アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の10記事
トップページ
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
吉田昌郎さん死去
 取り急ぎ,備忘録として書いておく。
 ・福島第1原発:吉田元所長が死去 事故時に現場対応



東京電力福島第1原発事故の際、収束作業を指揮した元所長の吉田昌郎(よしだ・まさお)さん=執行役員=が9日、食道がんのため東京都内の病院で死去した。58歳。葬儀は未定。
 大阪府出身。東京工業大大学院で原子核工学を専攻し、1979年、東電に入社した。本店原子力設備管理部長などを歴任。一貫して原子力の技術畑を歩いた。2010年6月に第1原発所長に就任した。
 11年11月中旬、健康診断で食道がんが見つかり、12月1日付で所長職を退いた。その後、体調が回復し復帰の意向を周囲にもらしていたが、12年7月に脳出血で倒れ、自宅療養を続けていた。吉田さんの事故後からの被ばく線量は約70ミリシーベルト。東電広報部は「担当医の診断の結果、死去と被ばくとの直接的な関係はない」としている。
 吉田さんは事故直後の11年3月12日夜、本店幹部が1号機への海水注入を中断するよう指示したのに対し、独断で注入を継続。中断すれば1号機の燃料溶融がさらに進行した可能性があり、その判断が評価された。官邸から現地に乗り込んだ菅直人元首相は自著で、格納容器の圧力を下げるベント(排気)作業が難航していた際、吉田さんが「決死隊を作ってやる」と決意を述べたことを明らかにしている。


1.吉田昌郎氏への鎮魂の辞
 吉田氏は津波対策を先送りするなど,震災事故以前はやはり盲目的な核信者であったことは間違いない。しかし,事故時の原発のホントに危機的な状況を曲がりなりにも今の程度で食い止めた功績は,称えても称えてもなおおつりがくるほどの大きなものである。言い換えると,その点に関しては日本国の恩人ということができるだろう。
 文字通り,死を賭した献身的な事故対応は,その責任を一身に背負って,懸命に罪滅ぼしをしようとする態度ではなかっただろうか? その意図は十分に果たされたとしますから,どうか安らかに。

2.吉田昌郎氏の社会的責任
 1は福島所長としての国民に対する責任であったが,他にも一国民としての国民に対する責任が存在する。ざっと考えても以下のことを列記できる。これらも罪滅ぼしの一環と考えてもらいたかった。
 ・自分の病状と被曝線量の克明な記録。むろん,プライバシーという微妙な問題があるが,放射能被曝がどういうものであるのか(自分の健康被害が放射能と関連があるのかないのかを含め),国民の貴重な共有財産として遺す意図があってほしかった。どうせ核マフィアどもは,『専門医によると,吉田前所長の死因は被曝との因果関係はないとのことです』などと嘯くに決まっているのだから。
 ・自分以外の健康被害が広汎に生じている可能性が高いが,闇に葬られたそれらを明らかにすること。
 ・原発通常運転時における重大事故隠し,甚大な放射能漏れなどの公開。これらは必ずあったはず。
(よく考えたらまだまだあったぞ。7-10追記)
 ・そもそもの配管系破壊事故は,津波ではなくて地震そのもので生じたのではないか?
 ・3号機の爆発は臨界爆発ではなかったのか?
 ・14日の爆発で,11人の負傷者が出たが,ホントは死者も出ていたのではないか?(植草ブログの示唆による。吉田所長の発言とその中から重大な言質を指摘した植草ブログの紹介『また死んじゃうよ!』

 とはいえ,最後まで東電社員であった吉田氏なので,このような『裏切り』は期待する方が無理というものだろうか。ひょっとしたら遺族にだけでも遺しておられないだろうか。でも遺族にも期待するのは無理だろうね。となれば,これらを明らかにするのは我々国民の仕事だ。まずは政権を奪い返すこと。目の前の参院選でたとえ敗れても,それであきらめないようにしなければ。吉田氏の死が,原発再稼働を図々しくも口にする自民党・公明党の異常性に気づかせてくれたらいいのになあ

3.被曝線量のジレンマ
 吉田氏の被曝線量は70mSvだという。この数値は信用できるだろうか?ごく短期間でのことだから,相当に高線量といえるが,ではその前の『食道がん』という病名,こちらはどうか?病名の方はおそらく被曝とは最も縁遠そうな病名としてつけられたのではないか。以前の写真では頤からのどに掛けて腫れていた。ごく短期間の70mSvだから,ひょっとしたら急激に全身がボロボロになっていたのではないだろうか。ということで病名は『食道がんだけではなかった』はずである。パピヨンの疑いは『急性被曝症候群』である。このような疑いはイルカ並みだよと一蹴されないためにも,吉田氏の病状記録は役に立つのだが。
 では70mSvという数値はどうか?もし吉田氏の健康被害が完全に被曝とは無関係とできればいいのだが(核マフィアどもにとって),もし労災かなんかで被曝との関連が認定されたら,あまり低くても,たとえば20mSv だとすると,その程度の被曝量でこのような健康被害が生じるという実証になってしまう。この数値は,現在,子供に対して許容している数値である(例の小佐古教授が涙の辞任を以って抗議したあの数値)。
 一方,これより大きいとすると,たとえば100mSvとすると,そんなに高い線量をごく短期間に浴びる機会があったということになる。するとそれは吉田氏以外にも及んでいるはずだから,他の人の健康被害も深刻だろうということになる。吉田氏に生じて,他の,おそらくはもっと被曝量の多い作業員たちに生じないはずはないはずだから。するとこれまでそれを隠していたことになる。知らん顔していた補償問題に発展することになる。

4.多くの健康被害が生じている可能性
 というように考えてくると,吉田氏の被曝線量をどう誤魔化してもそれなりのリスクが存在するように思われる。従って,この70mSvというのはそれほど作った数値ではないのかもしれない。しかし,それでもごく短期間のことでもあるし,きわめて高線量の被曝である。しかも,吉田氏は責任者の立場だから,危険度は相対的に低い位置にいたはずであり,他の東電社員や作業員たちはより多くの被曝をしている可能性は高い。ということは,高い確率で,吉田氏以上の健康被害を生じている作業員や社員が存在することを意味するのである。しかし現実には吉田氏以外の事実は知られていない。ということは隠蔽されている,ということになる。ホントだろうか・・・・ホントだとすると・・・恐ろしい国だ・・・
(ただし,吉田氏が偶然,ストレスも重なって食道がんのみを発症した可能性もありますね。でもそれを証明するのは核マフィア側の責任です。しかも,そうだとすると,癌の進行の早いこと! 放射能によるがんの進行は非常に遅いというくせにネ。)

 報道機関は何をしている!
[PR]
by papillon9999 | 2013-07-09 23:30 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/19985694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bandai at 2013-07-10 22:30 x
70ミリの被曝線量ですが、

もっとずっと高く、200ミリ以上だった
としたらどうでしょう。


それをそのまま認めちゃうと、病死と
被曝の関連が言い逃れできなくなるので、

70ミリ程度にしたとも考えられませんか?
Commented by papillon9999 at 2013-07-11 08:37
そうそう,そういう可能性もあります。作業員の被曝限度が今は250ミリですからね。
だとすれば,当初,対応にあたっていた他の社員,作業員,外部から支援の消防隊員,自衛隊員なども全員,健康被害が懸念されます。
隠し通せる規模ではないように思いますけどね。

ひょっとしたら,文字通り,中性子を大量に浴びる 『被爆』だったのかもしれません。