アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近の10記事
トップページ
・この選挙は安倍晋三には政権を担う資格があるかを問う選挙だ!
・安倍の応援がひどい,警察権力と直接的暴力の脅威
・小池が第二自民だと見抜いて大騒ぎした人へ
・もう遅いが投票時に!非自民の優勢な候補へ一票を投じよう!
・目標はただ一つ,安倍一狂政治の打倒だ!『希望』の逆利用を!
・安倍の方が小池の何十倍も恐いのだ!
・前原は希望との合意を撤回せよ
・枝野新党に欠けているもの
・野党共闘の新会派名は「生活と平和」が良い!
・リベラルは選挙用会派「生活と憲法」を起ち上げ,安倍政権を倒そう!
・小池と安倍の極右の違い(リベラルは動揺するな!)
・日本初の女性首相への野心!
・まずは日本国清掃内閣樹立を目指そう!
・国難突破解散とはよくぞ言った!
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
感性と言葉 続編
 『世に倦む日日』のブログに対する違和感がここに来て噴出し,ブログ主個人(テサロニケ氏)へも疑問や批判が及ぶようになった.愚樵さんは,テサロニケ氏が『「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」の発起人だと知って驚いた』ということだし,半平太さんに至っては『きっと憲法改正論者なんだろう』とまで書いておられる.



 私はこれを見て愕然とした.何に対してかというと,毀誉褒貶の変化の激しさに対してである.私がブログを始めたのは『世に倦む日日』に巡りあったからだと前回書いた.その頃はものすごく輝いており,私は記事(か何か)に『坂本竜馬の役目を期待する』というメッセージを書いたほどだった.感動で何かがこみ上げてくる時もあった.この変わりようは,小泉支持率が一気に数%に落ち込むことに匹敵するほどの驚きだ.
 私がブログを始めたのは今年の1月初めである.その当時,『世に倦む日日』では,確かに『つながろうとする強い思い』があったように思う.いや,絶対あった.当時,TBって何のことかも知らなかった私も,彼のその『思い』につらなろうとして,ブログの作り方などを独習し,やっとブログを始めることができるようになった.そういう努力を厭わなかったのだ.だから,「反小泉ブロガー同盟」に入ったのはごく自然の成行きであった.
 しかし,だいぶ経ってから,次第に何となく違和感を感じ始めるようになっていったのだが,それでもうーんとうなるような記事が出たりして,そういう記事だけは大体読んでいた.そうしていた頃,『反「世に倦む日日」氏(具体的には「雑談日記」さんだと思うが)』との交流のために,「絶縁状」ともいうべき「TB拒否設定」をされてしまったのだ.(後日,このお知らせが理由と共に発表された.)
 それでも子供じみたこととは思うがちっとも腹は立てていない.時々記事は読む.しかし,最近は特に,半平太さんの言うように『非論理的』,『扇情的』な部分が増えたなぁ,という感じがしていたのは確かだ.そういう矢先,あちこちで火の手が上がった,という次第だ.
 改めて記事を読み直してみた.それを通しての印象は,愚樵さんや半平太さんほどは悪くはない.ただやはり,素晴らしい論理展開の部分から,いきなり非論理的な扇情的な記述に変わる部分が確かに認められる.そして記事を読み直しているうち,ふと気付いたことがある.誰かに似ているのではないか,ということだ.
 それは,新左翼系の(一部の)活動家のイメージだ.扇情的アジ演説は巧みなのだが,相手の心をいかに響かせるかに気が廻っていない.そして相手の状態・情況に関係なく正論を言いっ放しにしている(愚樵さんの『切る,切って捨てる』という表現はこれに相当すると思う).そういう人とは二人だけで議論することがなかなか成り立たないし,対話も難しいだろう.そういうように考えると,あと一人似ている人が浮ばないだろうか.そう,小泉首相だ.正確に言えば,『素晴らしく論理的な部分がプラスされた小泉首相』というものだがそれに似ていないだろうか.
