アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近の10記事
トップページ
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
笛吹きプロジェクト
 笛吹きプロジェクトとはブログ「浦戸湾」主宰,Ladybirdさんの命名に成る,或るプロジェクトである。そしてそのプロジェクトの目的とは? なんでしょうか?当ててください。
 ヒントはプロジェクトの名前の由来となった「ハーメルンの笛吹き男」。



 とはいうものの,このお話,グリム童話集にあるのだが,意味がよくわからん,不思議な物語である。パピヨンも記憶に沈んでいるが,確かにはるか昔に読んだことがある。子供たちにもグリム童話集は読んでやったはずなのだけど,実は話の内容は良く理解できていなかった(^o^)/。

 ・・・・いったいなんで子供たちを町からどっか訳の分からん所へ連れて行ってしまうんだろう?子供たちはなんか悪いことしたのか?いや決してそうではないんだが。なんか人さらいじゃないの!?でもそれにしては子供への悪意が感じられないし・・・笛吹き男とは一体何なのだ!?

 パピヨンはプロジェクトの名前にとても惹かれたので,少し調べてみた。

 Ladybirdさんはその謎を解く手がかりをブラウニングの詩THE PIED PIPER OF HAMELINに求めている。
 この詩は300行を越える長い叙事詩だが,その最後にある不思議な記述に注目する。

ブラウニングは,物語を終えるにあたって,不思議な指摘をしている.

289 And I must not omit to say
290 That in Transylvania there's a tribe
291 Of alien people who ascribe
292 The outlandish ways and dress
293 On which their neighbours lay such stress,
294 To their fathers and mothers having risen
295 Out of some subterraneous prison
296 Into which they were trepanned
297 Long time ago in a mighty band
298 Out of Hamelin town in Brunswick land,
299 But how or why, they don't understand.

そして,このことも言っておかねばならない
トランシルバニアのある1族は
近隣の人々が言いそやす
彼らの異国的な習慣や服装について
こういう説明をしている
自分たちの祖先は地下の牢獄から来たのだと
遠い昔,その牢獄に送り込まれたのだと
ブルンスヴィックのハメルンの町から.
なぜ,どのようにかは,わからないけれど,と


 ブラウニングによると,トランシルバニアのある1族の遠い祖先はハメルンの町から来た人々だという。とすれば,その遠い祖先こそ,あの笛吹き男について行った子供たちなのではないだろうか。とすると・・・あの子供たちは地下の牢獄のようなところへ送り込まれたのか。・・・とまあ,このようなことを示唆しているのである。

 では,あの笛吹き男は子供たちを踊りや歌で騙して牢獄へ送り込むとんでもない奴だったのか?それにしては子供たちは立派に子孫を残している。笛吹き男の目的は一体何だったのだろうか?
 実はブラウニングの詩の,上掲に続く最末尾の部分,にその手掛かりがありそうだ。

300 So, Willy, let me and you be wipers
301 Of scores out with all men -- especially pipers!
302 And, whether they pipe us free from rats or from mice,
303 If we've promised them aught, let us keep our promise!

さあて,ウィリー,君も僕もこの物語のすべての人間たちの記録を忘れよう!特に笛吹き男のこと!
そして,彼らがねずみを退治するために笛を吹いてくれるかどうかも関係ない!
とにかくとにかく,いったん約束したらそれを守ろうではないか!


 つまり,最後の最後は,”約束は守るべきこと”,で終わっている。ということは,ハーメルンの村人たち(大人たち)が笛吹き男と交わした約束を守らなかったことに対する非難が,主要なテーマだったといえるだろう。言い換えると,笛吹き男の謎の行動は,約束を守らなかった裏切りへの懲罰だったのだろうか。

 そうすると,牢獄のようなところへ送り込まれた子供たちはとんだとばっちりである。子供たちには責任はない。笛吹き男は懲罰のやり方を間違えた,とんでもない奴,ということになる。果たしてそのように考えるべきだろうか?

