アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
ん??11年目じゃなく1..
by papillon9999 at 13:57
たんぽぽさん,あけまして..
by papillon9999 at 13:55
最新のトラックバック
神輿に載った晋三さんのソ..
from アルバイシンの丘
さようなら,オバマ
from アルバイシンの丘
大衆迎合主義の精神構造
from たんぽぽの礼拝堂
米大統領選の警告と教訓
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トランプと民進党は類似?
from たんぽぽの礼拝堂
トランプ現象を考える・続
from アルバイシンの丘
ユダヤ人とは何か(3)続..
from アルバイシンの丘
参院選・1人区で野党健闘
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
ああ,宇都宮さん!もうい..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
当麻寺遊行
 私の飲み仲間は当年83歳のAじいさん,63歳のBおっさんであり,そして最年少の私(?歳)Cを含めて三人組である.週に1・2度,あるいは2週に一度,程近いところにある素敵なママのいる店で語り飲む.そのママに最もご執心なのは83歳のAじいさんだ.時々,ママの手を握らせてもらったりしている.BとCはそれに気付かぬ振りをしながら,もっぱら山登りや仏教やギターや囲碁や三鈷の松について語り合う.



 Cは多趣味を以て任じているが,Bおっさんはそれに輪をかけたマルチ人間,そしてAじいさんはギターと囲碁以外はそれ以上に何にでも造詣が深い.話し相手のママを他の客に取られたら,こちらの話に参加して,ああだ,こうだ,と教えてくれる.ちゃんと聞いているのだ.どちらかといえばCはいつも聞き役に廻る.
 Aじいさんは兵隊に行った.その折の詳しいことは聞いていない.話しぶりもぼそぼそと声が小さいのでちょっと聞き取れないこともあるが,はっきり問い質すようなことはしない.しかし,どうも韓国と中国が嫌いなようだ.南京大虐殺も否定したい雰囲気が伝わっている.私の意見とは正反対なのだが,ちっとも悪い気はしない.おそらく,兵隊に行った負い目と面子があって,今更何言っても一緒だ,と言いたげに見える.むしろ,高みから見下ろすように無責任な正論を声高に言いっ放しにする『サヨク的人間』の話を聞く方が苦痛だ.
 さて,Bおっさんが60になって勤めを定年退職するとき,記念旅行をしようという話になった.その行き先として選ばれたのが当麻寺.ここの住職とAじいさんが友人だという.へーっ!とその意外な人脈に感激した.その当麻寺遊行からもう3年ほどになる.

 当麻寺,當麻とも書く.タケウチノスクネとタイマノケハヤが相撲の元祖と習った,あのタイマだ.飛鳥時代の万葉の舞台は,遠い故里に帰ったような漠然とした感慨を与えてくれた.飛鳥の里の代表的イメージはこの寺にある.ふたこぶの容貌を持つ山の懐に,2本の塔を持つ寺がそっと抱かれている図だ.どちらかと言えばグレイスケール刷りが望ましい.ふたこぶの山容を持つ山は二上山(にじょうさん).すなわち,二上山に抱かれた二本の塔を持つ寺が当麻寺だ.
 当麻寺を有名ならしめるものは二つあると思う.一つは中将姫伝説,もう一つは牡丹である.この寺のご本尊は仏像ではなく,なんと中将姫が織ったとされる曼荼羅である.千年近い時を経ているにも拘らず,今なお鮮やかな曼荼羅模様を見ることができる.驚異的だ.ご住職自ら案内をして下さり,さらに複雑な曼荼羅の絵解きまでして下さった.Aじいさんはともかく,BとCは恐縮至極であった.
 一方,この寺の別名は牡丹寺という.牡丹の満開時にはものすごい数の見物客が訪れるそうだ.我々の遊行はその最盛期を避けたしばらく後の時期だったので牡丹を堪能することはできなかったが,真っ赤を通り過ぎてやや黒味を交えた落花が酷い遺骸を横たえていた.それこそボタっという感じで落ちていた.f0036720_14333981.jpg

