アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
ん??11年目じゃなく1..
by papillon9999 at 13:57
たんぽぽさん,あけまして..
by papillon9999 at 13:55
新年あけましておめでとう..
by たんぽぽ at 15:19
うーん,せっかく花道を用..
by papillon9999 at 06:59
最新のトラックバック
さようなら,オバマ
from アルバイシンの丘
大衆迎合主義の精神構造
from たんぽぽの礼拝堂
米大統領選の警告と教訓
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トランプと民進党は類似?
from たんぽぽの礼拝堂
トランプ現象を考える・続
from アルバイシンの丘
ユダヤ人とは何か(3)続..
from アルバイシンの丘
参院選・1人区で野党健闘
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
ああ,宇都宮さん!もうい..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
原発作業員の白血病死(1)
 0.経緯
 この記事は経緯がやや複雑なので,初めにかいつまんで説明しておく。発端は拙記事,壮大な陰謀が進行中:朝日がん大賞(4)である。その記事の中で次のネット記事を引用した。
 急性白血病:福島第1原発作業員が死亡 東電が発表



 『東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。
・・・
 事前の健康診断で白血球数の異常はなく、今回以外の原発での作業歴は不明という。
毎日新聞 2011年8月30日 13時00分(最終更新 8月30日 16時21分)』


 引用の趣旨は,『作業歴が不明でどうして「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」などと医師は言えるのか』ということである【注1】【注2】。
 報道ではさらに,『今回以外の原発での作業歴は不明』,『調査の予定もない』ということが続いているのである。こうなると,『なんだと? 3月,4月の作業歴もわからないで決着つけるのは乱暴じゃないか』という話になるのは当然のことだろう。
 そして門外漢であるパピヨンとしては,この時点では『8月の作業で被曝して数週間で白血病を発症して死亡した』と言う可能性もあるものと思っていた。そのような意味を込めた引用であったのだ。

 そういう折り,次のようなコメをもらい,NATROMさんの記事の存在を知った。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2011-09-05 20:46 x
 ・・・今回報道された急性白血病と福島原発作業の因果関係は?・・・


 読者はまずNATROMさんの記事(本文のみ)をじっくり読んでほしいが,その記事はきわめて冷静で論理的にまとめてある。その結論とは,
 『「福島での作業との因果関係はない」という結論については同意せざるを得ないのです』
であった。
 この時点で,パピヨンはNATROMさんの議論に一応は納得したのち,次のような返答コメを書いた。

Commented by papillon9999 at 2011-09-05 23:02 x
おお,これは冷静な記事の紹介ありがとう。なかなかよく分析してありますね。要するに,この方の白血病が福島での作業が原因とは考えられない主な理由として,1.発症までには時間が短すぎる,原爆の統計では被爆後2年ぐらいから増え始める,2.白血球の増殖スピードがそんなに早くは追いつけない,ですね。
でも1についてはチェルノブイリでは事故のその年から白血病が発症した例があります。また原爆データはだいぶ後からのデータだし,何より「増え始める」だから,増えなくてもその前から存在している確率もあるわけです。
2については私には反論できんです。よくわからん。恐らくそうなんでしょう。後略
Commented by papillon9999 at 2011-09-06 07:43 x
作業歴が不明って,亡くなった方は3月か4月ごろに福島で作業したってことは考えられないのかな?


 コメで窺われるように,NATROMさんの記事を読んだ直後にはこれで決着がついたと思ったのだが,次第にその理由として挙げられているものに違和感を感じるようになっていったのである。本記事はその違和感を巡って起こった騒動の顛末記である。以下,お楽しみください。

 1.若干の違和感
 さて,門外漢であるパピヨンが抱いた違和感とは次の3点であった。
 1.白血病が被曝後短期間で発病しないという疫学的根拠が,『原爆の統計では(白血病は)被爆後2年ぐらいから増え始める』と言うことのみであったこと.
 原爆の統計データは,日本側は(というか日本国民は)ごく初期の頃(たとえば2年以内)のデータはよく分かっていないと思われる。逆に言えば,2年以内は白血病は絶対に発病しないと言えるのか,という疑問である。なにより,”増え始める”だから,ぽつぽつ発症することを否定するものではないということにもなる。
 2.後で出てくるが(重大な話題になる),実はパピヨンはチェルノブイリ事故のあった86年に,白血病があった,というデータを見た記憶があったこと。それは原爆データとは一見矛盾するものである。
 3.白血病細胞の増殖スピードについては,アグレシブ白血病というものを見たことを思い出して,こういうものを一顧だにしないで良いのかな,という疑問を持ったこと。つまり,8月被曝で8月発症は無理としても,3月,4月被曝ではアグレシブ,または非アグレシブとも絶対無理なんだろうか?という疑問である。
 
 パピヨンは以上の疑問を何とか晴らして納得したいと考えたのである。ただし,念のため強く強く強調しておくが,これは亡くなった原因は絶対に福島に関係があったはずだ,ということを立証したいためではない。立証できる専門知識を持ち合わせていないのだから当然である。動機はあくまでも論理の完結性を求めてのことである。つまり,これらの疑問に対しても明快な解答を得たいという欲求(いわば知的興味の類)に過ぎないのであった。

 2.質問への出動
 以上の疑問を解決するために最も良い方法は直接NATROMさんにお聞きすることだろう。実はその頃すでにNATROMさんの記事には,その結論に納得できない人たちが押し寄せて,それを支持する人たちの反・反論コメとが錯綜し,コメ欄は大賑わいであった。その量は膨大で,初めから見てないと途中からではとても議論の流れには乗って行けない。それでもざっと見て,上の疑問に対する解答は未だ出されていないようなのを一応は確かめた。

