アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近の10記事
トップページ
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(1:前川前事務次官の反乱の意味)
・安倍シンゾーがあぶないと北朝鮮が・・・
・さっさと出てゆけ,自民党民進派!・桜田淳子問題の考察
・安倍の敵は僕の友(森友学園は僕の友になれる)
・百条委員会の真の意義:汚染土地購入の責任者と理由の解明を
・日本人が真に誇るべきことー現場力ー
・さようなら,オバマ
・トランプ現象を考える・続
・トランプ現象を考える
・豊洲移転問題のそもそも論
・宇都宮健児さん,あなたの英断を称えます
・ああ,宇都宮さん!もういい加減にしてよ!
・参議院選結果を考える
・出馬をやめよ,宇都宮健児さん(またかよ!)
・ますぞえ現象の本質・続々:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質・続:庶民の賤しくも哀しいタカリ
・ますぞえ現象の本質:庶民の賤しくも哀しいタカリ
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
最近流行りの言葉で言えば..
by papillon9999 at 20:51
今日大学を歩いていたら教..
by marron at 12:42
・極めて薄弱な根拠の下に..
by papillon9999 at 09:11
天下りあっせんで引責辞任..
by papillon9999 at 08:56
今の株価はそもそもじゃぶ..
by papillon9999 at 23:56
すると日経平均は1万円切..
by 藁にもすがりたい男 at 11:49
たんぽぽさん,いろいろご..
by papillon9999 at 22:18
>おお!中野晃一さん! ..
by たんぽぽ at 22:59
おお!中野晃一さん!初め..
by papillon9999 at 00:03
>何しろ連合の労働貴族た..
by たんぽぽ at 18:44
最新のトラックバック
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(反クー..
from アルバイシンの丘
前川メルヘンに胸が熱くな..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(ポピュ..
from アルバイシンの丘
森友学園・国有地売却のメモ
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
天皇の政治利用ではない
(『官僚が抵抗すべき時』を改題。タイトルにインパクトがないため,注目度が低かった。記事内容は新タイトルとやや乖離するが,文章はそのまま。)
 ここ数日の間ににわかに政局となりそうな問題として,天皇と中国の習近平国家副主席との特別会見がある。ここでは詳細をトレースする時間は無いので要点のみを書いておく。問題点を整理すると次のようになるだろう。



 1.1ヶ月前ルールなるものが存在しているにもかかわらず,それを破ってまで鳩山内閣は天皇に会見を行うよう要請したことは問題ないか?天皇の健康に配慮しないことなのか?

 2.このルールを破っての会見要請は天皇の政治利用に当たるのか?

 3.1ヶ月前ルールを破って天皇会見をセットさせられた官僚が,そのことに対する異議をマスコミに対して公言したことは問題無いのか?

 まだ他にもあるかもしれないが,今はこの3点について考える。特に本記事の本論は3番目の問題に関する考察である。
 そこで,本論に入る前に1と2について考える。

 ・1ヶ月前ルール 
 1ヶ月前ルールとは何か。それは宮内庁が便宜的に考えたルールである。天皇の健康その他を考えた上で,このくらいは余裕を持って健康に影響の無いようにスケジュールを立てるために必要だ,ということで決めたのだろう。運用のルールというべきものだ。
 しかし,このルールは目安的なものでしかないと考えられる。法律であれば厳格に適用されるべきであるが,そうではなく運用上の目安という以上の拘束力は無いものである。
 今回の場合,1ヶ月前こそ割り込んでいたものの,なお20日以上の余裕はあった。やろうと思えば調整できない期間ではないだろう。尤も,天皇ご自身の健康が思わしくないのであればまったく別であるが。
 1ヶ月ルールなるものは,時の内閣で決め直してよいもの(宮内庁と相談してよいが),あるいは内閣ごとに改めて決めてよいという性格のルールでなければならない。
 ということで,1ヶ月前ルールということを以っては批判に値しない。

