アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
ん??11年目じゃなく1..
by papillon9999 at 13:57
たんぽぽさん,あけまして..
by papillon9999 at 13:55
新年あけましておめでとう..
by たんぽぽ at 15:19
うーん,せっかく花道を用..
by papillon9999 at 06:59
最新のトラックバック
さようなら,オバマ
from アルバイシンの丘
大衆迎合主義の精神構造
from たんぽぽの礼拝堂
米大統領選の警告と教訓
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トランプと民進党は類似?
from たんぽぽの礼拝堂
トランプ現象を考える・続
from アルバイシンの丘
ユダヤ人とは何か(3)続..
from アルバイシンの丘
参院選・1人区で野党健闘
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
ああ,宇都宮さん!もうい..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
シンタロさんも官僚支配の打破だって!
  シンタロさんも,『官僚支配の打破』ということを叫んでいるらしい。最近だとたとえば次のようなものがある。
  ・相変わらず見事なタイミングだった。 上杉隆
  ・石原慎太郎氏に今、何を期待するか 山崎元



 常々,官僚支配こそ,国民の幸せを奪っているものだと主張している(官僚論)パピヨンとすれば,小沢一郎と並んで石原シンタロさんも大いにエールを送るべきなのではないか,と批判される方もおられるかもしれない。
 だが,シンタロさんは,米国に対しても,ずっと昔,”ノーと言える日本”とかなんとかいう本を書かれ,勇ましい日本人の典型なのだが,実際はどうか?
 前記事にも書いたように,いざとなったらアメリカが助けてくれることを期待している,情けない,将軍(気取りの方)なのである。ということは,シンタロさんの言う『官僚支配の打破』だって,一体何のことだべ!?と考えてみなくてはならない。

 そこで,上掲,二つの実例を見てみよう。この中では山崎元の所論の方がまだ見るべきものがある。題目こそ「石原慎太郎に今何を期待するか」となっていて,石原首相待望論でも展開されているのかと思いきや,次のような所論が述べられている。

 ・石原氏は、都知事辞任の記者会見で、国の官僚機構に問題があることと、高齢でもある自分の役割が橋下徹氏のような若い世代への「つなぎ」であることの認識を明らかにした。今後、この方向に向けて努力を傾けるなら、彼にも期待できる面がある
 ・彼には、情報発信力はあっても、行政に必要な実務能力やマネジメント能力が欠けている。彼が一国のリーダーとなって、体制を変革することなど全く無理だ。
 ・橋下徹大阪市長がしばしばツイッターで論敵に向けるような言葉で評するなら、政治家としての石原慎太郎氏は「勉強が足りない」し「実務能力がない」というべきだろう。
 ・新銀行東京の件が典型だが、石原氏は肝心な点を慎重に判断せずに、思いつきで物事を決め、話題だけつくって、取り巻き(おそらくは質の悪い取り巻きがいる)に任せてしまい、失敗しても責任を取らない。
 ・政治家として、国家の体制変革に取り組むにはまことに不向きな人材だ。


 このように,シンタロさんは,確かに『国の官僚機構に問題があること』という認識を持っていることは確かである。問題は,その『問題』がどういうものか,という点である。これを論ずるのが,本記事の趣旨であり後述する。
 この筆者は,なかなか冷静に分析していて,シンタロさんに対する評価は結構,的を射ていると思う。そして,結局期待することは,以下の点だという。

 ・政治家としての石原慎太郎氏は、氏の名誉欲・権力欲には合致しないかも知れないが、与党側・行政側のリーダーであるよりも、野党的な批判者として、より豊かな資質を持っているのではないか。

 つまり,何というか,大久保彦左衛門とか水戸黄門とかの役割を期待している言えよう。(喩えが全然外れているかもしれないが,どうせ体制内のことだから,あまり外れておらんだろうという次第。)

 ところで,本論へ行く前に,もう一つの上杉隆の記事見てみよう。こちらは,山崎元の記事に比べると月とすっぽん。シンタロさんへのおべっかと自分の自慢話とにしかなっていない【注1】。そして,シンタロさんの官僚への問題意識を頓珍漢にしか理解できてない。以下のごとくだ。

