アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近の10記事
トップページ
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
橋下はん,今あんたに必要なのは文学や!(橋下の慰安婦発言)
 橋下はんの従軍慰安婦に関する発言問題。これに関するパピヨン個人の意見表明は,発言全体の流れをつかんでからやらねばと思っていた。ところが・・・
 さすがはkiikochanさん,その全体の流れを書き起してくださった。以下の記事である。
「橋下徹は参院選を前に自民党にハメられたんじゃないか」とふっと思ったので5/13慰安婦問題橋下徹囲み取材丸ごと文字起こし



 本記事はこの書き起こしを基にして考察したものである。橋下発言書き起こしの全文引用は長すぎるので,ここでは必要な個所のみを引用するが,もちろん全体の流れの中でのことであり,読者は適宜,元の流れの中で確認してください。

 さて,書き起こし文を読むと,まず最初の方,橋下はんはかなり慎重な言い回しで,自民党カルト派の安倍や高市と距離を取ろうとしているように読み取れる。その部分を引用しておく。(改行は節約のため適当にパピヨンが行った。)

記者:それからもう1個、村山談話なんですけれども、この前も自民党の?(たかいち)さんが「侵略」という言葉はどうか?という様な批判的な事をおっしゃっていましたけれども、安倍首相も「侵略」というところをちょっとはっきり(もじょもじょ)なんですが、「植民地支配と侵略をお詫びする」という村山談話については先程(もにょ)

橋下:「侵略」の定義については学術上きちんと定義が無い事は、これは安倍首相が言われている通りです。えーーー、第二次世界大戦後、事後的に国連安全理事会ではなくて国連でですね、安保理が侵略かどうかを最後判断するという枠組みが決まりましたけれども、「侵略とは何か」という定義が無い事は確かなんですが、
日本はね、敗戦国ですから。戦争をやって負けたんですね。その時に戦勝国サイド、ま、連合国サイドからすればね、その事実というものはやっぱり曲げることはできないでしょうね、その評価についてはね。
ですから学術上定まっていなくても、それは敗戦の結果として「侵略だ」という事はしっかりと受け止めなければいけないと思いますね。
実際に多大な苦痛と損害を周辺諸国に与えたことも間違いないですから、その事実はしっかりと受け止めなければならないと思います。その点についても反省とお詫びというものはしなければいけない。


どうだろう?明らかに安倍カルトとはニュアンスが違う。侵略の定義が仮に定まっていなかったとしても,勝った側から『侵略だ』と認定されたら,やむを得ない,そして多大な苦痛と損害を周辺諸国に与えたことも間違いないし,その事実はしっかりと受け止めなければならない,このように言っているのである。まったくもって立派な考えではないか。もし橋下が石原の側に身を売らなかったら,ここはあからさまに安倍批判でも飛び出しそうな感じではないだろうか?
それからさらに素晴らしい発言が続く。

橋下(つづき):こういう立場というものは、自ら一方の当事者が「もう終わりだ、終わりだ」と言って時間を区切って終わりにする事が出来ないんですね。それは時間が解決する。
要は相手方がある程度納得するまで、期間、時間的なその経過っていうものが必要であることも間違いないです。だから、「もう戦後50年経ったんだから、70年経ったんだから全部チャラにしてくれよ」ということを、当事者サイドが言う事ではないです。
これが第3国がね、ま、アメリカやそういう連合国の方が、また、ま、アメリカもそういう損害があったんでしょうけれども、それでもそういう第3者的立場の国がね、「もういいんじゃないの」っていうのは、それはいいんでしょうけれども、当事者である日本サイドの方が、「もう60年経ったんだから、70年経ったんだからこれはチャラだよ」というのは、これは違うと思いますね。


ここも,例えば泥棒がもう追及は終わりにしましょう,なんて言える立場ではないでしょ?という至極もっともな考えを披露しているのである。このあたりは素晴らしい。

ところが,その次からが問題の個所,勢いでその地点に突入していく。侵略であると認定されても仕方ないが(多大な迷惑をかけたことは事実だろうから),一つだけ,間違って認識されていることが,一つだけある,それだけは認識を改めてもらわないといけない,という論旨の流れで突入していくのである。
 その,間違って認識されていることこそ,従軍慰安婦問題である,ということである。
 それでも慎重な前ふりを入れながら,次のように話を持っていく。

