アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近の10記事
最新のコメント
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
ん??11年目じゃなく1..
by papillon9999 at 13:57
たんぽぽさん,あけまして..
by papillon9999 at 13:55
新年あけましておめでとう..
by たんぽぽ at 15:19
うーん,せっかく花道を用..
by papillon9999 at 06:59
最新のトラックバック
神輿に載った晋三さんのソ..
from アルバイシンの丘
さようなら,オバマ
from アルバイシンの丘
大衆迎合主義の精神構造
from たんぽぽの礼拝堂
米大統領選の警告と教訓
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トランプと民進党は類似?
from たんぽぽの礼拝堂
トランプ現象を考える・続
from アルバイシンの丘
ユダヤ人とは何か(3)続..
from アルバイシンの丘
参院選・1人区で野党健闘
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
ああ,宇都宮さん!もうい..
from アルバイシンの丘
出馬をやめよ,宇都宮健児..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
トンデモリスク論を振り回す安井至さん
 偶然だがなぜ現代人は「リスク」を定量的に理解できないのかという記事を発見した【注1】.著者は安井至という環境学者らしい.



 この方は東京大学生産技術研究所所属の教授であるという.東大の教授にもピンからキリまであることをパピヨンはよく知っているから決して驚かないが,この人もどうやらキリの方らしい.それもかなりひどい方の.(それから国連大学副学長でもあられるそうだ。国連大学がかわいそうな気がするが,そんなもんかもしれん。)

 まあ,とにかく上記記事を読んでもらいたい.まったりした文章だから読むのにイライラさせられるが(パピヨンの文もそうだって聞いたことある!),要するに冒頭にはこんなことが書いてある.(趣旨)

 『人類は食物が豊かでなかった頃はリスクを冒していろんなものを食料として試した.しかし,現代人は貨幣で手に入れる。そこから,「お金で買うのだから安全な食料でなければならない」,さらに「安全(に対して)お金を払うのだから,完全に安全でなければならない」,というマインドを持つに至った.』[(に対して)はパピヨン補充]

 ここの論理の飛躍については時間がもったいないので触れないでおく。これから,

 『「現代人のリスク感覚の全体が,食料に対するリスク感覚とほぼ同じ」と言えないだろうか』

と話を跳ばせる.意味がやや不明だが,要するに,放射能に対する一般人の忌避感覚を揶揄するために,放射能の少しのリスクも許容できない体質が国民にあるのは,お金で安全な食料を求めるようになった『現代人』だからであろう,ということを言いたいのだ.

 そしてまず,食料が完全に安全である状況はここ20年間ぐらいで終わるのではないか,といってその根拠らしきものを4つほど列記してある.これも平凡な予測でしかないが,焦点がぼけるのでスルーする.

 以上のような前置きの後に(これだけのことを延々と引き延ばす文章なのだ!特に,池田信夫などのトンデモブログまで引用して),放射線に対しても「リスクゼロ」を求めるマインドがいかにおかしいかを述べ始めるのである。

 さて,このパピヨンの記事もこれから本題に入る。(えー?前置きが長いって?でも無駄な文で延々と引き延ばしてはいないでしょ?)

 まず,安井さんが言ってることを確認しておく。結局,以下の二つである。

 1.平常時と今のような放射能汚染が広がった緊急時では放射能に対するリスク許容度を変えるべきだ。
  (平常時なら1mSv/year以下に抑えることはよいが,緊急事態時は100mSv/yearまで許容すべきだ。)
 2.(科学的事実として)被曝量が100mSv/year以下でも「悪い影響がでること」が真実かどうかについても、多くの研究者がこれまで挑戦してきた。しかし、それを科学的に検出したか、あるいは証明した人は居ないようである。したがって、被曝量が100mSv以下であれば、「悪い影響はでない」と考えることが科学的に正しい判断である。


 以上の二つを御覧になって,読者は何も感じませんか?何気に読むと,まあ,なにか恣意的な面があるにしろ一つの考えのように読める。しかし,ここには小さな小さな矛盾が存在していることにパピヨンは気がついたのだ【注2】。それは・・・・

 もし,100mSv/yearまで『悪い影響はでないと考えることが科学的に正しい判断』なのであれば,言うべきことは

 『リスクを許容せよ』ではなくて『安全宣言』

である。そもそも科学的に正しい判断だったら,リスクの評価のしようがないではないか。他の「避難にまつわるリスク」などとの比較のしようもない。

 『科学的に正しい判断』なのにどうしてそれが『リスク』となるのか。
 『科学的に正しい判断』に対してどうして『リスクを定量的に理解』することが可能なのか。

 科学的に正しくても政治的な正しさは別だって?それは政治家が言えばよい。無能であっても科学者なら,科学的に正しいかどうかを国民に知らせればよいのだ。

 ホントは,自分こそ(安井さん本人)がそれをリスクと思っているのではないか?

