アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近の10記事
トップページ
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
弁護士稼業隆盛策としての”市民感覚”
 すでにやや古くなった部分もあるが,書きかけの記事をアップする。この記事は”市民感覚重視”の欺瞞性で予告している。
 小沢強制起訴を余儀なくさせることになった東京第5検察審査会の議決を見ると,その中にあれっと思うことがあった。



検察審査会というものを今まで知らなかった人はほとんど皆そのように思ったはずなんだが,それは弁護士の存在である。議決に関して弁護士が”助言”するのだという。もちろん,容疑に対する考え方や結論の方向にも関わる内容であろう。当然,素人が下す議決に大きな影響を与えるはずである。

 これは「市民感覚重視」という建前,口実から大きく逸脱するものと言わざるを得ない。弁護士はもちろん,ここでいう「市民」には入らないからだ。ここでいう”市民”とは当然ながら”法律の素人”という意味である。”市民”は法律を知らない素人だからある程度の助言は仕方がない,というのは無論,笑止の論理。明らかに大いなる矛盾そのものである。
 これをもう少し論証してみよう。例えば,ある法的手続き(事務的な手続き)がよくわからないために判断できないことが生じたとする。こういう場合は,法律家のだれかに諮問すればよいはずだ。例えばその地の弁護士会に諮問するシステムを作っておけばよい。諮問に対する回答は弁護士会会長名で行う。
 また,事務的な問題ではない法解釈や前例,犯罪構成要件などについても,客観的な,法律家ならだれでも同じ答のでる問題に対しては,上の弁護士会会長で良いはずである。仮に,こういう形式的に答の出るケースのみを想定されているのであれば,検察審査会に弁護士は明らかに不要である。
 では現に存在する検察審査会の弁護士は何のためにいるのだろう?法律家によっても意見や解釈が異なる可能性のある問題についても弁護士の指揮が想定されているというしかないではないか。これでは「市民感覚」という建前が成り立つとはとても言えないと思うのだ。現在の検察審査会システムはここにも大きな欠陥を内包していることが分かる。

 以上のように考えると,「市民感覚重視」という理想概念が,どういう現実的な「欲望」から出てきたのか,多少陰謀論めくが推測できるような気がする。それは弁護士の「弁が立つ」ことの利用価値である。市民の判断に大きく影響を与えることが可能な能力の活用というわけだ。つまり,言いかえると,「弁護士の役割の強大化」である。当然,検察役を弁護士が務めることもこの一環であろう。

 これで思い出すのは裁判員制度である。成立時期こそ,敗戦後すぐの時期とつい昨年,という大きな違いがあるが,その根底思想はどうも全く同じであるようなのだ。
 というのはパピヨンもにわか勉強をしたからだ。それによれば,初めにGHQが導入しようとした制度は起訴権を市民にも与える仕組みであったというではないか(不正確)。しかし,日本支配層が猛反対し,起訴権を検察が独占する代わりに検察審査会なる仕組みを作り上げたそうである。(にわか勉強もどこでやったか忘れたのでだいぶ記憶が不正確になっている。正確には自らご確認いただくとして,ご容赦を願う。)
 ところが,強制起訴制度がなかったので,せっかくの検察審査制度も悪意ある無視によって,その機能は実質化することができなかった。その欠陥を修正したのが昨年で,その仕掛けが流れ流れて今回の小沢強制起訴にむすびつくこととなったのである(小沢憎しのネトウヨにとっては笑いが止まらんやっただろう。無念なことである)。というようなことは今となっては多くの国民が知ったことだろう。
 つまり,裁判員制度も検察審査会制度も,市民が司法にも参加する陪審員制度の文化の流れであるようなのだ。

 この米国発祥(かどうかはよく知らんが)の文化の特徴は弁護士の役割の重大さにあると思っている。というのは「市民は印象操作に弱い」というガウスの定理が存在するからだ。この定理を利用する裁判の文化とは,これまでの我が国の裁判文化と根本的に異なったものとなる。
 厳格な証拠主義から逸脱し,市民の印象による判断で物事(裁判や事実認定)が決まっていくようになる恐れがあるのだ。これを少しでも自分に有利なように導くには何が必要になるだろう?そう,言うまでもなく,それは有能な弁護士,その腕なのである。裁判は真理を見つける場ではなく(尤も,これが幻想であるかどうかは今は措く),いかに言い繕って自分に有利にしてもらうかの駆け引きの場となる。
 これをどう表現しようか。「弁護士稼業隆盛策」とでもしておこう。

 裁判員制度導入はどうも変だと思っていたが,なんと「弁護士稼業隆盛」というアメリカ文化の導入だったのだ。この制度に弁護士会が反対していないのも,このあたりに大きな理由が密んでいそうである.