橋下(つづき):慰安婦の方に対しては優しい言葉をしっかりかけなければいけないし、優しい気持ちで接しなければいけない。
意に反してそういう職業についたという事であれば、その事については配慮はしなければいけませんが、しかし、何故日本のこの従軍慰安は、いわゆる従軍慰安婦問題だけが世界的に取り上げられるかというと、その当時慰安婦制度というのは世界各国の軍が持ってたんですよ、持ってたんです。
でー、これはね、いい事とは言いませんけれども、当時はそういうもんだったんです。


下線部,『意に反してそういう職業についたという事であれば』という言葉で,意に反してそういう職業に就いた人がいることも認めながら,それを『職業』と表現している。これを心に留めて次を見てみよう。

橋下(つづき):ところが何故欧米の方でね、日本のいわゆる従軍慰安婦問題だけ取り上げられたのかといったら、日本はレイプ国家だと。無理やり国をあげてね、強制的に意に反して慰安婦を拉致してですね、そういう職業につかせたと。
レイプ国家だというところで世界は非難しているんだというところを、もっと日本人はね、世界にどういうふうにみられているのかっていうことを認識しなきゃいけないですよ。


 ここはちょっと論旨の流れがわかりにくく(話し言葉なので),高度な読解力を要するが,
『こういう風に(レイプ国家だと)思われている,だがこの部分だけは違うと主張(反論する)べきです!』
という趣旨で発言していると思う。その論拠となるのが,ひとつ前の,
『その当時慰安婦制度というのは世界各国の軍が持ってたんですよ、持ってたんです。』
の論理である。
 要するに,世界中,どの国も慰安婦制度を持っていたのに,なぜ日本だけが『レイプ国家』のように非難されるのか,それは筋が通らない,そこだけは反論すべきだ,とまあ,こういう理屈を述べているのである。だが,ここは論理がちょっとよろめいている。『レイプ国家』の汚名については『強制連行の有無』が問題になるのだろうが,それと『慰安婦制度』がどの国にもあった,ということは直接の関係はない。だが本稿では主に『慰安婦制度』自体の問題について追及する。

 この後の発言は,しばらくこの論理を別の表現で繰り返しているのである。そして再び,安倍らのカルト派との一線を画す。

橋下(つづき):日本の歴史認識と言いますか、政治家のねメッセージの出し方の悪いところはね、歴史問題に関して、謝るところは謝って、言うべきところは言うという、こういう事が出来ない所ですね。

 さて,ここまでだとどう評価すべきだろうか?パピヨンは次のように思う。世界中がやっている(いた)のに日本だけが非難されるのは(それも『レイプ国家』のように)極めて不当だ,という認識は,直ちに間違っているとは言えないだろう。しかし,その認識の結果,『だから日本も仕方なかったのだ!』という風に持っていくのが根本的に間違っているのである。
 正しい持って行き方とは,

 米国よ!欧米よ!〇〇よ!△△よ!貴様らも『レイプ国家だ!』と非難すること

である。そこには一点の弁護の余地もないからである。

 橋下は間違った方向へ持って行ったので,ついに致命的な発言を犯してしまう。

橋下(つづき):そりゃそうですよ、あの、あれだけね、銃弾の雨、銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命かけて、あの、そこを走っていく時にね、そりゃそんなあのー、武者集団と言いますか、精神的にも高ぶっているようなそういう集団はやっぱりどこかでね、そのーー、あのーーーーーー、まあ、休息じゃないけれども、そういう事をさせてあげようと思ったら慰安婦制度というのが必要だという事は、これは誰だってわかるわけです。

 一般からの批判が最も高い部分だと思うが,これがいかに非人間的な感覚であるかに気が付かないことが橋下の政治家として,人間としての致命的弱点であると言わねばならない。それを以下に論証する(【注1】も見てください)。

 先に書いたように,橋下は『慰安婦』を『職業』と表現した。でも考えても見るがよい。一人で一晩で数十人も相手するために,稼ぎに来るか?自発的にそういう仕事をしたいという女性がどれくらいいると思うか?いやひょっとしたら,何人かは奇特な女性がいるかもしれない。しかし,そういうことで必要とされる人数が賄えるか?仮にいたとしても,一人で数万人相手にせざるを得ない人数だろう。そういうのが『職業』と言えるのか?

