アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
第46回衆院選の総括(5:小沢党再起の3つの条件)
 実に昨年来の書きかけであるが,未だに納得できる内容にはなってない。しかしキリがないので不十分ながらこの程度でアップする。
 1月の25日だったか,新生小沢党である『生活の党』が旗揚げした。この新党の理念と政策は別稿で論じる。本稿では総選挙の反省と,極めて厳しいことが予想される小沢新党の再生への条件を考察する。



 1.小沢一郎の任務

 今度の総選挙で,小沢一郎のある意味でのカリスマ性は崩壊した。大勢順応国民や我が身第一の政治家には,負け馬には乗らない効果が見事に当てはまる心理に支配されるだろうから,求心力も今はほとんどなくなったと見なければならない。現在の国会議員がわずか15名の生活党,その党首・小沢一郎にそれでも期待をするのか。

 新生・生活党の基本政策,生活の党・基本政策を見ると,かつて保守の本流であった小沢一郎のミッション,保守を二分し,『真の高度福祉社会建設』する構想(小沢一郎と小選挙区制(2) 2011年 07月 07日)は,未だに変わっていない。
 お題目の理念はだれが唱えても同じだ。『真の高度福祉社会建設』と社民党や共産党が唱えることもできる。安倍自民も実際にはやらんだろうが唱えることもできる。しかし,的確な問題意識と実現する政治力が揃ってなくては絵に描いた餅に過ぎない。
 せっかく政権を奪取しておきながら,小沢党は,国家的な謀略でその力を不当にも奪われてしまった。だから残念ながら小沢党は条件を満たさなくなってしまった。ではどうすればいいのだろう?他の勢力にそのミッションを託せるのか?残念ながら,共産党は別の勢力だし(真の人権意識に欠けた偽善政党。すんまへん。1/31追記:素朴な支持者を冒涜する意図は全くありません。もしこの表現で傷つけたとしたら,深くお詫びします。ただ,この表現は,三井環氏の訴えを無視したこととか,捏造捜査報告書について何の問題にもしないとか,客観的な根拠に基づいています),社民党は誤差の範囲(泡沫)の政党に落ちぶれてしまった。維新とみんなは問題意識が的確な方向とは全然乖離している。自公は論外。

 こうして,我々は再び,『生活の党』へ戻って来ざるを得ない。実現する政治力は,仕方がない,再構築するしかない。だが,その可能性,希望はあるのだろうか? オーイエス,わずかながらもあるではないか。小沢一郎に『小沢一郎』を実現するための強い意志がある限り,それを求める国民は『生活の党』の下に結集しなくてはならない。
 今回の選挙で共産党と社民党は得票を減らした。その票は大部分,恐らく,未来の党へ行った。脱原発を実現する力を未来の党に求めた票だと思う。結果的にその期待は儚い露と消えた。こういう人たちには強い失望を与えたことだろう。だが,こういう人たちをつなぎ止めればまだ可能性はある。わずかだが,その糸はまだ断たれてはいない。以下で考えてみる。

 2.オリーブの木の構想と支持者の信頼

 生活党党首となった小沢一郎のほとんど第一声は,夏の参院選で自公の過半数を阻止することの訴えであった。このためには非自公の各党が連携をしなくてはならないのは自明である。そうでないと,勢力が分散して大悪党である自公連立勢力を利するからだ。しかしながら,このオリーブの木の構想は極めて困難だろう。幻想に終わる可能性が高い。
 もとよりパピヨンも及ばずながら,ずっと以前から国民主権派,すなわち反原発,反消費税,反TPPの勢力を結集することを訴えて来た。(『オリーブの木』という構想は知らなかったのでそのワードは使わんで)。しかし,すでに,下記の記事
 第46回衆院選の総括(2:オリーブの木を阻むもの) 2012年 12月 23日
に書いたように,今度の総選挙で反自公側のいくつもの欠陥が露呈された。
 最大の問題は,小沢支持者があまりにも原理主義なことである。周知のことだが,小沢一郎は実に不思議な政治家である。左右両派から強固な支持があると同時に,左からと右からの強烈な忌避感情もある。このことは,小沢一郎が非凡な政治家であることの反映なのであるが(次の記事で改めて詳しく論じる),強さとも弱点ともなっている。
 つまり,小沢党が社民勢力と連携しようとすれば,右側から大批判が起こるのであり,反対に民主や維新やみんなとの連携を模索すれば,左側からの猛反発が生じるのである。
 例えば維新。無論,今の維新では論外であるが,かつてはいろんな側面を持っていた。石原はその側面の一つと結婚したのである。だから,別の側面と結婚すれば,味方にもできた可能性はあるのだ。もう遅いが。尤も,そういう結婚ではいつか破綻する可能性も高いが,それは数という求心力で維持しようという賭けでもあるのだ。そういうのを不純だと言ってはいけない。多かれ少なかれ,人は皆違うのである。どこまで妥協できるか,その許容度の問題である。妥協できなくなった時に別れれば良いのだ。