 ・・・その直後に出版した『国家なる幻影』では、その心中を、中央官僚システムの打破という具体的なアプローチとして明示しているし、またその4年後の1999年には、「東京から日本を変える」として都知事選に出馬、外形標準課税(銀行税)、ディーゼル車規制、都債券市場構想など矢継ぎ早に新政策を打ち出し、自らその活動の旗手として、政治の舞台に返り咲いたのだ。
 中央官僚という具体的な言葉を使いながらも、石原さんが指摘していたのは新しい日本人たちへの決起を促すことに他ならなかったのではないか。
 現在の硬直した日本の中央官僚システムは、同じく停滞したその経済システム(とくに会計方式など)とメディアシステム(記者クラブシステム)と相まって、日本を衰退させる最大の根源だと石原さんは言い続けてきた。
 よって、そのシステムを既得権益化することで、自己利益ばかりを追求してきた団塊、およびその前後の世代を、石原さんは毛嫌いしてきた。・・・


 上杉隆はどうも官僚機構の問題点をよく認識できてない気がする。シンタロさんの言う中央官僚システムへの攻撃は,それが『硬直化している』ためではない。または,『硬直している』と表現してもいいが,その場合には,『硬直とは何のことか』を理解できてないと言っても良い。しかもシンタロさんの官僚攻撃の本質を,団塊の世代の弱い決断力,自己利益追求への嫌悪感,などと矮小化している。シンタロさんに失礼である。

 そういうことで,いよいよ本論に入る。以前の記事で恐縮だが,下記を参照して欲しい。

  ・国民の幸せを奪うもの(官僚) 2009年 05月 15日

 ・・・官僚の『悪さ』と政治家の『悪さ』とは表裏一体のものである。時代,時代によって,この両者の『悪さ加減』は変化すると捉えるべきだろう。
 ・・・
 政治が悪くて官僚は悪くない時代もあったことだろう。そういう時代には官僚は悪政遂行に抵抗する役目,ブレーキの役目を担う。


 要するに,国民の税金を食い物にしてはびこる官僚たちにとっても,国家そのものが崩壊しては元も子もないのである。ということは,時代によって,政治家によって,官僚システムはウィルスのように変異する。その最も大きい災難の一つがファシズムである(他には革命なども考えられる)。ファシズムは決して官僚たちの望むことではない。安泰な世の中でなければ,税金を掠め取れる安住の世界は構築できないのである。
 そのためには,官僚たちだって,ファシズムにならないように,細心の注意を払うだろう。例えば,外国との或る程度の妥協,国内でのそれなりの善政(弱者への配慮など),徴兵制への抵抗,・・・,などが思い浮かぶ。そうそう,尖閣で漁船が衝突した際に,逮捕した酔いどれ船長を返還したこと,などもこの文脈上にあるのだ。

 霞が関が右傾化しているとはいえ,真の右翼から見ればまだるっこしくてたまらんだろう。そう,シンタロさんの言う,官僚支配の打破,とは,そういうことなのである【注2】。尖閣漁船の船長などは,逮捕して死刑,とまでは言わずとも,懲役刑を堂々と科すような,そういうマインドになれ!,あるいは俺が懲役刑を科すと言ったら,黙ってそれに従え!,という,そういう風になることを『官僚支配の打破』と言っているのである。

 パピヨンや小沢一郎が言っている,『官僚支配の打破』とは,このようなことでは決してないということは言わずとも明らかだろう。一言で言うならば,官僚打破の方向,理由が全く逆なのである。

 官僚機構も,あまりに調子に乗って自己増殖を続けると,癌細胞のように自制が利かなくなっていき,それこそ元も子もなくなるはずだ。この記事を終えるにあたり,言うべきことは次のことに尽きる。
 優秀な頭脳を国民の真の幸福のために働かせるのであれば,国民はそれにふさわしい尊敬とそれに恥じない報酬を以って彼らを遇するだろう。

【注1】 自慢話というのは,シンタロさんとの付き合い上の距離についてである。反原発派の人や親小沢の人は,上杉隆を過信したらいかんよ。こいつは本質の処では信用できない。

【注2】 シンタロさんを右翼と言っては,真の右翼に失礼だが,まあ,大きなくくりとして話をさせてもらう。そういうマインドのくせに,実務面では官僚に丸投げしかできない男なのである。
[PR]
by papillon9999 | 2012-11-11 09:22 | Comments(2)
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2012-11-12 00:10 x
上杉隆には結構信頼を寄せていたんですけどね。
けど、反原発とは明言してないかと。
WIKIにあったような。
Commented by papillon9999 at 2012-11-12 23:35
やはり信頼せん方がよさそうですな。そのつもりで見ていましょう。