 ・政治利用か?
 天皇の政治利用とは,政治的行事に天皇のお出ましを願うことではない。特に今回は外国要人との会見であり,パピヨンの意見ではこれは憲法第7条の9にある「国事行為」に当たる。
 ではどういうものを政治利用というのか。それは例えば,
 「天皇は政党を憲法に無いので認めておられない。従って,政党に投票を強要する比例代表選挙はやめるべきだ」
 「天皇は強制は良くないと仰ったから,日の丸・君が代強制はやめるべきだ」
などが考えられる。このような,ある政策の実現・廃止等のために天皇の言葉を利用することなどが「政治利用」に当たる。これは厳に禁止されなければならない。
 ということで,今回の場合は政治利用には当たらない。

 ・官僚の公言
 いよいよ,主目的の論題に移る。羽毛田長官の今回の行為は,完璧に時の内閣に対する反乱である。これは許されることではない。パピヨンはこれまで,官僚主義主敵論をずっと書いてきた(直近では社民党の判断ミス:官僚の国会答弁禁止)。今回の反乱もこの文脈上のことである。

 宮内庁は特別な役所であると主張したいのかどうかはわからないが,官僚にこの種の反乱,抵抗を許してはならない。反発が激しいだろうから政治的には良策かどうかはわからないが,筋論から言えば,これは解任に値する

 ところが,これだと一つ大きな疑問が生じるのである。政治家が悪い場合どうするのか?以前の記事にも書いたが,官僚は『”バカ殿”を諌める忠臣としての役割を担うべき』時もあるのだ。
 今回の場合,羽毛田長官は,このつもりだったに違いない。もしそうなら,パピヨンによれば上に書いたように,今回の羽毛田長官の判断は全くの判断ミスである。これは鳩山内閣の官僚攻撃に対する意趣返しの疑いがある。
 官僚が抵抗すべき時は,ファシズム,金権政治,新自由主義,未熟政治等の恐れがある時だ。うまくサボタージュ,あるいはリーク,その他,それこそその素晴らしい能力を発揮して,その方向への国家崩壊を防いでもらわないと困るのだ。抵抗すべき時はそういう時なのである。

 結論は,今回の場合は内閣の裁量の範囲である。
[PR]
by papillon9999 | 2009-12-15 22:57 | Trackback | Comments(43)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/12497366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by papillon9999 at 2009-12-15 23:49
灰汁狸菟簀さん,パピヨンはこのような意見になりました。反論を期待します。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-12-16 13:16 x
papillon9999様
30日ルールは外国要人が天皇陛下との会見を希望する場合に1ヶ月前までの正式申請を求める日本政府の慣例です。
公務多忙な陛下の日程調整を円滑に行うのが目的で95年に文書で
定められました。
ttp://www.shizushin.com/news/news_word/20091214111916.html
ルールが作られた95年は自社さ連立政権で、94年7月以降の新党さきがけ代表幹事 鳩山由紀夫(笑
この場合の慣習は法律よりも上位にあると考えざるを得ません。
経済学には「ルールか裁量か」という論争があるが、ルールを無視した裁量的政策は、行政機関・権力者の政治的意志が介在する不透明なモノになりがちです。
憲法解釈上天皇の政治利用は禁止されているのだから、この場合の慣習法の無視=ルールなき裁量は、明確に憲法違反と言わざるを得ないのです。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-12-16 13:24 x
続きです。

天皇が行って良いのは「国事のみ」です憲法で定められています。

助言は内閣によって行われますが、小沢は内閣の一員では
ありません、「たかが幹事長」に過ぎません。

天皇陛下が接受するのは「大使と公使」
習近平国家副主席は「大使」でも「公使」でもありません。

よって今回の謁見は国事ではありませんし、小沢が絡んでいるなら完全に越権行為です。

内閣が国事行為以外に、天皇に対し助言と承認を行う権能は
存在しません。

憲法3条は国事行為に関してしか規定していないため
内閣が私的行為に関して天皇陛下を縛り付ける権限は無いのです。
Commented by papillon9999 at 2009-12-16 19:23
灰汁狸菟簀 さん,実に貴重なご意見をありがとうございます。
このようなご意見を戴くことによって,こちらもさらに考えることができます。