 今はまず地力を回復させるべき時であるのは確かだ。自らの体力があってこその連携だから。だが,小沢党に期待する者は,理念が変わらない限り,いかような戦略であっても信じてついていかねばならない。政治力を得るための小沢戦略がどのようなものになるか,わからないからだ。他の野党と連携を模索するかもしれないし,単独活動で進むかもしれない(だって,他党が嫌がるけん(^o^)/)。最良の戦略がどれか,一番よくわかるのは小沢執行部だから,それを信じて行くしかない。(でも嘉田と結婚したのは間違いだったねぇ・・でもやってみらんばわからんけん,仕方なか)。
 そうやって初めて,ようやく細い可能性の糸がつながるのである。引用記事小沢一郎と小選挙区制(2) 2011年 07月 07日にある一文を紹介しておこう。

 ・小沢氏は「原理主義者」と称される。政局を動かす局面では振幅が大きい半面、主義主張では原理原則にこだわる

 3.小沢一郎のメッセージ

 政治力を喪った小沢党が再生するための極めて細い可能性の糸,その最も重要な条件が,小沢一郎のメッセージだ。ついーとのコメントに書いた。これで代用しておく。

 以上,『国民主権派』の再起は可能となる条件として,『国民主権確立』の実現の確固たる意志,小沢党(生活の党)支持者の信頼,および小沢一郎のメッセージの三つの条件を示した。政策的なものは次稿で考察する。

Commented by papillon9999 at 2013-01-20 11:22 x
小沢一郎はこれまでのスタイルを変えないと再起は難しいかもしれませんね。私が思うのは前から書いてますが,直接自ら国民に語りかけることです。
アリバイ的なツイートで時候の挨拶をすることではなくて,霞が関,TPP,消費税,原発,若者の希望,年寄りの希望,・・・ビジョンを示し,語らねばなりません。
ひょっとしたら,パピヨンのような小沢支持者も誤解している部分があるかもしれない。『小沢はホントは原発推進なんだ』という『反小沢・信者』のデマ攻撃に対しても,『どこまで本気なんだろ?』と疑心暗鬼を生じるかもしれない。どこまで,何が,本気なんだ,ということを示すのは,小沢に期待している人々に対しても重要です。
尤も,そのようなスタイルだったらとっくに首相になっていたかも。(^o^)/^^^^^^^^^^

Commented by papillon9999 at 2012-12-29 08:50 x
確かに,亀井静香氏は貴重な重要人物です。政治は理念ですが,人間が動かすもの。従って,人間そのものが重大なカギを持っています。人間同士のつながりという意味において,保守の亀井静香が脱原発側にいるのは極めて重要。
『小沢理念=国民主権確立』は小沢でなくても主張できるが,それを実行するのは強固な信念と論理力,それに大胆な戦略が必要です。つまり,人間に依存する。よってこれまでは小沢一郎が必要だったのです。
しかし,もう求心力は残っていないかもしれない。これからは小沢に頼らぬ戦略を立てなければならない。その場合でも小沢忌避感情の克服は重要な課題です。亀井静香がその役目を担ってくれたらいいのですが。
[PR]
by papillon9999 | 2013-01-27 23:42 | Trackback(1) | Comments(16)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/18288184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from アルバイシンの丘 at 2013-02-09 15:31
タイトル : 『国民の生活が第一』への回帰(18:生活の党として再起)
 1月25日に『生活の党』が旗揚げし,瀕死の重傷を負った小沢党も一応の新体制が整ってひとまず安堵したい。第46回衆院選の総括(5:小沢党再起の3つの条件) 2013年 01月 27日で指摘したように,小沢党の再起・反撃の可能性はまだわずかに残されている。ここでは改めて,『国民の生活が第一』の理念を生活の党の基本政策から確認しておきたい。  ・生活の党  ・生活の党・基本政策  基本政策には下記の5項目が並ぶ。それぞれの中身は容易に確認することができる。  1・国民生活を立て直す ...... more
Commented by 牧野弘幸 at 2013-01-31 18:32 x
 本文を読む限り、papillon9999さんは未だ小沢一郎さんに頼ってる様ですが、今後の将来を考え、そろそろ、小沢一郎さんを捨てる時期じゃないかな。
 代わりに支持する政党は、みどりの風、または、日本未来の党の阿部知子さん側。