 そして,パピヨンとしては最大級の敬意をこめて,おずおずとNATROMさんの記事に質問を送らせていただいたのである。全文を以下に掲げるので,読者は『最大級の敬意』を確認してほしい。

=======初めに送ったコメント=======
papillon9999 2011/09/08 23:12 はじめまして。『アルバイシンの丘』というブログを主宰している,papillon9999と申します。
NATROMさんの冷静で論理だったご説明に感銘した者です。しかしながら,よく考えると,やはりどうも違和感を感じる部分がございます。下記の疑問ですが,いかがなものでしょうか?もしよろしければご教示くださいませ。
東電は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明し,NATROMさんは結局は,「今の医学的知見では,8月に被曝して8月に白血病になることは100%考えられない」という趣旨のことを仰ってるわけですね。
だけど,前者と後者ではニュアンスが全然違います。NATROMさんは東電説明の「福島での作業との因果関係はない」という部分を「8月に被曝して8月に白血病になることは100%考えられない」という解釈で「同意せざるを得ない」と仰ってます。
そして誠実にも,「この作業員が、原発事故以前に原発で作業を行い、そのときの被曝が原因で、白血病になったという可能性はあります。」と書かれています。
しかし,ここで明言されてないのは「3月,4月ごろ」に福島で作業歴があった場合どうなるかです。
NATROMさんはこれを恐らく陰に否定しておられるのでしょう。それは放影研の原爆データです。「白血病が増え始めるのは被爆後約2年からだとされています」ということですね。
で も,それには見解の相違というか争う余地がありそうに思われます。一つは良く言われることですが我が国が持っている原爆調査資料は被爆後だいぶ経ってから のものだということ(従って,被爆後2年間は白血病は発症しなかったかどうかはホントはわからない),二つ目は,”増え始める”ということですから,その 前はゼロとは限らない,三つ目はチェルノブイリではすでに事故のあった年に白血病が生じたという報告もあります。
その他にがん細胞の増殖スピードの問題もありますが,それとても「3月,4月ごろに福島で作業歴があった場合」については陽には触れておられないように見えます。8月作業ではありえない,というのが3月作業ではだいぶ確率的に上昇するのではないですか?
以 上のような事情と,被曝線量は作業歴がわからないのだから発表数値は疑わしい(作業だけでなく近辺に居住していた可能性もある),というのと併せると,と ても東電の説明のように「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と断言するのは乱暴だし,それを受けて,NATROMさんも『「福島での作業と の因果関係はない」という結論については同意せざるを得ないのです』とは簡単には結論付けられないのではないですか?
ここで医療関係者でない方が執拗に疑問を呈しておられますが,以上のようなことを素朴に感じておられるような気がしてなりません。
もし根拠資料の信頼性の問題になると,”学派の相違”になりますので,NATROMさんの結論はそれなりのバイアスのかかったものと言わざるを得ません。
とんでもない間違いや勘違いしているかもしれませんが,その節はどうかご容赦のほどお願いいたします。とにかく,東京電力が”作業歴は不明”という中で下した断言では国民は納得できないでしょう。(プライバシーの問題ならこういう説明にはならないはずです。)
長文,失礼しました。

=======初めに送ったコメントここまで======

 今見ると一寸反省しなければならない部分がある。それは後の方で余計なことを書き過ぎたことである。最後の方の
『・・・それを受けて,NATROMさんも『「福島での作業と の因果関係はない」という結論については同意せざるを得ないのです』とは簡単には・・・』
ここより後の部分は,最初のコメとしては触れずにおくべきだったと思う。
 もう一点は”学派の相違”という表現である。”学派”は“学説”とすべきだったが,言葉が出て来なかったのである。
 これらのことで,こちらの意図に反して無用な警戒心を抱かせたかもしれない。そこに巣食っていたNATROMさん擁護の人々との意外な論争にこれから発展していくのである。
 長くなるので記事を分けて検証していく。お楽しみに。

【注1】 私の記事では,『福島県内の医療関係者が,すでにこのような言動を示し始めているという証左として引用した。』と書いたが,ここはちょっと決めつけ過ぎたかなと反省している。ネットの記事でははっきりしないが,医師は『福島での作業』とは「今回の作業=8月の作業」を意味したのかも知れない。しかし,東京電力が『福島での作業との因果関係はない』というからには,8月の作業のみではなく,3月,4月の作業とも関係ないという意味でなければならない。そこまで責任があるからだ。

【注2】 実は同日のあとになって,「放射線業務歴なし」の記事が発表された。
同原発以前に放射線を扱う業務に従事したことはなかったと発表した。東電が複数の医師に確認したところ、急性白血病が死亡数週間前の作業によって発症することはあり得ないという。
男性は協力会社の作業員で、8月上旬から7日間、収束作業に従事。勤務後に体調を崩して入院し、死亡した。

しかし,本記事の話はそれが判明しない時点での話である。(「作業歴なし」をひとまず信用するとして)。くれぐれもこの前提を間違えないでもらいたい。判明しない時点でのこの発表は問題ないのか,という話だからである。
[PR]
by papillon9999 | 2011-09-17 23:37 | Comments(1)
Commented by papillon9999 at 2013-12-25 22:26
これも記事を目立たせてくれるためでしょうね。IPアドレスは不明です。
エイトマン at 2013-12-21 01:17 x
原発作業員の死早かれ遅かれ福島県民は被曝して死ぬその時誰かお線香上げるか今も第一原発道路から水蒸気と陥没地面割れて作業車通行不可能迂回の課題もう打つ手無し核燃料置場が崩壊雨ざらし放射線無視モルモットの福島県民