という邪推も成立する。ならば逆に自分だって100%安全とは思っていないことにもなる。ああ,小さな矛盾ではなかったかも知れんぞ,こりゃ。

 もし安井さんのような御用学者の立場から発言するとすれば,以下のようにならないといけない。

 『ホントは安全なはずなんだけど,それはコトの本質上,証明はできないからリスクと考えても仕方ない。しかし,その程度のリスクは許容してもらわざるを得ない』

尤も,御用学者がこのような謙遜な態度を見せるはずもないが,実に判断能力疑問教授だと言っておこう。というのはまだ続きがあるからだ。「判断能力疑問教授」という称号は決してダテではないことがわかるだろう。以下に示す。

 ご丁寧に,一般国民がこのような放射線リスクを理解できにくくしている犯人,ということで5つの要因を挙げている。これについては面倒だからスルーして,問題は二番目に挙げられた項目,(2)個人プレーをするとんでも学者か正義の味方かである。この中で,まず

 代表格が、小佐古教授だろう。例の涙で、すでに有名人なので、コメントは省略。

 とあるが,これはご愛敬。本命は児玉龍彦教授に噛みついている件り。菊池誠さん系と同様,陰的解法アルゴリズムで児玉氏を揶揄しているが,的外れ,というか自分では当否が判断できないくせに疑問だけ並べる,というアレである。そしてとうとう,ネット上の他の意見を御調べになったのである。その結果,発見して引用したものが,また悲惨なものであった。それは

 児玉龍彦氏の発言に対する疑問

実は,このブログ記事は論評にも値しない,初歩的な間違いを基に堂々と児玉氏を批判しているシロモノである。これを安井さんは

 この人の知識は、児玉氏を上回っている部分があると判定した。ご一読を。

だって! このブログ記事のどこがどのようにおかしいかは次の記事で書く。そこで示すように,ホントの恥ずかしい間違いにも気がつかず,こうしてほめあげて引用するとは,かの称号もやむを得ないと納得していただけるだろう。
 もちろん,その記事は炎上している。その中には初歩的な間違いを指摘したものも数多いが,そこに触れられていない間違いがあるので,次の記事で指摘してあげる。(いや,こういうシロウトさんはどういう記事を書いてもいいんだよ。しかし,そんなものを東大教授が引用するとはね!キリもキリだ)

 そもそも,上述した2の科学的事実,すなわち,『被曝量が100mSv以下であれば、「悪い影響はでない」と考えることが科学的に正しい判断である。』ということを否定する研究はたくさんあるのである。そういうのを無視してこのような言辞を吐くとは,もはや安井至とは学者ではない。代表的なものを挙げておく。

 低線量被ばくの人体への影響について:近藤誠・慶応大
 Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know

 ところで,この環境学者,実は国連大学の副学長などエライ肩書がいくつかついているのだが,ダイオキシンについて遠山千春という人と論争をやっていたらしい。
 その経緯が遠山氏のHPのサイトで公開されている。本記事を書いた行きがかり上,この論争始末記を全部読んでみた。すると案の定,負けている。安井さんが。論争だから勝負である。勝敗はなかなか見極めにくいが,最後まで読んでみると,安井さんの負けがわかる。最後の反論が見当たらない。恐らく有効な反論ができなかったに違いない。この論争でも,実に尊大な安井さんであることがわかる。

