アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近の10記事
トップページ
・この選挙は安倍晋三には政権を担う資格があるかを問う選挙だ!
・安倍の応援がひどい,警察権力と直接的暴力の脅威
・小池が第二自民だと見抜いて大騒ぎした人へ
・もう遅いが投票時に!非自民の優勢な候補へ一票を投じよう!
・目標はただ一つ,安倍一狂政治の打倒だ!『希望』の逆利用を!
・安倍の方が小池の何十倍も恐いのだ!
・前原は希望との合意を撤回せよ
・枝野新党に欠けているもの
・野党共闘の新会派名は「生活と平和」が良い!
・リベラルは選挙用会派「生活と憲法」を起ち上げ,安倍政権を倒そう!
・小池と安倍の極右の違い(リベラルは動揺するな!)
・日本初の女性首相への野心!
・まずは日本国清掃内閣樹立を目指そう!
・国難突破解散とはよくぞ言った!
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
福島瑞穂,党首辞任の英断
 福島党首が辞任とのこと。以前から,一旦は辞任して,違う味の出汁を作った方がよいと思っていたパピヨンとしては,この決断を英断だと評価したい。ただし,・・・

社民党福島瑞穂党首が辞任 山本太郎に統一会派を提案と明かす【注1】



続く人たちの中に,党首たるべき人材が払底しているので,後継者がいるわけではない。阿部知子がふさわしかったのだが,残念ながら彼女は未来の党へ行ってしまった。とにかく,福島辞任は遅すぎたのである。後継者が誰になるにしろ,ここでは福島瑞穂の功績と政治感覚の齟齬をまとめておく。

 今回もまた,社民党の愚かな選挙戦略が目についた。例えば新潟選挙区で社民党候補を擁立したことである。これを問題視するのは,もしこの擁立がなければ,森ゆう子は当選していたはずだ,などと言いたいためではない。森当選の可能性は高かったはずだが,その結果を問題にしているのではない。仮に,森ゆう子が当選していたとしても同じことを言わねばならない。
 福島党首の心の中は,おそらく,『護憲社民党としての仕事をやり続けて行かなければならない』という責任感だけだったのだろうと思う。これは別に愚かなことではないと思われるかもしれない。しかし,愚かではないとしたら,怠惰であったと言わねばならない。なぜ怠惰なのか。それは,目的が,『真の国民主権を確立するにはどうすべきなのか』ではなく,『組織温存』に入れ換わっているからである。新潟やその他の擁立劇は,この怠惰がもたらしたものだと思う。そう,東京(沖縄)方式を全国的に展開すべく,福島瑞穂は汗をかくべきだったのだ。

 辞任会見の別の記事には次のようにあった。

・・・福島氏は25日の記者会見で「労働組合などの固定票に代わる新たな人とのネットワークや新陳代謝がなかなかうまくいっていない」と厳しい状況を認めた。・・・

 そう,まさにこれなのである。本人もはっきりと自覚していたとは初めて知ったのだが,要するにこれなのである。組織を温存しながら,他党とかかわることによって自らの影響力を増していく,選挙協力も捨身になって,いろんな勢力の接着剤の役割を果たす,そういうことで存在感を増していく地道な努力がなかったことを,怠惰と表現した。もちろん,それが容易でないことはわかる。我々の眼に見えないところで努力はしていたのかもしれない。だが,わかっていて実績を挙げられないとすれば,交代しなければならない。今回の辞任は,そういう意味で,やむを得ないもの,遅きに失したものである。代わりがいるかどうかとは無関係の話である。そして,以前なら代わりはいたのだから。そして,歴史が社民党を必要とするなら,誰かが現れるものだ。
 
 思うに,福島瑞穂が感じた『責任』というものは,過去の栄光ある(皮肉を感じ取って欲しいんだが)歴史的なものに対してではなかったろうか。『護憲』を絶対に貫き通す,そういう政党が消滅しないこと,『護憲』という仕事をしなければならないという義務感,に縛られていたのではないだろうか。だから,何ら『冒険』ができなかったのではないのだろうか。次第に消滅していく党勢に,逆に『守り』に入ってしまったのではないのだろうか。

 下記の記事を見ると,山本太郎に『統一会派』の呼びかけをしているようである。だが,山本太郎は無所属のままでいてほしい。そのうえで,太郎と一緒になって,生活,みどり,緑(なんかややこしいね!),未来,大地,民主の一部など,全体に呼びかけてほしい。社民党と太郎がその中心にいれば,接着できるかもしれない。
 社民党がそのような脱皮を遂げるためだったら,福島瑞穂よ,また党首に復帰せよ!我々はそれを待っている!今度こそ,思い切って冒険せよ!

【注1】 社会民主党の福島瑞穂党首(57)が2013年7月25日に記者会見を開き、同日付で党首を辞任することを発表した。
会見では、党首は辞任するがまだまだアクティブに政治活動を続けると宣言。脱原発を掲げて当選した無所属の山本太郎氏と協力していく姿勢も示した。
 ・・・
また、参院選で支援していた山本太郎氏が当選したことについては、「脱原発の勝利だと思っている」という。どういう立場であれ仲良くやろうという話はしており、入党の話までは行かないが、一人よりは活動の範囲が広がるということで統一会派を組まないかという提案はしていると明かした。

[PR]
by papillon9999 | 2013-07-25 23:20 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/20086181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from アルバイシンの丘 at 2013-07-30 09:06
タイトル : 比例代表選の罠,小党分立
 参院選総括第2弾,比例選挙に眼を向けてみよう。本記事では,比例代表選だと陥りやすい罠,すなわち小党分立傾向が存在すること,を書く。ほとんど同じ主張をもった小党が分立して戦うことは非常に不合理なことであるが,それは何度も繰り返されてきたことであり,本記事ではどうしてそういう不合理なことが生じるのかについても考察を行う。     議席   得票数       1議席あたり  次の議席では  議席率  自民党 18 18,460,404(34.68%) 1,025,578  971,600 37.5% ...... more