アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近の10記事
トップページ
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
低線量被曝の真実(6:ICRPの基準とは)
 NHKがすごいドキュメンタリを放送していた。これだけでも受信料を払う価値がある(それにしてもちょっと高すぎだが)。

 追跡!真相ファイル。そしてビデオがここ低線量被ばく 揺らぐ国際基準にある。リンク切れのためここ



 著作権の縛りがあるので,ここには具体的に書き写せないのが残念至極。ビデオが,いつリンクが切れるかわからないのでダウンロードしたいのだが,その方法が分からない。だれか教えてくれた人,大好きになる。

 ビデオを見てもらえばここに改めて書くことは何もない。しかし,いつ削除されるかわからんので,内容の概略を記しておこうと思う。大きく分けて二つの事柄が報告されている。

 1.いまでは有名となったICRPの低線量被曝のリスクに関する諸々のこと(衝撃の事実あり)。
 2.低線量被ばく地域でのがん増加の事実(結局は内部被曝のリスクを考慮してないことに帰すると思われる)

 まず,1について。3分9秒あたりから,ICRPの基準を作った当事者たちの生の声が流れる。低線量被ばくのリスクはどう決められたのか?の質問に答えているのだ。それによると, 

 ナレーション:低線量のリスクはどう決められたのか。驚くべき事実が明らかになりました。
 ICRP名誉委員1:低線量のリスクはどうせわからないのだから,半分に減らしたところで大した問題はない(英語がよく聴き取れないため,字幕をそのまま信用して記す。以下同様)
 ICRP名誉委員2:科学的な根拠はなかった。我々の判断で決めたのだ。(あとで,もっとはっきりと前後の事情が明らかにされる。)
 ナレーション:揺れ動く国際基準。知られざる低線量被曝の実態とは?追跡が始まる!


 そこから13分30秒あたりまで,低線量被害の実態の話が続く。これは2に関することで,次で触れる。そして,ICRPのリスク基準なるものがどのようにして決められたのか,衝撃の話が始まる。
f0036720_11131150.jpg
今ではおなじみになった右図のリスク線図。山下俊一お家芸の,100mSv以下は安全,あるいはまだよくわかっていない,コロコロ変わるあの部分の根拠として使われる図だ。
 だが,そんな話以前に,実はこの線図,勾配がホントは2倍なんだそうだ。
f0036720_15575859.jpg
f0036720_1603544.jpg
 つまり,右図がホントの線図。だから,従来の100mSvまではリスクあり,の100mSvでは1%のリスクだったのである。言い換えると,従来の100mSvのリスクは50mSvのリスクであることがすでにわかっていたのである。(1%も0.5%もたいした差はない,なんて言うなよ,お前!学術的根拠の話をしてるんだから。)
 どうしてこういうことが生じたのか,それも詳しく調べられている。こういうことだ。

 1980年代の後半,広島・長崎の被曝状況が再調査された(日米合同チーム)。その時,被害者の被曝線量は実は半分だったことがわかった。(これが真実かどうかは知らんが,そういう学術的結論になった)。ということは,同じ被爆被害は実は半分の被曝線量で生じることになり,リスクとしては2倍になる。よって,リスク線図は勾配が2倍に修正されたのである。
 つまり高線量域ではリスク線図の勾配が2倍になったのであるが,なんと初めの図の100mSvの線図だけはそのままにされたのである(3番目の図)。その告白が,上掲,ICRP名誉委員1の告白なのである。

 『低線量のリスクはどうせわからないのだから,半分に減らしたところで大した問題はない』

 この,「どうせわからないのだから」の意味が何のことか,英語を聴き取ろうとしたが,よぼよぼじいさんがボソボソしゃべっているのでよくわからない。でも「uncertain」という語を発しているような気がする。よって,「リスクはどうせ不確かなんだから」という意味なんだろうと思う。「リスクを半分のまま据え置いても一般の人間にはわからない」とタカをくくったわけでもないらしい。
 ICRPではこのことでいろんな意見が飛び交っていたらしく,見直すべきかどうか議論を進めていることがわかった,と番組は伝える。15分辺りからその様子がでてくる。オタワの本部でICRP事務局長のクレメントは次のように語った。

 『なぜ低線量部分のリスクをそのままにしたのか,前任者時代のことなので自分にはわからない』

 それはともかく,番組では,ならば,ICRPとは一体どんな組織で,どんな目的を持っているのかを追求していく。
 当時の委員,17人のうち,13人が核開発と研究に携わる官庁や研究所の人間だった。いわばICRPはインサイダーの集団であった(である)のだ。
 そのうちの一人(米エネルギー省出身)だった,チャールズ・マインホールド(現・名誉委員)は正直に当時のことを明かす。

 『原発や核施設は労働者の基準を甘くして欲しいと訴えていた』
 『基準が厳しくなれば核施設の運転に支障が出ないか心配した(莫大なコストと労働制限)』
 『リスク引き上げに対抗するために,逆の引き下げを要求した。(カウンターバランス戦略)』

f0036720_18112546.jpg

 そして,究極の策に出たのである。それは,労働者用のリスク線図を別に作ること。その線図が右図だ。マインホールド曰く,

 『労働者に子供や高齢者はいないのでリスクは下げても良いと判断した』
 『科学的根拠はなかったが,ICRPの判断で決めた』

 まあ,これらの字幕はチェックの必要があるが,ICRPは学術・科学的な知見をまとめる場ではなく,「政治的な判断」を行う場であることが確認できる。なにしろ,インサイダーばっかり(用心のため”ほとんど”と言っておく)が集まってまとめるんだから。

 ただし,これには予想されたことであるが,次の抗議文がさっそく寄せられている。

 「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」への抗議と要望について

この抗議文の吟味はまだしていないが,いずれ論破を試みる。(英語がよく聴き取れないのが痛い。音声の質と能力の問題が重なる)。
 読者はさしあたり,今のところは本記事をうのみにせず,抗議文とビデオを見て,自分で判断されたし。

 次は冒頭の項目2に関する考察だが,稿を改める。こちらの問題のキーポイントは,内部被爆の評価を入れてないことに尽きるだろう。

 でも早くビデオをダウンロードしないとNHKが削除しちゃうなあ(焦り!)
[PR]
by papillon9999 | 2012-01-29 23:28 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/17132296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2012-01-30 20:52 x
ご紹介の、原子力村の抗議文を
見ました。DDREFなんかを持ち出す
言い逃れの道があるんですね。
悔しいですが、どんな反論をしたら
いいんでしょうか。
Commented by papillon9999 at 2012-01-30 21:51
DDREFですか。ご心配なく。これ自身が自己矛盾しています。でもパピヨンのこの記事に文句が付いた時に反撃するために,今は公表しません。今すぐどこかで反論に使いたいとお思いならば,メールをください。
そこにお送りします。

そもそも,抗議した原子力村は,
日本原子力学会シニアネットワーク連絡会
という,なんか黄昏的な雰囲気の漂う処ですから,論理構成は相当弱いです。
これじゃあ,NHKも無視できるでしょう。それにしても,NHKはよくやったと思います。
他になんか抗議はないんですかね?見つけたら教えてくださいネ。
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2012-02-01 10:51 x
DDREFに含まれる自己矛盾と
反論の根拠、よくわかりました。
ありがとうございます。
大変役に立つと思います。
Commented by papillon9999 at 2012-02-02 09:29
もうすぐ公表して,反原発,脱原発の主張に役立ててもらいたいと思います。そちらで頑張ってください。