 実は安井氏は市民のための環境学と称して,ダイオキシンが怖くないことを知らしめる立場のようであり,遠山氏はそういう危険性を追求する立場のようである。パピヨンは今まで,あのダイオキシン騒ぎはどうなったんだ!あんなに危険を煽っておいて!とダイオキシン危険派に怒っていた方だが,この論争を読んで考え方を変えた。市民に対して,心配することはありませんと呼びかける立場は,市民の側に立つようでいて実は国の側に立つ(市民と国=官僚システム間には,実は緊張関係にある)ことではないか,と思うようになった。
 今回の放射線に対する(正当でない)リスク許容推進の立場と共通するものが見えるのである。論争を読んでも,安井さんはしきりに経産省をはじめとする”お上”を意識した立場に立っていることがはっきりとわかるのである。
 ちなみに,遠山氏は現職:東京大学大学院医学系研究科教授だそうである。こちらはキリではなさそうである。

【注1】 じつはたんぽぽさんのところでちらっと見かけて,題名に惹かれて読んでみた,という経緯があります.

【注2】 そもそも,『リスクを定量的に理解する』という文の意味がよく考えるとさっぱりわからんではないか。100mSvまでリスクを取る,という意味の定量的なのか,リスクそのものの強さ,高さを定量的に理解せよと言うのか,一体何なのだ?大体,リスクの大きさ自体が数値で示されていないのだから,定量的に理解せよと言われたって,ねえ。リスクを定量的に表せよまず。
百歩譲ったらまあ,100mSV/yまで許容できるリスクと理解せよ,ということなのか?しかし,それは御用学者の基準に過ぎないだろう。一体,リスクがいくらなのか,示してみよ。
『リスクを定量的に理解する』って,まずい日本語じゃないの?
[PR]
by papillon9999 | 2011-08-19 00:23 | Trackback(2) | Comments(30)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/16437162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from アルバイシンの丘 at 2012-02-10 10:06
タイトル : ネットの与太記事でも援用する安井至さん
 昨日の記事,トンデモリスク論を振り回す安井至さん2011年 08月 19日の続編である。安井さん【注1】の書いたこの記事  なぜ現代人は「リスク」を定量的に理解できないのか に対して,少々の矛盾点を指摘させていただいた(でも,少々ではなかったかもしれない!)。 ところで,本記事は,安井さんがその記事の中で褒めあげて援用したネット上の与太記事がいかにひどいシロモノであるかを記録するものである。その与太記事を改めて紹介しよう。  児玉龍彦氏の発言に対する疑問  ブログ名は『誇りはどこにあ...... more
Tracked from アルバイシンの丘 at 2013-05-04 01:04
タイトル : 自然放射線と人工放射線(1:またしても安井至さん)
 思いがけず長いお昼寝の途中ですが,何やらひどくきな臭くなってきたので束の間のお目覚めとなりました。やはり世の中は次第にカルトじみて来ましたね。米国で卑屈なおべっか笑いを浮かべていたシンゾー教祖様の眼があらぬ光を帯びてきたようですが,皆様はいかがお過ごしですか。 束の間のお目覚め記念としてお届けするのは天然放射線と人工放射線についての記事です。未だに本質の理解が一般に行き渡ってないようにみえます。これには原発推進側の涙ぐましい努力が大いに寄与しているのでしょう。意図的に本質をあいまい化する高等戦術は見...... more
Commented by pilin at 2011-08-20 06:11 x
リスクを確率論で記述しても、リスクを負わされる側にとっては自分が害を受けるか受けないかの二択しかないですよね。
そこにさらに、リスクには恐怖因子が存在していて、同じ自分が死ぬ事故でも、
原発事故>航空機事故>電車事故>自動車事故
のように恐怖の大きさが違い、自分が死ぬか死なないかのリスクでもより大きな事故に巻き込まれて死ぬリスクほど怖いと感じるようです。
人間心理の玄妙さといえましょう。
Commented by papillon9999 at 2011-08-20 11:01
あのね,pulinさん,タイトルに同じ”リスク”という言葉が入っているからと言って便乗しないでくださいませね。
パピヨンのこの記事はあなたのコメントの趣旨と何の関係もないでしょ?
大体,
『人はリスク管理者を信頼し、リスク管理の話について共通のテーブルに付ける』
ということに異議を唱える人っているんですか?
この記事の話とはずれるけどつきあいましょう。
例えば灰汁さんのような人が(例に出して失礼しますネ)山下さんや安井さんと価値観を同じくするとしたら確かに同じテーブルに着けるでしょう。しかし,彼らの出すリスク情報が灰汁さんは信頼できると思っても,真に信頼できるかどうかは別問題なわけです。
だから個人的にどうすべきかということは,リスク管理者を信頼する人もいれば信用しない人もいるでしょうが,どっちみち自分で”感じる”しかないんです。いろんなことを参考にしながらね。だから,正しい情報公開をすることがリスクを感じて行動するために一番必要だと言ってるのです。
しかし,それでもこれらのことは本記事とは関係ないんですよ。よくご覧ください。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2011-08-20 12:03 x
お座敷が掛かったようなので…