 もちろん,弁護士は庶民の人権を守る千軍の心強い味方であることは承知の上でこの記事を書いている。確かに,人権の砦だ。しかし,弁護士はそればかりではない,ということも忘れてはいけない。いろんな人間がいる,という意味だけではなく,一人の弁護士を見ても,人権意識を高く持ちながらも市民感覚欠如の面とが同居するような御仁も少なくないのである。
 例えば,裁判がわずか数分で終わり,ということに何の疑問も抱かない弁護士はザラにいる。弁護士そのものに本物の市民感覚を持ってもらいたいと強く願う(例え,人権意識が旺盛な弁護士であっても同じ問題が存在する)。この場合の“市民”とは,もちろん,法律の素人の意味ではなく,一住民と言う意味だが。

 何度も訴えておく。検察審査会法は欠陥がある。早急に改正せよ。
[PR]
by papillon9999 | 2010-10-17 16:06 | Trackback(1) | Comments(19)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/14755461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ジャッカルの目 at 2010-10-20 05:17
タイトル : 今取り組むべきは、雇用問題と税制改革だ。
 さて、今日は時事の事件に関するエントリーでは無く、私個人の、今、喫緊の課題として取り組むべき政策について、簡単に述べてみたい。  現在の政治上の「喫緊の課題」と言うと、「景気対策」と考える方も多いだろう。景気対策にも、国の直接投資や給付による景気刺激…... more
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2010-10-19 10:32 x
「外国人の生存権保障の責任はその者の属する国家が負うべき」 生活保護申請、永住外国人も適用外との判決 大分地裁http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_128738035185.htm
l

市民感覚では当たり前なんですけど
久しぶりにすかっとしたニュース…(^o^)/
Commented by pulin at 2010-10-19 12:30 x
「生存権保障の責任はその者の属する国家が負うべき」
これは至極当然自明の理ですよ。国家という制度を採用している以上。市民感覚以前の話ですね。
そして、日本において、国民の生存権は国家がきちんと実効的に保障しているか、そしてそれを外国人にも及ぼせる度量はあるのか、それが見られているわけで、そのあたりがしっかりできなければ、日本だ天皇だなんて誇ろうが空虚な器量の狭い国であり、悪い意味で普通の国以下ということになるわけですね。
Commented at 2010-10-19 13:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by papillon9999 at 2010-10-19 19:25
灰汁選手,昼間留守の間にいっぱい打撃練習をしなさったねえ。修業は進んどるかな?どれどれ・・・

なんじゃあ,大分地裁の判決は・・・

この一志泰滋という裁判官は,まあ,アホの類ですばい。なぜなら,通達指示にある
「その者の属する国家」
ちゅう言葉に対して,なあんも想像力が働いとらん。つまり,
「その者の属する国家=国籍」
としか解釈できんわけですたい。つまりこん判決の意味するところは次の如くなるったい。

「住んだことはおろか行ったこともないような”幻の母国”に保護してもらえ」

こいはひどかろ?

いくら「その者の属する国家」と言うたっちゃ,国籍ではなくとも「生活実態のある,税金も払っている国家」と解することだってできるたい。

「その者の属する国家」が国籍を意味すっとなら,「国籍」と言えよ!

こん裁判官は排外主義者かそうでなくてまじめにやったとすればアホたれと言うしかなかですな。
灰汁選手,すかっと三球三振バイ。
Commented by papillon9999 at 2010-10-19 19:28
pulin選手は問題点の本質をよく衝いてござる。こいはホームランを差し上げまっす。

その他のコメは時間がなかけん今日は無理かも知れんです。皆さま。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2010-10-19 20:51 x
http://ameblo.jp/momongaoffice/entry-10557134328.html

日本国籍を有する日本人も生活保護を受けられない位、
九州の各市の財政はきついんでしょうね。

というか、日本そのものがきついか…市民団体はアカと
朝鮮人、中国人とB民の味方しかいませんもんね。
純粋日本人は助けません…

私も失業したら待ってるのは餓死か自殺の
二択しかないんですもの…(^o^)/
Commented by papillon9999 at 2010-10-24 10:24
ここでいう「B民」とは一体誰のことかネ?詳しく教えてくださいな
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2010-10-24 18:22 x
papillon9999様