 ただし,似ているといっても,「感性的」な意味であり,決して思想的なものではない.ましてや,半平太さんが言うような『憲法改正論者』では断じてないのは明らかだ.『世に倦む日日』さんはきっとどこかで道を見失ったのだと思う.あまりに自分の影響力が大きくなったことに目が眩んだのではないかと思う.『世を動かせるブログとそうでないブログ』のような考えを持つほどに.
 また戻って欲しい.『反小泉ブロガー同盟』を立ち上げた頃の『初心』に.私のような群小ブロガーも大事にしていた頃のあなたに.扇情的な言葉は少しでいい.小泉的感性から抜け出して欲しい.
【追記:5/8 12:20 下線部分は初めは,『素晴らしい論理的な部分のない小泉首相』となっていた.これではまるで,小泉さんが「論理的」であるみたいだ.言いたいのは逆でありました.すごいブラックユーモアでした.】
【追記:5/8 22:50 第2の下線部分を変更.】
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-08 00:26 | 済み | Trackback(5) | Comments(6)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/2068286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 愚樵空論 at 2006-05-08 04:16
タイトル : 驚きと反省
このエントリーは[http://d2.hatena.ne.jp/gushoukuuron/20060506:title=5月6日のエントリー]に「さらに追記(5/8早朝)」として書いたものとまったく同一の内容です。  さらに追記(5/8早朝) このエントリーの反響には、少なからず驚いています。皆さん「世を倦む日日」さんとは浅からぬ「歴史」があるようです。新参者の私が「つながる」なんて言いながら、横から出てきて「世を倦む日日」さんを切って捨ててしまったみたいで、なんだか罪悪感があります。 お玉おばさん...... more
Tracked from とくらBlog at 2006-05-08 12:20
タイトル : 安全装置としての愛が必要なんだね。
 華氏451度さんの感性礼賛――「知るは力」、ただしそれを支えるものの方が重要にTBしたくて、「いろいろ身につけたかもしれない知識より、たいして難しいことは知らなかった頃の感覚のほうが、案外、信じられるような気がするんですよね。」とStep by Stepさんのところでつぶやいていた私のコメントのことを書こうかと思っていたのですが、よく考えたら感性と感覚は違うのかな?とわからなくなってきて、ふと、T.N.君の日記で知った茨木のり子さんの「自分の感受性くらい」という詩が頭に浮かび、感受性とも違うんだろう...... more
Tracked from 時事放談22 By半平太 at 2006-05-08 20:01
タイトル : 反省
アルバイシンの丘、さんの記事を読むと、僕はやはり「世に倦む日日」さんに対して随分と「トンチンカン」な批判をしているらしい。 「非礼を謝ります」とは書いておいたが、もうちょっとちゃんと謝っておいたほうがよいのかも知れない。 正直に書くと、読んでも、何を書いているのか論理的にたどれないのだ。僕の頭が悪いのだ。それに本村氏の記事とあと10ぐらいしか読んでもいないのだ。分からないから。 半平太は「半分ぐらいは正しい」という意味で、僕の文章に影響されたり、感化されたりしないよう、また決して「正論という怖ろ...... more
Tracked from 時事放談22 By半平太 at 2006-05-09 14:10
タイトル : 戦争とは   「責任なき戦場」から考える。
イラクで戦争が続いている。戦争とは何か。インパール作戦から考えてみたい。 私は戦後教育を受けた。教科では社会科が好きであった。今、高校では「地歴公民科」と言う。なんか長々しい名前だ。 学校の授業は1945年8月15日をもって終わった。高校の授業は二学期までで、時間がないのである。試験にもあまり出ないと、先生は言っていた。20年も前の話だ。 太平洋戦争については習ったはずであった。しかし「インパール作戦」についての知識はまるでなかった。NHKの番組「ドキュメント太平洋戦争、責任なき戦場」を見て知っ...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-05-09 14:48