反論を用意していますが,これから忘年会なので数時間待ってください。
Commented by papillon9999 at 2009-12-16 22:57
灰汁狸菟簀さん
慣習を遵守していくことの重大性について:確かに慣習を蔑ろにすることは大変危険です。独走・専制・専横等々をもたらすからです。しかし,
『この場合の慣習は法律よりも上位にあると考えざるを得ません』
ということはありえません。なぜこの場合は法律より上位に来るのか,論拠が希薄ですね。
さらに,ご指摘のサイト
ttp://www.shizushin.com/news/news_word/20091214111916.html
を見ても,次のようにあります。
『特に2004年以降は、前年に陛下が前立腺がんの摘出手術を受けられたこともあり、厳格に守るよう徹底してきたとされる。』
つまり,1995年に定められたとしても,“大体の合意”程度のものだったに違いないのです。記事で書いた『目安』感覚ですね。
とにかく,今回は特別配慮を求めたのですが,20日余りの余裕の中で,十分調整可能だったわけです。まあ,これが許されるかどうかは目的にも依るでしょう。
そこで,政治利用ということについて考えて見ます。
灰汁狸菟簀さんは,今回の場合,国事行為ではないという見解です。
Commented by papillon9999 at 2009-12-16 22:59
その理由は
『天皇陛下が接受するのは「大使と公使」』
とのことです。するとお聞きしたいのが,「大統領」はこれに入らないのですか?オバマさんも来たんだけど?
オバマさんの時には国事行為ではなかったことになります。習さんは国家副主席ですから,オバマに準じると考えられますが,どうですか?

小沢の問題は,問題になりませんね。発議は小沢かもしれませんが,行為は鳩山内閣のものです。

そして,『天皇の政治利用の禁止』に関してです。国事行為に挙げられている『天皇陛下が接受するのは「大使と公使」』は何のために行うのか,です。
これは日本国,日本国民のためですね。親善は平和のため,平和は我が国家,国民のためです。これは政治目的そのものです。
Commented by papillon9999 at 2009-12-16 23:00
相手国が我が国に親善・平和を求めて天皇に会見を求めた場合,内閣は親善・平和という政治目的に照らして,天皇に接受をお願いすることになります。つまりが,元々政治目的があると考えなければなりません。
すると,「天皇の政治利用の禁止とは何か」をもう一度考え直さなければなりません。
すなわち,今回のようなことを「天皇の政治利用」ということはできないのです。そうでなければ,内閣は一切,接見を助言できません。

反論は以上ですが,厳しい反論,待ってます。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-12-17 00:09 x
papillon9999様
反論にならないかもしれませんが…
憲法は天皇が行う国事行為として、国会召集や衆院解散などを
列挙しています。外交文書の認証や外国大使・公使の接受も
含まれるが、外国賓客との会見は国事行為ではなく
もっと天皇の意思を反映した「公的行為」に分類されます。
公的行為は、国事行為ではなく純然たる私的行為でもない
国の象徴としての公的な活動と解釈されます。
(1)国政に影響を及ぼさないこと
(2)天皇の意思が大きな意味を持つ
の2点を要点としており、具体的には国際親善活動のほか
全国植樹祭や戦没者追悼式へのご出席などがこの公的行為に
該当します。
公的行為は小沢がいう「内閣の助言と承認」を必要としません。
また、国事行為の場合は天皇に拒否権はないが公的行為には
憲法上の規定がないため、必ずしもその限りではありません。
つまり今回問題を大きくした原因に、小沢は国事行為と公的行為をよく理解せずに記者会見で質問者を恫喝した。
「天皇は政権のいうことを聞けばいい」と言っているようにも
聞こえる発言をした。「政治利用」そのものの発言と解釈されても仕方ないのではないでしょうか?
Commented at 2009-12-17 00:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by papillon9999 at 2009-12-17 00:42
なるほどお説はわかりました。微妙な点をご存知ですね。「公的行為とは何か」について考えて見ました。

