アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近の10記事
トップページ
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
最新のトラックバック
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
前川メルヘンに胸が熱くな..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
森友学園・国有地売却のメモ
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
議論の目線-戦争と経済について-
 北朝鮮問題を契機に,国防とやらを考える気運が蔓延してきた.いよいよ正念場だ.決戦の時は近い.断言するが,憲法9条が改正されたらおしまい.あとは何やっても一緒だ.『フツーの国』になって,常に近隣との緊張関係にびくびくする時代に入る.そのあと,いつかは破滅する.単なる繰り返しだけど・・・そういう状況と折り合っていくのか?私はいやだ.



 これで国防族と国防関連産業は潤う.しかし,キャノンのような真面目な経営体,経営者はほんとに困るはずだ.(この意味で経団連会長に御手洗氏がなったのは一筋の希望だ.(奥田だったら希望がなかった).

 ところで,今回の記事は戦争と経済.貧弱な想像力を駆使して書いてみる.きっかけは,早雲さんの愚樵さんの記事に対するコメントだ.その要旨は『戦争は一種の公共事業である』と一言でまとめていいと思う.つまり,戦争はそれによって色んなものを消費して経済を活性化するために行うのである.実に当を得ている.私もそう思っている.思えば,人類が文化を得た当初から,『縄張り争い』という経済戦争を繰り返してきたわけである.先の日中戦争や日米戦争も大元は経済問題である.
 しかし,戦争と経済に関するこのような伝統的な関係からは,上の『公共事業』的な説明はつかない.最近はものすごく事情が変化していて,軍事企業の存在がキーポイントである.『本山美彦著,「民営化される戦争」』を読んだらその実態を知ってほとんど絶望的になるだろう.『これでは戦争がなくなるはずがない』

 この絶望感は拙記事『国際的な警察力について』にも書いた.すなわち,(私の理想とする)『国際平和維持軍』のようなものを作っても,このような軍事企業がはびこっている実態があるのなら,『平和への理想は経済問題に負ける』ということだ.必ず,消費のためにどこかに戦争を起こす.
 以上のように,私は憲法死守を訴えながら,悲観的,いや絶望的だ.けれどもしかし,絶望するわけには行かないではないか.たぶんだめだとわかってもやることをやらなければならない.これを以下に書く.

 私は思うことがある.議論する際の目線だ.別に偉そうな態度かどうか,という意味ではない.どこに焦点を当てた議論か,ということだ.いつか書きたいテーマだった.例えば,どこかに書いたが,悠久の宇宙の流れの目線から見れば,戦争や虐殺なんて,ないのと同じ.ビルの100階から見た議論と2階から見た議論は役割が異なるはずだ.交通事故の場合で言えば,目の前の負傷者を運ぶべき時には交通道徳の話をしている場合ではない.しかし,そうでない時は,道の見通しの悪さを直したり,交通道徳のことを考えることも必要だ.
 これをこの問題に当てはめると,次のようになる.『戦争がずっとあってきたのは人類が多くなり過ぎないようにする自律作用なのさ』(神の見えざる手?)とか,『軍事企業の実態を考えればどうやっても無駄さ.どうせ歴史に委ねれば落ち着くように落ち着いてゆくのさ』(唯物史観の一種かな?)とか,『一度徹底的に破壊して再出発する以外にはないさ』(戦後復興期待)といった,一種の諦観のレベルが存在する.階層からするとビルの100階くらいから見た議論だ.
 厄介なのは,実はこれはこれで正しいのだ.だから,もっとビルの下の方で,あるいは地面で見ている人にとっては議論がまったく噛み合わないと感じるのだ(間違っている,とは相手に言えないから).これは多くの場合,気付かないですれ違いで終わる.不幸なことのような気がする.

 私がこの問題に関して考えるのはこうだ.『戦争で人類の数を減らす神の手』は今働くとは限らない.いつか働くかもしれないけど,今ではないかもしれない.いや,今ではないようにできるかもしれない.それは『今』の必死の努力にかかっているのではないか.従って,ビルの100階から見ている人も,地上に降りてきて欲しい,ということだ.(みんな降りてきて全員轢かれてしまったらどうする?という見方もあるが・・・)

 軍産官巨大複合体を解体・攻略するために心ある人類の智恵を結集するのか,それとも戦争と折り合って生きてゆくのか!