>ここでいう「B民」とは一体誰のことかネ?詳しく教えてくださいな

やだなあ、直球ストレートをさけて大リーグボール3号
投げたのに、故意に空振りしたりして…

「左門豊作」モードですか?…(^o^)/
Commented by papillon9999 at 2010-10-24 20:31
え?まさか。今気が付きましたバイ。いや全くホント。
でもその「B民」とやらは純粋日本人ではなかというわけ?
何人?ああ,きっと何人でもなかとかね?
まずそいば先に聞きまっしょか。
Commented by papillon9999 at 2010-10-24 21:28
いやマジでB層民衆なのかなあ,とか思うとったねえ。でもB層民衆ってあまり普通の言い方じゃなかけん,マジでわからんやった。

すると純粋日本人じゃなかとすると,「純粋でない日本人」ちゅうこつになる。
だが「純粋でない」とはなに?混血という意味か?でも混血でない日本人はおらんやろ。この筋は意味が全然通じらんごとなる。
だけん,「純粋」の否定は「純粋でない」とはならず,「汚れた」ちゅう方向に行きそうたいね。
すると,いつからどうやって汚れたか,ちゅうのが問題になる。最初っから汚れとったら,どっかでご先祖様が同じやろけん,純粋な日本人も汚れとることになって,純粋な日本人なんかおらん。
じゃあ,いつからどのようにして汚れたのか,興味あるたいネ。灰汁選手の研究成果ばぜひ聞かせてくれんね。
Commented at 2010-10-25 10:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-25 11:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-25 11:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-25 11:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2010-10-26 14:33 x
大リーグボール3号
バットをよける遅球。短期間で
完成した3号は最後まで攻略される事はなかった。

故意に韜晦戦法です…(^o^)/
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2010-10-26 14:49 x
等とおふざけはともかく、マジモードで…
特定エリアに永年居住し、特定の
職業に就いていた事が認定条件であり、
他のエリアの住民は望んでも何故かその集団に
所属する事は出来ない一種の特権階級。
○○○○○○(○○)というのは、
税金を食い物にし、国家に寄生する組織。
同時に○○の存在そのものが、「差別の解消ではなく、
逆に拡大させる」暴力と恫喝と威嚇で相手を屈服させる。
その拠りどころは「差別」です。
○○というのは「差別」を利権にして生きている
団体なんです。
「差別」がなくなると、最も困るのが○○。

汚れたのは1969年の「同和対策事業特別措置法」
成立からですね。
1982年同法が失効すると、
「地域改善対策特別措置法」などに名前を変え
行政による同和対策事業は2002年まで継続。
同対法の施行から33年間で、国と地方自治体が投じた
事業費は実に14兆円以上。
Commented by pulin at 2010-10-26 16:40 x
「部落」等への特権的優遇があるとしたら、憲法での平等原則に反する気もしますけど、まあ2000年(少なくとも100年以上)戦ってその立場を手に入れた人達と思えば良いんじゃないでしょうか?
世の中って完璧に建前だけでは成りたたない物ですし。
Commented by papillon9999 at 2010-10-26 18:28
灰汁選手に対するパピヨンリーグ倫理規定委員会は以下のような裁定を下しつつあるです。
1.わざわざ「B民」と大リーグボールを使用したことは,一応,後ろめたい気持の現われと思われ,まだまだパピヨンリーグで勉強する資格を有するものと認める。
2.「汚れたのは1969年の「同和対策事業特別措置法」
成立からですね。」などという陳述は,「解同」と「B民」とを混合したものであるが,これも1と同じ大リーグボールと認定される。

ということで今回はこれ以上追及はせずに,様子見,ちゅうごつなったごたるです。良かったですねえ(^o^)/

ただし,解同と一般B民との関係をどのように考えておらっしゃあとか調べんば,という一部で根強い懐疑論があったらしかです。
Commented by papillon9999 at 2010-10-26 18:44
しかし,解同への非難を一般B民への嫌悪・差別感情に転嫁してしもたら,解同の言う「啓蒙活動」に名を借りた利権漁りは正当性を持ってくるたいネ。注意せんば。
(解同が一般B民の正当な代表と言えるのかどうか,実はよく知らんパピヨンでした。灰汁選手はご存じかな?)