お説では,大統領と会見するのは公的行為であって,内閣とは無関係の行為(すなわち国事行為ではない)となりますね。

しかし,公的行為の憲法学的解釈がどうであれ,これは天皇の政治的行為となります。例えば次のような例です。(法理を考えるので極端な例になります)

1.内閣(すなわち国民)がA国は胡散臭い国家だから,厳しい態度で外交をしようとしている時に,天皇が公的行為として勝手に要人と会見できることになります。このような行為は天皇の政治的行為となり許されません。
2.逆に,B国とは仲良くしたいとします。そこの大統領が来てくれました。しかし,天皇はB国が嫌いだとして会見しないことが許されるかどうかです。内閣は国事行為ではないとしたら助言もできません。このような政治的フリーハンドを天皇が持てるような解釈はできないと考えます。

結局,内閣のコントロールの及ばない公的行為は本来はありえないと言う解釈に私は立ちます。
従って,大統領との会見を公的行為とみなすことはできないと思います。内閣の助言行為に含まれるべきです。
Commented by しっくい at 2009-12-17 13:39 x
>「天皇は政権のいうことを聞けばいい」と言っているようにも
>聞こえる発言をした。「政治利用」そのものの発言と解釈され
>ても仕方ないのではないでしょうか?

恐れ多いので本当に言いずらいのですが、実は現在の「日本国憲法」ではそうなっております。重要なのは以下のことです。

①「天皇は政権のいうことを聞けばいい」ということは、
②何か問題が起きたときも、時の政権が『すべてに』責任を負うこと
③よって、「天皇が責任を追及されることはあり得ない」
という仕組みで、象徴である天皇家に責任が及ばない仕組みになっております。

ですので、「天皇が元首として判断するが、責任もお取りになる」という戦前型の天皇像を目指す自民党保守派は、現行憲法を利用するような姑息な手段を取らずに、目指していたように「自主憲法制定」を叫んだほうがすっきりして判りやすいと思います。
右翼政治家が、ご都合主義で、本心では認めていない現行憲法を認めて利用するのは、潔くないと思います。
(文中に敬称略^^;)
Commented by しっくい at 2009-12-17 13:47 x
【外国の大統領や首相に会うことを天皇が自由に判断すると、日本政府に外国との政治問題が生じる可能性があり得る例、右翼篇】

(日本政府が国と認めていない)台湾総統が天皇に会いたいと、宮内庁に申し入れてくる
 ↓
宮内庁は公的行為なので、内閣に知らせず、天皇に可否を御伺いする
 ↓
天皇は、自分を補佐する宮内庁長官や皇族に諮問する
 ↓
宮内庁長官や皇族が台湾派だった場合は、お会いすべきと諮問に答える
(現に羽毛田長官や皇室に嫁いでいる麻生氏の妹は台湾派と、自民党のほうが宮内庁へ皇族への影響力をもっている)。また、今回宮内庁が正しいと騒いだ安倍氏、平沼氏も台湾派)
 ↓
日本政府は天皇と台湾総統が会うとの情報を知るが、天皇に助言する権限はない。
 ↓
天皇と台湾総統の写真撮影
 ↓
台湾総統が天皇との写真を台湾国内で政治利用
 ↓
すでに日本の最大の貿易輸出先である中国政府から日本政府へ苦情がくる
 ↓
日中間に、貿易摩擦が生じる可能性が出る
 ↓
サヨクは、なぜ天皇は台湾総統にあったのだと騒ぎ、皇居の周辺でデモする
 ↓
天皇家が政治問題に巻き込まれて迷惑を蒙る
Commented by papillon9999 at 2009-12-17 23:00
しっくいさんはまさに値千金の例を示してくださいましたねえ!