[PR]
by papillon9999 | 2006-07-19 21:55 | Trackback(18) | Comments(5)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/2846661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-07-20 13:11
タイトル : バイオ燃料ブームが引き起こす危機
2つの記事を紹介します。 最初は、農業情報研究所(WAPIC)から、 地球政策研究所のレスター・ブラウン所長が、穀物を原料とするバイオ燃料ブームは食料価格を上昇させ、穀物を輸入する低所得国に飢餓を広げ、政治的不安定を生み出す、この不安定は世界の経済発展を途絶させると警告している。バイオ燃料ブームが食料危機と穀物輸入国の政治的不安定を生む レスター・ブラウン 2つめの記事は、『環境問題』を考えるhttp://env01.cool.ne.jp/index02.htm から石油代替エネルギー供給技術の実効性...... more
Tracked from 愚樵空論 at 2006-07-21 05:29
タイトル : 欽ちゃん球団解散〜欽ちゃんの決意を讃える
欽ちゃん泣いた:茨城GG解散へ  お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一(38)が少女に酒を飲ませ、みだらな行為に及んだ不祥事が、思わぬ波紋を広げた。山本が所属する社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ(GG)」を率いるタレントの萩本欽一(65)が19日... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-07-21 11:51
タイトル : 上限関税率受入れを示唆?
 AFPの報道によると、グンター・フェアホイゲン欧州委員会副委員長が14日、WTO交渉に焦点を当てた東京での二日間の協議を終えた後、日本から農産物の上限関税を考慮するという保証を得たことを明らかにした。彼は、日本の一閣僚が「関税に上限を設ける問題を考える用意があると私に明確な示唆を与えた」と語ったという。   農産物関税に上限を設定するというアメリカとEUのWTO交渉に関する合意は2003年8月13日になされている。米国は税率75%を主張している。 現行の490%の米の関税率等をそこまで下げると、今の...... more
Tracked from BLOG BLUES at 2006-07-21 19:21
タイトル : 明日なき世界
Yeahhhhhhh Baby! 病床のキヨシローに代わって、一発、歌わせてもらうぜ。   ♪〜 中東の空が 燃えているぜ      化学兵器が 使われているぜ      お前は殺しの できる歳      でも選挙権もまだ 持たされちゃいねえ      鉄砲担いで 得意になって      これじゃ世界中が 死人の山さ      でもよォ 何度でも何度でも      おいらに 言ってくれよォ      戦争がアメリカの陰謀なん...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-07-22 13:22
タイトル : 米国 狂牛病サーベイランス計画縮小へ
 米国農務省(USDA)が20日、04年6月以来の狂牛病(BSE)拡大サーベイランス計画の実施を取りやめ、早ければ8月末にも新たな縮小サーベイランス計画を始動させると発表した。  USDA ANNOUNCES NEW BSE SURVEILLANCE PROGRAM,06.7.20   拡大サーベイランスを含めたこれまでのサーベイランスの結果の分析により、米国における狂牛病発生率が極度に低いこと(成牛百万頭当たり1頭以下、あるいは米国の成牛総数4200万頭中のあり得る感染牛は4頭から7頭)が確認さ...... more
Tracked from 読んだもん勝ちBLOG at 2006-07-22 16:19
タイトル : 「日本沈没」
15日から東宝系で公開された「日本沈没」の出足が好評なんだそうです。 33年ぶり... more
Tracked from 愚樵空論 at 2006-07-22 22:57
タイトル : 「日本の伝統的宗教観、天皇教、靖国神社」についての愚考
 『日本人のための憲法原論(小室直樹著)』が面白い。 この本は一見何の関係もないように見える西洋近代史と日本とを見事につなげてくれる。目から鱗をボロボロと掻き落としてくれる一冊で、いわゆる「天皇教」についても解説されている。11章「天皇教の原理」がそれだ... more
Tracked from 友だち一万人! at 2006-07-23 00:48
タイトル : 新宿で「白神の夢」定例上映会
このブログで長編記録映画「白神の夢」について何回か掲載させていただきました。 多くの方が既に鑑賞されたこととは存じますが、上映会についての記事の投稿がありましたので転載いたします。 ********* 白神の懐に抱かれて    ひとは この流域に         生きています 世界自然遺産白神山地 登録10周年記念作品     長編記録映画(200分)      白神の夢 愛ー地球博(愛知万博)でこの映画のダイジェスト版が上映されていた。そして、国連は全世界で上映したい映画として「白神の夢」を指...... more