   「姫君の 乳房恋しや 二上山」

   「姫君の 秘めたる恋か 紅牡丹」
                  あかぼたん

 実はこの二つの句は大恥をさらしている.気がついた方はおられるだろうか.ふたこぶの山容を乳房に見立てた単純な感性とかセクハラ問題ではない.これらも実に恥ずかしいが,もっと恥ずかしいことがあるのだ.それは中将姫伝説を知らないことを大宣言していることだ.
 当麻寺では中将姫伝説を書いたきれいな本を用意してある.我々はご住職からこの本をプレゼントされた.実は,私はこの本で初めて中将姫伝説の全貌を知ったのだった.それによれば,何と!中将姫は全く恋愛していない!完全な信仰物語なのだ.継母から逃れて,この当麻寺において信仰三昧,曼荼羅制作に没頭するのである.悲運の最期を遂げるまで信仰を続ける物語だった.
 私は当然,王子様か誰かとの悲恋物語だと思っていた.全然違うのである.『姫』とあるから,当然貴族の王子が出てくる,と勝手に思い込んでいたのである.だから『恋しや』としたのだ.この句を幾人かに贈った後,このことに気付き,深~い自己嫌悪に陥ったのだった.
 なぜ未練がましくこの句を捨てないでいるか.この句は私から姫へのプレゼントなのだ,恋愛の.
【写真は境内の池に咲いていた睡蓮.このほかいくつか写真アップの予定.今親の家に来ているので写真がありません.】
[PR]
by papillon9999 | 2006-05-06 14:20 | 済み | Trackback(4) | Comments(1)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/2047009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 華氏451度 at 2006-05-06 08:48
タイトル : 感性礼賛――「知るは力」、ただしそれを支えるものの方が重要
ゴールデン・ウイークも、そろそろ終わり。もっとも、私は休みではなかった。貧乏暇無しというやつだ(周囲の人々が休んでいる時に働くというのは、かすかな不遇感?を伴うものである……)。共謀罪、教育基本法改定等々、週が明けたらまた攻勢が始まる。今日はひと休みがてら、日頃感じていることをちょっと書いておこう。 10代の終わり頃、友人から「首から上で生きている」と評された。10代半ばからハタチ前後にかけて何度か同じようなことを言われた覚えがあり、どうやらオトナになりかけた頃の私は、頭の中だけでひねくり回した理...... more
Tracked from 雑談日記(徒然なるままに.. at 2006-05-06 14:33
タイトル : 「好漢のZAKIにひかれて練り歩き」⇒慣れるまで照れくさ..
 って、もう1週間前のことですが、。(^^;  「現代版治安維持法「共謀罪」反対... more
Tracked from 愚樵空論 at 2006-05-07 07:11
タイトル : ブログは世の中を変えられるか
今日頂いた2本のTBは、いずれも興味深いものだった。 ひとつは[http://blog.goo.ne.jp/bebe2001pe:title=華氏451度]さんの[http://blog.goo.ne.jp/bebe2001pe/e/9aa5a27a6c316c5b9b392e8c4344ea7c:title=『感性礼賛――「知るは力」、ただしそれを支えるものの方が重要』]、もうひとつが[http://otama.livedoor.biz/:title=お玉おばさん]の[http://otama.li...... more
Tracked from 時事放談22 By半平太 at 2006-05-07 12:35
タイトル : 光市事件  世に倦む日日、への非論理的な批判
愚樵さんのTBに触発されて、初めて人のブログを批判する気になった。僕は「批判は受けるが反論はしない。人のブログの批判もしない」という姿勢で書いてきていて、それはこれからも変わらない。もっとも一度だけ敬意を込めて人のブログを批判したら、僕の想像の一万倍ぐらいのダメージを相手が受けてしまった。後味の悪い経験だった。 でも「世に倦む日日」さん。(個人なのか集団なのかわからない)は、僕の批判など蚊が刺したほどにも感じないだろう。だから批判してみる。理由は被害者を増やさないためである。あの文章はアジテーション...... more
Commented by papillon9999 at 2006-05-06 17:18
雑談日記さん,TBありがとうございました.お手数をかけてすみません.