アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近の10記事
トップページ
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
最新のトラックバック
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
前川メルヘンに胸が熱くな..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
森友学園・国有地売却のメモ
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
JALの「沈まぬ太陽」的体質(完結編)
 山崎豊子作,「沈まぬ太陽」全五巻,読了した.照れくさいが白状しよう.泣けた.号泣ではないが胸からこみ上げてくるものを抑えきれなかった.久しぶりに涙が流れ落ちた.去年,イラクの劣化ウラン弾で被爆した少女の写真を見た時以来である.そこには「真のサムライ」たちの奮闘が描かれてあった.「真のサムライ」とはどういうものだったか,忘れられかけているが,その姿は非常に懐かしかった



それと共に,遺族たちの心情,失った大事な人への想いが切々と綴られる.その想いは当事者でない私には想像できないことばかりで強く胸を打った.感動大作だった.
 結局,国見会長や恩地たちのJAL改革は,JAL内部の魑魅魍魎たちのすさまじい陰謀・抵抗と政治家たちの策謀・裏切りによって道半ばで挫折する.国見会長を三顧の礼をもって迎えた総理自ら,変心し裏切るのである.そうなっては国見会長も辞表を出すしかなかったのだ.恩地も再び報復人事でアフリカへ飛ばされる.「真のサムライ」たちが奮闘空しく敗れて去っていく姿は痛々しくもあるが,敗者こそが美しかった
 かくして,JALの体質は御巣鷹山事故当時のまま温存されたわけだ.昨今も不祥事が続いている体質と符合し,合点がいった.ただし,JAL内部にも未だに「真のサムライ」はいるはずだ.彼らにぜひ頑張って欲しい.恩地たちも含め,その後のJALの歴史もぜひ調べてみたいものだ.

 ここに描かれているJAL内部のひどい実態を書いておこう.魑魅魍魎たちは,生協やJALの子会社,組合などを舞台に,とてつもない利権構造を作り上げているのだ.改革への抵抗はその利権構造を崩されることが最大の理由なのである.出入り業者からのキックバックや子会社の私物化,組合費の搾取,そういった不正手段で得た莫大な金は,もちろん自分たちの私腹を肥やすことにも使われるが,政治家や官僚たちへの献金の原資ともなる.贈収賄が日常的に行われるのだ.奇妙な為替予約の話も書いてある.これは政治家サイドの金作りの陰謀であるが,天才的な悪知恵だ.結局,国見・恩地たちの改革はこの利権構造を破壊するに至らず,そのまま残されたことだろう.この利権構造は,ちょうどNHKにも当てはまるような気がしてならない.NTTや国鉄にもあったことだろう.
 その一方で,誠意を尽くして遺族の世話をする社員,整備に全力を尽くす社員,不審な経理を勇気を持って告発する監査役,など利権と全く関わりなく黙々と自己の務めを果す社員もたくさんいる.その対比が鮮明に描かれている.

 ここに登場する政治家たちのモデルは誰か,ということを考えるのも面白かった.国見を迎えた利根川総理は中曽根康弘だとすぐわかる.初めはいい役どころを演じていて,「エー?中曽根民活でしこたま儲けたはずのあの人が,こんなにかっこいい人だったのぉ?」と心配しながら読んでいたものだ.「実像は真のサムライだったのかなぁ・・」と半信半疑だったのだが,終わりに近づくに連れ「地」が出たというのか,やはり本性が現れて,見事に国見を裏切るのである.安心した.意外だったのは福田赳夫と思しき元首相の描き方だ.「清廉潔白」の政治家として,かっこいい役どころだ.実像もそうだったのだろうか.他には,金丸副総理,後藤田官房長官,三塚運輸大臣などいろいろ出てくる.金丸は汚い事が改めてよくわかった.後藤田も最近亡くなった時,「民主的な国士だ」といういい評判が立ったが,そうでもない人物だ.田中元総理はすでに倒れていて,影だけで登場する.
 それから,瀬島龍三と思しき,総理のブレーンが登場する.登場場面は少ないが,重要な役どころ.よく委員会で大きな顔をしていたのを私も憶えている.彼に批判的な財界人もいたことがわかり,嬉しい.
 最後には司直の手が伸びる.しかし,背任・贈収賄等に関する事件として明るみに出そうな雰囲気を示唆する所までしか書かれていない.でもJAL関係の不祥事で捕まった政治家やJAL社員はいただろうか.思い出せないが恐らく大した事件にはならなかったように思う.金丸信がお縄になったのはリクルートだったはずだ.
 この本を読んで感動したと書いたが,もう一つの感情もある.絶望感だ.結局,この世は魑魅魍魎の世界である,ということ.絶望で暗澹とした気分である.我々一般国民は税金で搾り取られ,彼らが悪知恵の限りを尽くして合法的・非合法的に分捕った残りの滓を,何とか分け合ってて生きているだけなのだ.この世はどうしようもなく虚しく空しい・・・f0036720_21185375.gif
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-25 23:57 | 済み | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/1432160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 友だち一万人! at 2006-03-26 22:14
タイトル : 時が経つのが早い
昨年の9月下旬、友人達と話していた。総選挙で自民党が圧勝した直後であった。それから6ヶ月が経過してしまった。小泉政治は、改革の名のもとに新自由主義を押し進める一方で弊害も浮き彫りになってきた。対外政策では、アメリカ追従というかイラク戦争の協力者として、ますますアメリカの軍事政策の一翼を担う立場が鮮明になっています。 こんな背景から平和の輪を広げようと「Blog 友だち一万人!」を立ち上げ、所感を掲載してきました。 それから約6ヶ月が経過し、どれだけ役に立っているか分からないが今日にまで至っております...... more
Tracked from ◆◆北京のダーシーって誰.. at 2007-08-18 10:14
タイトル : 沈まぬ太陽(山崎豊子著)を読んで in 中国北京
中国に駐在するまで、恥ずかしながら本なんか読んだことの無かったワタクシ。 中国駐在を機に、「中国を知ろう」と思って中国関連の書籍を読み始めたのが切っ掛けでした。 専らビジネス本が中心で、フィクション系には全... more