Tracked from ニュースは踊る at 2006-07-23 19:12
タイトル : 天皇メモは現代の「聖断」である。
「聖断」か。でも良かったが、たまには「断定口調」にしてみようと考えた。 太平洋戦争、日中戦争が「聖断」で終わったことは誰でも知っている。立憲君主制のもとでは「聖断」は「原則はずれ」、の行為である。まあ事実としてはちょこちょこ「聖断」は行われていたから、特に終戦の「聖断」だけが異常だったわけではない。 「聖断」を仕組んだのは鈴木貫太郎の側近と重臣、および内大臣木戸幸一だと言われている。貫太郎さんだっていきなり天皇のとこ行って「どっちにしますか」なんて聞くわけないから、裏折衝があったのは誰でもわかる。...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-07-30 11:10
タイトル : 日本はなぜ負債大国になったか
平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 現在の財政政策の悲劇は、生産的な産業投資よりも、非生産的で寄生的な富の方が簡単に税金逃れができる点にある。 過剰の富や、不労所得者の所得へ課税する代わりに、必需品や生産的な直接投資、労働者階級への課税を増加すれば、産業の発展や繁栄は抑制されてしまう。 税制の改正は、金融および不動産投資家に、寄生的かつ投機的な収益を求めることを奨励する。 この新しい財政哲学は、世界競争に向けた生産性や生産高拡大のための再投資に必要な...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-07-31 18:49
タイトル : 日本はなぜ負債大国になったか-3
日本はなぜ負債大国になったか-2 の続きです。 III. 日本の借金増加に米国財務省が果たした役割 日本の財政ジレンマの原因の中で見落としがちなのは、日本の借金の増加が米国財務省への融資額の増加と歩調を合わせている点である(OW64,65,74,75参照)。表5は、日銀の財務省証券の購入額(保有額の年間の増減)と、日本の国債発行額を比較したものである。 人気blogランキング 表 5.日本は米国に融資するために借金をしている ( 単位:兆円 )   日本の国債発行額  米国国債購入額   割合 ...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-03 11:14
タイトル : アメリカはいかにして日本を滅ぽしたか
アメリカはいかにして日本を滅ぽしたか ビル.トッテン著”日本は日本のやりかたで行け”から、マィヶル・ハドソン氏の{1985年プラザ合意の教訓とその影響}と題する諭支の要約です。  プラザ合意の真の目的とは…… 1985年9月22日、ニューョ−クのプラザ・ホテルで、日本は金利を引き下げることにより、ドルの為替相場を支えることに同意した.いわゅる「プラザ合意」である。これは世界経済安定のために、先進諸国が協調して相場に介入した事例として語られているが、ハドソン氏によれぱ、それは表向きのことにすぎないと...... more
Tracked from 再出発日記 at 2006-08-03 20:58
タイトル : 戦争は静かに始まる『となり町戦争』
図書館でこれを借りるのに一年待ちました。『となり町戦争』集英社 三崎亜紀第17回小説すばる新人賞受賞作。普通に暮らしていた会社員の僕の元に届いた町の広報。町民税の納期や下水道フェアの告知とともに、そこには、となり町との開戦のお知らせが書かれてあった一点ど...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-06 14:57
タイトル : 米国に戦争なしの繁栄はあり得るのか
この著作は、トルーマンが政権に就いていた1945〜53年に関するものです。 当時の米国政権が戦争をし続けるしかない状況は、現在のブッシュ政権でも変わるところはありません。  日本の戦後長きに渉る平和と繁栄は、米国では取り得なかった選択肢、公共事業、社会福祉に国力を注力出来たためでもあります。  一度国内軍需産業を強大にしてしまうことで、とんでもない厄災が降りかかることをご理解ください。 米国に戦争なしの繁栄はあり得るのか イズィー・ストーン著『The Truman Era』より抜粋 1952...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-08 11:00
タイトル : ヒトラー第二の書
