アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
『国民の生活が第一』への回帰(6:野合と分立)
 橋下維新がついに国粋趣味老人・石原慎太郎と結託した。これは橋下のある一面が国粋趣味老人と共振したものであって,他の面を眠らせた野合というべきものだろう。そしてこれが野合であるからには,橋下徹の焦りを反映したものと見ることも可能だ。
 ポピュリストの巨頭2人の野合はどのくらいの風を巻き起こすのだろうか?



 風を巻き起こすには最低限,石原自身の出馬が必要である。おそらく,東京比例区だろう。かなりの票が集まることは間違いない。問題はそれが,自公票の鞍替えなのか,これまで動かずに眠っていた無党派層の掘り起こしなのか,である。

 この無党派層とは,「既存の政党に飽きたらない層」などと,ある種の政治的潔癖感をくすぐられ,政治的な新感覚を持っているかのようにおだてられ,そういうことで喜んでいる(溜飲を下げている)おめでたい人たちの集団【注1】なのである。しかし,同じ価値の1票を持っているのだから,この層を引きつけないことには国民主権の世の中を作ることはできない。

 橋下・石原野合に惹かれる人たちが,ぜひ自公票の鞍替えだけであって欲しいと願うのだが,それは無論,国民主権派【注2】の魅力,主張,選挙戦術如何にも依ることである。そこで,今度は国民主権派がどのような戦略を取るのかを見てみよう。すると・・・・

 ああ,何ということだろう・・・・こちらは割拠状態ではないか!割拠というと「群雄割拠」などとカッコイイ言葉のイメージがあるが,何のことはない。「雄」どころか,一坪の土地を勝手に占めて,それぞれちっぽけな掘立小屋に立て篭っているだけのこと。これじゃあいかんのだ!具体例で考えてみよう。

 福田衣里子が民主党をようやく離党した。遅きに失したが,それでも遅すぎるということはない。そして,その後は『みどりの風』に合流するという。それも誠に素晴らしい選択だ。みどりの風はあの亀井亜紀子の住むお城。そこに社民党の阿部知子も合流。うーん,素晴らしいじゃん!

 とまあ,ここまでは良い。しかし,何とも分からんのが,福田衣里子の次の言葉。

 『長崎2区は民主党が候補を立てるので,バッティングしたくない。東京比例区を目指したい』

 これのどこが問題か,というのが本記事のテーマに連なるのだ。保守王国である長崎2区では当選可能性は低い(特に民主も立っては)との判断は良い。そして東京比例区に目を付けたのもすぐれた戦術だと思う。そこまではいい。だが,何が問題か?(何度も繰り返すな!)

 それは,みどりの風のことしか考えていないことである。それは当たり前じゃん!だって?いや違うのだ。そうであってはいかんのである。みどり単独で何ができるかを考えるがいい。
 実はここには比例選挙の弊害が表れているのだ【注3】(小沢一郎と小選挙区制(1) 2011年 07月 03日参照)。
 すなわち,1議席か2議席取れればよい,という戦術を取りやすくなることである。逆に言えば,大きな影響力を行使できる勢力として結集しづらくなるということである。
 つまり,福田衣里子は,国民主権派の勢力全体のことを考えなくてはならない。いや,福田衣里子は単に例として出しただけであり,彼女がダメだという意味ではない。残念ながら多かれ少なかれ,ほとんど全部の議員に当てはまるのだ。

 みどりの風,生活第一,きずな,・・・(覚えきれん)・・・のそれぞれが,個別に比例を闘ったらどうなる?確かに各小政党ともそこそこの票は出るかもしれない。しかし,生活第一はともかく,その外はすべて四捨五入して群小政党はゼロとなる怖れが強い。わずかの党のみがせいぜい議席1,多くは1未満におわるだろう。
 こうして二つの理由で国民主権派は大敗北を喫してしまう。一つは現実的な算数の理由,すなはち,1議席に満たない時の切り捨て効果(マイナス効果)である。小数を寄せ集めれば整数に届くのに,小数以下を各党で切り捨てることになる。それでは100万個の党があったとしても合計はゼロである!これはケタ落ちという現象だ!(御用論理(2:自然界にも放射線があるじゃん!) 2012年 06月 09日に書いたごとくだ。放射能による健康被害はケタ落ちしてほしいが残念ながら累積する。しかし,議席はケタ落ちしてしまうのだ!)
 もう一つは期待感が国民の間に芽生えないことである。初めに書いた無党派層をいかに惹きつけるか,そのためには数値化できないムードを醸し出す必要がある。風を吹かすには必要不可欠の期待感。それが各小政党独自に分立して戦ったら湧き出るはずもない。もし,群小政党が反原発,反消費増税,反TPPで一斉に連合軍を組んだら,国民の期待は一気に盛り上がるはずなのだ。
 残念ながら,福田衣里子の話にはそのようなビジョンが全く欠けている。比例型選挙は少数政党が独りよがりの選挙に陥ることを許してしまうのである。

 みどりの風のイメージは良いが,どこかにあった言葉を贈ろう。(どなたかのパクリです。すみません。原作者は覚えていません。すみません。)
  『メシベばかりじゃ実はできん!』
 ぜひ,みどりの風は生活第一や社民やきずなや・・・(覚えきれん!)と統合(統一会派)すべきだ。もちろん,このことは逆も言えて,生活第一はその統合を必死で画策せよ。福島瑞穂も,社民党を1議席だけでも残そうと阿部知子を取り合いするのではなく,統一会派づくりに奔走せよ。それでこそ消えゆく政党の存在価値を示すことができる。

 野合と分立,将来はともかく,眼の前の選挙に有利な方は一体どちらでしょ?