 そうそう、2012年12月総選挙、民主党が大敗し、日本維新の会が大幅に伸びた割に日本未来の党が伸びなかったよな。
 安倍晋三さんの政策を見てると、何となく、小沢一郎さんの政策に似てるし、まさかと思いますが、小沢一郎さんが自民党に組織票を廻してしまったかな?
 小沢一郎さんは日米中、安倍晋三さんは日米韓の違いはありますが、軍事・外交スタンスも似てるし。
 この2人、どっちも保守本流に見せかけてるネオリベラルである点も似てます。
Commented by 牧野弘幸 at 2013-01-31 18:32 x
>確かに,亀井静香氏は貴重な重要人物です。
>保守の亀井静香が脱原発側にいるのは極めて重要。

 認識が甘い気がする。
 保守の人間だけあって、あまり脱原発を期待しない方が、kojitakenさんの話では、「脱原発」と言う名前の原発推進政党を結成して脱原発勢力をぶっこわしてる様だし。
 但し、小沢一郎さんと決定的に違う点があり、TPPに関しては大丈夫でしょうし、小選挙区制に反対する点も良い点です。
 そろそろ、小選挙区制の怖さを理解したかな。
 小沢一郎さんが保守本流の傍流、安倍晋三さんが保守傍流の本流、亀井静香さんが保守傍流の傍流だから、亀井静香さんだけは「傍流の傍流≒本流」と思って問題なさそうです。
Commented by papillon9999 at 2013-01-31 21:43
『小沢一郎は自民党の廻し者』 ちゅうのも一種の陰謀論ですな。

多くは見解の相違に帰着するようだから,議論すると面倒になるので,今は一つだけお聞きしましょうか。亀井静香のことだと思うが,

『kojitakenさんの話では、「脱原発」と言う名前の原発推進政党を結成して脱原発勢力をぶっこわしてる様』

というのは具体的にどんな動きを指しているのかな?kojitakenさんの話にあるという具体的なことを知りたいのだが。
陰謀論の一種じゃないか心配やけん,確認。

>そろそろ、小選挙区制の怖さを理解したか

これはムカッと来る言ですな。言ったはずだが,小選挙区制というのは劇薬だって。劇薬だから政権交代をもぎ取れるんだね。
すでに何度もこの制度で選挙があったのに,何ら対策を講じてない。惰性で選挙を戦う怠惰な姿勢を問題にせんば。
なんつっても,中選挙区制のままだったら共産党と社民党は1議席ずつなんだから。でも我が国の”革新”勢力にや,無理かな。
保守・革新の色分け法はなんか古くないやろか。

ただ,比例区と小選挙区の定数配分は200と200の同数がいいかもしれん。
選挙制度の記事も書きかけとるです。改めて議論しましょ。
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2013-01-31 23:50 x
みどりの風や阿部知子氏でも
良いが、
実現する政治力というものが
ないと、票をゴミ箱に捨てるような
もんだってのに。

みどりの風や未来の党が
独自路線を貫いても
泡沫政党でしかなくなっちゃうよ。
Commented by papillon9999 at 2013-02-01 08:35
国民主権派にふさわしい内容を持っているにしても,同じようなことをそれぞれが別個に主張したら桁落ち効果でゼロになってしまいます。
多数派形成の戦略に乏しいのは致命的ですね。戦略どころか,意志さえ疑わしい。
完全には一致しなくても政党を構成しなければなりませんが,常に多かれ少なかれ妥協せざるを得ない。
旧革新勢力にはそれは無理だとあきらめています。なぜ無理か?それはその主張が自分の商売道具だからです。旧革新勢力は個人商店意識から抜け出せない。