http://bcriding.blog36.fc2.com/blog-entry-24.html

水伝批判のころから「あちらの世界」に取り込まれて
しまったようですね。
今一信頼度が低いかな?と…(^o^)/
Commented by pulin at 2011-08-20 12:35 x
二番目のコメントが趣旨でした。

私も全然詳しくないのですが、「リスク学」という学問分野があって、それは確率統計学・心理学・災害学・環境学・経済学・保健医学・行政学など多岐にわたる分野を含み、真摯な研究者も多いようです。
ようするに、反対を押し切って何かを庶民に押し付けるための都合が良い理屈を作る御用学者じゃないのか、とか、結局「正しく怖がる」論だろうとか、切って捨てるだけでなく、学べるところは学ぶ必要があるのではないかと?

そしてリスクが0にならないならば、対処法は、分散するか、対価を払って誰かに押し付けるしかないのも確かなので、その意味でならお金を払って安全を買うという安井至の言い分は間違っていないと思います。
Commented by pulin at 2011-08-20 12:51 x
「リスク学入門(全5巻)」(岩波書店)
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/3/028131+.html
このような専門書にもあたって今回の災害をきっかけにじっくりリスク問題を考えてみたいと思いますが、なかなかそこまで進めていません。
Commented by pulin at 2011-08-20 13:12 x
放射線の危険はよく分からないですが、この値以下なら安全となる閾値なんて存在していないんでしょう。
100はもちろん危ないし0.01だから絶対安全になるとも言えない、現実的目標として1という数値になっていただけで1という数値を過信してたら危ないかもしれません、100よりは1/100安全かもしれませんが、0.01よりは100倍危険かもしれません。
Commented by たんぽぽ at 2011-08-20 16:15 x
>じつはたんぽぽさんのところでちらっと見かけて,

たぶん、ツイッターですね。
ブログのサイドバーに現れていたんでしょう。

>http://www.yasuienv.net/WhyZeroRisk1.htm

でもって、この記事は、多分に怪しかったのね。
ちらと見ただけなので、わからなかったです。
Commented by papillon9999 at 2011-08-20 21:52
ありゃあー,安井至さんはトンデモ範疇に入れられそうになってますネ。
結局,誠実さのない,言動にいい加減な人,というこつですか。
たとえに使って済みませんでしたね。
Commented by papillon9999 at 2011-08-20 21:57
あのね。pulinさん,同じことを言わせないで下さる?

記事と関係なく持論を開陳したければそれでもいいですが,それならそうと明言してください。記事に関係あると間違われます。
リスク学を勉強したければどうぞ。だけんど,評価するには結局,専門の寄せ集めになるでしょう。

上に書いたパピヨンの言,
『どっちみち自分で”感じる”しかないんです。いろんなことを参考にしながらね。だから,正しい情報公開をすることがリスクを感じて行動するために一番必要だと言ってるのです。』
これについて今から議論を始めてもいいですよ。
Commented by papillon9999 at 2011-08-20 21:59
たんぽぽさん,結局,この安井至って方,とても軽いお人のようです。灰汁さんもどっかで探してくれましたヨ。
Commented by pulin at 2011-08-21 05:35 x
おはようございます。

現状、情報が故意に隠蔽されているのか公開されている以上の情報が実際に無いのか分りませんが、判断材料にできる情報が充分でないと感じるのもリスクの特徴のひとつです。
株取引でも投資家は相場に重大な影響を与えるかもしれない内部情報を知りえないまま判断して投資しなければならないからリスクがつきまとい、逆に内部情報を知りうる立場の者がそれを有利に使う取引はインサイダー取引として規制されています。

確率的に常に不安定のままなのがリスクの本質のようです。全ての情報が出揃えば正しく的確な判断ができると待っていたら何も行動できなくなります。判断材料が不充分でも決断して行動しなければならないのに、この点、今の政府当局も問題先送りの傾向で逃げ腰が感じられて残念です。

そこで、結論ですが、パピヨンさんのは、リスクがつきまとう状況の下でどう行動すべきかという話ではなく、リスクをリスクでなくして欲しい、Aの道を行くべきかBのの道を行くべきか、その選択により必ず正しいゴールに至る答え(または答えを暗示する情報)が欲しい、ということなのだと理解できました。
Commented by papillon9999 at 2011-08-21 09:48
pulinさん,ここは大変貴重なコメントですぞ!

