アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近の10記事
トップページ
・安倍の応援がひどい,警察権力と直接的暴力の脅威
・小池が第二自民だと見抜いて大騒ぎした人へ
・もう遅いが投票時に!非自民の優勢な候補へ一票を投じよう!
・目標はただ一つ,安倍一狂政治の打倒だ!『希望』の逆利用を!
・安倍の方が小池の何十倍も恐いのだ!
・前原は希望との合意を撤回せよ
・枝野新党に欠けているもの
・野党共闘の新会派名は「生活と平和」が良い!
・リベラルは選挙用会派「生活と憲法」を起ち上げ,安倍政権を倒そう!
・小池と安倍の極右の違い(リベラルは動揺するな!)
・日本初の女性首相への野心!
・まずは日本国清掃内閣樹立を目指そう!
・国難突破解散とはよくぞ言った!
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
  ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ 2016年 06月 12日 の続きとしてご覧ください。

 ますぞえ現象はの本質は『賤しくも哀しいタカリ根性』にあるというからには,多くの庶民が同じ失敗をしでかす(そうでない多くの庶民もいることを強調しておく)ということである。従って,必要なのは,そういう誘惑に囚われてもできない仕組みを作ること,それ以外にはない。(さすがの元兵庫の号泣県議・ののたんも不可能なくらい)



 これはちょうど現憲法の精神そのものと言える。現憲法は昭和前期軍国主義の痛切なる反省を込めて,たとえ〇〇総理のように狂信者が今後政権を握っても,狂信的侵略国家が絶対に再現しないように細心の注意が散りばめられているのだ。残念ながら,当時の,狂信的遺伝子を隠し持った者たちに,ほんのわずかの遺伝子を現憲法に植え付けられてしまったが(例えば,9条第2項の,”前項の目的を達成するため”と言う文言の挿入など)。

 誘惑に囚われてもできない仕組みとは,言うまでもなく,ザル法の改正である。泥棒に犯罪処罰法の類を作らせるようなもので,うまく行くはずはないが,理屈の上ではそういうことになる。ザル法は政治資金規正法だけではない。最近問題になったのが,甘利前大臣のあっせん利得収賄罪における職務権限の問題である。ますぞえ問題の解決とは,そこまでやって初めて言えるのだが,どうやらますぞえ切りで一件落着しそうだ。こうなると,ますぞえさんには辞任しないで頑張れ!と言いたくなるのである。

 前記事で書いた庶民のタカリの例に付け加えたいものがある。いろんな宴会費用の会社へのツケ回しとか,自営業者のあらゆるものを必要経費として税金逃れをしようとする心根も含めるべきだろう。

 今は支出の方が問題になっているが,巨悪は収入の方からやってくることが多い。いうまでもなく,こちらも早急に改善しなければならない。
 政治活動は政党助成金だけにして,企業・団体からの献金は一切禁止。個人献金は小口の年間一人1万円までとする。当然だが,政治家個人の資産を使うのは自由,世襲をやりにくくするため,親族の献金も禁止,やりたい時は生前贈与しなければならない,なんて勝手に構想している。

 議員とか政治家というものが,そのタカリ文化の主役として重宝される時代ではなく,政治家個人の哲学とその理想を実現する手腕で尊敬される時代が来てほしいものだが,絶対に来ないと断言できる。なぜならば,我々庶民のレベルがそのような(ものを求める)レベルではないからだ。ああ・・・
[PR]
by papillon9999 | 2016-06-14 00:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/25330787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]