 いやあ,ここではそうではないと考えよう(^o^)/^^^^^^^^^^!そう,地下のような牢獄とは,再生のシンボルと捉えよう。そう,母の胎内だ。
 笛吹き男はハーメルンの子供たちを再生させるために連れて行ったのだ。もちろん,嘘つき大人とならないために。そして立派に再生し,子孫を残したのだ。(ということにしよう(^o^)/^^^^^^^^^^)

 では,『笛吹きプロジェクト』とは何か。”嘘つきまみれ”を”放射能まみれ”に置き換えることでその謎は解ける。そう,子供たちを避難させるプロジェクトである。

 次のようなネットワークがあるらしい。

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク

 Ladybirdさんは命名の由来を次のように書く。

その紹介の中で,「学童疎開というテーマを考えるべき」という見解にも触れられている.子供たちを避難させるべきだ,という論説は,今も時々見かける.可能であれば、絶対そうした方が良いと私も思う.この案を私はひそかに「笛吹きプロジェクト」と名付けている.出典?はもちろん「ハメルンの笛吹き」だ.
・・・
 学童を集団疎開させる具体的な方策はわからない.しかしそれが子供を放射線から守る最良の方法であることは確かである.
 現実には人々それぞれの生活がある.それに放射線は「ただちに健康に影響がある」ようなものではない.おまけに菅直人は,こともあろうに許容レベルを 20mSv/yに引き上げるという,最悪の選択をしてしまった.子供を犠牲にすることに何の抵抗感も持たない.それが現在の日本国政府であるらしい.残念なことだ.
 「結局、何らかの政治決断があれば望ましいし、無理ならシンドラーのリストではないが、助ける事のできる子どもたちだけでも助けたい」と上記ネットワークの人は言っているそうです.
(パピヨン注:引用記事はまだ菅政権だった頃のもの。)

 自発的な行動を取ることが許されない子供たちは,下手すると児童虐待の恐れも心配しなくてはならない。特に,『給食を食べない子は日本国民ではない』,とか『国の言うことを信じられない人は日本から出ていけ』などは典型的なハラスメントであろう。ネットで管見するとこういうのが罷り通っているらしい。

 『笛吹きプロジェクト』=『児童虐待からの救出作戦』
[PR]
by papillon9999 | 2011-11-05 08:14 | Trackback(1) | Comments(24)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/16746746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ブログ「浦戸湾」 at 2011-11-05 18:09
タイトル : 笛吹きプロジェクト
 菅直人は狂っている.年間20mSvなどという基準を設定して,安心安全ばかりを吹聴している.これは本当に危険なことだ.  さまざまな状況のもとで現実には難しいかもしれないけれ ...... more
Commented by Ladybird at 2011-11-05 18:47 x
 私の記事の紹介ありがとうございます.ブラウニングの詩はウソつきをこらしめる,ある意味で痛快な話です.それに重ねて,ネズミの大発生という苦難,子供たちの失踪という悲劇,それにトランシルバニアの一族という未確認情報.楽しく,悲しく,不思議な,私の大好きな物語です.そもそもは,ネズミの大発生という事件と,子供たちの失踪という事件があって,それが1つながりの事件として物語に仕立て上げられたのであろうという解釈を読んだことがあります.

 私は最初,笛吹き男の意図はどうであれ,結果的に子供たちをネズミの被害,とりわけペストの流行から救ったことになるというふうに考えていました.今回はペストでなく放射能ですね.
 しかし時代を調べてみると,笛吹き伝説の成立とペストの流行とは,うまく一致しないようです.

 放射能については,除染作業や産業の復興に人々は努力を傾けていて,それは本当に頭の下がる思いですが,それでも子供たちは現地から少しでも遠ざかって欲しいと私は今も思っています.
 長文コメント失礼しました.
Commented by papillon9999 at 2011-11-05 22:29
不思議な物語,大好きですが,どうも史実のペストとは一致しないようですね。
だけど放射能からできるだけ遠ざけるというのは,万一を考えて子供の喫煙を禁止するというのと同じことでしょうに。(喩えがちょっと下手だったけど・・・)
Commented by たんぽぽ at 2011-11-09 22:55 x
「ハーメルンの笛吹き」は、グリム童話だと、
ねずみ退治の報酬を、町の人が払おうとしなかったので、
その復讐として、子どもたちを連れ去ったお話になってます。
笛を吹いてたくさんのねずみを誘い出して退治したので、
おなじ方法で子どもたちを誘い出した、ということです。


