奴隷に成り下がりたり.・・・・』



 これは崔先生が翻訳になる,沖縄戦生き残り韓国人軍夫の恨歌の冒頭の一節である.ここに,倭奴(ウェノム)とは『倭人の奴ら』ぐらいの意味であろう.強烈な蔑称である.
 何回目かの訪韓の時,崔先生から日本語の本を頂いた.「この中に,私が翻訳した詩の部分が,ほんのちょっとの部分ですがあります」.というようにして頂いたのであるが,その本の中に書かれていた一節なのだ,
 崔先生は戦争終結時は中学生の終わり頃で,大邱において小学,中学と日本人により教育を受けた.(上に書いたような,私などではちょっとものにできないような文を書くことができるのもそのせいなのだ).今なお,来日のたびに小学校時代の恩師(複数)に,地方の遠方に住んでおられるにも関わらず挨拶・贈り物の礼を欠かされない.私などに対しても非常に優しく丁寧に接してくださる人なのだ.
 そういう崔先生が,倭奴という激しい言葉を(翻訳とはいえ)使っておられることに,私は少なからぬショックを受けた.やはり表面からだけでは窺い知ることのできない,心の奥深い所で,絶対に溶けぬ『恨の塊』が私たち日本人をじーっと見据えているのを感じ取ったのであった.

 何年後かにそういう経験をするとも知らず,私は朴さんたちに連れられて釜山駅からソウルへと列車に乗ったのであった.実はどんな汽車の旅だったか,まったく憶えていないのだが,恐らくセマウル号,列車の切符も朴さんらがお金を出して買ってくれたはずだ.韓国人は,客人や後輩には金を出させないことが多い.この時はきっと崔先生の指示もあったはずだ.
 鉄道ファン(だった)私としては,当然韓国鉄道にも興味がある.駅の風景や車窓からの眺め,列車そのもの姿,など興味津々だった.列車のグレードは韓国の方がだいぶ上だ.何しろ広軌だからゆったりしており,セマウルには当時は確か車両ごとに女性の世話係がついていたように思う.(正確には憶えていない.というよりその後の何回もの旅で混ぜこぜになって,どれがその時のものかまったくわからない).
 とにかく,無事にソウルへ着いて,ホテルまで着いた.そのとき,いよいよ半島の地で初めて崔先生にまみえるのだ,と引き締まった気分になった(はずだ).ソウルに着いたのは夕方だったが,晩餐会があるまで時間があったのでそれまでどこかの公園を散策したことは妙に憶えている.どこの公園だったかわからないが,入場料を払って入った.そして少し肌寒い空気が漂っていた(はずだ).
 いよいよ,私のカルチャーショック第一弾となる晩餐会のことに話が進んでいく.

 冒頭の『恨歌』の終わり頃にはこんな箇所がある.
 『年々歳々花相似ず,年々歳々人同しからず.三春は年ごとに巡り来ると雖も,憐れなり我が同志,怨を抱きて戦死し永久に帰るを知らず.
