アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近の10記事
トップページ
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
最新のトラックバック
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
前川メルヘンに胸が熱くな..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
森友学園・国有地売却のメモ
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
『原子力平和利用』の同床異夢とある未練
 日本の原子力開発は核兵器を目指して始まった(1)2007年 08月 16日という記事を書いた頃は読者の皆さんもほとんどが半信半疑であったことと思う.



 ところが,今回の原発事故で徐々にその暗部が露わになって.原子力の平和利用を導入した中曽根康弘と正力松太郎の隠れた真の意図,「潜在的核兵器保有国」となるため,が一般国民にもある程度は知れ渡るようになった.

 一方,米国の真の意図はどうだったのだろうか.つい最近,それが公文書によって明かされた.リンクが切れることがよくあるので,記事そのものも引用しておく.

米、日本への核配備狙う 50年代、公文書に明記2011年8月4日 19時24分

米政府が、日本への原子力技術協力に乗り出した1950年代半ば、原子力の平和利用促進によって日本国民の反核感情を和らげた上で、最終的には日本本土への核兵器配備にこぎ着ける政策を立案していたことが4日、米公文書から分かった。米公文書は、当面は核兵器配備に触れずに「平和利用」を強調することで、米核戦略に対する被爆国の「心理的な障壁」を打破できると指摘。

 つまり,米国は「核兵器の日本配備」のために,「原子力平和利用」を利用して日本人の核アレルギーを無くそう,という隠れた意図を持っていたわけである.無論,原子力産業の市場としての日本という狙いもあって,冷戦の先兵として日本を利用する狙いと併せて狙いは二つあったのである.

 ところで,米国は日本の隠された意図に気がついていなかったのだろうか?実は引用記事にも書いているが,最初の原子力予算要求の際,趣旨説明の冒頭に中曽根は次のように演説する.

 「原子力兵器を理解し,これを使用する能力を獲得するために原子炉を製造し,青少年を訓練することがこの予算の目的である」

 「当時はむしろ大らかだったのかもしれない,何と正直なんだろう」と昔の記事には書いているが,よく読むと必ずしも核兵器を作る,と言ってるわけではない.しかし,核兵器の存在と使用を前提とした発言であることは確かである.

 だが,米国としては日本が核兵器保有国になること自体は絶対に認めるはずがない.冒頭引用記事のコメ欄にも書いているが,「核武装への道を牽制しているのは一貫してアメリカの方」だったのである.

 最近,地下原発への国会議員団の動きが報じられたことがある(リンク先不明).ここに鳩山前首相の名前を発見して驚いたものだ.おそらく,鳩山は無邪気に,”地下原発は事故が起こった時に安全そうだ” と信じた結果であるに違いない.この人特有の浅はかさに由来するものだろう.
 しかし,同時に国粋主義者たちの名前も見えた.おそらく地下原発が将来,核兵器製造場になることを夢見てのことに違いあるまい,ここにも同床異夢が存在している.

 だけども,地下原発は国際的に禁止されている.それを知らないのだろうか?もちろん,地下では宇宙から監視できないからである.これは原発は核兵器工場への転用が常に可能であることの証拠である.この監視の役目を担っているのが例のIAEAである.
 IAEAは原発推進機関であるので,原発は安全であることを宣伝する役目をも背負っている.従って,常に事故を小さく見せようとする力学が働く.中越地震時の柏崎原発事故の時もその力学が働いたし,福島事故のレベルが7とされた時に異議を唱えたのもIAEAだったはずだ.レベル7の原発事故が頻繁に起きては原発安全を吹聴できないから.
 だから,事故を起こしそうなずさんな体制を発見したら厳しく指摘する一方,起きたことを矮小化するという不可解な行動がIAEAの特徴となって現れる。だがその謎も,IAEAの役目を考えたら氷解するのである.

 まあ,IAEAの話はわき道に逸れたが,脱原発への抵抗がある種の人々の間で異様に激しいのは,電力供給量を心配してのことではないことをはっきりと認識しておこう.
 彼らの原発維持の最大の目的は,当然ながら核兵器保有への未練なのである.
[PR]
by papillon9999 | 2011-08-10 23:23 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/16372191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pulin at 2011-08-12 06:34 x
日本が独立国であるためにはアメリカにイニシアチブを握られない形での、核兵器にも原発にもなりうるような原子力技術の保持は必要でしょう。
日本が原子力で牽制すべき相手は石原慎太郎言うような中国ではありませんね。アメリカです。
Commented by papillon9999 at 2011-08-12 08:20
pulinさんは実に不思議な考え,独特な見方をお持ちですね。一種の分裂状態と言えば聞こえが悪いが,けなしているのではなく,定石の通用しない独自の立場ということです。(リベでありながらリベでは持ちえない感覚を備えている,とかいうこと)

シンタロさんの下品な笑いも,アジアへの根拠なき優越感と米国へのどうしようもないあきらめが同居していますな。

「日本が原子力で牽制すべき相手」という発想には同意できませんが,どっちみち現実には独立は不可能です。だって,脱米国を志向した政治家は失脚への道を歩むことになるんだから。

我が国は自分で自分の首を絞めているのです。原発を利権として食い物にしてきたので,原発はもはや日本では存在できません。自業自得というべきですバイ
Commented by たんぽぽ at 2011-08-13 14:50 x
>地下原発への国会議員団の動きが報じられたことがある

これですね。
http://megalodon.jp/2011-0521-1601-15/www.asahi.com/politics/update/0521/TKY201105200673.html