>確率的に常に不安定のままなのがリスクの本質のようです

これは仰る通りです。この点は実は情報公開されている場合でもそうなのです。だって,どこどこが100mSvに汚染されている,という情報がたとえ公開されていたとしても,それがリスクとして何%か,ということがたとえ数値化されていたとしても役に立ちません。
できることはただ,それを参考にして自分で感じるほかはないのです。従って,大丈夫という山下や安井の言を信じて留まるか,信用ならんとして避難するかは人それぞれでしょう。ホントは山下が正しいかもしれない。しかし,山下を嘘つきと思う人やどちらかわからんけど万一を恐れる人は避難する道を選ぶでしょ。避難したくても経済的にできない人もいるかもしれん。

ですからあなたの最後の言,
『その選択により必ず正しいゴールに至る答え(または答えを暗示する情報)が欲しい、ということなのだと理解できました。』
というのはあなたの全くの誤解です。だって,何が正しいかわからんのがリスクじゃん。記事にも書いてるでっしょ。
すべての出発点は情報公開だと言っておるのです。
Commented by papillon9999 at 2011-08-21 10:33
ムカついているのでもう一言言いますバイ。

『その選択により必ず正しいゴールに至る答え(または答えを暗示する情報)が欲しい、ということなのだと理解できました。』

何でこんな理解になるのか不思議でたまらん。手を変え品を変え,同じことを繰り返す癖がおありになりますな。pulinさんは。思ったより自分の言に固執するタイプでしたな。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2011-08-21 10:36 x
原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000928-yom-pol
アレは本気で辞めるようですね、辞めるから
もうどうでもいいと言う事ですか。
だから素直に情報公開しますと…(怒
世論を恐れる事なく長期間住めないと言えなかったヘタレ。
余計に被災者を傷つけて、安全と言って無駄に
実害を与えただけ。

アレ「ボキのせいじゃないのれすトウデンガージミンガー
ケイサンショーガーカイエダガーボキいがいみんなわるいのれす」

(^o^)/
Commented by papillon9999 at 2011-08-21 11:25
thatは辞める気のない時に言えば,辞めろコールが高くなることを恐れたとですバイね。
その結果,すでに取り返しのつかんくなった被害を被った人がいることが罪深いこつです。
thatの脱原発のポーズを見て,それだけで支持した人たちはこういうディテール(悪業)を切り捨てているわけで,経済優先の大局から原発推進する人間たちとメンタリティはさほど変わらんというこつになりますな。
Commented by papillon9999 at 2011-08-21 14:05
>自分で判断しきれずどう行動して良いか分らないときは結局信頼できる誰かに任せてしうのが早道だったりしますよ。それが政治だったり。

これには何の反論もありませんですよ,はい。出来ない人はそれしかないですな。
小沢はたぶん,来年出るでしょう。どうせなら小沢が裁判が終わるまで菅はもう少し粘らんかい!!
Commented by チョット寄り道 at 2012-03-01 18:55 x
”反証できない”というのは、それほど立派なことかなぁ?
”反証可能性もない”=”インチキ”の十分な根拠となるのだけれどなぁ?

福島の放射能のリスクを示してみろ!というのであれば、
**********************
質問:「よく、低線量被曝のリスクは分からないと言われる。自分は問われると、子どもが1mSvの被曝を受けると、損失余命が1.4日だと答える。このような答え方をどう思うか」。

 東京医療保険大学の伴信彦教授の回答は、かなりはっきりしたものだった。

 伴氏:「分からないのではなない。いくら分かろうとしても、分からないぐらい小さいので、その大きさを決めることができないのだ」。

 これは、本HPでもしばしば言っているように、現代の科学をもってしても、いかなることについても「それが無いこと」の証明はできない、をより明確かつ定量的に述べたものだと言える。
http://www.yasuienv.net/FukushimaDialog.htm
**********************

