アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近の10記事
トップページ
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
がんばれ・古賀茂明,ついに落城・古館の砦
 がんばれ!負けるな!シリーズはどこまで続くのだろう。このミーハーなタイトルはずっと続いてもだめだし(いつまでも世の中が良くならない),続けることができなくなっても大変なことだ(安倍による言論封じ)。でもなんだか,パピヨンのような人間が,がんばれ!と言えなくなる日も近いような気がしてならない。




 このブログでたびたびエールを送っていた古館の番組がついに落城した。と言ったらいいか,落城したことが番組途中のゲリラ発言がなかったらわからないような落城であったのだが,もともとがそうであったのではない。そこだけは古館の名誉のために書いておいてあ・げ・る。
(本記事では言論や報道への権力側の種々の(有形無形の)圧力があることはあまりにも明白なため,同じ土俵に乗ってその有無を検証する作業を拒否する。無形の圧力という概念が存在することを忘れるな!だが,もちろん,間接的な脅しという有形の圧力も加えられた)。
 何度も書くが,戦前のあの信じられない軍事独裁政権を許したプロセスを,幸運なことに我々もまた現在進行形で目撃者となりつつある。決して悪夢のような別世界のことではなく,今目の前に起こりつつあるのだ。(抽象的に書くと後でわからんようになるので,はっきり書いておく。ここで挙げるのはマスコミについて。当時は新聞,今は新聞,テレビ。その中でも読売系,フジサンケイ系,NHK。TBSとテレビ朝日も実はとっくに落城していたのだ)。
 当時も大正デモクラシーで,民主主義とは何かということが概念として確立していた時代であった。それなのになぜナチスとか日本軍事独裁政権に民主主義が破れたのか,我々昭和戦後世代は実に不思議であった。しかし,何も不思議ではなかったのだ。その,『不思議ではなかった』ことを今自ら体験しているのである。

 しかし,まだ間に合う。あのちんけな(哲学も何もない)安倍晋三なんかに崩されてたまるか!

 古賀茂明!ともに安倍晋三を粉砕する同志だ!ともにがんばろう。パピヨンは一過疎ブログのオーナーに過ぎないが,近いうちに実名を晒して頑張ろうと思う。

 古館さん,これまではよく頑張ったと褒めてあげる。今はそれだけ。決して敵とは思わないが,敵のガス抜きで世を騙すようになると,もう敵となる。そうならないように祈るだけだ。あんたのために!今はこれだけ。
 以下は,今後の同志となるべき人たちだ。共に頑張る人たちがいなければ負ける。少々の揺れ動きはお互いに許しあおう!

報道ステーションで話題になった古賀氏、番組終了後に語る!
「古舘さん戦うべき相手別にいる」「後でガンガンに言われた」 2015/03/27
【速報】「報道ステーション」終了直後の古賀茂明氏に岩上安身が緊急直撃インタビュー!
降板の内幕を衝撃暴露 古賀茂明氏、単独インタビュー ~官邸編~  田中龍作ジャーナル

だが同志諸君!共産党は絶対にあてにするな!その理由は以下に列記したパピヨンの過去の記事を見ればわかる!権力側の報道へのこういうあからさまな干渉・脅しがどういう意味を持つか,理解できない鈍感な人は恃むに値しない。共産党はそれがわかっていながらあらゆる場面で黙殺。
 それから今回の事件に対する反応で,その信頼度を測ることができよう。たとえば江川紹子の反応。この人はもともと頼りにならん人だった。

 脈絡なく取りとめもなく綴ったこの記事の最後に念のため記す。関ヶ原の戦いで敗れたら,あとで大坂の陣で反乱を起こしてももう遅いのである。関ヶ原に勝つために,家康は関ヶ原以前に各武将を個別に籠絡を謀って成功した。すなわち,関ヶ原の戦いは戦いの前に勝負はついていたといえる。古館の砦の落城とはその籠絡の一つと想定したものである。

負けるな,鳩山由紀夫!またまた付和雷同バッシング! 2015年 03月 13日
世が世であれば安倍は逆臣! 2015年 02月 24日
素晴らしき山本太郎デシジョン! 2014年 12月 27日
報道ステーションの隠れた反骨精神 2014年 02月 08日

【後日04/02】:この事件の本質は,官邸(通常,”権力側”と呼ぶが,今は”官邸”がその代名詞となっている)からの有形・無形の圧力と,それに迎合した大部分の報道メディアの自粛,先走り,お追従,等々が厳として存在しているのに,あたかもそれがまるで無いように装うことの偽善にあります。
古館さんの当日と翌日の言動で,その偽善が露呈したのです。そのことに批判が集まるのはやむを得ないことです。
古賀茂明氏のゲリラ発言により,良心的な報道を推進していたプロデューサも更迭されたことが明らかになりました。発言がなかったら私たちには知る術がなかったわけです。
古館さんにとって残念だったのは,これも否定しようとしたことが露わになったことでした。予想外の発言にあわてたのでしょう。

[PR]
by papillon9999 | 2015-03-31 18:38 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/23847710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by papillon9999 at 2015-04-01 07:39
古館プロジェクトなる自分のプロデュース会社を作ってやっていたんじゃ,取引するしかないだろうね。スタッフも養わねばならんし。同情はするがもはや恃むに値せずということ。

当日のやり取りは後から見たが,翌日の醜態は生で見た。傷口を余計に広げた感じだ。
官邸・菅の圧力,干渉を否定するのに,自分の口ではなく菅に喋りを放映することでそれを果たそうとした。
二重の醜態だ。一つは自分の口を汚す(嘘を吐く)ことを巧妙に避けたこと,もう一つは事実を装うために官邸サイドの嘘をそのまま垂れ流したことだ。
Commented by papillon9999 at 2015-04-02 11:32
この事件の本質は,官邸(通常,”権力側”と呼ぶが,今は”官邸”がその代名詞となっている)からの有形・無形の圧力と,それに迎合した大部分の報道メディアの自粛,先走り,お追従,等々が厳として存在しているのに,あたかもそれがまるで無いように装うことの偽善にあります。
古館さんの当日と翌日の言動で,その偽善が露呈したのです。そのことに批判が集まるのはやむを得ないことです。
古賀茂明氏のゲリラ発言により,良心的な報道を推進していたプロデューサも更迭されたことが明らかになりました。発言がなかったら私たちには知る術がなかったわけです。
古館さんにとって残念だったのは,これも否定しようとしたことが露わになったことでした。予想外の発言にあわてたのでしょう。