アルバイシンの丘
papillon99.exblog.jp

           
ブログトップ
メール     
当ブログ内の表現,論理などは,平和活動等のために活用してください.ただし,オリジナリティーが当ブログに存するものについては原作者を騙ることは禁止します.オリジナリティーを尊重してくださるようお願いします.     

随想や意見,俳句(もどき)

by papillon9999
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近の10記事
トップページ
・この選挙は安倍晋三には政権を担う資格があるかを問う選挙だ!
・安倍の応援がひどい,警察権力と直接的暴力の脅威
・小池が第二自民だと見抜いて大騒ぎした人へ
・もう遅いが投票時に!非自民の優勢な候補へ一票を投じよう!
・目標はただ一つ,安倍一狂政治の打倒だ!『希望』の逆利用を!
・安倍の方が小池の何十倍も恐いのだ!
・前原は希望との合意を撤回せよ
・枝野新党に欠けているもの
・野党共闘の新会派名は「生活と平和」が良い!
・リベラルは選挙用会派「生活と憲法」を起ち上げ,安倍政権を倒そう!
・小池と安倍の極右の違い(リベラルは動揺するな!)
・日本初の女性首相への野心!
・まずは日本国清掃内閣樹立を目指そう!
・国難突破解散とはよくぞ言った!
・森友・加計ファースト総選挙
・共産党へのお願い
・茨城県知事選も愚行の繰返し
・民進党代表選,どう考えるべきか
・小池都知事は慇懃な緑の蛙
・北朝鮮ミサイルに対する安倍晋三の矛盾
・『神国日本』と『白人至上主義』と『選民意識』の似て非なる処
・田原のじいさんの世迷い言
・民進党はやはり分裂すべき(最悪を排除する視点を!)
・稲田辞任で誤魔化されんようにしよう
・国家戦略特区事業すべての検証を!!
・菅直人の姑息な生き残り策
・安倍一狂政治とは(5.目くらましがバレバレに気が付かない痴性)
・加計学園と安倍晋三があれほど獣医学部に拘ったわけ
・安倍一狂政治とは(4.反クーデターが必要)
・安倍一狂政治とは(3.ポピュリズムではなく警察国家利用のクーデター)
・前川メルヘンに胸が熱くなった!文春記事を読もう!
・神輿に載った晋三さんのソフトクーデター(2:安倍一派のトンデモな目的)
ついーと
原発御用記念碑
TB歴のあるブログ
スパムコメ
最新のコメント
美奈 考え杉さま 大明..
by papillon9999 at 23:10
Oh mother te..
by 美奈 考え杉 at 14:20
>いえいえ,大した内容の..
by たんぽぽ at 22:10
いえいえ,大した内容の記..
by papillon9999 at 09:33
トラックバックをたくさん..
by たんぽぽ at 06:44
たんぽぽさん,コメントあ..
by papillon9999 at 09:54
脱原発を前面に出して新党..
by たんぽぽ at 06:45
トラックバック機能が廃止..
by たんぽぽ at 23:42
7月中とお尻を切ってある..
by papillon9999 at 07:33
コメントありがとうござい..
by たんぽぽ at 23:28
最新のトラックバック
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
『神国日本』と『白人至上..
from アルバイシンの丘
都議選・自民党の歴史的大敗
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
トラックバックがなくなる
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
都議会選・楽観する民進党
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
安倍一狂政治とは(5.目..
from アルバイシンの丘
加計学園と安倍晋三があれ..
from アルバイシンの丘
カテゴリ
以前の記事

Stop the 原発ファシズム
Stop the 官僚ファシズム
Stop the 軍産ファシズム
Stop the 経済成長至上主義
Stop the 弱肉強食システム
靖国の英霊たちへの架空インタビュー
 首相の靖国参拝はなぜいけないか?こんなことは当たり前すぎて今さら改めて議論する気にもなれないが,「何で人を殺していけないの?」と真面目に質問するガキがいるくらいだから,それに対する対応を用意しておくのと同じように,「なぜ首相の靖国参拝はいけないか」についてもきちんと考えを整備しておく必要があるのだろう.