それから赤旗と灰汁狸菟簀さんは全く同んなじことを言ってますねぇ マインドがよく似てるのではないですか。
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-12-17 23:47 x
papillon9999様

うーん、やはり似た者同士なんですかねえ…
Commented by papillon9999 at 2009-12-18 00:02
しっくいさんの例は今混乱している各地の議論を静める効果があると思いますね。
新記事を書いてよろしいですかね。続編。
やはり,各地の議論は大統領の接遇の問題を解決できていませんからね。
パピヨンとしっくいさんと 灰汁狸菟簀さんの三人共同でこの矛盾点にぶち当たったわけですよね。
こういう認識でよろしいでしょうかね。
Commented by しっくい at 2009-12-18 08:23 x
喜んで
新記事楽しみにしています。
Commented by papillon9999 at 2009-12-18 21:27
志位委員長の発言です。

>国事行為以外の天皇の公的行為については、政治的性格を与えてはならないというのが憲法のさだめるところなのです。そういう憲法の規定から考えると、今回は、日本政府がその問題に関与することによって政治的性格を与えてしまった。これは日本国憲法の精神をたがえたものです。

このような安易な表面的解釈は,まったく政治センスの欠如としか言いようがなく,とても危険です。
政治的性格を持たないことなどあり得ないし,何よりも内閣が関与することこそ最も安全,国民にとっても天皇家にとってもです。
このことをしっくいさんが値千金の例を挙げて示してくださいました。

今,おおつるさん(共産党と同じ主張をしておられます)に,オバマ大統領のケースとの整合性をお聞きしていますが,共産党はこれに対してどんな理論を用意しているのでしょうか。興味深々です。
新記事はその回答を取り入れて書いてみたいと思います。
Commented by Runner at 2009-12-18 22:51 x
オバマの時との違いは、宮内庁長官が賛成したか、反対したかですね。
しかし、今回の件への反応は面白いですね。
社民、共産が羽毛田長官寄りなのに対して、右翼の山崎行太郎さんなんかは長官批判です。

ttp://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/

思うに、官僚主義に対する問題意識の差かも知れません。
Commented by papillon9999 at 2009-12-18 23:10
ご紹介のサイトを覗いてみました。
うん,山崎行太郎さんの言,私とほとんど同じです。
社民党も羽毛田長官寄りなんですか。なんだかなあ・・・

官僚主義に対する問題意識というより,真の憲法感覚ができてない,未熟なのではないかという気がしますね。

『天皇に政治的行為を許してはならない』という戦前感覚なのではないかと思いますがね。
それが却って危険な道の方向であることに気がつかない。
Commented by papillon9999 at 2009-12-18 23:18
おおつるさんのところで,さとしさんという方から教えていただいたのですが,オバマ大統領は来日が1日ずれて,当然,会談も初めの予定より1日ずれたそうです。

1ヶ月前から綿密に調整されたであろう天皇のスケジュールであれば,1日ずれると調整がホントに大変だろうに,羽毛田さんは何の抵抗もしなかったのかな?
そしてマスゴミや自民党や共産党や社民党は,何の疑問も抱かなかったのね。なぜ?
Commented by さとし at 2009-12-18 23:59 x
パピヨンさま、先ほどはどうも。


先ほども大津留さんのところで言いましたが、法の解釈を官僚が決めるのであれば我々は国会議員など選ぶ必要はありません。選挙ですら単なる税金の食いつぶし行為です。まさにこれが石井紘基氏が言った民主主義の皮を被った官僚制社会主義です。
Commented by papillon9999 at 2009-12-19 00:15
さとしさん,
わざわざこちらへお越しくださり,恐縮至極に存じます。私はおおつるさんのところへは何か無い限りもはや訪れることは無いと思いますので,こちらでお話しできたことはありがたいです。
>法の解釈を官僚が決めるのであれば我々は国会議員など選ぶ必要はありません
全く仰るとおりです。この記事に書いたように,羽毛田氏は解任に値すると私は思います。
Commented by さとし at 2009-12-19 00:57 x
しかし大津留さんははぐらかしのプロですね。今日の私の質問には何一つ答えてません(笑) 何か疲れるだけです。
Commented by Runner at 2009-12-19 01:10 x
社民党どころか、民主党の閣僚にも長官支持がいますよ。
かのウォルフレンさんは、かねてから、「日本の政治家で官僚主義に問題意識を持っているのは小沢一郎くらいだ」と言っています。
今回、意外だったのは、反小沢派の急先鋒のはずの前原さんが小沢寄りの姿勢を示しているところです。
それどころか、「そもそも、中曽根首相からの要望だった」と発言したそうです。
しかし、当の中曽根さんは「中国から依頼を受けたが断った」と言っているそうです。
おりしも、小沢さんの秘書の裁判が始まったことも考えると、何やら、自民党にはめられた可能性もあります。
しかし、私は民主党が政権をとったにもかかわらず、官僚人事をいじらなかったことが、そもそもの失敗だと思います。
完全に官僚たちになめられていますよ。
形勢は不利であり、このタイミングで羽毛田長官を解任するのは難しいでしょう。
Commented by 大津留公彦 at 2009-12-19 06:23 x
さとしさん