『自身が刊行を禁じた「続・わが闘争」 ヒトラー第二の書』(アドルフ・ヒトラー著/立木勝訳/テルフォード・テイラー解説/成甲書房/1800円) あっしらさんの投稿からです。 日本語版が発行されたばかりのこの『ヒトラー第二の書』は、ドイツを占領した米軍関係者が印刷会社の金庫のなかにあった膨大な文書をもち帰り整理したことで見つかったとされるものだから、ヒトラーが著したもの(別人に書かせたということも含めて)とは言い切れない性格を帯びているという押さえが必要である。 誰が書いたとしても、政治的プロパガンダ...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-09 14:32
タイトル : 今日の世界経済を理解するために
マイケル・ハドソン   世界経済は純粋に経済上のものなのだろうか?   経済上の現象には暗部があり、その一連の邪悪な動機は、経済に重大な影響力を持つにもかかわらず、権力と支配を求める不合理な目的から生じ、経済に逆効果をもたらすものなのである。  何世紀にもわたり世界は戦争によって形成されてきた。それにもかかわらず、戦争や暴力がいかに歴史を作り、世界の国境を書き換えてきたかという現実を子供たちに見せないように導くことは賢明な方法ではない。成功するためには道理をわきまえた行動をとることだと教えるだけな...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-13 12:04
タイトル : 石油ピークの意味するところ  その1
”石油ピーク"の意味するところ” 新しい日本の価値観と知恵の創造に向けて と題する石井 吉徳 東京大学名誉教授の緊急提言です。 石油の世紀と「石油ピーク」 20世紀は"石油の世紀",豊かな石油によって人類が最も繁栄した時代だったのであろう。現代を象徴するクルマ社会は「常温で流体の石油」あってのもので,大量生産型の工業文明はクルマから開花した。石油は単なるエネルギー源ではない。化学合成原料であり,現代農業を根底から支えるもの,石油はまさに「現代文明の生き血」である。 この石油の価格がいま高騰してい...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-08-28 22:15
タイトル : 寄生性と知的謀略
国際金融家や国際商人の危険性は、「寄生性」と「知的謀略」に尽きる。 − トヨタなど日本の国際商人(輸出優良企業)も“危険因子”を持ちつつある − 引き続きあっしらさんの投稿からお送りします。 「寄生性」 地理的に継承される共同体ではなく価値的つながりを基礎に、地理的に継承されているほかの共同体との経済取引を通じて利益を得ようとする構えを意味します。 地域ではなく価値観的つながりで一体性が保たれているのですから、近い場所に集まって生活する必要もなければ、活動拠点に執着する必要もありません。 利益を...... more
Commented by papillon9999 at 2006-07-19 22:45
明日からしばらく不在となります.従って,しばらく反応ができません.あとでさせて頂きますのでご意見たくさんお願いします.このコメントは戻ったら消します.(日曜日夜ごろ)
Commented by 布引洋 at 2006-07-22 13:34 x
公共事業としての戦争。これはアメリカには当てはまっても、日本には無理が有りそうです。
アメリカもメキシコやカナダとはもう絶対戦争しません。キューバにも経済封鎖はしても戦争しょうとはしません。
隣に攻め込めば戦いに勝利してもイスラエルのように大きな問題を抱え込んでしまい、解決不能になってしまいます。
公共事業としての戦争は本国から遥か遠くでするものです。大日本帝国も、基本は遥か遠くの前線で戦っていました。
北朝鮮との戦争は初めから無理が有りそうです。
小泉、安部、麻生にそんな常識的基礎知識が有るのか、無いのか少し心配ですが。
Commented by papillon9999 at 2006-07-23 22:48
布引さん  ご無沙汰しました.おっしゃるように北朝鮮と実際にドンパチを始めるとは到底思えません.それを言い訳にして軍備増強することが今の仮想敵国=北朝鮮の役目だと思います.
しかし,憲法を改定したらどこかで始めるかもしれません.相手ですが,北朝鮮はミサイルで皇居を狙われたら大変ですから本格的にはやれないでしょう.せいぜい海上の小競り合いでしょうか.とても公共事業の目的を達することはできない規模でしょう.あるいは相手側と暗黙の了解の上で,中朝国境付近で戦車戦を行うか.
それよりも,紛争地域に出かけることが可能性としては高いかも.舞台はアフリカでしょうか.
なーんて勝手な予想をしてみました.しかし,どこかで起こすことは確実です.
Commented by 早雲 at 2006-07-31 00:56 x
アルバイシンの丘さま、こんばんは。
目線の問題ですが、私の目線は、愚樵さまが「木」とすると、「土」であると自分では思っています。
「木」も「森」も実は「土」「水」「大気」によってその性質も限界も定まってしまうところがあります。
百姓の私としては、その辺りに目がいってしまいます。
Commented by papillon9999 at 2006-08-01 21:59
早雲さま  ご無沙汰しました。目線の違いというより,基盤・基礎,あるいは養分を供給する,というような感じでしょうか。木や森の議論も必要ですし,そういうのもまた必要ですね。『土』の議論をぜひお願いします。