アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近の10記事
トップページ
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
フランス紙銃撃テロの悲劇と表現の自由
 今度は悲劇的なテロとなって市民社会を揺るがした。パリのある新聞社がイスラム過激派に襲撃され,十数名が犠牲になる惨劇が起こってしまったのだ。確実な情報を得たわけではないが,どうもその新聞社はイスラム教における預言者・ムハンマドをからかい,風刺する漫画を継続して載せていたのだという。そして,犠牲者の中には,その漫画作者も含まれているのだそうだ。
 『今度は』大惨事となった。実は過去に非常に良く似た出来事があった。それはブログを始めてすぐのころ書いた次の記事の中にある。




 ・イエスキリストの悪口の広告 2006年 02月 08日

読めば思い出してもらえると思うが,当時,デンマークの新聞社がまったく同様に,イスラム教における預言者・ムハンマドをからかい,風刺する漫画を掲載したのだ。怒ったイスラム教徒の何人かがインドネシアかどっかのデンマーク大使館に放火したのだが,幸いなことに死者は出ず,デンマーク当局の謝罪を以ってこの問題は終息したという風に覚えている。
 そのからかいの様子は上記拙記事を読んでいただけばわかる。今回のパリの新聞社の風刺もこのイメージで捉えているが,当たっているだろうか?
 もし当たっているとすれば,実に残念なことである。この新聞社と作者が,『表現の自由』というものを履き違えていた(いる)ことがである。また,このテロに対する抗議デモが各地で起こっている様子もテレビで伝えられたが,その抗議は当然として,その内容は『表現の自由を侵害するな!』という趣きが強かった。プラカードにそれが書かれていたからである。これも履き違えている。また,あろうことか,風刺作家たちも負けずと,ムハンマド風刺になお燃えているらしい。これも間違いだ。

 『表現の自由を履き違えている』と指摘する根拠・理由は次の記事を読んでもらいたい

 ・正当な批判と悪意ある挑発の間 2006年 02月 10日 

Lexarさんは言った,
・”マホメットはイスラム教最初のテロリストでもあります。暴力のモノをいわせるのは、イスラム教の伝統です”。
・”デンマーク人はマホメットがテロリストであったという考えを持つ自由があり、デンマーク国内でそれを表現する自由があるのです。
・”それぞれの新聞が、誰を風刺の対象とするのか、決める権利があります。表現の自由は当然、表現者の都合の良いものになります。それは当たり前のことです。自由なのですから。

これらの主張をパピヨンは認めることができなかった。
・”コーランに何が書かれていようと,イスラム教徒=テロリストということはできません
・”言ってはいけない,というのは言う権利を使わせない,という意味ではなく,そういう低レベルの言論は恥ずかしいぞ,やめとけよ,という意味なのです.
・”仮にイスラム教側が実力が強く,キリスト教社会を圧迫していたら,多分キリスト教徒=テロリストと言いたくなるような状況が生じているかもしれません.

 今回図らずも明らかになったことは,未だにこの種の履き違えと一緒くたにする偏見が修正されていないということだ。再度繰り返さなければならないのは誠に残念だが,改めて書いておく。

 ・言ってはいけないことがある。それは自由に表現する権利を奪うという意味ではない。そういうことを言ったら恥ずかしいぞ,やめておけ,という意味である。それによって,相手からの全人格と生存を賭けた反撃を覚悟しなければならないこともあろうし,何よりその人の知性と人格を自ら貶めることになるぞ,という警告である。

 これ以上,表現の自由ということについて,以前の記事に書いたことをここではもうくどくどと繰り返すまい。そして今回もまたテレビに映ったが,惨劇の現場に花束を持って追悼に訪れた無辜のイスラム教徒の娘さんの涙交じりの悲しい表情が印象的であった。

 ・”過激派は私たちも許すことはできません。心から犠牲者の人たちを悼みます。(趣旨)”
 ・”あのような揶揄・風刺は私たちも非常に悲しい(傷ついているという意味)です。(趣旨)”