 生き残れる我らは聖徳なる米軍に命を託し,厚き待遇に日々過ごせしに,天地陰陽大自然の成行きは,遂に八月十五日解放の鐘を鳴らしたり.虜囚の身をも顧みず,万歳,万歳の連呼は大韓民国の自由独立を祝福せり.』
[PR]
by papillon9999 | 2006-07-29 01:09 | Trackback(18) | Comments(6)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/2930039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-07-29 11:39
タイトル : ドーハラウンド凍結関連続報
関連記事:ドーハラウンド凍結       :米国農業法   まず、「米国最大の農業者団体 最低1年の農業補助金維持を求める」という農業情報研究所(WAPIC)06.7.28から 600万のメンバーを擁する米国最大の農業者団体・アメリカン・ファーム・ビューロー連盟が27日、ドーハ・ラウンド凍結後の貿易環境の下では米国農民は生き残れないと、少なくとも1年間は現在の農業補助金を維持せよと要求した。  Statement by Bob Stallman, President, American Far...... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-07-29 11:43
タイトル : 歴史は繰り返す
7月28日付の朝日新聞に「韓国カルト、日本で2千人 若者勧誘、教祖が性的暴行」という記事がでたことを韓国のマスコミも報じ始めました。おそらく明日以降は新聞記事にも出てくるでしょうが、とりあえずこちらのテレビニュースをどうぞ。[동영상보기]をクリックすると動画も見られます。 日本で勢力拡大/JMSチョン・ミョンソク [ニューストゥデイ] 東京からソン・ヒョングン特派員がお伝えします。 ●記者:女性信者に性的暴行をした容疑で指名手配中の鄭明析(チョン・ミョンソク)氏が教祖で...... more
Tracked from 愚樵空論 at 2006-07-29 22:41
タイトル : 北朝鮮女子、主審に蹴り 〜 愛国心至上主義者
アジアサッカー連盟(AFC)は28日、07年女子W杯予選を兼ねた女子アジアカップ準決勝の中国戦で、審判団への暴力行為で退場処分を受けた北朝鮮GKハン・ヘヨンら3選手について、30日に行われる日本との3位決定戦を出場停止にすると発表した。  北朝鮮は27日... more
Tracked from 愚樵空論 at 2006-07-30 19:24
タイトル : ワーキングプアは必然か
ここのところ、ワーキングプアについて考えていた。何か書こうと思っていた。 7月23日にNHKスペシャルで『ワーキング・プア〜働いても働いても豊かになれない〜』と題する番組が放映されるのを見ていた。もう少し正確に書くと、妻が放映されるのを見ていたのを見てい... more
Tracked from エクソダス2005《脱米.. at 2006-08-04 17:31
タイトル : 東アジア平和大臣を任命し北朝鮮人権法に300億円の予算を..
金正日軍事独裁政権を打倒して南北朝鮮を平和的に統一し朝鮮半島を非核化する以外,東アジアに恒久的な平和を確立する方途はない.金正日体制を2008年までに転覆することができなければ,北朝鮮問題が中東におけるイスラエル問題(パレスチナ問題とも言う)とともに第三次世界大戦を誘発する過敏な発火剤(inducing agent)となることは避けられない.すでに時間はあまり残されていない.現在見込みのありそうな平和的解決策は,高世仁氏が提唱されている「住民の大量脱出を促進することで体制を崩壊へ導くという一種の民主化...... more
Tracked from Under the Su.. at 2006-08-05 00:37
タイトル : 鶴見和子さんを継ぐ
 鶴見和子さんの訃報に接し、僕のようなにわか鶴見和子読者ではありますが、急遽、彼女の追悼文をコラムにしたいと思い、一筆書かせていただきました。またまた長くて恐縮ですが、勢い余って書き過ぎてしまいました。すみません。  95年に脳出血で倒れ、その後左半身麻痺による疼痛に晒されながらも、いいえむしろ、病気になられてから、何か憑き物が取れて新たな自分の可能性が開けた気がするとおっしゃり、車椅子を自在に操り、着物を着ての講演活動や執筆活動に精力的に取組んでいらっしゃいました。  人間が死ぬというこ...... more
Tracked from 愚樵空論 at 2006-08-05 05:51
タイトル : ワーキングプアを是認する人たち
あれからワーキングプアについてのいろいろな意見を知りたくて、いろいろとブログを訪問してみた。中には当然ワーキングプアの出現を是認する意見もあって、これはこれで一理あるものであったりする。 劇場管理人のコメント:弱者を弱者にしている、唯一にして決定的な要因... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-05 12:17
タイトル : 超帝国主義国家アメリカ