史実の「ハーメルンの笛吹き」は、ねずみ退治の
報酬不払いの復讐というモチベーションはないです。
(これはグリム童話になる際に、付けくわえられたものです。)

考えられている真相は集団ヒステリーで、
笛吹きに喜んでついて行った子どもたちが、
興奮していっせいにトランス状態におちいり、
全員崖から落ちて死んだとされています。
Commented by たんぽぽ at 2011-11-09 22:56 x
それから、「ハーメルンの笛吹き」で、いなくなった
子どもたちは、当時ドイツでさかんに行なわれていた
東方植民ではないか、という説もありました。
ご紹介のブラウニングのお話は、この東方植民説が
変形したものではないかと思います。
Commented by papillon9999 at 2011-11-09 23:28
>史実の「ハーメルンの笛吹き」

史実としてそういう職業,つまり笛を吹いてネズミを退治するという仕事があったのですか?
ネズミってそういう笛が(どこかの波長帯が)嫌いなんですかね。
それともネズミとは関係なく,あちこちを興行して回る音楽隊なんですか?
記事中の詩の301には”pipers",302では”They"となっているので,笛吹き男は複数いたようにも思えます。
それにしても子供たちが崖から落ちて死んだのが史実ならかわいそうですね。

トランシルバニアってルーマニアの方みたいだから,ブラウニングの詩の東方移民説を信じることにしましょう。(^o^)/
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2011-11-10 14:49 x
<全員崖から落ちて死んだ>
それこそネズミの大量暴走シーン
ですね。
Commented by たんぽぽ at 2011-11-10 23:22 x
13世紀ごろのヨーロッパは、ねずみが増えて、
ねずみ退治をする人がいたのは事実です。
また、町の人が報酬の払いを渋って、
トラブルになることがしばしばあったのも事実です。

さすがに、笛の音でねずみを誘い出したのではないです。
ねずみが特定の音に弱いということはないと思いますよ。
これはお話をつなげるための創作でしょう。

「ハーメルンの笛吹き」の伝説については、
『ハーメルンの笛吹き男』(阿部 謹也著、ちくま文庫)
という本に、くわしいです。
http://www.bk1.jp/product/00576955
Commented by たんぽぽ at 2011-11-10 23:23 x
磐梯朝日国立公園さま、はじめまして。

伝説のねずみ退治では、大量のねずみが橋の下に落ちて死んでいます。
笛吹きが川に飛び込んだのにつられたのですね。
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2011-11-11 00:12 x
たんぽぽさま、初めまして。
伝説では子供の行方が今日まで
わからない となっているでしょう。
でも崖の下に落ちて死んだのなら
行方不明とは不思議です。
ご紹介の本にその推理が書いて
ありましょうか?
Commented by papillon9999 at 2011-11-11 07:46
ウィキで調べてみました。初めの方だけですが,
『1284年の6月26日にハーメルンで実際に起こったといわれる130人のこどもたちが』
などと,日付と人数まで特定されているのもあります。だけどそのあとどうなったかはどれもあいまいに書かれていますね。
日付などの明確さに比べてあまりにも対照的です。
特に,子供130人が崖から落ちたなどの大悲劇なら長く語り継がれることのように思えますが・・・(”何とかの悲劇”として)
別個に伝えられた二つの出来事をコロンボ式推論で関連を認定されたのでしょうかね???
Commented by たんぽぽ at 2011-11-11 22:32 x
磐梯朝日国立公園さま

行方不明になった子どもたちは、じつは崖の下に落ちた、
というのは、数ある中でもっとも説得力があると思われる推測です。
700年以上前の一地方都市の事件なので、
史料がほとんどなくて、憶測を重ねるよりないのですね。

このあたりも、前のコメントで紹介した、
『ハーメルンの笛吹き男』という本に出ています。
http://www.bk1.jp/product/00576955
Commented by たんぽぽ at 2011-11-11 22:33 x
papillon9999さま

>日付と人数まで特定されているのもあります

事件の起きた日付と子どもたちの人数は、
史料の数はごくすくないながらも、
はっきり書かれているものがあるので、まちがいないですね。
6月26日というのは、夏祭りがあった日です。

>だけどそのあとどうなったかはどれもあいまいに書かれていますね。

行方不明になった子どもたちがどこへ行ったかは、
事件発生当初から謎でした。
それで、この子どもたちの行方について解明するのが、
ずっと研究テーマのひとつだったわけです。
Commented by たんぽぽ at 2011-11-11 22:35 x
papillon9999さま

>コロンボ式推論で関連を認定されたのでしょうかね???

