アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近の10記事
トップページ
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
たんぽぽさん,たくさんの..
by papillon9999 at 20:02
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
最新のトラックバック
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
JALの「沈まぬ太陽」的体質(続編)
 お好み焼きの女将さんから借りて読破中の,山崎豊子作,「沈まぬ太陽」全五巻,ようやく第四巻に入った.山崎豊子の作品はこれが初めてなので,これだけで判断するのは非常におこがましいが,ほんとにこの作家は,「男の美学」,「真のサムライ」といった,すでに日本人から失われてしまった価値観を格調高く描こうとしているようにみえる.それは同時に,その反対の「醜悪な男」,「にせのサムライ」を描くことにもつながる.筋を通す男のかっこよさの話で,女将さんとも話が盛り上がる.



 山崎豊子の視線は,決して天下を取りに行くような英雄的な男たちへのものではなく,ごく日常の「行動基準」における「節」,「筋」を大切にする男たちへの共感なのだ.そういう市井のレベルにおける「真のサムライ」たちも,やはり運命や悪意やに翻弄される.それでもその男たちは節を曲げず筋を貫き通す.山崎豊子は他の作品でもこのような世界を描いているのだろうか.

 第三巻ではあの御巣鷹山に墜落した日航機事故を生々しく再現してあった.経営トップたちは,権力争いにしか生きる意味を見出せない者たちであり,事故が起きると最大の関心事は自己保身でしかなく,無責任さをさらけ出す.これと対照的に,遺族お世話係や遺族補償交渉係,事故調査委員など責任を全うする男達もいる.また,ばらばらになった遺体のカケラの中から,いとしい身内を見つけ出そうとする遺族たちの執念がきめ細かく描かれる.例えば,一つの手が自分の子供の手だと見極める母の執念のすさまじさ.遺族との補償金交渉では,お金の価値が試される.ある遺族にとっては補償金など何の意味もない.補償金交渉を拒否してお遍路さんとして旅立っていくのだ.
 事故原因究明に関するボーイング社とのからみもなかなか面白い.だけど肝心の事故原因は,実際にはどういうことで決着がついたのだろうか.
 それにしても,あの墜落事故がこのような悲惨なものだとは思ってもみなかった.いや520人も亡くなって悲惨でないはずがないが,そういう意味ではない.首なし遺体,胴部裂断,細切れになった遺体,など具体的に想いを馳せてみたこともなかったので,具体的に書かれたのを見て初めて,「ああ,なるほど,そんなになるんだなぁ」と衝撃を受けた.遺体のごく一部しかわからず,火葬して「灰がタバコの灰ぐらいにしかならなかった」という個所は,どんなに想像しても思い浮かばないことだろう.昨年の,事故の二十年忌,に対しても他人事として関心がほとんどなかった不明を恥じる.

 第四巻の初めで,JALの首脳陣が更迭され,新人事が断行される.時の総理(中曽根康弘がモデルか?)直々の指揮である.JAL建て直しのための切り札として,会長職が経営トップとして新設される.この人材として関西の老舗紡績業の会長に白羽の矢が立てられる.このモデルはどこだろう.東洋紡ではないかとみたがどうだろうか.
 国見というこの会長は「真のサムライ」の系譜の人で,これから新しいJALを作るために奔走することになるようだ.主人公「恩地」はその改革推進の右腕として抜擢される.と第四巻の帯に書いてあるが,まだそこまで読んでいない.帯によれば,その後,いろんな政治家たちの勢力争いが始まり,それに翻弄されることになりそうだ.
 第五巻まで,国見-恩地のJAL改革がどのように進んでいくのか,ものすごく楽しみである.だが,結果から見ると,この改革はそれほどうまくいかないはずだ.なぜなら,もしうまく行っておれば,昨今のJALの不祥事は起こらないはずだろうと思うからだ.恐らく政治家たち,JAL内部の「にせのサムライ」達によって徹底的に邪魔され,改革は恐らく成功しないことだろう.結末はどうなるか,ほんとに興味が尽きない.女将さんには結末を決して言わないよう,きつくお願いしてある.
 本との巡り逢いも運命的なものがある.こんなに駄本が氾濫する時代にあって,価値ある本と巡り逢うのは非常に幸運である.人と人の出会い,男と女の出会いも同じだろう.この本を読む巡り合わせ,つまり女将さんに昨日行った時に感謝した.
 それにしてもようやく第四巻である.進度が遅いようだが仕方がないのだ.仕事の雑用に追われ,ブログもあるし,「世に倦む日日」と「きっこの日記」にも目を通さなくてはならない.この本を読むのはようやく毎日の寝床の中なのだ.これを読みながら眠る.寝床に入る時が,心が一番ワクワクする時だ.
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-18 22:46 | 済み | Trackback(2) | Comments(1)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/1309755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-03-19 21:35
タイトル : インドの農業と食糧事情
WTO香港閣僚会議でのインドは補助金を使用しない農産物輸出国で構成するケアンズ・グループに属していないからといって、WTO農業交渉に臨んでは決して防衛的な姿勢だけに立っているわけではない。 近年のインドの農業事情を全中の記事から紹介する。 1.農産物輸出国となったインド 1)1960年代の大規模食料危機 インドの農業や食料事情というと、昭和40年代に中高校生だった世代を含めてそれから上の世代のの日本人にとっては、飢えと貧困のイメージが焼きついている。事実、1960年代の半ば、64年に5,900万...... more
Tracked from 友だち一万人! at 2006-03-20 15:29
タイトル : 法治国家にあるまじき教育現場
先日、このブログで「教育現場に灯りが」と題して東京・三鷹の私立大成高校の解雇に係わる記事を掲載しました。 解雇撤回の裁判では一審、二審とも「解雇は無効」との判決が出ており、現在、学園側が上告し、係争中でもあります。また、都労委では「職場復帰」の命令も出ているのです。 この4月からは職場復帰に向けた準備をするのが良識ある対応と思っていました。とは言え、上告を理由に「4月復帰」は困難を要すると思っていたことも事実です。 ところが、なんという事態が発生したことだろう。これが法治国家なのだろうか? 送ら...... more
Commented by 友だち一万人! at 2006-03-20 15:27 x
コメントありがとうございます。
厳しい経済環境を口実に安全の問題が後回しにされたり、労働条件の改善どころか劣悪な条件に置かれていったりする社会になってしまいました。
こんなはずではなかったと後悔してもはじまりません。
できることから頑張っていきたいと思っております。