アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
本命はやはり霞ヶ関か
 各地の原発の説明会におけるやらせの告発が電力会社からもあった.これはこれまでのイメージからすると非常に意外な感じを与えるものだろう.特に中部電力による浜岡原発説明会でのやらせ告発.これはまるで,電力会社が保安院,ひいては



経産省,それどころか霞ヶ関にまるで反旗を翻したかのように思えた.

 これについてコロンボ式推論を試みた結果をこの記事では報告する.

 考えてみるがよい.もし電力会社を経営しようとして,発電方法を自由に選べるものとする.そんなとき,あなたが経営者なら一体どんな方法を採用するだろうか?果たして原発を進んで採用しようとする意志が湧いてくるだろうか?

 原発立地で苦労し,安全神話作りで苦労し,よく起きる中小事故対応で苦労し,万一の重大事故に怯え,巨額な損害賠償に怯え,これらを絶え間なく続けなければならない.
 本来,こんなリスクの高い発電方法を採用するはずがない.言い換えると,電力会社の方から,「原発をやらせてくれ」と頼んだのではないだろう.電力の安定供給は電力会社の努めだが,それはできる範囲でしかやれないことは自明であって,発電設備は政策的に増強されるべきものであろう.

 本来はこのような意味を持った原発を電力会社が推進していったのは,電力会社に途方もない旨味を与えたからに他ならない.(将来は核兵器利権への関与まで見据えて).こうして電力会社はとてつもない金の成る木となったのである.

 とすれば,一体,誰が電力会社をそのようなものにしたかったのか,ということになる.このように考えてくると,ようやく電力会社の後ろに別の黒幕が存在していることに気がつくのである.
 その黒幕こそ,経産省,ひいては霞ヶ関であることは明らかである.つまり,電力会社を金の成る木に仕立て上げ,その果実を電力会社とともにおいしくいただく,そういう構造を作り上げることにも霞ヶ関はまんまと成功したのであった.

 霞ヶ関といえども,単に税金を掠め取るだけではタカがしれている.次々に富を生み出すことが必要で,『金を実らせる木』を作るのが大変お上手なのだ.このことを高速増殖炉の原理という.

 もちろん,電力会社は今ではすでに霞ヶ関と一心同体となっている.しかし,電力会社にも原発族ではないグループはあるだろう.今回の電力会社の反旗が,このような非原発系統が力を増して来た証しであればこれほど嬉しいことはないのだが.

 以上の通り,コロンボ式推論の結果は,黒幕の本命は霞ヶ関である,という物語をあぶり出したことでした.
[PR]
by papillon9999 | 2011-08-01 23:45 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/16357307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2011-08-02 19:33 x
どこかで拾った2005/09のコピペ…
<向こう10年間の仮想シナリオ>

小泉自公政権継続

→増税・財政再建・行革路線失敗

→07~08年頃に倒閣・民主党主導政権成立

「まだまだ改革が足りなかった」

→さらなる「真の改革」が始まる

→景況は絶望的に悪化

→岡田退陣。現在の「若手」による

「我々こそが真の改革派なり!」(いったい何匹いるんだ?)

という超党派(主力は元官僚・元金融・松下政経塾出身者)
による新自由主義原理型政権が成立。

市民派・NPO勢力なども一縷の望みを掛けて
(まだ懲りないのか?)草の根から勝手連で擁立。

→ますます階層化が悪化。GDPも微増・横這いを
繰り返し各種経済指標はいよいよ有名無実となる。

出てくる名前と細かいディテールが違うだけで
ほぼこの通りに事態は進行中。

いや、もっと悪いか…震災と原発事故はさすがに
予測出来なかった(涙)
Commented by papillon9999 at 2011-08-02 23:17
みなさんには聞こえませんか?
小沢切りに成功した霞が関の高笑いが・・・
私にはよーーっく聞こえるんだが・・・

まあ,どこまでやれたかわからんが・・・どっかにも書いたな,馬渕首班で最後のひと花を咲かせてみようぜ 小沢副総理・・・ふっふっふ

それからまた暗黒時代に戻るんだ.かつてもそうだったからどうってこたあねえ,どうってこたあ・・・