 (福田衣里子さんを例に出してすみません。彼女だけの問題ではないことを再度強調しておきます。)

【注1】 どうか,パピヨンを大衆蔑視主義者だと思わないでください。彼らの気持はわかるのですから。

【注2】 パピヨン造語。反自公,反石原・橋下野合,を貫くマインドで最大の重要概念を「真の国民主権の確立」に置く。夥しい小政党の中で,それを理解し,協力して実現する意志のある政党連合のこと。

【注3】 比例型選挙の最大の弊害は有権者が当選させたい人を特定できないことである,ということをずっと前の記事で指摘した。やり方によっては憲法違反の可能性すらある。

前報:『国民の生活が第一』への回帰(5:橋下維新に絶対に媚びるな)2012年 09月 13日
[PR]
by papillon9999 | 2012-11-20 15:37 | Trackback(2) | Comments(10)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/18185326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from アルバイシンの丘 at 2012-11-23 23:14
タイトル : 『国民の生活が第一』への回帰(7:一筋の光・都知事選)
 ちょっと情報収集が遅れていたのだが,遅ればせながら重大な都知事選のことを調べてみた【注1】。それ自体最重要な都知事選だが,そこでの戦い方はそのまま総選挙の戦いの成否に直結する。  まず,『国民の生活が第一』党のホームページを覗いて見た。なんと次があった。  宇都宮健児 候補予定者の支持を決定(11/21) いや,待てよ,宇都宮健児と言えばたしか共産党も推薦か支持をしとったんやないけ?と思って確認したら,やはりそうであった。共産党は今回は独自候補ではなく,他党からも支持される候補者を支持した。素晴...... more
Tracked from アルバイシンの丘 at 2012-11-24 00:54
タイトル : 野合と囲碁
 橋下と石原が野合した。野合は卑怯だ!として批判するか。批判してもよいだろう。批判すべきかもしれない。しかし,コトは法律違反ではないのだから,やる方の勝手だし,裁判所に差し止めてもらうわけにはいかない。そもそもが,自民党・公明党の連立政権だって,野合の最たるものだ。 安倍イキガリ総裁になっての選挙公約は,その野合が破綻するかどうかの危機に直面している。だが,野合そのものが良い・悪いを超えて,現実には小泉政権をみるまでもなく数の力で政治を動かすことができる。  さて,本記事の趣旨は一体何だろう?こ...... more
Commented by D at 2012-11-21 23:35 x
でも、それをやれば維新・太陽と同じく古参政党や野合とののしられるだけでしょう。
特に左派系の人達は口の軽い維新嫌いが多いですので、既に維新への野合批判はやらかしているでしょうから言っている事の整合性が取れなくなるでしょうね。
Commented by papillon9999 at 2012-11-21 23:49
いえいえ,綺麗ごとを貫けというのではないんですよ。
必要なら野合となっても,野合に対抗しなければ現実が大変なことになる,という意味です。野合は汚い,という意味ではないんです。現実に大きな脅威となるんですから。
記事の最後,
『野合と分立,将来はともかく,眼の前の選挙に有利な方は一体どちらでしょ?』
ということを言いたいだけなのです。
でも確かに,可愛いメシベとムサイおじさん爺さん達との連携は野合に見えますなあ・・・
それでも大部分は野合までは行かんのじゃないかな。
Commented by 眠れぬ人 at 2012-11-22 00:24 x
パピヨンさんの言われる国民主権派の大部分は、野合でなく連携できると思いますがね。
桁落ちは痛い。それは自分ら二級国民の痛みです。
メシベもいいが、国粋趣味老人は秀逸です。その心は国粋煽りですね。煽りが趣味という。
Commented by D at 2012-11-22 00:55 x
国民主権を本気で願うならリスキーでも憲法改定&軍事負担増は避けて通れないでしょうね。
今の時代、嫌な事や現実から目を背けることから脱しないと左派の言う事は聞いてもらえません。橋下や石原が何のかんのと言われても大衆に受けるのは、その辺にもありますから。
Commented by papillon9999 at 2012-11-22 08:33
そういう撹乱に乗るわけにはいきませんね。憲法改定は戦術として先延ばしですよ。今回は野合で結構。
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2012-11-23 09:50 x
パピヨンさま、こんなのを発見しました。
世相を斬る あいば達也
http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/366.html

小沢一郎氏は前から
オリーブの木という構想を立てています。
みどりの風は俗世間の小沢イメージ
に囚われているように感じます。
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2012-11-23 18:10 x
もう一つ、橋下がみんなに合流を
呼びかけて、渡辺喜美は難色を
示しているようです。
みんなを高く売ろうとしているのか。



ひょっとしたら橋下はご明察の通り
焦りを感じているのかも。。
Commented by papillon9999 at 2012-11-24 01:08
ご紹介の記事,拝見しました。そうです,オリーブの木という構想がありましたね。全然取り上げなくて,すみません。

みんな,いろいろ連携を模索しているのも初めて知りました。
みどりの風の過剰な潔癖志向は気になりますね。潔癖感は不当捜査の方にこそ向けて欲しい。

橋下は焦っていますよ,ふふ・・・自業自得・・・
Commented by D at 2012-11-24 05:35 x
あせっているのは橋下氏ですか?
あせっているのは話題にも上がらない第4極に分類されてしまっている連中だと思いますけど?
Commented by papillon9999 at 2012-11-24 08:28
まあ,お互いにそう思っていましょう。ふふ・・・