 一言で言えば実に単純な話で,国の宗教行為へのかかわりを禁じた「憲法20条」により首相の靖国参拝は禁止されているからだ.でも,憲法があっても守らない国(9条など),道交法があっても守らない人(私も時々そうだが)がいる現実を前にしては,もう少し考えを深めて,なぜ憲法にはそういう規定が定められているのか,ということを再度肝に刻んでおく必要がある.
 でも実はこれも答は簡単.国が宗教を通して国民の心を支配することのないようにするため,である.一人一人の心が国に支配されるとどうなるか.その結果が,北朝鮮やテロリストに支配されたイスラム国家(もしあるとすれば)などのような国,そして先の大戦に無謀にも突入していったかつての我が国である.憲法20条はその痛哭の反省なのだ.
 というわかりきったことを書いていることに虚しさを覚えるが,新聞などの論調を見ると,これも無駄ではないようだ.とにかく,「中国や韓国を刺激するから」,「A級戦犯も祀られているから」,といった理由で以て首相の靖国参拝に疑問を呈する,という程度の実に情けない態度がよく見られる.たとえ中韓が何も言わず,A級戦犯を分祀したとしても,首相が靖国参拝することは決して許されないことなのだ.

 とまあ,正面から重たい議論をすると上述のようになるが,ここでは全く違った点から靖国参拝問題を考えてみたい.参拝される「英霊」たちの声をぜひ聞いてみようではないか.明治の初めに薩長藩閥政治家達に作られた,歴史も由緒も格式もない招魂社上がりの靖国神社に,先の大戦で没した「英霊たち」がありがたがって集っているとは到底思えないが,仮に靖国神社に集まっているとして,果たして英霊たちはどんな風に思っているだろうか.架空インタービューを試みた.

 私:「まず早速ですが,首相の靖国参拝,どのように思われますか?率直なご感想を」
 英霊1:「うむ,そのことで俺たちも実は困っているのだ.」
 私:「え?お困りになってる?一体どうしてですか?」
 英霊1:「俺たちは自ら進んで軍人となった者も強制的に兵隊に召集された者もいる.俺は
      進んで軍人なったが実に恥ずかしいのだ.
 私:「え?何が恥ずかしいのですか?」
 英霊1:「我々は国と国民を守るために給料をもらっていたプロだ.確かに俺たちは奮闘した
      けど(ずるくて卑怯で頭悪いのも多かったけど),あれほど国土を蹂躙され,日本国
      土において何百万もの国民が殺され,挙句の果てに原爆まで落とされてしまった.
      戦争の見通しを誤り,国民や国土を守れなかった俺たちはプロとして完全に失格
      った.」
 私:「なるほど.おっしゃることはよくわかりますがずいぶん勇気のあるご発言ですね.」
 英霊1:「それなのに,俺たちが守れなかった国民を差し置いて,俺たちだけが祀られて
      いる.それがとても恥ずかしいのだ
.面喰っている.俺たちは後でいいのだ.まず
      非業の最期を遂げた非軍人たちを手厚くもてなして欲しい.
      さらに,なぜ俺たちの遺族だけ遺族年金をもらっているのか.実に恥ずかしい. 
      俺たちが守れなくて非業の死を遂げた国民の遺族にはなぜないのだ
      真のサムライならみんなそう思うはずだ.ただ,このことは,強制的に兵隊に取ら
      れた者には酷な話だけど.」
 私:「なるほど.真のサムライというのは恥を知るのですね.」
 英霊2:「私たちは元々軍人ではないし,靖国神社などに祀られることになんの嬉しさも誇り
      もありません.あんな理不尽な国に二度とならないことが一番嬉しいことです.」
 私:「靖国問題を考えるのに,これまでと異なる観点を知らせていただき,大変興味深く拝
    聴しました.どうもありがとうございました.」

