アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
『国民の生活が第一』への回帰(9:遂に結集!『日本未来の党』の旗の下)
 素晴らしい事態となった!なんと『国民の生活が第一』党が解党して,滋賀県知事・嘉田由紀子立ち上げの『日本未来の党』に合流するという。こういう話が急にまとまったということは,水面下で周到に話し合われていたに違いない。パピヨンの直感だが,小沢一郎の方から仰天戦略を持ちかけたのではないだろうか。うーん,素晴らしい!

 滋賀知事、「日本未来の党」結成表明=生活、脱原発が合流へ



 ネット記事の断片から得た情報に過ぎないが,小沢一郎は生活第一党の候補者に,政党名の入ったポスターの印刷をストップさせていたようである。さらに,自分は引いた位置で,党首は嘉田由紀子でよい,というスタンスで臨んでいたという。
 さすがは小沢一郎。何が大事か,心底わかっている。自分は引いても一番大事なことを実現するために,必要なら自分は引いた位置に控える。うーん,感動的だ!

 こういうのを聞くと,橋下という自己主張の塊りと真逆だね!と思ってしまう。踊り踊らされる橋下とは人間の格が違うね!という感想が実に自然に出て来る。

 ただ,党首は嘉田由紀子でも,総理には国会議員しかなれない。となると,もし政権を担うようになったら,誰が総理になるんだろうか?やはり小沢一郎の出番が来るのではないか。

 ひょっとしたらこの合流は,現代日本政治史上,画期的なエポック(の前駆事象)となるかもしれない。
 
 これで選挙は盛り上がる!眠れる大衆が未来の旗の下に,民自公への激しい怒りをもって馳せ参じるだろう。

 社民は解党しなくていいから統一会派を組め。そして比例名簿に載せてもらえ。現職区を支援してもらえ。瑞穂よ,ここはあなたの政治的センスを挽回する最後のチャンスだ。このチャンスをみすみす逃すようであれば,あなたは党首の資格はない。落第だ。

 残る気がかりはみどりの風。潔癖症に囚われていわれのない小沢忌避感情が過ぎると,最大のチャンスを逃してしまう。小沢総理がどうしても嫌だというのなら,小沢は他に何か知恵を持っているはずだ。ぜひ統一協力せよ。

  次回は,この合流に関する,ヤフーみんなの政治の投票を見てみる。面白い分析ができそうだ。

 ところで,このシリーズ,タイトルが

 『国民の生活が第一』への回帰

となっているが,初回に書いたように,これは小沢新党が出来上がる前に作ったタイトルであって,小沢新党の名前を冠としたのではない。よって,この名前の政党がなくなっても,この精神は不変であり,このシリーズはこのタイトルのまま続くのである。

 でも,党名がなくなって却ってよかった。一つは,選挙期間になったら選挙法違反にならないか心配だったこと,もう一つは,党名が長いので,比例票でずいぶん無効票が出るのじゃないかと心配だったのである。
(でも,内緒でこっそり白状すると,『日本未来の党』っていうネーミングはホントは気に入らないパピヨンです。でもそんなこと小さい,小さい!)

 新党名は『未来』だから,安心だね!

 いやあー,実に感動的だ!


『国民の生活が第一』への回帰(8:復興予算を食い物にする霞が関との戦い) 2012年 11月 26日の続編

こんな記事も書いていました。
うたかたの夢だったのか?(暗黒時代に戻らぬために) 2012年 06月 21日
[PR]
by papillon9999 | 2012-11-27 22:57 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/18208330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from アルバイシンの丘 at 2012-11-29 22:54
タイトル : 『国民の生活が第一』への回帰(10:世論の動向)
 いつも朝日・毎日・読売・NHKの捏造世論調査(実は世論操作)に切歯扼腕している私たち。せめてこういうのでうっぷんを晴らしましょ(^o^)/^^^^^^^^^^  1.まずはダイヤモンドオンラインの支持率調査。  ・DOL独自アンケート調査(11月20日~22日実施) 解党決めた「国民の生活が第一」が支持率1位に  アンケート結果は驚くべきものであった!   なんと『国民の生活が第一党』が自民党を抜いて1位の25.5%を占めたのだ。この調査時点では,小沢一郎は深く潜行して,嘉田...... more
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2012-11-28 08:28 x
パピヨンさま、おめでとうございます。

話がとんとん拍子に進んだのは
ご明察の通り、小沢氏の戦略だった
のかも知れないですね。
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2012-11-28 13:50 x
国民主権派側からみると
後出しじゃんけんの強みかと。

じっくり構えた小沢氏に対して、
橋下は小沢氏が死んだと思って
油断しちゃったね。
Commented by papillon9999 at 2012-11-28 19:24
そう,仰るとおりです。
しかし,これはほんの第一歩に過ぎません。ゆめゆめ,油断なさらぬよう。
また冤罪キャンペーンが始まっても,動揺しないようにしましょう。
Commented by papillon9999 at 2012-11-30 08:11
こんな記事も書いていたとネ,パピヨンは。読んでみてネ。次第にこの方向に近づいているように感じるのは気のせいやろか?
パピヨンごときが心配せんでも,ちゃんと考えてあるんやね。

うたかたの夢だったのか?(暗黒時代に戻らぬために) 2012年 06月 21日