アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
『部落学序説』を発見!
 ハーメルンの笛吹き男についてネットで調べている時に,芋づる式にいろんなものが引っかかって来たが,その中に恐らくものすごいダイヤモンドの原石と思われるものに巡り遇った。何はともあれ先に紹介しておく。
部落学序説  (現在,ここはリンク切れ。ある人物の抗議により,場所をここに変更したそうです)
 筆者は吉田向学という人らしい。”恐らく”と書いたのは,未だパピヨン自身が全貌を理解できてないからだが,それでも部落問題について全く画期的な視点を提供するものだと直観的に感じ取れる。本物の”匂い”がするのである。



 今は詳しくパピヨン流に翻訳する時間が無いので,ざっと本旨を紹介するだけにとどめる。(不正確な紹介文になっているとしたらすべてパピヨンの責任です。その節は筆者の吉田氏に深くお詫びいたします。読者の皆さまはぜひ原所で確認してください。)

1.『穢多』とは今でいうノンキャリアの警察とか刑務官などの役目を担っていた人たちのこと(嵯峨天皇の時代から)。従って,『穢れ多き民』というのは根拠が無いこと。
2.『穢れ多き民』という『賎民史観』から脱却することこそが真の差別解消につながること。

ざっといえばこの二つに尽きるのかもしれないが,このほかにも多くの幹や枝があるので,これだけで誤解しないように願う。これらのことを実証するために膨大な資料を読み解き,膨大な所論を展開している。

 実を言えば,以前,人権擁護法案に関して反対論陣(大げさな!)を張ったことがある(1)~(7)。その時に渡辺俊雄と言う人の「今部落史が面白い」という本を読んだ。その中で不思議に思うことがあった。
 それは「被差別部落の人々」は「その出自に誇りを持っている」フシがあるように感じたことである。具体的にどんなことでそれを感じたかは覚えてないが,まあ,特殊技術集団という側面においてであろうと思う。

 何しろ,非常にデリケートな問題なので全くの門外漢のくせに軽々に言ってはいけないのは十分承知しているが,吉田向学氏が強調されていることは,我々はいわれの無い史観(賎民史観)に毒されているということである。もしそれが明らかになれば,それこそが唯一の差別解消の方途であろう。【注1】
 だが諸刃の剣の意味もあって,これが『今ある蔑視・差別』の軽視につながらないよう,十分な配慮が必要である。

 何はともあれ,じっくり勉強してみたい意欲をそそられるものであった。時間が出来たらやるぞ!今は低線量被曝だが。

【注1】 この差別が解消したとしても,差別,蔑視というのは必ずどこかにまた生まれて来る,だから虚しい行為だよ,と皮肉りたい人へ。仮にそうであっても,今あるものを解消すれば今の被害者は解放される。新たな蔑視・差別があなたに向きますように。
[PR]
by papillon9999 | 2011-11-11 21:32 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/16811430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2011-11-12 11:41 x
ご紹介のホームページを少しだけ
ですが見てみました。
穢多 は仮字で、語源は 衛手 
ではないかという考えを知りました。
新鮮な驚きです!
Commented by papillon9999 at 2011-11-12 20:30
興味を持って戴いて嬉しいです。「手」は「手向ける=たむける」,「手折る=たおる」なんていう読み方がありますからね。まあ,特殊な読み方なんだろうけど,特殊だからこそ,というのかもしれないから。

いやあ,新鮮で既存の解放同盟,反解放同盟いずれにも与さず,独自の理論を貫いている。その精神力の強さと論理の頑健さは並大抵のものでは通用しないはず,それほどのものを備えているようです。
既存の運動体はすでに商売道具の独占という利権を得ていますからね。その偽善性を暴かれたらたまったもんじゃない。それこそ真の歴史など抹殺したくなるでしょう。
これが本物かどうか,自分で確かめたいものです。
一つ気がかりなのは,芸能です。かの善阿弥も河原者の棟梁だったはず。でも義政とサシで話ができる位置にいたわけです。
非常時の民としての警察なら,祭事も非常時と考えればいいと思います。しかし,芸能に関しての記述はまだ発見できていません。