マイケル・ハドソン 『スーパー・インペリアリズム』の邦訳序文から    最初30年前に出版されたとき、本書はIMFと世界銀行が世界中の債務国経済に破壊的な政策を押し付けていることを批判し、それらの誤った政策がアメリカの外交的な圧力と今日ワシントン・コンセンサスと呼ばれているものから出ていることを突き止めた最初の一般向けの本となった。そこには、第二次大戦の終結期におけるイギリス―アメリカの戦略がいかにして、金融規制緩和のスローガンのもと、債務国からの資本逃避を促進したかが示されている。また、1950年代...... more
Tracked from 華氏451度 at 2006-08-08 02:53
タイトル : 結城昌治著『軍旗はためく下に』
   8月15日が近いからだろうか。書店に戦争関連の本のコーナーが出来ていた。さまざまな種類の本が並ぶ中、結城昌治の『軍旗はためく下に』(中公文庫)を見つけた。   私はちょうど10年前に亡くなった結城昌治の小説が好きなのだが、最近はそのほとんどが絶版になっており、古書店でもめったに見掛けなくなっていた。だから思いがけぬ所で旧知の人物に出会った気がして何となく手にとってみたところ、ごく最近改版されたとわかった。  以前「子供がいたら読ませたい本」を何冊か書き出してみたことがあり、その中...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-11 09:59
タイトル : 狂牛病飼料規制強化は実行不能
 昨年10月に米食品医薬局(FDA)が提案した狂牛病(BSE)拡散防止のための飼料規制強化案に関する最終決定が未だに降りない。この案へのコメントは12月20日に締め切られたが、コメントの検討が延々と続いている。それを見ると、こんな提案は米国ではとても実現できないように見えてくる。  米国のような牛肉大生産・消費国では、科学者が推奨するような狂牛病拡散防止策は、そもそも実行不可能なのではないか。巨大な数の牛から生み出される”廃棄物”(死亡牛、ダウナーカウ、SRM等)を安全に処分する方法などあるのだろうか...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-16 20:53
タイトル : 石油ピーク後の世界
幸運なシナリオ:日本の場合 「2050年は江戸時代」石川英輔著(2010年ピークオイル⇒終りの無いオイルショック⇒世界経済崩壊⇒世界恐慌⇒日本食糧危機 この小説には、2050 年の日本人の生活と、どのような経過でそうなったかが(老人の記憶を通して)描写されている。小説にはっきりとは書かれていないが、行間読みをすれば、食料とエネルギーの輸入が2015 年から急激に減り、2020 年までにはゼロとなったことがわかる。日本経済は2012 年頃から少しずつ凋落し、2020 年までに大都市は基本的に廃虚とな...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-18 11:16
タイトル : 続:アメリカはいかにして日本を滅ぽしたか
 米国はいかにして日本を操っていたのか、その一端をニューヨーク市立大学教授、霍見芳浩氏の著書『アメリカ殺しの超発想』から見てゆく。 氏によれば日本を操るアメリカの秘密兵器は「小沢レバー」であった。レーガン、ブッシュ、クリントンは、小沢一郎を利用して市場開放、湾岸戦争への拠出金、米国からの武器調達等の要求を次々に日本に呑ませ、小沢はその見返りにリベートや利権を手にしてきた。 氏は、この「小沢レバー」を詳細にわたって暴露している。筆者によれば、米国はアメとムチの両方を使って小沢を操ってきたという。アメは在...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-22 12:11
タイトル : CIAが自民党に資金援助
50〜60年代にCIAが自民党に資金援助  引退した米政府の元情報担当高官や元外交官によると、米中央情報局(CIA)は1950〜1960年代に、自民党とその党幹部に数百万ドルにも上る資金援助を行った。これは日本に関する情報収集と共に、日本を共産主義に対するアジアの防波堤にし、日本の左翼陣営を妨害することが狙いだった。  歴史家やジャーナリストは、これまで長い間、CIAが日本の政界へ資金援助していると見なしてきたが、自民党はそれを事実無根であると否定し続けてきたし、その支援の規模や内容も決して公開さ...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-23 20:58
タイトル : 年次要望書
 いわゆる「要望書」については多くの方が存在はご存じでしょうが、内容を読んでみたことの無い方も多いのではないでしょうか? ここでは、その一部をご紹介します。関心のある方は米国大使館HPに日本語訳が有りますのでお読み下さい。 米国政府の日本における規制緩和、行政改革及び競争政策に関する 日本政府に対する要望書 平成7年11月 (本要望書(原文:英語)は、米国政府より公表され、我が国政府に提出されたものであり、別添文書は、関係各省庁の協力を得て外務省にて作成した抄訳です。) 米国政府は、日米間の...... more
Tracked from 雑談日記(徒然なるままに.. at 2006-08-24 19:50
タイトル : 安倍の地元で痛撃・追撃!とくら多香子の山口選挙区民主党公..