>オバマ大統領が1日会うのがズレた
というのはオバマ大統領の訪日の遅れにより面談日が1日変わったことを言われているのではないかと思います。
1ヶ月ルールはこういう場合どうなるのか知りませんが1日ずれる位はよしとしていたのでしょう。

とかいてますがこれでは返事になりませんか?

はぐらかしのプロ より
Commented by papillon9999 at 2009-12-19 09:55
さとしさん

>大津留さんははぐらかしのプロですね

率直に申しあげることを皆様,お許しください。おおつるさんは確信犯なんですよ。
議論に誠実にあろうとするよりも(慇懃不誠実),共産党(およびそれを支持するご自身)の体面を保つことの方が大事だという選択をされたのです。
はたから見るとミエミエであっても,その体面こそが何より大事なのです。(それが通じるのは仲間内だけで十分なのです。)
そういう選択は,おおつるさんご自身の自由で,ネット上の人格を懸けての選択ですので,それはそれで尊重しますが,もはや私が参考にしたい議論のお相手ではないということです。
以上,ほぼ断定調で書きましたが,無論推測です。
おおつるさんもお出ででしたね。独断ですみません。大変失礼しました。
Commented by papillon9999 at 2009-12-19 10:04
Runnerさん

ご意見とご感想,全く同感です。官僚人事のほかにも,やはり財務省に対して融和姿勢で臨んだことも大失敗ですね。大失敗というよりはその体質が抜け切らないというべきかも知れませんが。
藤井財務大臣にも期待したんですがねぇ
それにしても岡田外相の昨日の発言,海兵隊は沖縄にいなければならない,なんて,何たること。これじゃあ,暗雲もくもくですなぁ・・・
自共がさぞ喜ぶことでしょうて・・
Commented by さとし at 2009-12-19 11:50 x
私も同感です。共産党は政権政党にならなくても言いたいことを言えればいい。
一生、政権に付くことはないでしょう。
Commented by しっくい at 2009-12-19 12:01 x
宮内官僚 今回のご引見がいわゆる天皇陛下の行為の分類ではどれにあたるかという質問だが、公的行為であると認識している。国事行為は直接、内閣の助言と承認により行うと憲法に規定されているが、公的行為についても最終的には内閣が責任を負うという解釈が確立している。
ttp://abirur.iza.ne.jp/blog/

(本文)
上記に記事の中で、自民党議員の質問に対して、宮内庁の官僚が「公的行為についても最終的には内閣が責任を負うという解釈が確立している。」と回答しております。
自民党のほうが勉強会開いてしっかりやってますね^^
共産党は、存在を否定している「宮内庁」の擁護して、無理して民主党批判をしようとするから、「些細な言葉使いを攻撃するだけ」になっているような気がします。
Commented by しっくい at 2009-12-19 12:06 x
※この記事は昨日見つけたのですが、これ読むと「官僚はやはりきちんとしているなあ」と勘違いしてしまいますが、それこそ「野党の勉強会にわざわざ出てきた外務省官僚と宮内庁官僚の思う壺」だと思います。
自民党議員も外務省官僚と宮内庁官僚が自分たちに都合が悪く、本当に聞いて欲しくないところについては、突っ込んで聞いてません。
彼らのお得意の「自民党と官僚の共同作業」によるお互いに都合のいいトコだけマスコミに流布させる作戦です^^