これで十分じゃないかな???
Commented by papillon9999 at 2012-03-01 20:55
初めの2行,”反証できない”という・・・,”反証可能性もない”=”インチキ”の・・・は何に対して言ってるのか全く理解不可能。

でもって,伴なる人物の言。

『損失余命が1.4日だと答える。このような答え方をどう思うか』

まったく頭の悪い答え方,というしかありません。

『1億回に一回弾の出るロシアンルーレット,1万回に一回弾の出るロシアンルーレットを毎日1回やるように神様が命じた』

と答えたらどうでしょう?え?1万分の一か10万分の一かわからないって?そりゃ疫学なんかでやろうとするからでしょ?そもそもこれまで例のない事態には適用できないんだから。

遺伝子レベルの分子化学反応シミュレーションなんかでやれば結構なことが分かるんじゃないかな?どの分子がどのタイミングで放射線と遭遇するか,その修復機能がどのタイミングで働き出すか,そういうのはきっと確率的現象でしょう。モンテカルロシミュレーションなんか使ったらどうでしょうか?伴さま。

『いかなることについても「それが無いこと」の証明はできない』ことはないと思いますよ。問題によってはできるでしょう。水伝反応なんかもその一つ。
Commented by papillon9999 at 2012-03-01 22:26
>http://www.yasuienv.net/FukushimaDialog.htm

何かと思ったら御用学者たちの安全キャンペーンか。

全く頭の悪い答え方はこちらもでしたな。(こちらが伴さん)

伴氏:「分からないのではなない。いくら分かろうとしても、分からないぐらい小さいので、その大きさを決めることができないのだ」。

なんと,『分からないのではない→その大きさを決めることができない(だけな)のだ』→『大きさは小さいけれどもある(んだが)』と言ったことになるじゃん!

言い方に腐心するあまり,このような無意味な言辞を弄することになる。御用学者の『御用』へ忠義立てするメンタリティとは不思議なものだ。

なお,上のコメで,『水伝反応』がウソであることを証明できるということは,シロウトを納得させられる,という意味ではありませんので。
仮に素人が納得できなくても,証明は完璧ということが多いでしょう。
Commented by あんくる at 2014-12-26 21:08 x
結論 我可愛い、特に御用学者たちは自己保身に汲々なのだ!
今の状態からクビにされたくないからだ!
※ いっぱしの学者ならばそれなりの著書が多くありそうだが、世渡り術だけが長けているようだ!
Commented by papillon9999 at 2015-01-20 21:38
安井至さんの記事では,この記事のアクセスが多いのですが,
自然放射線と人工放射線(1:またしても安井至さん)2013年 05月 03日
も安井至さんを知るには重要な記事です。
その記事をTBしましたので,じっくりご覧ください。
Commented by 荒城三太 at 2016-10-06 22:33 x
この場合のリスクは定量化して他のリスクと比較するために使うもの、定量化できないリスクなんてリスクではない。100mSvの被ばくは、リスク(例えばがんになる確率が上がる)はあるけれども、生活するうえで晒される他の様々なリスクと比較すると、心配して避ける努力をしたとしてもそれに見合った成果は科学的に見て期待できない。といった意味です。わかりますかね。
Commented by papillon9999 at 2016-10-06 23:26
久しぶりに覗いたら、タイミングよくコメントを戴いてましたね。偶然の幸運でした。