それに,牧野さん,あなたは知らないの?みどりの風はあなたのいう”保守”なんだが。
Commented by D at 2013-02-02 01:48 x
kojitakenみたいな客観性皆無なやつが語る事を信仰しているようなやつの話なんて聞くだけ無駄。
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2013-02-02 10:28 x
牧野とやらの文章自体が、
そもそも文意不明かと。

kojitakenは思い込みの激しい奴。
その信者とはかわいそうな奴。
Commented by papillon9999 at 2013-02-03 23:05
牧野さんは別に共産党信者ではなさそうなんですがね。でも意味は確かに不明。
Commented by D at 2013-02-03 23:23 x
kojitakenも共産党信者ではないと自分では言ってますwww
Commented by papillon9999 at 2013-02-04 00:01
どっちでもいいけどねwww
でも真の脱原発勢力はどこなんでしょうね。
Commented by kojitakenはうそつき at 2013-02-04 09:24 x
小沢原発利権とは?~小沢叩きもネタ切れ?
ttp://www.asyura.com/11/senkyo111/msg/138.html

kojitakenがうそつきなことはここでバレバレ
Commented by papillon9999 at 2013-02-04 21:48
なるほどね。まあ,思い込みなのか嘘つきなのかは断定しないことにしましょう。
いずれにしても論理が逆で,小沢悪役論を正当化したい動機が先に来るもんだから,こうなるとね。

ところで,共産党の原発擁護論理がひどかったよね。原発反対派を喪っては核兵器廃絶運動が弱まるから,原発反対したらいかん,ていう論理ね。技術が正しく確立すれば安全なんだから,原発と核兵器とを区別せんば,ということね。
実は,共産主義社会に向けて原発が必要な理由を推測したことがある。結論では,生産力を飛躍的に高めることが共産主義社会の成否に直結するから,となった。記事のどこかにも書いたが,マルクス主義的には,多くの人を養うためのカギとして,生産力の高さに期待している(と思う)。別に今でも共産党が強固なマルクス主義というわけじゃなかけど。
でも恐らく,その文脈の中での原発だと思う。あのけた違いのパワーに眼を眩まされたのやろうね。しかし,そのパワーも,夢のエネルギーではなく,単なる湯沸かし法の一つに過ぎんのだけど。

なあんて,余計な恥かきをしてしもうた・・・間違ってたらどうしよう・・・
Commented by papillon9999 at 2013-02-05 08:27
ところで,原発と核兵器は違う,というのは一つのちゃんとした主張ですよね。それはそれで構わんです。同意せんけど構わん。
それは単に,原発推進論理の一つなんです。つまり共産党も立派な原発推進派だったということを言いたいだけなんどす。
でも今反省しとるなら許す,というこつです。ところで反省しとるのかな?
Commented by D at 2013-02-05 23:40 x
反省なんかしてません。

「原子力問題にかんする決議」より抜粋
「原子力のもつ人類のあるゆる技術的可能性を十分に福祉に奉仕させることは、人民が主権をもつ新しい民主主義の社会、さらに社会主義、共産主義の社会においてのみ可能である。ソ連における原子力の平和利用はこのことを示している。」(要約すると、共産主義者が原子力を扱えば大丈夫)

http://blog.livedoor.jp/fujouri_jcp/archives/65643086.html
http://blog.livedoor.jp/fujouri_jcp/tag/原発

※「原子力問題にかんする決議」と言うのは、不破が震災以降に日本共産党の原子力政策は反対の立場で一貫していると講演した時の根拠として使われたもの。
Commented by papillon9999 at 2013-02-06 00:24
いやあ,とても興味深いブログのご紹介,ありがとう。初めて拝見しました。

なんか,ホントに嘲笑というか失笑系にはまっていきますねえ。何がって,日本共産党そのものがwww

未だに不破講演で学習なるものをすること,いくつもの不都合な点を涙ぐましい努力で誤魔化そうとすること,まさに,原子力ムラの体質そのものじゃん!!
驚いた!!策を弄して,自分の馬鹿さ加減を証明してしまうなんて(^o^)/^^^^^^^^^^ここまで劣化していたとはねぇ・・・
日本共産党は他党議員の攻撃はやるが,霞が関や検察の攻撃は決してしない,安保廃棄は言うが,永久に実現性の無いことだけを叫んで,相手にとって実害なし。
素朴な庶民は未だしも,インターネットをやっていて未だ共産党を無邪気に盲信する人って・・・でももういないかな?
Commented by papillon9999 at 2013-02-06 00:42
日本共産党には会計監査制度が無い!
http://blog.livedoor.jp/fujouri_jcp/archives/65669769.html
こういうのも発見しましたよ!
政党助成金が憲法違反だと大騒ぎする不可思議な態度も,これで氷解しますな。下記の記事では,『個人商店のワンマン経営』と書きましたが,より具体的になりました。
共産党の政党助成金攻撃の謎 2009年 12月 05日
http://papillon99.exblog.jp/12435825/#12435825