本当は、国会できちんと閉会中審査制度を使って審議するのが普通の民主主義国家なのですが・・・。そうすれば、逆に自民党や宮内庁や外務省に都合の悪いところを鈴木宗男さんあたりが突っ込んでくれるのに^^

一刻も早くイギリスのような通年国会にすべきだと思います。
Commented by papillon9999 at 2009-12-19 13:23
>宮内庁の官僚が「公的行為についても最終的には内閣が責任を負うという解釈が確立している。」

これまた官僚が解釈を与えて生意気な(^o^)^^^^^^^^^^
それとこの解釈がおかしいのは,『最終的には責任を負う』という点です。初めに責任を持てなかったら,どうして最終的に責任を負えますか,ねえ!
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-12-19 15:20 x
papillon9999様
オバマの1日延期は米国基地内での乱射事件という突発的事態だったという、不可抗力があります。
この場合は1日延期もやむを得ないと判断するのが常識では?

それに対し今度のは序列6位の重役クラス、一ヶ月前に体良く断られたのを小沢が中国に日本を献上する見返りとして無理矢理ゴリ押ししたと捉えられています。

中国外務省高官は12日、習が訪日時に特例として認められた天皇陛下との会見について「日本国内の問題だが、日本政府に感謝する」と述べ、異例の扱いに謝意を表明した。「天皇の政治利用」との批判も出ているが、同高官は「日本国民の皆さんに理解を求めたい」と述べ、胡の最有力後継候補として中国側が習の訪日を非常に重視していることを示唆した。
ttp://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20091212-575290.html

それこそが政治利用、権力闘争に天皇を巻き込ないで欲しい
Commented by しっくい at 2009-12-19 15:31 x
>初めに責任を持てなかったら,どうして最終的に責任を負えますか,ねえ!<

まったくです。
しかしながら、今回の件を改めて冷静にみても、「羽毛田長官は、公の場で上司批判をするという公務員としてかなり大胆な決意が必要なことを強行してまで、何がしたかったのか」が不明です。
やはり、天皇の権威を背景にある宮内庁には新政権も手出しをできまいという勘違いした思い上がりが羽毛田氏にあったとしか思えません。
Commented by papillon9999 at 2009-12-19 15:31
灰汁狸菟簀さんも自分のイデオロギーに合わせた議論しかできないのは残念ですね。
1日延期は重大な論点ではありません。もとより,1日延期ごとき,何の問題も感じません。今はこれだけね。
Commented by papillon9999 at 2009-12-19 15:46
>「羽毛田長官は、公の場で上司批判をするという公務員としてかなり大胆な決意が必要なことを強行

これは重大な事実かもしれません。『勘違い』なのか,あるいはこれを反鳩山の攻撃材料に使おうという壮大な陰謀が短時間のうちに為されたのか・・・
でもまあ,後者はパピヨンの妄想ということで・・・
Commented by Runner at 2009-12-19 16:19 x
先日のNHKの政界証言ドキュメントでは、かつての細川政権を転覆させるために如何に策謀を練ったかを、自民党幹部たちがわりとシャーシャーと語っていました。

共産党については、基本的に天皇制自体に反対だから、そもそも外国要人にいちいち天皇が会うこと自体に反対なので、うっかり、余計な発言をしてしまったという見方もありますね。
このタイミングでこういう発言をすると、誰にどう利用されるかの判断ができていないのでしょう。

なお、財務省がらみでは、こんな記事も出ました。
ttp://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091218/fnc0912182354020-n1.htm
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-12-19 16:35 x
天皇陛下と習近平・中国国家副主席の特例会見をめぐり、
会見が正式に設定される2日前の今月9日ごろ、
中国高官が
「陛下のご健康に配慮し会見を見送るなら、やむを得ない」
と日本側に伝えていたことが17日、分かった。複数の中国関係者が明らかにした。