 いや,ひょっとしたら橋下は法律的なことを言いたかったのかもしれない。『そういう制度があったんだから』という言質を残しているから。パピヨンは各国にそういう制度があったかどうかは詳しくは知らない。しかし,制度があったろうとなかったろうと,全く関係はないのだ。法律があろうとなかろうと,そういうのを合法化しようとすること自体が犯罪なのだ。たとえば,『治安維持法』が犯罪的法律であるように,『慰安婦』を合法化する法律自体が犯罪なのである。
 『武者集団と言いますか、精神的にも高ぶっているようなそういう集団はやっぱりどこかでね・・・・休息じゃないけれども、そういう事をさせてあげようと思ったら慰安婦制度というのが必要』だと?猛者たちの,激しい戦闘の後の性的休息は男の本能と言いたいのか?ラグビー戦をまさか思い浮かべてんじゃないだろな。

 この発想は,『男の本能を理解してあげて,それを満たしてあげることを最優先する』というものだ。だが,その発想は他の人権,特にこの場合は女性の人権を蹂躙するという一方向性の悪業を必然的に必要とする。
 そういう役割を自覚して,菩薩様のような仕事を女性に期待するというのか。そういう奇特な女性は何人いると思うのか。自分の母親,妻,娘のことを想像してみよ。一晩に100人の相手をする『職業』に就くことを許せるか。
 そういう役割の必要性を絶対視する思想であれば,その絶対的に足りない数をどうやってそろえることになるか。結局は,騙しから始まって,強制連行に行きつかないはずがない。いや,強制連行があったかなかったかには本質的にはさほど重要性はない。だけども,強制連行は慰安婦のみではなく,兵役,奴隷的役務,あらゆる場合について,犯罪である。

 さらに,橋下は自らの発言の報道に際して,外国では『sex slave』と訳されたことに強く異議を唱えた。

 『慰安婦』なんだ!『sex slave』ではない!

だが,ここまでお読みいただいた賢明な読者なら,この異議が全くの勘違いであることがお判りだろう。そう,『慰安婦』制度とは,本質的に『性奴隷』制度を意味するのである。
 考えてみれば,『慰安婦』というような男性にとってのみ都合の良い言葉が,各国にあるのだろうか? パピヨンが知らないだけかもしれず,強く主張することは避けるが,例えば英語ではヤフーの『翻訳』ツールを用いても,『Charity dame』という,気高い訳語しか出てこない。もちろん,橋下にとっては気高い『職業』なのかもしれないが,その意味は全く異なることは明らかである。つまり,『慰安婦』に相当する訳語としては当然のごとく『sex slave』となるのではないだろうか?(自信はないよ)。外国メディアの報道は別に意地悪でも曲解でもないだろう。

 そう,『慰安婦』とは,『性奴隷』の言い換え,大本営言葉なのである。『撤退』を『転進』,『敗戦』を『終戦』とする大本営語だけが有名であるが,『慰安婦』という言葉も,その仲間に加えるのが適当ではないだろうか。そしていつの日か,「イアンフ」という和製国際語となる名誉を勝ち取るかもしれない。

 橋下は,それでも精一杯気を使っている。以下のごとく。

ただ慰安婦の方、意に反して慰安婦になってしまったかたはね、それは戦争の悲劇の結果でもあるわけで、戦争についての責任はね、わが日本国にもあるわけですから、その事に関しては心情をね、しっかりと理解して、やっぱり優しく配慮していくっていう事が必要だと思いますけれども、しかし違う事は違うって言わなければいけませんね。

 『意に反して慰安婦になってしまった方』の存在を公式に認め,戦争についての責任は日本に「も」あることを認め,意に反してならせられた慰安婦には優しく配慮することが必要と思う,そういう橋下は,単なるカルト系のネトウヨとは明らかに異なる。

 パピヨンブログでは,橋下の人権感覚は,その辺の二枚舌サヨクよりも優れている,という趣旨のことをたびたび書いてきた。それは今でもたぶん変えなくていいと思う。しかし,その人権感覚と今回の『慰安婦』発言には大きなギャップがある。そのギャップも以前から指摘していた。それは自らの正義感の赴くまま,感性のみに頼った直感的発言しかしないことが原因であると。それで通用してきた自信というか,タカククリもあるのだと思う。