(クリックすると拡大します) ※漫画ができたのでとりあえずのアップ。寝不足でふら... more
Tracked from 愚樵空論 at 2006-08-24 22:06
タイトル : 坂東眞砂子さんを全面的に支持します、とまでは言い切れないが
坂東眞砂子なる作家の名前は、「子猫殺し」のエッセーがネットで話題になるまで知らなかった。ホラー作家で直木賞を受賞しているということらしいが、ホラーも直木賞も興味がないし。『死国』という作品名は映画にもなったし記憶にはある。見てないけど。   さて、そのエッ... more
Tracked from 再出発日記 at 2006-08-26 01:38
タイトル : 韓国貧乏旅行にアドバイスを
TB用の記事です。たぶんエントリーとは直接関係ないところにTBしていると思いますが、お許しください。もし良かったら、オススメスポットとか、アドバイスが欲しいな、というぐらいの軽い感じの記事なので、気に入らなかったら、無視するかサクサクッと削除していただ...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-27 10:02
タイトル : “少子高齢化”は移民の受け入れで解決するのか
 奥田会長時代に日本経団連は、人口減少=“少子高齢化”対策として、労働力移民の受け入れを提唱している。  日本経済が完全雇用状況ならそのような政策も考慮に値するが、完全失業者が320万人で就業断念者も増加している経済状況でそのような政策を本気で要求しているのなら、思考力が破綻していると断言する。  お金をたっぷり持っている移民のみで人口が増えるのであれば、居座り続ける外国人観光客が増えたという話になるからGDPの需要増加に貢献するが、日本で就業しなければ生活もままならないという人たちの移住で人口が...... more
Commented by uts_home at 2006-07-29 10:59
日本がまだ倭国といわれていたころ、稲作技術その他の文明を教えてあげたのは私たちだ、倭国は私たちより格下だったのだ、という気持が「倭奴」の中にはあるのかもしれません。
一方でそれは事実であり、または事実の全てではない。倭人は倭人の主体性の下に、何を取り入れて、何を取り入れないのかを明確にしていた。(例えば牧畜文化)
崔先生の『恨の塊』がどういうものなのか、楽しみにしておきたいと思います。
Commented by uts_home at 2006-07-29 11:00
すみません、↑のコメントを書いたのはKUMA0504です。
Commented by papillon9999 at 2006-07-29 11:53
KUMA0504さん  コメント戴きありがとうございます.
念のためですが,翻訳の原文は韓国語ですが,それを書いた人は崔先生ではありません.沖縄戦従軍を強制され,幸運にも生還できた一韓国人軍夫によって書かれたものです.従って,原文にすでに「倭奴」があるのかもしれません.その意味では私の記事は不正確でした.まるで崔先生が「倭奴」を登場させたかのようです.ただ,私はそのような迫力ある「気」を崔先生から感じたのは事実です.正確なところは今度聞いてみます.
Commented by papillon9999 at 2006-07-29 11:58
倭人は中国とも朝鮮とも異なる独自性・主体性を持ってやってきました.それはそれでとても素晴らしいものがあったと思います.ただし,それを主張するときは,相手を卑下するためであってはならないと思います.互いに素晴らしい所は称えあい,変な所は気の利いたエスプリで笑いあう(嘲笑ではない)そのような関係になれば素晴らしいと思います.
所詮,狸の子は狸?日中韓,所詮,黄色は黄色です.でも,黄色が素晴らしいかもしれないとしたら日中韓みんな可能性があるのです.
Commented by KUMA0504 at 2006-07-30 08:06 x
「倭奴」という言葉は日本にはないだろうから、そのまま原文を訳したのでしょう、と書こうとして、念のために広辞苑を引いたらありました。(^^;)「唐書日本伝。もと中国人が日本人を称した語。」

崔先生が登場させたとは思っていませんよ。昨日、小倉紀蔵さんの本を読んでいて、韓国の「ハン」は外に向かうものではなく、内の中に向かうというような意味のことが書かれていて、崔先生の「ハン」に興味を持ったので書きました。私のほうこそ、言葉足らずでした。
Commented by papillon9999 at 2006-07-30 11:52
「倭奴」という言葉は日本にあったのですか.何事につけずぼらな私の性格がばれてしまったようです.元々,中国では中華思想に基づき,周囲の国々・民族には卑字,賎字を当ててきましたからね.『匈奴』もありましたね.