向こうが遠慮したのにゴリ押しした、誰かさんは早くも梯子はずされたようですね。
ここまで大騒ぎになるとは思わなかったのでしょう。
日本国内で中国が猛烈にあの手この手で会談実現に向けて動いたって報道されたから(笑

向こうはもう目的は達成したから小沢がどうなろうがしったこっちゃないと。

この厚顔無恥、海千山千さの1/1000も鳩山にあればなあ…
ttp://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_s.cgi?s_politics_l+CN2009121701000876_1
Commented by しっくい at 2009-12-19 16:35 x
テレビ朝日の河村さんは「羽毛田長官は、厚生労働省の後輩官僚たちから民主党内閣に対する愚痴ばかり聞いて、先輩として、かわいい後輩のために宮内庁の権威を使って内閣にガツンとやってやろう」という気持ちでやっちゃったのではと言っていますね^^

一方で、日刊ゲンダイの記事では「誰か政治家に言わされているのではないか」と出ていますね。
Commented by papillon9999 at 2009-12-19 19:11
Runner さん,しっくいさん

陰謀論もあながち的外れではなさそうですね。
>「誰か政治家に言わされているのではないか」
という気がします。

灰汁狸菟簀さん,それは中国への援護射撃ですよ。中国批判しているところもありますが,中国は無実ということを証明してくれましたね。

Runnnerさん,亀井大臣の案に大賛成!
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-12-19 20:24 x
papillon9999様

私のスタンスは単純明快です。
傀儡師小沢と操り人形の鳩山が失脚して、民主党が参院選で大敗してくれればOK!!ですから…
中国の権力闘争なんぞどうでもいいのです。
只、日本まで巻き込まないでくれ!!といいたいです。

亀井は外国人参政権反対という一点のみ評価しています。
Commented by papillon9999 at 2009-12-19 20:28
共産党シンパ時代は未だしも,ウヨさんともなれば筋を通すのが男ではないのかな?
Commented by 灰汁狸菟簀 at 2009-12-20 02:53 x
>中国の権力闘争なんぞどうでもいいのです。

良く考えたら対岸の火事という訳にも行きませんね
中国が小沢をあっさり見捨てた理由は何辺にあるのか?
陰謀論より権謀術数の方に興味があります。

習近平は反日勢力(上海閥)で、胡錦濤にとっても目の上のタンコブ
ここらへんの複雑な事情を考えながら小沢がどういうヘマを
やらかしたかあるいは嵌められたか考察する必要があります。

習近平・・・江沢民の上海閥を後ろ盾に持つ守旧派、反日勢力
李克強・・・共青団を後ろ盾に持つ改革派勢力
海外の開放勢力に支持されたせいで国内で劣勢に
胡錦濤・・・共青団で李克強の親分
小沢・・・李克強はかつて小沢の家で書生をしていた
複雑な人間模様ですな(笑

私は中共政府が擦り寄ってくる小沢が害にしかならない
と判断したのではないか?と思っています。

小沢と関係を切る意思がなければ、ここまで冷酷なハシゴ外し
はしないでしょう…
Commented by papillon9999 at 2014-03-20 08:19
おお,ここでも熱い議論を闘わしてたのだねえ。
ここでも共産党の反動勢力ぶりがいかんなく発揮されていたんだね。
今となって興味深いのはRunnerさんの
Commented by Runner at 2009-12-19 16:19
の部分です。以下の如し。
『先日のNHKの政界証言ドキュメントでは、かつての細川政権を転覆させるために如何に策謀を練ったかを、自民党幹部たちがわりとシャーシャーと語っていました。』
これは先日の都知事選で,佐川との関連が蒸し返されたときに,複数の旧自民党幹部たちが,『あれは問題のあるようなものではなかった(趣旨)』と,細川さんを擁護していたことと符合するものです。
それを共産党は細川ネガキャンペーンを張りやがって!
ひょっとしたら,こういうスパコメは,このような過去の大事な事実を思い出させようとしているのではないかしら?