以上,「真のサムライ」である英霊のみにお聞きしました.
[PR]
by papillon9999 | 2006-03-14 22:22 | 済み | Trackback(7) | Comments(0)
トラックバックURL : http://papillon99.exblog.jp/tb/1241439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 華氏451度 at 2006-03-16 02:53
タイトル : 飼い慣らされまい――我らは知るべし、よるべからず
「民は之に由(よ)らしむべし、之を知らしむべからず」という、大昔の言葉がある。『論語』にも「民は、これを由らしむは可なるも、知らしむは可ならず」と書かれているようだ。ずっと時代が下った日本でも同じようなことを――むろん「聖賢の言葉」を引いたということだろうが――徳川家康が言ったとか、山県有朋(だったか?)が言ったとやら。 平たく言えば「黙ってオレらに従え。難しいことは知らなくてよろしい」。統治する側にとって、こんな便利な考え方はまたとない。むろんどんな社会でも、「黙って従っていると必ずひどい目に遭う...... more
Tracked from 読んだもん勝ちBLOG at 2006-03-17 18:15
タイトル : 中国の「驚異」その2:中国は汚い?!
 「狭い日本にゃ住み飽きた。支那にゃ五億の民が待つ」。これは、アジア太平洋戦争終... more
Tracked from Make Your Pe.. at 2006-03-17 18:25
タイトル : 盧溝橋で考えた「近代日本の悲劇」
 「城門を出たところにあって、欄干に獅子の像がずっと並んでいる石橋なんだ」。子どもの頃から、繰り返し父親から聞かされてきた盧溝橋は、北京市中心街から車で40分ほどのところにありました。平日の朝ということもあり、人影もまばら。足下から寒さが伝わってきます。橋だから河に架かっているはずですが、ほとんど水はありません(笑)。  マルコポーロが感嘆したという盧溝橋。父親が言っていた通り、欄干には小さな獅子の像がずっと並んでいます。一つひとつ顔も表情も違うんですよ。それがとても可愛くてユーモラスなので、歩...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-03-17 20:41
タイトル : 中国の農業に未来はあるか
まず、 中国企業 米国並み巨大アグリビジネスを目指す 持続不能な道に突進!? と題する農業情報研究所の記事から  中国に米国のスミスフィールド・フーズ、タイソン・フーズに比肩する巨大アグリビジネスが登場するかもしれない。サウス・モーニング・ポスト(香港)紙の報道として米国・soyatech.comが伝えるところによると、中国最大の動物飼料生産者であり、酪農・養鶏のメジャーである新希望集団が、今後5年間に50億元(約700億円)を投入して事業を拡張、農業資材供給チェーン管理や下流の食肉加工にも進出...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-03-21 15:10
タイトル : 中国共産党「日本解放第二期工作要綱」
メルマガ「台湾の声」の本日号で【日本解放第二期工作要綱全文】日本人が知るべきシナの対日工作と言う記事が届いた。 出所、真贋については確認出来ないが、内容は非常に興味深く本物でないとしても事情をかなり伝えているものと思われる。 メルマガ読者以外の方のにもご参考頂きたく以下に紹介する。 以下國民新聞 中国共産党   「日本解放第二期工作要綱」 より        中央学院大学の西内雅教授(故人)が昭和47年にアジア諸国を歴訪した際、偶然、入手した秘密文書。  内容は中国共産党が革命工作員に指示した...... more
Tracked from Make Your Pe.. at 2006-04-03 17:10
タイトル : 思想の中核と辺縁 ― 憲法第9条
実は、憲法第9条は平和の理念を条文化したものではない。 1945年8月15日の終戦の玉音放送から程なく、日本軍は各部隊レベルで自主解散した。9月2日にGHQが日本軍に解散命令を出したときに、日本軍はもう存在していなかった。憲法第9条ができる以前に、日本は軍隊を持たない国になっていた。 日本国憲法の成立過程で、国会において憲法第9条に反対の意を示したのは日本共産党議員、それもたった1人だけだった。 憲法第9条は軍隊解散の経験への追認だ。 さて、平和運動寄りの人間としては稀なことだ...... more
Tracked from やぶにらみトーク at 2006-04-15 19:39
タイトル : 政権奪取を目指す小沢民主党のこれから!靖国問題も実に明快!
 民主党の執行部人事も決まり、小沢新代表が政見を話し始めた。  世間とマスコミの目は小沢一遍倒で、自民党の影は薄くなってしまった。  滅亡の危機に瀕した民主党を立ち直らせることが出来、日本に二大政党の姿を再現できるのは小沢以外には居ないと言う勢いである。 ...... more