タイトル : 死ぬ権利、死なす権利、死ぬ義務
臓器移植を問う市民れんぞく講座からお送りするシリーズの最後になります。  この臓器移植と脳死の問題を弊ブログで取り上げ理由は今回の記事を載せるためです。医療という切り口から見えてくる今日の社会の有りよう、「脳死」したドナーが我々と重なりあって見えませんか? 「脳死」 における差と差別 [脳という人体の臓器の、ただ一部だけが障害ざれている人を殺して良いのか。どのような目的にせよ、殺しても良いということの愚かさを、今から説明していきたいと思います。最初に小淵首相,最後にはパンフレットに書かれてありますよ...... more
Commented by 愚樵 at 2006-05-08 20:54 x
アルバイシンの丘さま、こんばんわ。
今日の「世を倦む日日」のエントリー、見ました? 彼は私たちのTBを読むには読んではいるみたいですね。まあ、彼は戻っては来ませんね。
彼がTB拒否をした理由というのを知りたいと思いますが、過去ログをイチイチ見るのは面倒。そこまでエネルギーを費やしたくはない。推測するに、彼にはチマチマやってるのがウザッタくなったのではないでしょうか。なんせイマジネーション溢れる人みたいだから。事実、そうなんでしょうけれど。
彼の記事はこれからウォッチしていくとして、これ以上彼にかかわるのはどうしようか、と考えています。もう一つくらい、書いてみようかと思わなくはないのですけれど、悪ノリになってしまいそうな気がします。
Commented by papillon9999 at 2006-05-08 22:13
愚樵さん,こんばんわ.コメントありがとうございます.世に倦む日日さんの今日の記事,読んでみました.『よい出会いと悪い出会い』とか『ブログは・・・多数に注目される必要がある』などのくだり,感じますねぇ・・・
いや私はすでに『破門された身』ですから,こちらからは時々記事を読ませてもらうだけで,彼自身をウォッチしていくなんてことはありえません.彼から呼びかけがない限りかかわることもないでしょう.(機会がない)
TB拒否の理由ですか?一言で言えば,彼のブログに対して『マイナスイメージ』を与えるものを排除する,ということだと思います.私自身の記事という意味ではなく,私のところにTBされた別の人の記事にそういうのがある場合でもいけないのです.それを排除しないのは同罪という意味です.
Commented by papillon9999 at 2006-05-08 22:50
もっとありました.この部分を書くべきでした.
『たかだか周囲数十人の「群れ合い共同体」で響かせ合う宿恨と劣情の共振と交換のレベルでは、およそ政治を動かす力などにはならないのであり、山奥の村議会でやっている三流派閥政治以下の「趣味のブログ政治」である。』
ちゃんと読んでいないことがばれてしまいました.
Commented by papillon9999 at 2006-05-08 23:05
またまた,気付いたことがあります.ウォッチです.愚樵さんのウォッチは私の『読むだけ』ときっと一緒ですね.済みませんでした.言葉って実に曖昧です!
Commented by 布引洋 at 2006-05-10 11:38 x
『倦む日々』の情報収集能力はかなり高くその為多くの読者(私も含めて)に支持されるのでしょう。確かに上から物を言う態度、身内ともいえる人々を切り捨てる非常さ、複雑な事柄を単純に決め付ける等欠点もあるでしょう、しかし欠点は同時に取り柄(魅力)でも有ります。確かにこう書くと小泉純一郎に似てきます。小泉人気の秘密も案外こんな物かも知れません。
光市事件の『倦む日々』の記事はマスコミの中に在ったレベルの低い報道の拡大再生産に過ぎません。ブログではなく新聞雑誌なら訴訟対象でしょう。(新聞雑誌なら未成年事件にあの記事を書きません)インターネットの危うさを感じます。
『倦む日々』は非常に見識の高い部分とそうで無い部分が有り、ばらつきが見られます。何人かで運営されて居るのかも知れません。
Commented by papillon9999 at 2006-05-10 22:33
『小泉純一郎に似てきます』と思っていただけるとなんだか嬉しいです.
『何人かで運営されて居る』ということですが,一つの記事の中で見識の高い部分とそうでない部分が有ったりするので,複数の運営とは思っていませんけどねぇ・・・