ハーメルンの町から、子どもたちが歩いて行ける距離に、崖はあります。
(崖の下は底なし沼になっています。)
崖のあるところの地名も、史料に残っているものと符号します。

お祭りの日などに、興奮してトランス状態におちいることは、
中世ヨーロッパにはよくありました。
(ダンスを踊っている最中になることが多いので、
「舞踏病」と言われたりします。)
子どもなら、大人よりトランス状態に陥りやすいでしょう。

そして、700年以上語り継がれてきた大悲劇ですから、
ありふれたことではなく、ハーメルンだけに起きた
きわめて特異なことにちがいないでしょう。

これらのことから、笛吹きに付いて行った子どもたちが、
興奮してトランス状態におちいり、
崖から落ちたと、推測されるようです。
Commented by papillon9999 at 2011-11-11 22:49
なるほどね。
笛吹きプロジェクトでは子供たちを安全な処で大事に育てることに致しましょう(^o^)/
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2011-11-11 22:51 x
たんぽぽさま
貴重なご解説、ありがとうござい
ました。
Commented by Ladybird at 2011-11-12 07:48 x
 じつは「ハメルンの笛吹き」と「福島県」とは,かなり以前から1つの結びつきがありました.私の頭の中だけでの話ですが.
 それは「ネズミの大発生」というテーマです.

 「会津磐梯山は宝の山よ...」
という民謡があります.「笹に黄金が...」と続きますね.
 笹の開花は数十年に一度と言われます.時には山全体の笹が一斉に開花し,やがてコメのような黄金色の実をつけます.
 すると次に起こる現象は「ネズミの大発生」でしょう.
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2011-11-12 15:05 x
ネズミはすでに大発生して
います。放射能という種族です。
退治より避難です。
Commented by papillon9999 at 2011-11-12 20:37
笹の開花ですかぁ「会津磐梯山は宝の山よ...」の意味を初めて知りました・・・はあ,世の中は広い・・・まだまだ知らんことが・・・まだまだ死ねんバイ・・・愚友よ,逝くのは早過ぎたなぁ・・・あと20年じゃたりんばい・・・
笹の実はネズミの好物なんですか?それともただの喩え?
Commented by Ladybird at 2011-11-13 07:10 x
>放射能という種族

 人間にとっての災厄という点で共通していますね.

>笹の実はネズミの好物なんですか?

 私は食べたことがありませんが,コメのようなものでしょう.
 ネズミの寿命から考えて笹の一斉結実は前代未聞の豊富な食料供給なので,ネズミの数が爆発的に増えます.
 増えすぎたネズミは移動を開始し,山麓に移動してコメその他の食料を食い荒らします.
 笹の開花結実>ネズミの大発生>飢饉,と続きます.

 飢饉の歴史を調べたら,多分その一部は笹の開花と関係しているのでないでしょうか.
Commented by papillon9999 at 2011-11-13 10:23
飢饉と笹の開花とが関連している可能性があるなんて考えたこともなかったです。うーん,世の中は広い・・・
ネズミを食料にできたらいいのに・・・ドブネズミはまずそうだけどうまそうに見えるネズミもいますよね。
実際に食べたかも知れんが,捕まえるのが問題なのかも。
Commented by Ladybird at 2011-11-15 05:41 x
 南米にはモルモットを食べている人たちもいるそうですが...
Commented by papillon9999 at 2011-11-15 08:55
モルモットはうまそうにないですねぇ 尤も,パピヨンは魚貝類以外は牛馬鶏豚鯨ぐらいしか食べたくないです。
Commented by 磐梯朝日国立公園 at 2011-11-15 11:28 x
アフリカなどの原野には、モリ
モリと太ったうまそうなねずみの
仲間がいますよ。
Commented by papillon9999 at 2014-04-08 07:44
これまた懐かしい記事だねえ 146.185.232.239   ysl トート