 そう,何かが橋下に欠けているのだ。それを指摘することが本稿の目的である。ようやくそこに来た。あえて言おう。橋下に欠けているのは『文学』である。おっと,間違っちゃあいけねえよ。文学と言ったってあのシンタロとちゃうで。あれは駄文学とでもいおうか。わかっていると思うが。
 橋下はん,あんたには藤沢周平や。真に国や藩の底辺を支える一兵卒の眼からの視点や。それには藤沢周平が良いぞ。

 橋下は頭だけで理屈を連ねていく。それは時に素晴らしい論理的帰結に到達するが,今回のようにとんでもない帰結をもたらしたりもする。それは頭だけで考えた人権だからである。人間の内部が論理を尽くしても則を超えず,というものに到達してないからである。パピヨンの以前よく用いた表現では,『前頭葉』がまだ良いものにできてないからである。まだ真の大切なことが,体にいや心に沁みついていないのだ。沁みついていたら,『慰安婦職業説』のような発想は出てこない。
 それを養い,培うものが文学なのであり,橋下はそれを前頭葉もしくは心に沁みこませたらきっと大成するだろう(^o^)。いや,もう一つ,雑巾がけの時も必要。10年とは言わん,せめて5年は雑巾がけの時代を修業しなければならない。その修業場所は,そうねえ,ここがいいかも【注2 ただし,反小沢教信者は参照しないこと。気分が悪くなることを警告しておく】。維新の代表なんぞさっさと辞任して,合流せんね,早いとこ。

 kiikochanさんの書き起こしでは,最後に原発にも言及している。ここでも橋下は安倍カルトと一線を画そうとしている。趣旨をまとめると以下のようになる。
 ・市民運動的なもので原発ゼロを主張するより,自然現象的なフェードアウトを待つべき。
 ・技術力は信用するが,技術力だけではだめで,運営組織の問題がある。その組織の体質では原発を動かしたらいけない。
 ・原発は安全性をきちんとチェックしたら,自然とフェードアウトしていく。(それほど割に合わないものだ)

 しかし,自然の摂理にゆだねるような市場原理主義の行き方では絶対にフェードアウトしないのが原発利権村の特殊性であり,橋下の考えは楽観的すぎるのだが,ここでは別問題としておこう。とにかく,安倍カルト派と一緒くたにしてはいけない。

 以上で本件に関する考察を終わる。『性奴隷』を『慰安婦』と言い換えることを重大問題としたので,今回の考察では,『強制拉致』の事実,重要性がやや希薄な考察になったかもしれない。次の機会にはその点に重点を置きたい。
 さて橋下さん,この記事を見たらどう思うかな。大化けできると思うけどな。

【注1】 それほど戦争には慰めが必要で,その種の慰めがないと戦争できんというのなら,パピヨンの解決策があるので提案しよう(思考実験だからここに噛みつくなよ)。
 第一案:妻や恋人を帯同して戦線参加することだ。ただし,その時には妻や恋人の自発性が絶対不可欠とする。ちょっとでも強制力が働いたら不可とする。とはいっても,実際には自発的意思とは言いながら陰に陽に圧力がかかるだろうから,完全なる自由意思は現実には不可能か。はかなくもこの案は没か。
 だとしたら,第二案や。そう,ダッチワイフの大量生産や。もともと妻や恋人のいない兵隊さんは第一案では困るわけで,この案がいいな。ダッチワイフがオランダ侮辱と今の時代言われているのなら,表現を変える。『恋人人形』や。日本製はきっと改善に次ぐ改善で高性能化することでしょ。
 なに???あまりにも兵隊さんを侮辱しているだと?そう,実はわざと下品に描いた。架空の兵隊さんが感じる侮辱よりも,生身の人間(女性)に対してもっともっとはるかにひどい侮辱を,『慰安婦』という『制度』や『職業』はもたらすのだ。それを少しでも感じ取れ。
 第三案:そもそもそんな戦争に貧乏人が行くな。でも貧乏人から行く羽目になるんだよね。『職業』として。

