アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近の10記事
最新のコメント
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
JALの「沈まぬ太陽」的体質(補遺)
 JALの「沈まぬ太陽」的体質を現在において検証するために,国見・恩地体制で成し遂げられたこととそうでないことをここで確認しておきたい.やっと実現した安全のための制度がどのようにして元に戻っていったのか,その原点を把握するためである.最終的には,どういう人物がどのような「悪政」,「改悪」を復活させていったのか記録して残すことも後世への価値ある贈り物だと考えるからだ.



 国見・恩地の新体制は初めJALに巣食う巨大な利権構造の存在を知らなかった.それで,在任期間のほとんどを「絶対安全の確立」のために骨を折っていた.その中でも最も重要なものの一つが「組合の統合」であった.しかしこれは「第二組合」が利権構造の壊れることを恐れてほとんど前進することができなかった.しかし,以下に示す二つはようやく成し遂げることができたのだった.

 1.機長組合の再結成  JALは世界の航空会社に例を見ない,機長を管理職にする,という労務管理を行っていた.これを国見体制の時,機長を管理職から再び組合員に戻すことができた.これは大多数の機長の強い念願であったという.なぜ機長が管理職では空の安全が損なわれるかといえば,コクピット内のクルー,すなわち機長と副操縦士と機関士のチームワークが取れなくなる,ということらしい.

 2.機付き整備員制度の導入  これは,機体ごとに専任の整備士が整備を担当するという制度である.これによれば,整備の責任が明確化すること,機体への愛着が増すこと,整備士の意見が相対的に強く反映されること,などの良い効果が発現し,空の安全が大きく増すことになる.なにしろ,それまでは,整備不良個所があっても,キャリーオーバーといって,次の整備にまで持ち越すということがよくあったらしいのだ.

 この間,国見・恩地側はようやく巨大な利権構造の存在に気付く.そしてそれを明るみに出そうと奮闘を始めた頃から政治家が動き出し,結局利根川(中曽根)総理の裏切りと共に国見・恩地体制は終わりを告げる.

 御巣鷹山事故を契機として,曲がりなりにも上記2点は「空の安全」に近づいたはずなのであるが,果たして,現状はこれからどう変わっているだろうか.あるいはこの二つの安全キーだけは未だに確保されているのだろうか.検証したい.情報をお持ちの方の連絡をお待ちします.

 さて,明日から3連休の旅に出るのでこのブログも3日間は休憩します.
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-27 23:57 | 済み | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/1468326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-04-01 19:46
タイトル : エネルギー問題の考え方
現在物理学ではニュートンの「運動の法則」もアインシュタインの「相対性理論」も全て「暫定真理」、つまり仮説とされている。その中で唯一真理であると認められているのが「熱力学の法則」である。  この「熱力学の法則」は第一法則、第2法則からなり、「宇宙における全エネルギーの総和は一定で(第一法則)、全エントロピーは絶えず増加する(第2法則)」というものである。第2法則は不可逆性の謂いであり、喩えて謂えば「覆水盆に返らず」と言うことである。 我々日本人にはなじみの深い仏教や老子の教えにはこの「熱力学の法則」の基...... more