 イスラム教徒を一緒くたにしてはいけない(従って,ムハンマドそのものを憎んではいけない)ということは次の記事に書いている。ブログを始めた直後と言っていいだろう。

 ・聖典の不思議 2006年 02月 03日 

 末尾になったが,念のために厳格に宣言しておく。本記事はA(たとえばテロリスト)も悪いがB(たとえば新聞社)も悪い,と言った式の,同じ地平に立った両成敗論を展開しているのではない。一方的にテロリストの方が悪いのである。その上で,無用な惨劇を繰り返さない為に,Bの側により高度の知性を求めているのである。悪さの程度において,テロの悪魔度は比較にすらならない。間違わないでください。

[PR]
by papillon9999 | 2015-01-11 18:23 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/23539620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from アルバイシンの丘 at 2015-02-01 19:39
タイトル : 『テロとの戦い』から遠ざかるべき理由(後藤健二さんを悼む)
 後藤健二さんがついに殺害されたそうだ。私はイスラム国といえども,直截敵対行動をとったわけではない後藤さんを殺害することまではないと予想していた。むしろ,イスラム国側は何とかして後藤さんを還す口実を探しているのだろうと思ったほどだ。... more
Commented by IWJジャーナル at 2015-01-15 08:20 x
小生は岩上安身の文明の衝突ととらえるよりも、表現の自由の履き違えとする貴殿のとらえ方を支持します。
でもこの岩上安身のジャーナルを見ると、風刺漫画自体は高い芸術性を持っていますね。
Commented by papillon9999 at 2015-01-15 18:56
コメントありがとうございます。ご紹介のジャーナルを無料部分だけ覗いて見ました。
引用してあったので風刺漫画とやらを初めて見たのですが,なるほどすごいセンス(が良い)と思いました。例えばムハンマドが『愚か者に愛されるのはつらい』と嘆いている作品です。
ひょっとしたら,ほんのたまにこのような作品を載せるのであれば,反応はまた違ったかもしれないと思いました。ただし,ムハンマドは偶像化しないで,天から聞こえるような感じで。
それだと一般の無辜のイスラム教徒を傷つけることは,あるいはなかったかもと・・・
過激派そのものを風刺することは,それこそ過激派と戦うための表現の自由です。境目は・・・あいまいです。でもそれは仕方のないことだと思います。
Commented by yamasaki at 2015-01-19 08:43 x
日本人で表現の自由に賛成する人は、天皇に対する揶揄を思い浮かべればよい。産経新聞はすぐ怒りだすだろう。
それよりも顕著なのはオイシンボやはだしのゲン騒動だろう。あれこそ正真正銘の表現の自由。
Commented by papillon9999 at 2015-01-19 20:44
コメントありがとうございます。そうなんでした!イエスキリストの悪口なんて,日本人にはさっぱりピンときません。
日本では天皇です!すぐに,今は無き不敬罪とやらで猛バッシングを受けることでしょう。喩えが下手すぎました。すみません。

その一方で,美味しんぼやはだしのゲンへの猛攻撃は,あれこそ表現の自由を奪うものです。
産経新聞の二股の原理は笑止千万です。ありがとうございました。
Commented by 川島 at 2015-01-19 22:42 x
なかなか明快な意見ですが、ゴールキーパー川島の4本手の風刺はどうですか?許される?許されない?
Commented by papillon9999 at 2015-01-20 09:21
コメントありがとうございます。
その風刺漫画は覚えています。もちろん,日本の放射能汚染を皮肉ったものですよね。当時私は非常な名作だと思いました。

さて,この問題は明快に論じるには少々複雑な様相を呈していると考えます。
まず,この風刺が許されないとするといったいなぜでしょう?放射能の所為で奇形が生じた人を傷つけることになるからでしょうか?
ここで重要な点は,放射能の所為で奇形が生じることがあるという事実です。その事実があるので,このような心配が生じるのでしょう。
ここで間違っていけないのは,そういう事実を述べることと,それを題材にしてからかうということを混同することです。
前者については,事実であることの公表でありますから,なんら表現に制限が加えられるべきではないです。事実の隠ぺいをなくすことが,被害者も遠く救われる唯一の道です。補償への第一歩なのです。
一方,後者はやはり問題ですね。しかし,それを批判する資格のある人は,その事実(放射能被曝で奇形を生じることがある)を認め,二度と繰り返すべきではないと思っている人のみです。
現在の私ではこの程度の考えしかありません。