【注2】 修行場所は,そうねえ,『小沢一郎』の下がいいかな(^o^)。そこで一生懸命,勉強せんね。
[PR]
by papillon9999 | 2013-05-28 18:00 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/19489485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from アルバイシンの丘 at 2013-06-25 00:41
タイトル : 緊急速報!都議選分析上巻
 2003年都議選が終わった。すさまじい結果にめげることなく,正しい分析を行って,次の参院選に備えなければならない。といってももう遅いが(^o^)/(力ない笑いを表現したい!)  まず,朝日新聞の分析はクソ分析である。こんなのに惑わされてはいけない。  反アベノミクス票、民主から共産へ 都議選出口調査 今回の都議選の最大のキーワードは低投票率である。  投票率 過去2番目の低さに  しかし,各社の報道は低投票率という事実を淡々と伝えるのみで,これの持つ意味と選挙結果とのつながりを分析したものは...... more
Commented by yamada at 2013-05-30 14:00 x
このような批判をなさる方もおられるのですか。感服しました。世の中は広いですね。
Commented by papillon9999 at 2013-05-30 20:46
yamadaさま

こんな過疎ブログへようこそ。記事を読んでいただけて嬉しいです。
Commented by papillon9999 at 2013-06-02 09:33
せっかくの渾身の記事が汚れるけん,余分のコメは下記に移動しましたっ。

Dさんよ,どうぞこちらへ http://papillon99.exblog.jp/19691127/
Commented by papillon9999 at 2013-06-04 07:21
このブログに好意的なある方から,『橋下に今更文学を説いても手遅れ』,『なんでそんなに期待するんだ』とかいった趣旨のメールを戴きました。
ご尤もだと思いますが,ちょっと記事の趣旨は違うつもりなんですよね。期待とか,まして擁護とかではないんです。

例えば,『王選手が大リーグへ行ったらどうなっただろう?』に似たような思考実験とでも思っていただけたら,記事の趣旨に近いかな。

『もし橋下の心や前頭葉に文学が沁みついていたら・・・』,『もし橋下が小沢の下で雑巾がけをしたら・・・』などという思考実験なんです。

ただ,王選手の方は可能性がゼロなのに対し,橋下の方は可能性としてはまだ十億分の一ぐらいはある,というほんの小さな違いがあるだけです。
Commented by ぶどう園 at 2013-09-09 00:58 x
余計なことと感じられたら申し訳ないですが、1度是非
櫻井よしこさんを御覧になってみて下さい。
Commented by papillon9999 at 2013-09-09 08:09
ぶどう園さま,コメントどうもありがとう。
余計なことではまったくありませんよ。このようなコメントは大歓迎です。
ただ,望むらくは,櫻井よしこさんに対するあなた自身のまとめなり,感想なりを教えていただくとありがたいのです。というのはどこをどう感じれば良いのか,すべてゼロから考えなくてはならないからです。
それでも検索で,以下の記事を探し出せたので,これを基に考えます。
櫻井さんは,名前と顔だけで,普段,その主張はまったく読まないものですから。(^o^)/
特集 「 橋下市長『慰安婦発言』の是非を論じる 」2013.05.30 (木)
http://yoshiko-sakurai.jp/2013/05/30/4715
さて,ここを読んでみて,桜井さんの論旨がいまいち掴めません。
以下のようなものでよいでしょうか。
1.橋下徹の発言は日本擁護の試みだけど,これではやぶへびだ。ここに,『へび』とは『人類普遍の価値観に照らし合わせて、永遠に日本を非難し続ける構造が作られる。』
2.世界の一部は,慰安婦問題の真実=『おびただしい数の朝鮮人女性が,父や夫によって売られたり自ら進んで慰安婦となった』を明らかにしつつあるから,今は冷静にしておくことが賢い道だ。
Commented by papillon9999 at 2013-09-09 08:14
以上の要約で良いでしょうか。

これには反論がありますが,ここでは書けません。とりあえず一言だけ申し上げます。

旧帝国と同盟関係にあったナチスについては,その擁護をするのは世界では犯罪です。
櫻井さんたちの活動は,それと同じようなことをやっているように思われます。
同時に,米国の原爆,空襲という名の市民無差別攻撃も同様の犯罪としなければなりません。
Commented by papillon9999 at 2013-09-09 08:33
一言,追加します。今気がついたので。
櫻井さんたちは,米国の,市民無差別攻撃に対して,その責任追及を一生懸命なさっておられますか?
そういう記事があればぜひ教えてください。