荒城さんは、注2の
『大体,リスクの大きさ自体が数値で示されていないのだから,定量的に理解せよと言われたって,ねえ。リスクを定量的に表せよまず。』
はお読みになったでしょうね。たとえば1msvのリスクって定量的に表されていますか?たとえば100万人に一人ががんになる確率とか。
そういう数値がないから伴さんのような恥ずかしい言い方しかできないんでしょ?
そんな場合、定量的に理解するってどういうことなんですか?
その上であなたの次の言葉を考えますよ。
『生活するうえで晒される他の様々なリスクと比較すると、心配して避ける努力をしたとしてもそれに見合った成果は科学的に見て期待できない。』
この言い分は数値としてはっきりとはわからないけど、小さい値は存在するということですな。
ところがこれは典型的な御用論理なんですよ。
生活するうえで様々なリスクに晒されているのに、その上にさらに、小さいとはいえリスクが加算されるわけです。
生活するうえでの様々なリスクは覚悟の上だけど、こりゃ覚悟する必要のないリスクですよね。
そこでお聞きしたいのが、コンピュータの桁落ちってご存知ですかってこと。コンピュータでは極端に桁数が違う数を加算すると、加算数はゼロのまんまなんですね。
ところが、このリスクってやつは、桁落ちしない性質のものです。つまり、リスクが確実に増える、ということです。
生活するうえでのリスクに隠れたという言い方は、リスクがまるで桁落ちのようにゼロのまんまであるかのようなごまかしの言い方です。安井さんや伴さんはそのような詐欺師の手法を使っておられるのです。桁落ちの話は当ブログの他の記事で書いておりますので探してみてください。探すのは面倒なので自助努力でお願いします。
Commented by papillon9999 at 2016-10-07 15:32
今回の荒城三太さんの突貫で,安井さんの迷言「リスクを定量的に理解する」という言葉の深い深い意味が判ったような気がします。
それは「他のリスクと比較して考えろ」という意味なんじゃなかろうか?つまり,

『他のリスクと比較したら,例えば交通事故とか喫煙とか,のリスクと比較すればそのリスクに隠れるやんか!だから低線量の放射能のリスクなんて無視!無視!』

という理屈なんじゃなかろうか?
これはコンピュータの桁落ち論理だな。安井至という似非学者の馬脚が顕われている所だ。
ただし,喫煙のリスクは放射能のリスクと同じ性質のものだから,タバコ吸う人は低線量放射能には文句付ける資格は無いと知るべきだ。
Commented by 荒城三太 at 2016-10-10 19:57 x
「リスクは定量化して、他のリスクと比較すのに利用する」というリスク論の本質をご理解いただき、かつ、喫煙と低線量放射線の比較の具体例を示していただけるなど、ありがたい限りです。
定量化したリスク活用の場面としては、1億円の予算を使って喫煙と放射線被ばくの害(死亡率)を下げようとするとして、どちらが効果的かということを比較する場合などです。
一方、個人がこれを利用する場合、そこには好き嫌いといった感情というものが大きく寄与するので、単純に他人が比較することは困難です。低線量被ばくによるリスク、慣れない土地で暮らすことによるストレスからくるリスク、その選択の際の一つの判断材料にはなるかと思います。定量化すれば、数値は残り、いくら低くても1つのリスクは他のリスクの陰に隠れることはありません。
Commented by 荒城三太 at 2016-10-10 20:45 x
定量化します。1mSvでは、LNT仮説だと0.05%がんによる死亡率を上げる。
Commented by papillon9999 at 2016-10-11 02:48
コンピュータの桁落ち理屈は理解してもらったんですね?良かった!
喫煙と放射能のリスクが同じ性質という意味は、生命体の生命活動や社会活動に付随する不可欠のリスクではないという意味なんどす。
ところが、大きな違いがあることにお気づきください。前者は自分でそのリスクを取るか取らないか決めることができるもの、後者は原発会社から強制的に強要されるもの。
この違いを理解した上で、安井至さんに教えてあげてくださいな。

0.05%ということは、10万人当たり50人ちゅうこつ?
これがどんなに大きなものかわからんと? 
そんなに大きいこつとそれを大きいと思わんこつに驚きですよ!
Commented by 荒城三太 at 2016-10-11 23:14 x
LNT仮説だとね。現実には、中国陽江、インドケララなどで行われた大規模な疫学調査では、3mSv/y高くても対照地域と有意な差がありませんでした。30年で100mSvを超えます。この現実をどう考えます。
Commented by papillon9999 at 2016-10-11 23:25
ケララ州って,自然放射能が高い地域ですな。ひところよく御用学者たちが触れ回っていましたな。
御用筋の研究だからよくわかりませんな。それこそ,他のリスクに隠れているんではないの?
桁落ちしている証拠はあるのかな?
Commented by papillon9999 at 2016-10-12 00:19
>この現実をどう考えます?だって?
そのような疫学研究の結論(放射線濃度が3mSvでも健康に影響がない)が真実に近いと認められたら,逆にLNT仮説はとっくに消滅できているはずですがね。
未だに荒城三太さんが持ち出さざるを得ないこと自体,その疫学研究を以ってしても,LNT仮説を崩せないという事ですな。